謹賀新年

2015年未年


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

 謹賀新年
 皇紀2675年。
 新春を寿ぎ、ご皇室の弥栄、ならびにみなさまのご健康とご多幸、そして皇国の発展をお祈り申し上げます。

毎年、元旦は干支(かんし)のことを書いています。
よく当たる字源のお話です。

干支(かんし)は、紀元前10世紀に滅んだ殷代のChinaで考案された年の数え方です。
「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」の十干(じゅっかん)と、
「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の十二支(じゅうにし)の二つの組み合わせでできています。

この2つを順番にひとつずつ組み合わせると、60通りの組み合わせができます。
60年で一回りして最初に戻るから、これが「還暦(かんれき)」です。
干支を使った歴史用語ですと、壬申の乱、戊辰戦争、壬午事変、甲申事変、乙未事変などがあります。

そこで今年も、干支から今年一年を占ってみたいと思います。

────────
1 平成24(2012)年 壬辰の年
────────
3年前は、衆院選の大勝利があり、安倍内閣が誕生した平成24(2012)年は「壬申(じんしん)」の年でした。
「壬(じん)」は、糸巻きの棒に、糸がどんどん巻き付いて行って膨らむという意味の字です。
どんどん膨らむので、「壬」に女偏をつけると妊娠の「妊」の字になります。
よいことが膨らむ年というわけです。

「辰(しん、たつ)」は、古代において農機具として用いられた大きな二枚貝の貝殻で、農機具である「辰」の上に、「曲」が乗ると「農」になります。
そこから壬辰の年(平成24年)は、「稔りのために新しいことが始まり、それが膨らんで行く年」となります。

なるほどこの年は、民主党野田内閣の失政から一転して年末には衆院選で保守派が大勝利し、安倍内閣が誕生しました。
私などはこれを天の岩戸が開かれた、などと当時書かせていただいたものでした。

────────
2 平成25(2013)年 癸巳の年
────────
昨年(平成25年)は、癸巳(みずのとみ、きし)の年でした。
「癸(き)」は、「癶」が、両足を左右に張った姿の象形文字で、その中に「天」があります。
いささか下品に思われるかもしれませんが、要するに両足を開いた間からしずくが滴っている姿の字で、これは天から降り注ぐ雨や霧をあらわします。
そして「已(い)」は「止む」という字です。
つまり、「癸巳(きし)」の年というのは、それまで長く降り続いた雨が止み、霧が晴れる年というわけです。

一昨年を振り返ってみますと、国会で保守派の質問としてはじめて、慰安婦問題や南京問題が議題にあがり、こうした海外からの非道な中傷宣伝工作に対して、対抗するための予算が、日本の憲政史上初めて、500億円という少額ながらつけられました。
そして、参院選においても、保守政党が大勝利となり、国家として秘密にしなければならない情報を保護する法律が成立の運びとなりました。

そして歳末には、念願の安倍総理靖国参拝が行われましたが、これに対するChinaやKorea、あるいはメディアの反発も、もはや世界中、誰の目から見ても、ただの異常な言いがかりであることが、天下に晒されたわけです。

まさに昨年は「癸巳」、雨が止んで、キリが晴れる年となりました。

────────
3 平成26(2014)年 「甲午の年」
────────
昨年は甲午の年でした。
「甲(こう)」は、「呻(うめく)」という字で、果実が成熟して固まって行くさまです。
「午(うま)」は、「正午」という字に明らかなように、午前と午後などの境目です。

果物は成熟したら、収穫します。
つまり、みずみずしく実った果物が、完熟状態になり、その果物が木に成っている状態から、こんどは収穫して人々のもとに届けられる、つまり状態が大きく変化するのが「甲午(こうご)の年」です。


ということは、流れを簡単に図式化すしてみると、
壬辰の年(2012)に、妊娠してお腹が膨らみ、
癸巳の年(2013)には、雨が上がって霧も晴れ、
今年、甲午の年(2014)には、赤ちゃんが産まれる(?!)となります。

つまり、これは「新しい日本の誕生」もしくは、「新しい日本の出発」を意味します。
ほんの数年前まで、ChinaやKoreaの真実は、語るだけで頭のおかしい人と思われました。
韓流ドラマが全盛となり、かつての日本は遅れた国であり、ChinaやKoreaから文明文化のおすそ分けをもらって、ようやく文化が花開いたような印象操作が行われていました。

けれどいまでは嘘つき韓国、デタラメChinaは、日本の常識となりつつあります。
もはやいまどきの日本で中韓が信頼できるパートナーの国と思う人など、ほとんどいない状況に至りました。
まさに「状態が大きく変化」したのです。


────────
4 平成27(2015)年 「乙未の年」
────────

「乙未の年」は、これで「いつびのとし」、「きのとひつじのとし」と読みます。
「乙」は、完全に完璧に成長する一歩手前の状態を表す字で、乙に女で乙女(をとめ)、乙に姫で「乙姫」となります。ちなみに「乙」は、大和言葉では「きのと」で、これは「木(き)の弟(と)」です。
「未」は、梢の若芽の象形で、和語では「いまだ」です。
要するに「乙未の年」は、ひとことで言うなら、若芽が芽吹く年ということになります。

歳末の選挙で、本当に日本を良くしたいとするメンバーの集まりであった次世代の党が大敗しましたが、その一方で、自公連立政権が圧倒的多数議席を保持し、衆参ともにいわば単独体制ができあがったという側面を持ちました。
そしてそれは、旧暦でいうと「甲午の年の10月23日」の出来事でした。

上に述べましたように、甲午の年は、ひとつの稔りを象徴しますから、これが戦後政治のいわば完了形ということができます。
自公連立政権が圧倒的多数の議席を取って、現行の体制のもとでの戦後政治の総決算ができる体制が整ったのです。
ところがその一方で、真正保守政党である次世代の党が壊滅的打撃を蒙りました。
このことも、見方によっては、戦後政治もしくは戦後体制の中にあって、真正保守が何か巨大な圧力によって潰されてきたことの象徴としての出来事であったようにもみることができます。

ところが、今日から始まる乙未の年(旧暦では2月19日が元旦)は、それまでとはまったく違った新しい芽が芽吹く年となっています。
ということは、真正保守が大きく躍進していくのは、今年がひとつの若芽の芽吹きとなるということです。

元旦に翌年のことまで書いてしまうと鬼が笑いそうですが、来年、つまり2016年は丙申の年(ひのえさるのとし)です。
「丙」は、しっかりとした台座、そして「申」は棒に糸が巻き付いて太くなるさまを表します。
つまり、今年の「乙未の年」に、戦後体制や戦後思想とはまったく異なる新たな息吹が芽生え、それが翌年には、しっかりとした台座の上で大きく膨らむことを意味します。

いよいよ日本が日本に還るときがやってくるのです。
そして今年は、その準備の年となります。

「日本を取り戻す」
過日の選挙では、それは単に「景気を取り戻す」という意味でした。
けれど、景気は、人々が織りなすお金の動きです。
そしてお金の動きは、人々の信頼がなければ動き用がなくなります。

戦後の高度成長を実現できた日本が、なぜ平成になってから、改革をすればするほど、景気が後退したのかといえば、肝心の日本人が、君民一体の共同体としての意識を失い、国民の紐帯がバラバラになっていったからです。
その意味では、「日本を取り戻す」とは、日本人が日本人としての自覚と誇りを取り戻すという作業が、まず根底になければ、日本は永遠に取り戻せない。
このことは、平成以降の不況を見れば明らかです。

そうであるなら、優先すべきは日本人が日本人であることの自覚と誇りを取り戻すこと。
そしてその日本人としての自覚と誇りは、どこに求められるかといえば、日本の歴史です。

ねずブロでは、一貫して「取り戻すべき日本のカタチはどういうカタチをしているのか」をテーマにして日々書き続けていますが、いささか個人的なことを書かせていただきますと、一昨年は癸巳の年(きしのとし)で、「長く降り続いた雨が止んで霧が晴れる年」でした。
その年に、まさに小野小町や額田王の和歌を通じて、これまでの解釈のデタラメさに気付かされた年でもありました。

昨年は甲午の年(こうごのとし)で、収穫の年でした。お正月に百人一首の歌の数々があまりにも貶められていることに気づき、昨年は一年を通じて、百人一首の解析をあらためて行わせていただきました。

そして今年は「乙未の年」で、若芽が芽吹く年です。
今年の3月には、研究成果である百人一首の本が出ます。
この本を通じて、百人一首に描かれた、本来の日本にある「天皇の存在のありがたさ」、「日本が目指したシラス国」、「察する文化としての明察功過」を、これまでの保守の方々だけでなく、新たな層に、あらためて開拓し、拡散していこうと思います。
そしてそれが出来る年こそ、まさに「乙未の年」であると思います。

新年明けましておめでとうございます。
みなさまにとっても、どうか今年が良い年でありますように。

真の日本を取り戻していきましょう!!



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

junn

No title
万世一系の天皇家&旧宮家系図 ~皇位継承を考える(12)~
http://waqoo.blog16.fc2.com/blog-entry-74.html

ゆき

明けましておめでとうございます
今年も知的好奇心を満足させて下さる、ねずさんのひとりごとを楽しみにしています

すみません、シナは蔑称でもなんでもなく、世界的に使用されている固有名詞なんだよ、という話が掲載された回はいつの日付でしたでしょうか…

ケントギルバートさんのブログで、現代でその呼称を使うのは差別的なニュアンスがと書いてあったので、そうではないことのコメントと共にそのURLを添付したくて…

ところで全く話は変わりますが、今年の大河ドラマのタイトルの語呂?が…音の数が私には納得行きません

「花燃ゆ」
四音って不安定というか、気持ち悪いです
なぜ、例えば「花燃ゆる」や「○○○燃ゆ」など五音にしなかったのか?
違和感を覚えてるのは私だけでしょうか

mari

No title
ねず様、あけましておめでとうございます。

さゝたけのわがよの程の思出に
しのばれぬべき一ふしもがな
(後嵯峨天皇御製)

今年も良い一年となりますように(^ ^)

No title
干支について安岡正篤先生の著書を読み、初めてその意味の深さを知ることができました。このような伝統的な意義を、なぜ学校で教えないのか、理解に苦しみます。意味を探ると、正に東北大震災以降、国民が真実に目覚め始めた過程とぴたりと一致することに驚きます。欧米ばかりに目を向けさせられていますが、数千年前の大陸から伝えられた叡智には感謝しなければなりません。

グローバル化してもなお、干支や易は、普遍的な人間の周期や事象を表しています。安岡先生は著作の中で、共産主義に対する警戒を訴えていたにも関わらず、中共の手先と中傷する工作が行われ、思わず失笑しました。

私が企業で働いたつい15年ほど前は、会社役員や公務員、医療従事者など、四書五経を教養として読んでいる方が多かったように思いますが、今はどうでしょうか。実際、小学校卒だった方でも、四書五経の言葉を口にする方もいました。育った環境がそれらを正に具現化していたからなのでしょう。記紀と共に古典を学ぶ風潮が高まって欲しいと思います。

ネコ太郎

明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます
元旦は8代目アマカミのアマテルカミ(男性)の御誕生日です
元旦の日の出とともに御誕生されました
日本人にとって特別な日なのです

ねずさんの門下生

謹賀新年
昨年も色々教えていただき、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
そうですね、ねずさんのおっしゃる通り、今年は戦後70年を迎えますし、また新たな流れが生まれて来るような気がします。
気づいて来ている方々も増えて来ていますし、今年は更に明るい年になると良いですね。
今年もブログや著書のご出版、ご活躍を楽しみにしています。

いりや

No title
新年あけましておめでとうございます。
今年もねずさんのブログを読んで日本の正しい歴史を学んで行こうと思います。

昨年までは嫌韓ブームで感情的になり過ぎておりました。
今年は冷静に行こうと思います。
韓国人も中国人も捏造歴史を刷り込まれた被害者だと思うのです。
そんな人々に対しても根気よく説得すべきなのでしょう。
理を以て論破したところで感情的になる民族なのですから、怒りを掻き立てるより、騙されている彼らの実情を伝えるべきだと思うのです。
増して貶めるような話題を投げかけてばかりでは火に油を注ぐだけで、永遠に溝は埋まりません。もしかしたら日韓離間を図る層の工作かもしれませんね。
当面は距離を置いて他の国の人々と連携していくしか無いのでしょうが、出来る事を頑張るしかありません。

谷脇

真実の歴史を取り戻そう
 総理の靖国参拝は、なかったのですが陛下のありがたいお言葉がありました。


 天皇陛下は、年頭に当たっての感想を宮内庁を通じ1日付で発表された。今年が戦後70年の節目にあたることに触れ、「この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています」とつづられた。

  「満州事変に始まる.........」  真珠湾ではなく満州事変から学びなさい。
  「今、極めて大切なこと.......」
                 
        
    原因を突き詰めることそして知ることです。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-784.html

file:///Users/Tanchi/Desktop/【8.6田母神講演会】ヒロシマの平和を疑う!完全版(3)%5B桜%20H21:8:12%5D%20:%20未来×対談.webarchive

にこちゃん

No title
明けましておめでとうございます。
今年も希望を持って日々過ごして行きたいと思っています。
暮れに浅草に行ったら旗を持ったガイドらしき男の人の後に続いて、大勢の人が歩いていました。
女の人に勇気をだして「旅行?」と聞いたところ「はい、旅行です。台湾から来ました。」との答え。
嬉しくなって「台湾の人達は地震の時日本にお金沢山くれたんだよ。本当にどうもありがとう!」と言ったんですが、通じてないらしく困惑した顔をしていました。後で日本語わかる人に地震、お金、ありがとうを聞いてくれてれば良いのにな…。
とりあえず今年も宜しくお願いいたします。

bou

No title
あけましておめでとうございます。

今年も皆様にとっても日本にとっても
良いことがたくさん起こりますように。

渡辺

あけましておめでとうございます。
新年早々に、素晴らしいニュースです!心待ちしていた「ねず訳百人一首本」が3月出版予定とのこと。我が一族は一家に一冊常備します!!できれば、君が代解釈も含めていただけるとうれしいのですが…。
話はかわりますが、群馬・栃木で神社が放火とおぼしき被害にあったとのこと。静かな怒りを感じます。私たちが70年も放置してきた「戦後レジーム」という病は、これを根治する為の膿出しには相当の血を流す覚悟がいるということでしょうか。
いずれにしろ、日本人がアイデンティティーを取り戻す為には自分の先祖に思いをいたし、地域の歴史を学ぶ事です。すべて、繋がって「積み上げてきた」のが本当の日本の姿だからです。

miku

明けましておめでとうございます
今年7月8日で在日の在留カード切り替えにより
実質的な通名禁止・カード切り替えをしないものは不法滞在となり強制送還の対象となります

カード切り替えにより今までの在日特権が暴かれてしまうため
切り替えをしない在日が数万人いると言われています

奴らが大人しく強制送還されるわけありませんから、今年は7月に向けて、テロやら暴力事件が多発する可能性があります
(日本人を人質にする事件が起こりえます)

残念ながら今年は「戦い&混沌」の年でしょう
掃除しなければ、清浄な流れは取り戻せない

皆さまの身の安全を祈ります

瑠依

ドイツ語で、平成27年の謹賀新年の御挨拶をします。
ドイツ語で、平成27年の謹賀新年の御挨拶をします。

Herzliche Glueckwuensche zum neuen Heisei-Kaiserjahr von Japan 27!

-

非韓三原則
他のプログで真理を述べていました。

韓国は助けない
韓国は教えない
韓国とは関わらない
(非韓三原則)

日本は韓国を随分と助けたのに感謝するどころか恩を仇で返すのは、衆知の事実。
非韓三原則は、明言です。

志士

No title
新年明けましておめでとうございます

今年も宜しくお願いします

庶民

明けましておめでとうございます。

羊のイラスト可愛いですね。
三猿ではなく、三羊でしょうか。
心が和みます。

本年も宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございます。

ケイシ

明けましておめでとう御座います
明けましておめでとう御座います

ご皇室の弥栄と国民の繁栄を
お祈り申し上げます。
伊勢神宮にまします大御神様
八百万の神々様
天皇陛下 皇后陛下
ありがとうございます

ねず先生、読者の皆様
ありがとうございます
弥栄。

パパ

No title
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!!

No title
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

今年は日本国民にとって大難となるかも知れません。しかしその先には輝かしい時代が到来するとさまざまな分野で言われています。

ゾロアスターでは今まで6500年続いてきた悪がはこびる時代が2013年前後に終わると言ってますし、日月神示でもこれから弥勒の世となると言っており、その前に大峠(大掃除)が行われるから、とにかく身魂を掃除しておけと繰り返し申してます。

それにムー大陸と思しき西島も浮上してきています。いよいよ大きい時代の変動が来た感がしますね。

新文明のもっとも重要な役割は、日本人が担うことに決定しています。その結果、命(存在・次元)そのものもが変化する、想像できないほど素晴らしい文明が開化すると言われています。その岩戸を日本人が開けるのです。
 その文明ピークは400年後なのですが、2012年前後が思念次元で最も重要と言われています。未来は今どう考え行動するかにかかっています。

2049年には懸け橋となるような基礎社会が日本に出来ているそうです。フンドシ締めていきましょう。金が要らない世の中は2050年から始まるようです。つまり日本はその前に金が実質必要ない社会になります。信じられますか?「マジ」のようです、と言っておきます。

あと記事中の羊の画像がかわいくて萌えます。

松尾日出

おめでとうございます
ねずさん
新年おめでとうございます。
年越しに朝までテレビを観ていました。
出演者も論点も論考も全てダメで、消して寝てしまいました。
本年もお元気に御活躍願います、

寺島 孝

No title
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

一年中一日も休まない「ひとりごと」、元旦早々、明るくする話を有難うございます。 話がとても面白い。 言語とは「なるほど」とこのように、今に生きてくる、ねずさんらしいですね。

ねずさんは今年は初日からエンジン全開のようです。
今年も毎日楽しませていただき、また友人・知人に拡散させていただきます。

この正月は拙宅にも日に丸が翻っています。

百人一首、楽しみにしております。

junn

No title
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク