靖国神社の明治天皇御製

■オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

雪の靖国神社


 我國の為をつくせる人々の
 名もむさし野にとむる玉かき


この歌は、明治7(1874)1月27日に、明治天皇が初めて靖国神社に参拝された折にお詠みになられた御製です。
「玉かき」というのは、玉垣(たまがき)のことで、これは神社の神域の周囲にめぐらされる垣のことです。
「玉」は、神聖なという意味を持ち、これに囲いの「垣」が組み合わさって「神聖なすばらしい神の為の囲い」を意味します。

上の句にある「我國」は君民一体のシラス国という意味ですから、「國のためを尽くせる」は、私達ひとりひとりの日本人のために尽くすこと。
「つくせる人々」は、そのために「命を尽くした」、つまり尊い命を捧げて、いまは神となった人々を指しています。

その神となった人々の名前を、武蔵野、つまり関東の宮城にしっかりととどめ、そこを玉垣で囲って、神域とするということを、明治天皇が、はっきりとお示しになられたのが、この御製の持つ意味なのですが、実はこの歌には、もっと深い意味があります。
靖国神社の由緒には、次のように書かれています。
「靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、日華事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉(ひと)しくお祀りされています。」

「斉(ひと)しく」という表現は、最近ではあまり見かけませんが、旧字は「齋」で、穀物の穂が伸びて生え揃っている象形です。
つまり立派に成長し人々のお役に立った御神霊としてお祀りしているのです、といった語感を持つ語を用いているわけです。

明治天皇の御製には、さらに大切なポイントがあります。
それは「名をとむる」と詠まれていることです。
ここでいう「名」とは、亡くなられたおひとりおひとりの御霊のお名前のことです。

いまの日本人には、あたりまえのように「名前」がありますが、いまのような名字と名前の制度になったのは、実は明治になってからのことです。
それも、ちょうど明治4年から明治8年、つまり明治天皇が冒頭の御製を詠まれた頃のことです。
それだけに、この歌にある「名をとむる」には、実は深い意味があります。

現代日本では「氏(うじ)」も「姓(かばね)」も、同じ名字(苗字)としか扱われません。
これに変更が加えられたのが、明治4年の「姓尸不称令(せいしふしょうれい)」(明治四年太政官布告第五三四号)で、このときはじめて、公文書に「姓氏」を書かずに苗字実名だけを使用することが布告されました。

その後、苗字(名字)の書き方については、様々な布告が続く、つまり二転三転していくのですが、最終的に固まったのが明治8年の「平民苗字必称義務令」(明治八年太政官布告第二二号)です。
この義務令によって、すべての日本人が「苗字と名前だけ」を標記するようになりました。
ではそれまではどうだったのかというと、「姓(かばね)」と「氏(うじ)」は別なものとして扱われていたのです。

「氏」は、「同じ人を祖先に持つ集団」のことでした。
ですから、たとえば織田とか松平、あるいは榊原、井伊、酒井などの「氏」を持つ者は、みんなご先祖が同じ人だったわけです。
この「氏」については、8世紀に編纂された『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』というに詳しく記載されていて、この本にはもともと日本にいた人たちがどういう姓なのか、渡来人はどういう姓なのかが全部記録されています。
8世紀の時点でそのようなことができた国は、世界広しといえども日本だけのことなのですが、これができたのも、「氏」が同じ血族集団に与えられたものであったことによります。

農家などでは、土地ごとに集落が営まれましたから、もともとは村の名前=血族集団であったわけです。
この歴史は古くて、日本ではおよそ8千年前から稲作が行われたりしていましたから、血族集団が血族集落となり、その集落ごとに神社が営まれ、その全国的な神社がネットワーク化されて、その上に大和朝廷が成立しています。
いまでも「氏神さま」といいますが、氏神さまは、同じ村の、つまり同じ血族集団の御祖先が神様として祀られたことに発祥しています。

ところが江戸時代になると、全国の大名たちがネットワーク化され、国替えのようなことも度々行われるようになりました。
すると、藩の武士たちの知行地も場所が変化します。
つまり、もともとは武士たちは「氏」の血族集団の長だったのですが、それが別な氏の村を知行するようになるわけです。

たとえば大利根村であれば、もともとそこには大利根という氏を持つ人達の血族集団であり、大利根氏というお侍さんは、その大利根村の領主の一族であり、本家筋であったわけです。
ところがその領主の大利根のお殿様が、別な知行地をいただいて、別な土地に引っ越してしまう。
そして新たに、多摩川さんというお侍さんが、領主としてやってくる。
多摩川さんは、大利根村の村人たちと血縁関係はありませんが、両者は互いに協力して、いままで以上に村の発展のためにがんばっていかなければならないわけです。

けれど、だからといって、もともといた大利根の氏を持っていた人達が、古式の伝統にしたがって多摩川さんに名前を変えたり、あるいはあとから知行のためにやってきた多摩川さんが、大利根に氏を変えたりしたら、世の中が混乱します。
そこで江戸幕府は、農家が勝手に氏(うじ)名を変えることを禁じ、大利根村の熊さん、八っつぁんは、多摩川熊五郎、多摩川八兵衛と名乗ってはならない。そのまま大利根熊五郎、大利根八兵衛のままでいなさいとしていました。
これが解除されて「平民苗字必称義務」となったのが、明治8年だったわけです。

戦後、公職追放の後釜に座って日本人のような顔をした日本人でない学者さんが、しきりに「江戸時代の庶民には名字がなかった」などと宣伝しましたが、これはとんでもなく誤解を招きやすい表現で、我が国では天下万民、庶民であろうが武士であろうが、全員「氏」があったのです。
だからどんな人にも「氏神様」がちゃんとありました。

もうひとつ、「姓(かばね)」は、これは苗字(名字)とは全然異なります。
「姓(かばね)」というのは、もともと天皇に仕える特別な人たちを表すもので、朝臣(あそん)とか宿禰(すくね)、連(むらじ)などがこれにあたります。
大納言とか中納言は、いまでいったら、総理府の次官とか部課長のような役職名ですが、これとは別に、大きな功績があった人などに、その家系をたたえて「あなたの家系は立派な朝廷の家臣であることを認めましょう」と与えられたのが、朝臣とか宿禰のような「姓(かばね)」です。

ですから、たとえば在原業平朝臣、藤原敏行朝臣、大中臣能宣朝臣などといったように、「姓(かばね)」は、通常、氏名のあとや、真ん中に付けられました。
おもしろいことに、大久保利通は藤原朝臣利通、大隈重信は菅原朝臣重信、山縣有朋‎は源朝臣有朋と名乗っています。

こうした「氏姓(うじ・かばね)」の制度のことを、「氏姓(しせい)制度」といいます。
明治維新後、四民平等となり、旧来の職制が貴族も武士もすべて一律に廃止となったことから、名前の真ん中に姓を表記することがなくなり(つまり姓を用いることがなくなり)ました。

同時に氏(うじ)もまた、全国民があらためて陛下のおおみたからとして、君民一体となって、欧米列強の脅威から日本を守ろうということから、血族集団としての氏(うじ)にこだわることなく、日本全国、もとをたどせば、みんな同じ血族じゃないかということで、村の東側に住んでいれば東さん、西側の山の麓に家があれば西山さん、南側なら南さん、北の川のほとりなら北川さんなどと氏とは別に「苗字(名字)」を名前の前につけることとなったのです。
これが「平民苗字必称義務令」です。

つまり現在の名字と名前の二つからなる日本人の名前は、もともとが、すべての日本人が同じ血族であり、同じ「おおみたから」であり、陛下の子であることを本義としてできあがったものなのです。

だからこそ、歌には「名を」ではなく、「名も」とあるのです。
日本国民はすべて同族という意味をこめて、あらためて氏名が名乗られるようになったのです
そしてその名を持つ同族としての英霊を、明治天皇は我が子とし、「名を玉かき(=神域)」に「とむる」と詠まれているのです。

いまの日本人の名前は、苗字と名前でできています。
最近では自分の家系の氏神様(うじがみさま)がわからないという方が増えましたが、そうなったということは、すべての日本人が血族にかかわりなく、誰もが天皇の「おほみたから」であるということが明治期に再確認されたということなのです。

そして我々庶民が「おほみたから」であるということは、政治権力者も我々庶民も、等しく天皇の「おほみたから」です。
つまり我々は天皇の「おほみたから」であるという一点によって、権力からの自由を得ているし、権力者に私有される隷民とならずに済んでいるのです。

ですから「天皇は憲法上の制度だ、天皇制反対」と唱えるということは、わたしたちひとりひとりの人間としての尊厳を否定し、政治権力者の私有民となり、民衆を「奴隷のような隷民にしたい」と言っているのと、実は同じことなのです。

世界を見渡せば、民主主義を標榜しながらも、いまだに庶民が隷民として扱われている国が多数あります。
世界では、自由のために流血を伴う戦いが、国歌にまで歌われている国も多数あります。
しかし我が国の英霊は違います。
わたしたち臣民のひとりひとりが、人としての尊厳を持つことができる国家を守りぬくために尊い命を捧げてくださったのです。
その英霊が靖国に祀られています。
その数、246万6千余柱。

そして明治天皇の御製に明らかな通り、靖国神社では、御霊だけでなく、氏名も祀ってくださっています。
氏名があるということは、そこに祀られた全員は、もったいなくも、等しく天皇の子であり、おおみたからであり、全員が同じ日本家族の一員である、ということを意味しています。

私達は、その英霊の柱で建てられた日本という家に住み、そこで生きているのです。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

はむぞう

ねずさんの和歌の解釈には蒙を啓かされること多く、いつも楽しみにしております。
今回のお話は明治天皇御製についてでしたが、これについても興味深く読みました。
明治天皇の御製にもっと触れたいと思いましたが、悲しいことに現在手頃に入手出来る歌集がないようです。
ぜひこれからも折に触れて、御製を紹介していただければありがたいです。
さらに叶うことなら、百人一首の次は御製についての本を書いていただきたく存じます。

愛信

カジノ法案を再提出、議連幹部が確認 日本人規制盛らず
カジノ法案を再提出、議連幹部が確認 日本人規制盛らず
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H66_W5A120C1PP8000/

カジノ法案に表向き反対している創価学会公
明党は韓日合弁カジノリゾート 仁川空港近く
で着工=17年完工を進めている。
日本人社会の破壊者が強行する破壊活動を阻
止しよう。 日本の安全・安心で自由な社会を
守るのは我々日本人の任務です。

詳細は
【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】
http://aixin.jp/garnk.cgi
記事番号ー43 【Web検索システム カジノ】


愛信

LINE、企業向け新サービス提供開始 動画視聴連動型スタンプ
LINE、企業向け新サービス提供開始 動画視聴連動型スタンプ
http://www.oricon.co.jp/news/2047798/full/

関連記事で掲載されている様に、通信の秘密を
守る義務のない韓国企業LINEの使用を安倍内閣が
容認している事は、オレオレ詐欺を黙認している
事と変わりない。 愛国系日本人に危険な韓国企
業LINEの実情を拡散して、多くの人々に不正行
為、韓国国情院がLINEの傍受をしている事実を知
ってもらい、その上で自己責任で対処するように
自覚を促してLINEの使用禁止を要請する国民運動
を高めていこう。

詳細は
【情報・通信の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/jht/jht.cgi

ポッポ

No title
いわゆるイスラム国は、湯川遙菜氏と後藤健二氏を拉致して身代金を要求、要求が得られないと判断すると湯川遙菜氏を○つがいして今度は、後藤健二氏にはテロリストの人質交換を申し入れてきました。(湯川遙菜氏を亡くされた親族の方には、お悔やみ申し上げます。)

テロリストはヨルダンで死刑判決を受けていますし、ヨルダンにもイスラム国に捕虜になっている方がいますから、そんなに簡単に後藤さんを救出できるものではないと思います。実態として日本は、無手勝流で後藤氏の救出に当たるに等しいと思います。

救出を担当している政府は大変だと思いますが、日本はこんな形でしか海外の不法者に対応できません。
これまでに、海外で不法に拉致された方は何人もいますが、政府は大変な苦労をして救出活動をしてきたのだと思います。
軍事力による報復手段を持たない平和な日本には、これまでの日本の姿勢かODAによる感謝しか、犯罪集団に対する対応策がないのでしょう。


こう考えるとき、北朝鮮による拉致は改めてとんでもなく酷い行動だと思います。

今回の事件は、二人とも自発的な意思によって危険と分かっている地域に、入ったことから発生したことだけは事実だと思います。

しかし、北朝鮮による横田めぐみさんを始めとする拉致は、
(拉致と言うことにすら不満です。この事件は、一国の最高指導者が命令して日本の国内に侵入し、軍人ではなく一般人を拉致した軍事行動です。百戦百勝と称した内の、何勝がこの拉致なのでしょう。)
これより遙かに悪質かつ大胆な侵略行動でしょう。

政府は、北朝鮮による拉致侵略行動により手に入れた被害者を含めた方々の救出を目的として現在努力されていますが、この場合、北朝鮮は幾ら要求しているのかと思います。

後藤氏のことよりも、横田さん以下北朝鮮に拉致侵略行動による被害の方が、遙かに悪質かつ大人数なのです。
犯罪者・犯罪国家を許してはならないことだけは、共通しているとも思います。

日本が数百万人を拉致したというのなら捕虜交換と同じで、その対象者を交換することも検討すべきで有り、その対象者を日本において労働させることで資金を母国に送金させる行為は、不法行為として取り締まることが出来ると思います。

里美

ドイツにおいて帰化未帰化在日韓国人工作組織として危険団体指定されている共同通信社=AP通信東京支局、ロイター日本語版、時事通信社=韓国中央日報=WSJ日本語版、日経新聞社は、日本国民によって即時廃業されるべきでしょう。
ドイツにおいて帰化未帰化在日韓国人工作組織として危険団体指定されている共同通信社=AP通信東京支局、ロイター日本語版、時事通信社=韓国中央日報=WSJ日本語版、日経新聞社は、日本国民によって即時廃業されるべきでしょう。

【韓国式捏造情報を関係国でステマ焚き付けて関係国を混乱に陥れるのは、古代以来のペルシャ・北ツングース系エヴェンキ族=朝鮮族=韓国人の常套手段です。】

ドイツにおいて、共同通信社=AP通信東京支局、ロイター日本語版、時事通信社=韓国中央日報=WSJ日本語版、日経新聞社はいずれも、帰化未帰化在日韓国人工作組織として危険団体指定されています。

ナーメ

姓と姓、氏と氏
氏(うじ=氏族)の名乗り(氏族名)を、姓(せい=本姓)といったりします。姓(かばね)とは別のものです。源朝臣なら、源が姓(せい)、朝臣が姓(かばね)ということになります。「源」は「源朝臣」の省略形で、本来は分けるべきものではないと見ることもできるかもしれませんが。

苗字のことを明治以降の法律体系で、氏(し)といいます。朝鮮などで行われた創氏改名というときの氏は苗字のことです。このとき、朝鮮の姓は廃止されていません。新たに苗字も名乗れというのですから、明治初期の政策と同じ枠組みであることが分かります。

姓と姓、氏と氏のズレはかなり混乱しています。サヨクがよく主張する夫婦別姓というときの姓は苗字(氏=し)のことです。「結婚する前の旧姓は~」というときの姓もそうです。歴史用語で平安期の藤原氏、源氏、平氏というときの氏と、戦国期の織田氏、武田氏、徳川氏の氏では結構意味が違うはずですが、あまり解説されません。というか同じ用語でいいのか?

戦国期、木下藤吉郎秀吉という人物は苗字を羽柴に変えます。地名由来じゃありません。そのあと、朝廷から豊臣という姓(本姓)を賜ります。豊臣は氏族名のはずですが、血縁関係にない家臣に「豊臣を名乗ってよい」と許可を出したりしており、このころからすでに分からなくなっていた可能性があります。

主君だった織田信長からして、朝廷から原田直政に塙、丹羽長秀に惟住、明智光秀に惟任の姓(本姓)を賜るよう運動しています。信長は若いころ、受領名として上総守(かずさのかみ)を名乗ったといいます(勝手名乗りですが)。上総国は親王任国なので上総守は皇族が名乗るもので、武士の名前ではありません。すぐに上総介(かずさのすけ)に直したようですが、もろもろ分かっていなかったのかもしれません。

ネコ太郎

吉田松陰を思い出します
初めて御製について知りました。

吉田松陰の辞世
身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

を陛下もご存じだったのでしょうか。何となく返歌になっているような気がします。
吉田松陰の魂(=玉)も靖国の玉垣になったのでしょう。

junn

No title
国会議員は三代の出自を公開せよ 
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10512541522.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク