日本人の〝精神的バビロニア捕囚〟からの解放を

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

【CGS ねずさん】第4話 紫式部が言いたかったこと


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本を愛するキリスト者の会


私は宗教のことはよくわからないし、とかく宗教論になると、それぞれみなさまに一家言があろうかと思うのですが、信仰の立場から「日本を守ろう、日本の国や国柄を守るために努力しよう」という人たちを、私は歓迎するし応援もさせていただいています。

いけないのは、日本にいて、日本の国柄に恩恵を受け、信仰の自由を隠れ蓑にして、表面上は善良そうな顔をしながら実は日本解体を目論む団体で、これは諸外国ならテロ組織として排除の対象となるべき組織です。
こういうものを国として保護する理由などなにもありません。

そういう意味で、今年10月1日、「日本を愛するキリスト者の会」が立ち上がったことは、歓迎すべきことと思っています。
会長はカネボウ薬品の元社長の三谷康人さんです。

日本を愛するキリスト者の会ホームページ
http://www.nihon-ai.com/index.html</u>">http://www.nihon-ai.com/index.html

その設立趣意の全文をご紹介します。
この内容が実に素晴らしいのです。

========
2015年夏、私達日本は敗戦70周年を迎えます。

〝70〟という数字は、聖書ではある事柄が成就・達成することを意味するものとされているのですが、歴史的には、イスラエルがバビロニアによって捕囚を受けていた期間が七十年であったことに示されているように、神が歴史の大きな転換を与える時としても考えられています。

正にその如く、今や私達の国日本においても、様々な点で戦後の日本社会を縛っていた欺瞞が暴かれ、「戦後レジームからの脱却」が強く意識されるようになりました。
その典型的な例こそ、最近起こった朝日新聞の所謂「従軍慰安婦」報道の捏造問題であります。

このことは、戦後の日本社会が如何に〝左翼マスコミ〟によって、不当に欺かれ、所謂〝自虐史観〟を刷り込れ、植えつけられてきたかを意味し、この事件を通して、多くの国民が一気に〝自虐史観〟から目覚めようとしています。
かくて七十年間の長い年月を経て、今こそ歴史を支配する神が、日本人を〝精神的バビロニア捕囚〟から解放しようとしておられると受けとめることができます。

ところが、このような現在起こりつつある日本人の〝精神的バビロニア捕囚〟からの解放を知ってか知らずか、一部キリスト教ジャーナリズムは、朝日新聞のこれ迄の日本を貶める報道に追随しているとしか思われないような記事を掲載し続けています。
遺憾ながら、この様なあくまでも所謂〝自虐史観〟に固執しようとする姿勢は、日本のキリスト教界全体を覆っている誤てる常識となっているようです。

それは見方によっては、クリスチャンの純真さに起因する良心の発露とも考えられますが、他方、真実に目覚めつつある多くの日本人にとっては、キリスト教というのは、相も変わらず日本人を貶めることに躍起になっている「反日左翼の宗教」としての誤解を与え続けることになりかねません。
そこに、今日のキリスト教が低迷している理由の一端があるとも考えられます。

かくて私達は、この様な現在のキリスト教界の所謂〝自虐史観〟に則った言論や決議の蔓延を憂え、もっと公正にバランスのとれた報道や意見が尊重されるあり方を求めます。
更に私達は、過去の日本の歴史・文化・伝統を正しく評価し、その中に秘められている「贖いの賜物」、即ち「主なる神がそれぞれの民族や文化の中に、真の神を見出すためのカギを備えていて下さっている」という今日の宣教学の重要概念を顧み、むしろ日本の歴史・文化・伝統を積極的に取り上げて評価し直すことを求めます。

そして何よりも、私達クリスチャンが日本と日本人を高みから批判し、告発するのではなく、日本と日本人を愛し、いとおしむ心を持つこと、そしてそのために執り成し祈ることこそが、日本人の心を福音に向かわしめる最も肝要なあり方であると確信いたします。
(以下略)

===========

「イスラエルがバビロニアによって捕囚を受けていた期間が70年であったことに示されているように、神が歴史の大きな転換を与える時が70年」
「日本人の〝精神的バビロニア捕囚〟からの解放」
「日本の歴史・文化・伝統を積極的に取り上げて評価し直す」

日本はいま、急速に目覚めつつあります。
その火を決して消してはならないと思います。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

KOnagoya

No title
初めてお便りさせていただきます。
いつも様々な事象を以て物事の有り様をを示していただき、大変有り難く思っています。
ありがとうございます。

今回の、”日本を愛するキリスト者の会”の活動趣旨をご紹介くださり、誠に彼らの善意に満ちた的確な分析と発言に、心から賛同いたします。
ただ、ねずさんがおっしゃていらっしゃる様に、それぞれに宗教論は存在するが、今はその事柄に囚われることなくとお述べになられた上でのご発信である事はよく理解させていただいていますので、違和感なく拝読させていただいています。
そんな中で私が敢てこんなお便りを差し上げるのは、私にとっては多くの宗教が、その存在の大前提にまず 神(造物主)在りきを認める としている部分についての危うさを拭いきれない気持ちがあるからです。
きっとキリスト教に限定して考えてみれば、何千年もの長きに渡って想像も出来ないほどの多くの人びとの善意で磨き上げられたであろう故、多くの国々人々に守られているものだと思いますが、今後も人間の善意に基づいたフィードバックが有効に働く限り、大変尊い存在だと思いますが、ただ未だに検証のしようの無い
 神(造物主) の存在を、そのまま大前提として認めた上で成り立つ体系に一抹の不安を拭えないでいます。
その体系があまりにも緻密で膨大で確固たるものである程、その大前提のロジックが何等かによって崩されたとした時の、その影響力の凄まじさはとても想像すらできません。
これは私のとんでもない勘違いなのか、とんでもない妄想なのでしょうか。

この様な体系の他に、”人間の深い理性のうちに可能な限り構築された体系”  、”人間の実存的体験と、知恵と、善意の存在を信じる心で打ち立てられた体系”、が存在していると思っています。
ここに我々の日本には、我々の代表者たる方が、少なくとも我々の理想とするに近い環境の中に在られるならば、常に善意に基づいた存在で在り続けられる事実を知っている上に於いて、最高の権威として尊敬申し上げ、我が国の自然の厳然たる厳しさとその恵みを、勇気と知恵にして崇め、人々の連帯と信頼が存在する事を根底に据えている存在として、長きに渡って生活実存してきた事実。

この様な事柄を、大前提があって成り立つ体系の上に据えるべきではないかと、少なくとも我々日本人自身は、明確に持つべきではないかと、検めて感じました。

東海子

キリスト教の正体と対応
日本人のキリスト教理解と対応

日本ではキリスト教は山上の垂訓にある修養的な部分が理解されている。しかし宗教としてのキリスト教では、山上の垂訓は脇の枝に過ぎない。
実はキリスト教の本筋はユダヤ教の終末史観なのだ。すなわち、人間の世の中は悪化し、最後に救世主が現れて悪を滅ぼし、死者を蘇らせて最後の審判を行う。そして善人は天国で千年間楽しく暮らす。そこは平等で労働しないでよい(社会主義の源)。一方悪人は永遠の地獄に落ちる。その後千年たつとゴッドは、世界を破壊し、再創造する。人間の歴史はその繰り返しだ。そして今はその最後の審判の前だから、悔い改めよ、というわけである。
ここでナザレのイエスが救世主(メシア、ギリシャ語でキリスト)か、が大きな問題となった。ユダヤ教はメシアではあり得ない。預言者の一人だとした。回教も同じ考えである。しかしキリスト教とはメシア(キリスト)だとした。このあたりからこんぐらがってゆく。

ユダヤキリストの思想は、奴隷民族の思想なので無責任な被害者主義の救済願望だ。日本人のような列島の主人の民族にはあわない。欧州でもギリシャローマの宗教とは合わなかった。キリスト教やユダヤ教には先祖崇拝がない。また英雄がいないことに気付くだろう。すべてゴッドが独占だ。そして重大なのは偽善だ。貧しき者は幸いといいながら金を追う。このため欧州の文化は偽善の文化となった。日本人の価値観は誠実で、欧州ではギリシャ・ローマにあたる。

今日本は占領軍のキリスト教化政策に従っているようにみえる。日本人の進路は国体主義である。すなわち、連続性(天皇崇拝、先祖崇拝)、連帯性(国民国防、家制度)、価値観(教育勅語)である。これらは数千年かけてきた日本民族の生命の制度なのだ。この再建が急務である。

クスノキ ノ コ

No title
いつも興味深く拝読させていただいております。有難うございます。
バビロン捕囚・・ちょっと飛躍感が・・何でも聖書によろうとするドグ
マ好き一神教には・・。数字もなんとも・・。
あるがままにあれと・・八百万の神々に感じればよいと、そう響かせな
がら、四季の風物が来ては去りを繰り返していませんか?風音を葉音を
波音を雨音を雪音を虫音を鳥の声音を水音を足音を羽音を・・
例えば笛の音・・厳島神社の桃花祭の舞楽奉奏の笛の音が、時々強まる
海からの風に絡みつつ夕暮れの高舞台から弥山へと・・翌日突風にて春
霞が吹き払われ、晴れわたる陽光の中、島々が光る海に浮かんでた。風
の為に止まってしまったロープウェーに乗ることもなく、歩きたおした
弥山。山中に出てきた鹿。こんな風な体験はありませんか?
         よい年を迎えられますよう。乱筆失礼しました。



水素エネルギー派の正体

No title
よくコメント欄にR水素なる団体の信者が水素エネルギーを推進する書き込みを行っていたかもしれませんが、R水素の酋長の正体は

https://twitter.com/chooneui/status/543964241779113984

このように日本の選挙権がほしいなどと喚き散らしている在日韓国人です。最近、ヒュンダイ自動車が水素エネルギーで日本を圧倒したなどのニュースがありましたが、実は水素エネルギー推進派は日本を滅ぼすために裏で結託しています。反原発を叫んでいる小泉も奴らの仲間です。奴らは原発の代わりに水素エネルギーを日本で普及させて日本を滅亡させ、新大和皇国なる独裁国家の建国を画策しています

http://blog.goo.ne.jp/tachibanamiyuki/e/854c83e822f7f92138a3b859cd634f1f

yamtokenkoku.net

この江原とお友達なのが2015年統一地方選挙に立候補している奈良県知事候補の岩崎孝彦(44)

https://twitter.com/cyberuls

であります。奴らは全員グルであり、糞高い水素エネルギーを日本で普及させて、一般人は電気すら使えない極貧状態へ追い込んで滅ぼすとホルホルしています。このような害虫を駆除するために拡散の協力をお願いします。

kiwa

No title
管理人さま、いきなり自己紹介もなく書き込みをした無礼をお許しください。

長い間自分の内でキリスト教にたいする逡巡が鬱積していた折りに目にした記事だったので勢いあまって書き込んでしまいました。kiwaと申します。普段はもっぱらROMで拝読しております。いつもたくさんの事を勉強させて頂くことが出来ますことを感謝しております。

私は、キリスト教に関して浅いながらも音楽、絵画、文学等を理解する補助的な教養として聖書などの知識を持ちあせていれば充分と思っている立場で、ことキリスト教の信仰に関してマジョリティの日本人が持つメンタリティとは相容れないと考えています。

教養の一環としてキリスト教、聖書をある程度の知識として習得しなければ欧米の娯楽も芸術一般も面白くないですね。

tkks

華僑粛清??
今ちょうど、「日本が戦ってくれて感謝しています」井上和彦著
という本を読んでいました。
マレー、シンガポールのことも書かれています。
参考文献も沢山あり、真実に近づけると思います。

teru

憲法
憲法学者たち(東大教授 etc)が憲法改正反対を述べられています。あんな頭のいい人たちが今の憲法がベターだといいと思っているのでしょうかね。今の憲法がつくられて70年です。憲法を論議するだけで自主憲法を作らず、70年ただ飯を食ってきたのでしょうね。日本の憲法学者ってそんなものですね。憲法を作ることってそんなに難しいものですか?

kiwa

何もキリストの福音にたよらなくても・・・・・
>本来日本人が蔵していた美しく気高い姿を、キリストの福音によって再建した
いと願う、志ある方々の結集を期待いたします。

巷間、自虐史観から覚醒しつつあると言われていることは確かで、方向性としては大いに歓迎するべき事でありその勢いにますます拍車がかかって欲しいものだと思っています。

しかしながら根本的な足元、つまり思想的な立ち位置を失う事が無いように日本に伝えられてきた自然崇拝を含む、伝統宗教に立ち返らなければ巧妙に他宗教へと誘導されてしまいます。私は、この会の主催者に向け対立を煽ったり、その活動を非難したりするつもりは毛頭ありませんが、元来日本人には悠久の歴史を紡いで来た過程において自助、相互努力、和の精神に基づく寛容性、柔軟性、忍耐力、勤勉さ、そして慈愛の精神等々これら高度な精神性を備えていた、またその潜在能力が今でも充分に備わっていると確信しています。

何もよそさまの器を借りる必要性はありません、日本という国に伝わってきた先人の叡智を再発見、謙虚に学び直す姿勢を取り戻せば良いだけです。

mayflower

No title
「以後よく広まるキリスト教」1549年キリスト教伝来。
…などと覚えましたけれども、ザビエルの持ち込んだキリスト教はすでに腐敗していました。使徒パウロが「私が去った後に、圧制的なおおかみが入る」(使徒20:29)と予告した通り、4世紀に大規模な背教が起こりました。それがついには「免罪符」を売るまでに酷くなったのです。イエズス会の「キリスト教」は、植民地主義の手先でした。中南米で相当な悪行を働いています。彼らは日本人を奴隷としてヨーロッパに売り飛ばすことを、何十年もやっていました。「火薬1樽50人」という相場だったとか。九州では神社仏閣が「キリスト教徒」に焼き討ちされ、秀吉に僧侶が訴えたということです。キリシタン大名が土地を寄進し、長崎は要塞化されようとしていたそうです。危険に気づいた秀吉が「バテレン追放令」を出し、日本は守られました。
 一方、神道のルーツは東洋回りのキリスト教にあるようです。「ヤヨイ」「ヤマト」の「ヤ」はイスラエルの神を意味するヘブライ語由来。日本各地の祭りの形態、掛け声や囃子言葉、「イセ」「イズモ」などの地名等、証拠と思えるものがいろいろあります。「日本とユダヤのハーモニー」に詳しく書かれています。

PAG

No title
当方もシンガポール在住です。シンガポールは英連邦の一員ですし、アッパークラスは粗華僑で占められることから、現在の統治体制を正当化する意味でも、戦勝国史観で大東亜戦争を評価する展示を行うことはごく自然なことだと思います。

シンガポールでの華僑粛清は、南京事件同様どの程度の規模で行われたものか不明であり、また当時の司令部が命じて実行された作戦でもないようです(辻参謀の独断で実行、山下大将が黙認?)。残念ながら戦争とはそのような悲劇を伴うもので、勝者側は例えその作戦が国際法違反であっても事後に正当化ができます。敗者側はあること無いこと言われてしまいます。

一度イギリス系の方と大東亜戦争中のことに関し議論になりましたが、マレー沖開戦では帝国海軍が極めて紳士的に戦ったこと、インド独立にどれだけの日本兵が命を掛けたかを話し(過去のねずさんの記事に詳細がございます)、戦前の日本が悪一辺倒でないことを理解して貰ったこともあります。

今の連合国体制は暫く続き、日本の立場も大きくは変わらないと思いますが、こちらから日本が行った正しい事例を挙げて反論すれば、日本に対する一方的な評価を多少は和らげることが出来るかもしれません。

プルメリア

No title
初めまして。
こちらでいつも勉強させてもらっています。ありがとうございます。
いくつかの外国に暮らしたことがあり、現在もシンガポール在住で日本の良さを外から改めて感じることが多いですが、だからといって住まわせて貰っている国を貶めようなどという気持ちにはなりませんよ。
ところで先日こちらのナショナルギャラリーに行く機会があり、シンガポールは建国700年ということで特別展示をしておりボランティアの日本語ガイドさんの説明を受けながら見て回りました。
そこで気になったのが、第二次世界大戦中(大東亜戦争ですね。)の日本軍の統治下時代のことをとりわけ強調していたことなのです。イギリスの植民地時代よりも更に過酷であったという内容です。初めて知ったのですが反日華人6000千人を虐殺など(4万人という説もあるとか)は南京の大虐殺のねつ造のことが頭をよぎりました。
当時日本語を強要していたので日本語を話せるお年寄りに会ったときは心が痛むとボランティアの方も申し訳なさそうな口振りなのです。
そして別のグループではガイドさんが英語で白人の方たちに解説をしていたので、日本が悪かった酷かったと話していると思うととても嫌な気分になりました。
シンガポールは国歌はマレー語ですし多民族国家のイメージが強いのですが華僑系の人口が半分以上を占めている国です。表立っての反日を感じることはありませんが何か印象操作が行われているのではと不安になりました。何しろ国立博物館での展示ですから・・・
これをきっかけに自分自身も更に真実の歴史を勉強して行きたいと思っています。

miku

日本人に宗「教」は必要ない、何故なら・・・
宗教とは「他律」
神道とは「自律」

日本人には「教え」などというレベルの低いものはいらない。
何故なら自ら正しい行い・考えを導き出す優れた資質があるから

「無人販売」が成立する無宗教といわれる日本と、災害で略奪・暴動が発生する宗教に熱心な諸外国。


これが全てを物語っている




おかざき

No title
安食先生が参加されているので良い集いになると思います。

junn

No title
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク