今年もお世話になりました

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

明日香川
明日香川


月日の経つのは早いもので、気がつけばもう大晦日(おおみそか)です。
大晦日といえば、百人一首にも歌のある春道列樹(はるみちのつらき)の、こんな歌があります。

 昨日といひ今日と暮らして明日香川
 流れてはやき月日なりけり  

この歌は今和歌集に「年のはてによめる」とありますから、まさに大晦日の歌です。
流れの早い激流で、月日の経つのが早いと歌っているようですが、明日香川はそんなに流れの急な川ではありません。
むしろゆったりとした流れなのですが、飛び石などがあって、流れが別れ、また戻るといった離合集散がある川です。
今年一年、様々な出会いがあり、別れがあり、日々はゆったりとした明日香川のようだけれど、気がつけば、もうこんなに流されてしまっている(月日が経ってしまっている)、と詠んでいます。

でも、そんな感じってありますよね。
日々の生活や戦いに追われているうちに、気がつけばもう歳末も大晦日です。

千年前の歌人の歌に共感する。
千年の時を飛び越えて、心がひびく。

先日、日本史検定講座で倉山満先生の講義を拝聴しました。
たいへんよい勉強になりました。

先生曰く、マッカーサーが制定した憲法の条文をちょっといじろうという発想自体が、すでにマッカーサーの手のひらに乗せられてしまっているということだ。
そもそも憲法以前に日本には古くて長い歴史・伝統・文化があり、その日本人としての自覚と誇りを取り戻すことが大事だというお話でした。

憲法を変えれば日本を取り戻したことになるかといえば、そうではありません。
憲法以前に、日本人が日本に目覚めていくこと。
そこがなければ、本当の意味での日本は取り戻せないし、憲法議論そのものが意味をなさなくなる。

では、その取り戻すべき日本は、どういうカタチをしているのか。
そのことを私は来年、千年前の小倉百人一首を通じて、シラス国日本、天皇の存在のありがたさ、察する文化の凄みを説いてまわりたいと、先生の講義を聴いてなお一層、思いを強くしました。

さあ、一夜明ければ平成27年です。
来年がみなさまにとって、よい一年となりますよう。

今年一年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

「ねず」こと小名木善行 拝



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ムーミン親父

有り難う御座いました
わかりやすい解説いつも有り難うございます。
ねずさんによる百人一首の本当の意味を知ることができて、良かったです。
「本当の日本を取り戻す」の精神をまたご教示ください

みるる

正月三が日女人の家事禁止は差別ではない
明けましておめでとうございます
今年もまた有意義なお話拝見できたこと嬉しく思います

毎年正月は日本人は女性を台所から遠ざけ
男衆が家事を仕切る三が日でした
女性はその間身支度をきちんと整え
家によっては朝風呂をさせ髪や身を洗い清めるとか
日頃は出来ないお洒落に専念して晴着を着るのに
今はそれを廃止した家が多いですね
美しい女性は目の保養になりご主人も鼻が高いはずなんですけど
美しくなった妻や娘を連れて初詣
大変に良い習慣でしたが今は主婦を休ませることもなく
お節を並べ雑煮を用意するのも女性です
嫁に来るまでは正月の女人禁止が当たり前だと思ってたのに
こちらはとっくの昔に廃止していたそうで残念
亡くなった私の祖父がしていた新年の行事も今はやっているところは殆どないです
若水(今は水道です)を汲み
顔を洗い口を漱ぎとか
お節を箸でつまみ神棚の神様や玄関の注連縄に食べさせる真似をする
「お豆をお食べ下さい」
「蒲鉾をお食べ下さい」
みたいな仕草をしていたそうです
農家だと農人形と言う人形にも食べさせる真似をしていました
新年早々愚痴で申し訳ありませんが
これを読まれた男性の方々は女性を台所から解放して
代わりに雑煮を煮てほしいです
大変に美しい行事の一つでしたのに残念です
これは差別だと思いません
差別と思う人が残念です正月女性が美しいのは男性諸君も嬉しい事だと思います

kumamonmon

No title
ねず先生のブログによって多くの感動をいただきました。深い日本歴史の真実を教えて下さりほんとうに有難うございます。2015年もよろしくお願いいたします。

No title
ねず先生、拙いコメントをいつも掲載してくださり、ありがとうございました。
今年、ねず先生のブログに巡りあえ、日本人としての幸せを噛み締めました。
先生のおかげで、自虐史のまま死ななくて済みますし、この世界を守ってくださった先人に感謝することができます。
ありがとうございました。
先生はじめ皆様、よいお年をお迎えください。

                             菊

げんべー

今年も良いお話しをありがとうございました。

私の海軍出身の学校の先生、戦前戦後を生き抜いた明治生まれの祖父母の話を思いだしながら読まさせていただきました。

この時代、ねずさんの史実話は日本人の心の光明になる事と思います。

来年も健康で活躍される事を御祈り申し上げます。

良いお年をお迎えください。

渡辺

一年お疲れ様でした。
開戦から戦後の日本の受難と、「戦後レジーム」による危機的な状態を知ったのは1年半前です。
暗い時代の、灯台を見る思いで拝読しております。
まだまだ敵は強く、前途多難ではありますが…来年はさらに多くの日本人が目覚める事を願っています。
ねず先生にも、よい年になりますように。

西京

感銘を受けました
古来から受け継がれ、継承すべき心を思い出すことが出来ました。ありがとうございます。

葉桜

No title
こちらのブログを訪れるのが毎日の楽しみです。これだけの記事を毎日休まず更新されるのは、なかなか出来ないことと思います。いつも有難う御座います!

-

No title
目覚めの年でした。

イオタ

今年は初めてねずぶろを拝見し、日本人としての素晴らしさを知ることができました。

来年も宜しくお願いいたします。

ポッポ

No title
この一年、ご苦労さでした。
良いお年を、お迎えください。

kiwa

No title
ROMで拝読を続けていましたが、12月18日付けの記事に過剰反応してしまい以後数回コメント欄に参加させて頂き、ありがとうございました。とても解りやすいことばで心に染み入る記事から本当に大切で失ってはならないものが何かと言う事を深く学ばせて頂ける日々を感謝致します。

また、添えられる一枚一枚の写真画像からは東山魁夷画伯の静謐な気品のある絵画を思い起こし感動しています。

どうぞお身体に気をつけられ、佳い新年をお迎えください。

-

夏に立憲君主制に戻るという話はどうなったのでしょうか。
すすんでいるのでしょうか。
気になります。
私は憲法改正に反対です。
改正してしまうと認めてしまうことになりはしないか。
日本人が作った憲法に戻すべきだと考えます。

ケイシ

今年一年、日本の素晴らしさを教えて頂き
有り難う御座いました。 今まで、漠然と
天皇と皇室は尊いものだと想っていましたが、シラスとウシハクの違いで、天皇陛下がおられる事の有り難さ、万世一系の皇統が維持される国体の尊さをはっきりと分からせて頂いた事が私にとっては大きかったです。来年もまた、様々な角度で日本の素晴らしさを伝えて下さい。
ねず先生の御健勝と益々のご活躍、
お祈り申し上げます。
ありがとうございます。

瑠依

ドイツ語で、平成26年から平成27年への年越しの御挨拶をします。
ドイツ語で、平成26年から平成27年への年越しの御挨拶をします。

Guten Rutsch ins neue Heisei-Kaiserjahr von Japan 27!

都民です。

No title
毎日ねずさんのお話を楽しみに、一年を過ごしました。なかでも国常立大神が目覚め動き出されたというご見解は、龍神を象った日本地図と共に心に焼き付きました。ありがとうございました。
 良いお年を、お迎えください。

みやび

ねずさん
今年も、たくさんの良いお話をありがとうございました。
毎朝、楽しみに読ませていただきました。
また、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。

Pin

よいお年を
今年1年ご苦労様でした。
来年は正念場ともいえる年です。

また今年以上の頑張りを期待したいと思います。

志士

No title
来年は、日本人が日本人であることの有難さを取り戻したいですね。

今年も良いお話を有難うございました。

それではよいお年を迎えください。

ゆうこりん

今年も素敵なお話をありがとうございました。来年はぜひ講義を受けたいと思います♡
来年も頑張りましょう!
よいお年をお迎えください。

No title
今年もありがとうございました。2015年は激動の年となりそうです。混沌(カオス)とか混乱が大いに予想されます。

今日でグレゴリオ暦2014年は終わりですが、旧暦では節分までが2014年、社会情勢が激しくなるのは節分からのようです。フンドシ締めていきたいと思います。

にこちゃん

No title
今年一年間有意義なお話しをありがとうございました。
来年もお身体には十分お気をつけて活動なさって下さいね。
良いお年をお迎え下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク