心の傷を時間かけて癒してくれた人

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は2015年3月発売予定です。
【CGS ねずさん】第6話 植民地支配に反対した日本


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ゆるゆる倶楽部


素晴らしいお話をいただきましたので、ご紹介します。
フェイスブックの「@ゆるゆる倶楽部」からです。

【心の傷を時間かけて癒してくれた人】
http://amijuku.com/index.php?iyasi</u>">http://amijuku.com/index.php?iyasi

─────────
心の傷を時間かけて癒してくれた人
─────────

ある女の人が学生の頃に強姦されました。  

男性不信になった彼女はずっと男性を避けていましたが、

会社勤めをしているうちに、そんな彼女に熱烈にアタックしてくる人がいました。

その男性の優しさや「こんな自分でも愛してくれるんだ」という気持ちから、

彼女も彼と交際を始めました。  


そして交際を重ねて二年、


ずっと清い交際を続けてきた彼が彼女をホテルに誘いました。

彼女は「大好きな人とできるのだから怖くない」と自分に言い聞かせましたが、

やはりベッドの上で パニックを起こしてしまったそうです>>>


───────── 
時間がかかるのです。無理をする必要はないよ
─────────

その時、彼は彼女が泣きながら切れ切れに語る辛かった過去を辛抱強く穏やかに聞き、

最後に泣き伏してしまった彼女に、

「ずっと大変なことを一人で抱えてきたんだね」と頭を撫でたそうです。



そして彼女の頭を一晩中撫で続けながら、彼女に語りかけていたそうです。  



「これからはずっと俺が守るから。もう怖い思いはさせないから」  

「焦ることは無いよ、ゆっくりと分かり合おう」  

「君はとてもキレイだよ、ちっとも汚れてなんかいないよ」

「ごめんなさい」と繰り返す彼女に、彼は一晩中優しく語りかけ  

「いつか、君が僕との子供が欲しいと思う時まで、心で深く分かり合っていこうよ。  
僕が欲しいのは君の体じゃなくて君自身だよ」  

と言い、その後彼女と結婚するまでの5年間、

おでこにキスくらいまでの清い交際を続けました。



そして結婚してからも焦ることなく、

ようやく初夜を迎えることができたのは、結婚後2年経ってからだったそうです。  



そして、私と弟が生まれました。

弟が二十歳になるのを待って、母が初めて子供二人に語ってくれた話でした。  


その話を聞いたとき、母の苦しみや父の愛情、

そしてそれに母がどれだけ癒されたのか、

今ここに  自分の生がある事のありがたさを知って、ボロボロと泣きました。



さらにその後、父とその件について話したことがあったのですが、

ホテルでの一件の後、父は結婚してから母を一人にすることのないように

自営業を始めるため、5年間貯金をしたそうです。  



開業資金、結婚資金が貯まって、母にプロポーズをした時も

「一生子供が作れなくてもいい」と思っていたそうです。



実際、振り返ってみても、父と母はいつも一緒にいたところしか思い出せません。  



そんな両親も今はこの世にはいません。  

二年前に母がすい臓ガンで、昨年父が脳卒中でこの世を去りました。  

母の命日に位牌を抱いたまま冷たくなっていた父を見て、弟と二人号泣しました。



「お父さん、本当にお母さんのことが大好きだったんだね」

と大の大人が葬式で  わぁわぁ泣きました。  

法事まで母を一人にできなくて同じ日に亡くなったんでしょうか。



私たちを叱る時、精一杯厳しくしようとして、

それでも出来なくて、目に涙を浮かべながら  

一生懸命大きな声を出していた父と、

大きくなって「恥ずかしいよ」と文句を言っても  

私たちの頭を良く撫でてくれた母。  



本当に最高の両親でした。

===========

Chinaの漢字の「愛」は、久みたいな部分が「足を引きずる」意で、家の中にある何かに、字のまんなかにある「心」が惹かれて、「後ろ髪をひかれる思いで心が寄せられること」です。そして足を引きずられ、後ろ髪をひかれるほど強く思ったなら、それを奪う。つまり「欲しいものを奪う」という語彙を持つのが「愛」です。

けれど日本人にとっては、「愛」は「おもひ」です。
もともと「おもひ、おもふ」という大和言葉があって、あとから外来漢字の「愛」に、その訓読みを与えています。
つまり、日本人にとって「愛」とは、相手をなによりも「想う」ことです。

このお話の男性は、誰よりも何よりも彼女を大切におもっていた。だから愛です。
傷ついていた女性は、夫のそのおもいに包まれて、見事、懐妊することができました。
そして子供達へ、女性は「おもひ」のすべてを注ぎ込みました。

ほしいものを奪うことは、相手への蹂躙にしかなりませんが、
「おもひ」は、相手へのおもいやりのやさしさにつながっていきます。

これが日本人が、縄文時代から2万年かけて築いた、日本文化です。





人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

四つ葉

人間失格の主人公も強姦された妻を庇う所か、無垢だった妻が汚されたと嘆いて精神崩壊する有り様でした。
自分が被害者みたいな顔して妻を突き放す主人公は酷かったです。
今回の話の男性は女性の心を尊重して大事にされてる事がわかります。
彼女の心を愛を信じて尊重して愛し抜いた男性だから、女性も男性を愛し抜いて結ばれたのです。
素晴らしいお話でした。

葉桜

本当の愛情深く強い人ですね。

だいぶ以前に観た映画「羅生門」で、目の前で妻を強姦された男が、妻を憎み蔑む目で睨み付けた心理が、いまだに分かりません。

junn

No title
「皇室消滅」を読んで
http://ameblo.jp/9216ama/entry-11820664068.html

匿名

No title
私も19才のとき、性的虐待をうけました。事故のようなものでした。こんな男性にであえていたら私も人生が変わっていたのでしょうか。羨ましい限りです。
 性的虐待の傷はなかなか消えるものではありません。30年経とうとする今でも、心の安定のため薬を必要とする場合があります。戦争帰りの兵隊さんと同じようなトラウマをもち、同じような苦しみを長年もちつずけております・
 でも、自分をかわいそうだとは思わず、与えられた人生を受け入れて前向きに生きていきます。素晴らしいお話をありがとうございます。
 

kiwa

No title
世の中にこんなにも気概ある男の人がいるということに感動。
人を愛するというのは、何があっても棄てないということなのですね。
ご両人ともに、この人の為なら命すら惜しくないという崇高な精神を感じます。

匿名希望

スレチの上、いまさらですが・・・
小保方晴子の裏ストーリー~38兆円の巨大利権がSTAP細胞を脅し潰した~

http://netgeek.biz/archives/27097

結局STAP細胞は再現できず小保方晴子は理化学研究所を辞めさせられる形となった。しかし、こんなバカな話があるものか。何か違和感を感じないだろうか?

-

No title
ごめんなさい。泣いてしまいました。なんて素晴らしいお父上 その愛情を受け止めたお母上。きっと転生しても仲良くしていると信じています。日本の男此処にありですね。 「愛」は「おもい」と伺いました。日本と言う素晴らしい国に産まれて幸せです。

田舎モン

保守的な佐賀における県知事選から学ぶ
佐賀知事選の回答は 小泉・竹中的な岩盤規制破壊に反対、アメリカが求める規制緩和に反対、地方の第一次、二次産業の中小零細企業を守ろうとする決意を示し、自公連立からの政策に大差で勝利しました。
 自民党は反省してください。次世代の党は「規制緩和」という曖昧なスローガンを撤回してください。

TWENTYMASTER

今日のお話、男のあるべき姿を見た気がしました。
良いお話ですね。

えっちゃん

涙が・・・
 今日もありがとうございます。涙のあとすがすがしい気持ちで、いいお天気の外を見ています。今日もいい一日になりそうです。
 「想う」「縄文時代から2万年続く」
 このキーワードが納得でした。
 日本に生まれてよかったなあ。
 父母は他界しましたが、二人がいたから私がいます。
 

憂国

心にしみるよいお話を、有難うございました。

junn

No title
地方財政を圧迫する当事者である「地方議員」の定数こそ削減を進めるべきだ。さらにたとえば、公人のDNAと家系情報(帰化歴を含む)の開示を義務付ける施策が必要だろう。帰化要件にも取り消し条項(たとえば、日本国民として不適正であれば帰化を取り消しし、本国へ送還)が必要と考える一人である。
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-3334.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク