最も危険な職業ランキング



アメリカで最も危険な職業トップ10

アメリカの労働統計局による調査を元に、2007年に仕事中に命を落とした人の割合による危険な職業の順位です。
日本の統計は発表されていませんが、ひとつの傾向として、見るべき価値があるのかと思い、掲載しました。ねずきちには、以外な順位でびっくりでした。

■1位 漁業
   人口10万対死亡率(該当する職業の人が10万人に対しての死亡者数):111.8
   総死亡数:38

あらゆる天候を相手にして、水で滑りやすいデッキで作業を行い、陸から遠く離れたところで救援も遅く、死に至る可能性が高いそうです。
それにしても、漁師さんが1位って・・・
日本はどうなんだろう???

■2位 きこり
   人口10万対死亡率:86.4
   総死亡数:76

チェーンソー、重機など危険な道具を使い、高所作業中の強風で落下したり見ないところにある根につまずいたりすることで死につながるそうです。

■3位 パイロット
   人口10万対死亡率:66.7
   総死亡数:82

一般の飛行機が事故を起こすことは少ないのですが、実験的なテスト飛行のパイロットは危険が高く、農薬散布機に乗る人は毒にさらされることがあり、ヘリコプターのパイロットは危険なレスキュー作業などで命を落とすことがあるそうです。
日本ではレスキューは、もっぱら自衛官の役割。
これだけ危険に近い職業なら、それなりの社会的地位とか認められてもいいのではないかと思うのだけど・・・

■4位 建設業
   人口10万対死亡率:45.5
   総死亡数:40

多くの建設業で安全ネットなどの対策が取られていますが、落下が最も多い死因となっているとか。警察官や、職業ドライバーより危険!!@@

■5位 農業
   人口10万対死亡率:38.4
   総死亡数:285

仕事で必要な重機が死因となるのだとか。(゜ロ゜;)エェッ!? 日本ではどうなんだろう??@@

■6位 屋根ふき職人
   人口10万対死亡率:29.4
   総死亡数:79

最も多い死亡原因は屋根やはしごからの落下だそうです。
屋外での作業になるため熱中病など熱関連の病気が死因になることもあるそうです。
うちの近所に屋根職人さんがいますけど、夏の猛暑のときとか、まるでサウナ状態のところで8時間!!
しかも工事によっては、地上数十メートルの鋭角的な屋根の仕事もあるとか。。。
ま・まさに命がけ・・・

■7位 電気工事業
   人口10万対死亡率:29.1
   総死亡数:30

電線や電柱の敷設・修理を行う仕事。高所からの落下や感電の危険があります。
高圧電線の鉄塔とか、ものすごく険しい山中での工事やメンテなんですよね~~

■8位 職業ドライバー
   人口10万対死亡率:26.2
   総死亡数:908

トラックの長距離運転手や配達人。疲れた運転手が事故を起こしてしまうことが多く、総死亡数は最多となっているそうです。

■9位 資材リサイクル業
   人口10万対死亡率:22.8
   総死亡数:18

工場や建設地で建築資材などを運ぶ仕事。高所での危険な作業や煙で呼吸器官を悪くするのですが、最近は安全性の改善が行われているそうです。

■10位 警察
   人口10万対死亡率:21.4
   総死亡数:143

犯罪者と多く関わり、危険な状況に陥りやすい警察官や刑事が10位。


いやはや、意外な順位でした。
なんとなくのイメージでは、警察官が1位・・・とくに銃社会のアメリカでは、ダントツ1位みたいに思えるのですが・・・

農林水産業関連、運輸関連、建設関連、リサイクル業のほうが、危険!!

なんだか考えさせられますね。

ちなみに日本では厚生省の事務次官が“最も危険な職業”??@@;

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

言霊

>2008/11/20 05:44 | #- URL さんへ

わざわざ注意するくらいなら、HNくらい
名乗られたらいかがでしょう?

-

「以外」じゃなくて「意外」ですよ。
コピペで沢山のひとに送ってる宣伝ばかりじゃなくて自分の記事をちゃんと推敲することをお薦めします。

基準点

アメリカでも「板子一枚下は地獄」
 ねずきちさん始めまして、「中韓を知りすぎた男」のコメント欄からROMさせて頂いていました。

 この調査結果は日本ではどうか気にかかるところですが、漁師は昔から「板子一枚下は地獄」と言われており、危険性は高いかと思います。

 ここで亡くなった方の多くが多分男性だと思うのですが、調査結果に資料はありませんでしたか?
 
 そちらの資料もあれば興味深いかと思います。
 

マイケル

1位が漁業とは驚きでした^^;
警察もやっぱり高いんやなぁw

ヤクザとかはどうなんやろ^^;

Lee

身内に警察官がいたので、スカウトされましたが。。。
ヘタレのあっしには無理と思われ、丁重にお断りしました(笑)
警察官の娘は絶対警察官と結婚しない。。。少なくともLeeの周りではそうです
やっぱ危険やと思うし。。。

サラリーマンやからって油断出来へんで~!!
年末年始、酔っ払って道で寝たりしないように、皆さんお気を付けあそばせ!!

こはる

原子力発電所の人とかは?
・・・どうなんだろう。
日本では農業とかって大往生なイメージだったりします。
応援ポチっ!

BOSS

私は
どれにも属していませんが、父親が資源リサイクル業です。

そうか、危険な仕事だったのかあ。でも、元気に今でも現役です。

tet5

ねずきちさん、こんにちは!
こちらも興味ある統計ですね~。
で~、ワタクシの浅はかな脳にて、日本のランキングベスト5を考えてみました。やはり浅い?

1、漁業・・・日本人は魚好き→遠洋漁業→危険度大
2、建設業・土木業・・・建設大国日本、年度内に予算を使い切る→バタバタ→労災の頻度大
3、職業ドライバー・・・交通渋滞→イライラ・ストレス→注意力散漫
4、とび職・屋根ふき・雪かき
5、電気工事業

・・・お粗末でした~。(笑)

せどりん

1位 漁業は納得ですね。日本では人気ないけど。5位 農業も日本では減少傾向ですね。死んだ話はききません。過労死かw 7位 電気工事業は実は事故にあってるひとりします
ね。

gtk3japan

はじめまして
はじめまして、gtk3japanと申します。

漁業が一位なんですね。
なんか以外です。
私も警察がトップかと思いました。

今後ともよろしくお願いします。

Ve

こんにちは。

CS放送の Discovery chanel で放送している「ベーリング海の一攫千金」(原題:deadliet catch)は、冬のベーリング海での蟹漁を扱ったドキュメンタリーです。
死人が出ない方が、不思議なほどの過酷な労働環境です。

最近アメリカでは、過酷な労働に焦点を当てた番組が増えてきているそうです。
金融危機後の生活は、楽ではないよと示唆しているのでしょうか。

ママ美

おはようごさいます
本当に意外な順位なんですね(´-`●)
あたしは、警察かと思ってましたけど。。
きこりには、ほんとに驚きました。ランキング応援×2です!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク