生徒たちの感想



■ オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は平成27年3月下旬発売予定です。
【チャンネルAJER】国連秩序と日本①
【CGS ねずさん】第8話 アメリカ人の本音とは

 

毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

授業風景


昨年末に「授業づくりJAPAN」の発足についてみなさまにご案内させていただきました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2493.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2493.html
「授業づくりJAPAN」では、目下無料メルマガを配信していますが、その第9号に、素晴らしい記事が紹介されましたので、コチラにも転載してみたいと思います。
転載につきまして、「授業づくりJAPAN」様のご承諾は事前にいただいています。

メルマガは今年2月5日に配信されたものです。

****************************
授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』NO.9
「誇りある日本人を育てよう! 真の国際人を育てよう!」
****************************

本号は、齋藤武夫さんの歴史授業を受けた生徒さんたちの声をお届けします。
齋藤さんは授業後にゆとりがあると短い感想文を書かせます。
授業の評価にもなり、授業づくりの参考になるからです。

その中から、2つの授業の感想文を掲載してみます。
昭和の戦争を、生徒たちがどんな思いで学んだかがわかると思います。

齋藤さんは、朝日新聞に「右翼軍国主義の先生」と攻撃された過去をお持ちです。
この先生が教えると「好戦的な愛国少年」が育ってしまうから注意しましょうという記事でした。
しかし齋藤さんが担任する学級(当時は小学校)の保護者たちは誰もそんな脅しには乗らず、団結して先生を応援してくれたそうです。
たぶん齋藤さんが教えるとよい子が育ち頭も良くなったからでした。

この生徒さんたちは中学2年生13歳~14歳です。
「好戦的で粗暴な少年少女」かどうかは、読者の皆様がご判断いただければ幸いです。

-------
大東亜会議~戦争のもう一つの意味」の授業感想文
-------

★大東亜宣言で人種差別を世界からなくすというのが出たのは、とても良いと思いました。
また、日本軍がインドネシアなどの独立に協力したのは、すばらしいし、命をかけた人々を誇りに思います。

☆私たち日本人の先祖が他国の英雄になったのは、とてもすごいことだなと思いました。
これからも人種問題は出てくると思うので、僕たちがどうにかしていきたいと思います。

★人種差別をなくすということで、日本が明治維新からずっとやってきた行動が無駄にならず、アジアの国々が独立できてよかったと思いました。

☆日本人は偉いし立派だと思いました。
戦わなければ自由はないというのは、本当のことだと思いました。

★日本人は大切な心を忘れずに日々を過ごしていたのがすごいと思いました。
明治維新から100年たっても昔の心を大切にし、また、新しい心も持っていた。
現在では、このとき戦っていた日本の心とはちがってしまっているのが残念です。

☆戦争は、戦うだけが戦争じゃないんだと学びました。
戦争には自存自衛とは別の意味がありました。
日本は他の国を助けて戦ったことを誇りに思いました。

★日本人は戦争に負けてしまったけど、アジア諸国の独立の手助けをし、実際に成功しているので、その点では欧米の国々に日本は勝ったんだと思いました。
アジア諸国の人々に今なお感謝されている(現地にお墓があった)ことがうれしいです。

☆インドネシアなどが独立できるように手助けした日本人はやっぱりすごいと思います。
なのに、日本が戦争に負けてくると、現地の人々の中に日本人と関わらないようにする人も出てきて、ひどいなと思いました。
大東亜宣言の「世界から人種差別をなくす」はすばらしいと思いました。

★今日の授業を一言で表すと、「日本人ってやっぱりすごい!!」です。
ヨーロッパがアジアを植民地にしていましたが、日本が3年あまりでアジアを独立の方向へ導いたのです。
日本はどんなときでも屈することなく、めげずに生きています。
私はそんな日本を心から誇りに思います。

--------
「戦時下の国民生活」の授業感想文
--------

★日本のために、私たち子孫のために、尽くしてくれたご先祖さまに感謝したいと思いました。
国家総動員体制はとても大変な決断だったと思います。
しかし、その結果いまの日本があります。
いまの日本は平和な良い国です。
ご先祖さまが守ってくれたこの日本でしっかり生きていきたいと思いました。

☆総力戦になって、日本国民は国のために戦争に出陣したり、女性は勤労動員をしたり、本当に団結して戦ったのは、今では考えられないくらいすごいなと改めて思いました。
また、東京大空襲など、戦争に行っていない国民が大勢亡くなったのは、日本人として忘れてはならないことだと思いました。

★「永遠の0」という映画を観て、特攻隊の人たちが自ら名誉だと思って死んでいくことに疑問を持っていました。
家族を残して死んでいくのは悲しくないのかと思いました。
でも、遺書を読んでみて、それぞれが心に決めていることがあったのだと気づきました。
死を恐れずに潔く死んでいくところに、大和魂、愛国心があるんだと気づきました。
お国のためにそこまでできた若い人たちを知り驚きと尊敬を感じます。

☆今から70年前こんなにも残酷なことが起こっていたなんて想像もできません。
日本人はすばらしいと改めて思いました。
国民は国のため天皇のためと思い戦争に行きました。
今の僕が特攻隊をやれといわれてもこんなふうに決心はつかないと思いました。
20代で死が決まり遺書を書く。
なんてつらいことだろうか。僕には考えられません。
遺書を読んで、まだこんなにも若いのに日本語の使い方がすごいし、戦いへの覚悟もすごいです。
僕も日本人であるのだから、日本語をさらに極め、このすばらしい心を見習って生きていきたいです。

★今日は戦時下の国民生活について授業を受けた。
この当時の人々のことを考えるだけで、やはり戦争はこれからの時代も絶対にあってはならないものだと強く思いました。
特攻隊員の遺書はすごく心にしみました。
空襲もふくめ、これらの悲劇を永遠に忘れてはいけないと思います。

☆よくドラマで戦争物をやっていますが、あれが実際に起きていたことを改めて理解しなおしました。
これからは絶対にやらないと誓い、平和に生きていくことを望みます。
でも、これがなかなか難しいから困っているんですよね。
昔の学生らはよく耐えてこられたな。
こう考えると涙が出てきそうです。

★戦争はしてはいけないことです。
でも、国を守るために戦った沢山の人の命をむだにしてはいけないと思いました。
いろいろな思いを持って戦った人々の心を先の人たちに伝えていきたいと思いました。
私も今度靖国神社に行こうと思いました。

☆アメリカや中国は真実を隠し、嘘を作っている。そして日本を悪者扱いにしている。
日本人はそういうことを無視して、真実を大切にし、これからの外交を重視すべきだと思います。

★前回に引き続き、日本は、日本人として立派だと思いました。
自分の国のために命をささげるなんて考えはすごいと思います。
アメリカやドイツなどの西洋みたいなひきょうなやり方ではなく、堂々と戦った人々のいるこの日本に生まれて本当によかったと思います。

☆今日の授業は痛々しいです。
東京大空襲も、ただ空襲があったとだけ思っていたけれど、実際はすごくひどいやり方で、日本人を皆殺しにしようという感じで爆弾を落としまくったのはやりすぎだと思いました。
特攻隊員の遺書を読み、一度は靖国神社に行ってお参りをしたいと思いました。

★祖母から東京大空襲のことを聞いたことがあります。
祖母は当時2歳で荒川区の町屋に住んでいました。
しかし、空襲の当日、祖母たちはたまたま松戸の方に買い物に行っていて逃れたそうです。
しかし、家に帰ったら親戚は何人か亡くなり、家もなくなってしまったそうです。
その話をしたとき、祖母は戦争の恐ろしさを改めて実感したと言っていました。
今日本は他国との関係でいろいろあります。
ある一線を越えると大変なことが起こってしまう。
そのことをしっかり考え、我々の世代は我々の時代を生きなければならないと思いました。

☆日本の戦争にも確かに悪いところはあったかもしれないが、日本は自存自衛のために戦っていた。
今まで習ってきたこととはちがって、日本のイメージが大きく変わった。
強制的に戦争をやっていない証拠に、日本国民はほとんど全員で力を合わせていました。
日本はいい国だと改めて思いました。


■発行者:授業づくりJAPAN
(日本の誇りと歴史を伝える授業づくりの会)
■発行者のブログ:「授業づくりJAPANの日本人を育てる授業」
 http://jdjpan.blog.fc2.com/

■授業づくりJAPANのメルマガの購読申込
 http://melma.com/backnumber_00198666/
**************

「授業づくりJAPAN」のメルマガ購読は、無料です。
どなたでも登録できます。
登録したアドレスは、「授業づくりJAPAN」にもわからず、メルマガ発行サイトの「まぐまぐ!」が管理します。
ですので、どなたでもお気軽にご購読いただくことができます。

特に、学校関係の方、教職にある方、政治に関係している方々にご購読いただけるよう、みんなで拡散して行きましょう。

日教組を叩くばかりが能じゃないです。もちろんそれも必要ですが、
本当に子供たちのためになる良い授業を、実際に築き上げていくこと。
それをあたりまえの常識にしていくことが大事です。

そのために、ひとりでも多くの教職者に「授業づくりJAPAN」の活動にご参加いただけますよう、みなさまにも拡散ご協力いただければと思います。

また、このメルマガは、教育関係者でなくても、近現代史を学ぶにたいへん良い内容のメルマガです。
みなさまにも購読(無料)おすすめです。





人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

やまとどくだみ

No title
 自虐史観という遅感性の神経毒の解毒剤が、真の教育者たる教諭の授業なのだと改めて確信いたしました。当時の状況下で先人たちがいかに行動したか・・・という歴史を知ることは、恥ずべき歴史無き日本国において、自国を誇り国籍に自信を持つ土壌を醸成することでしょう。外国に対して、臆することなくものの言える日本人を創る礎であることを思うとき、尊い授業であることは衆目の一致するところです。これに加えて、台湾やパラオ等の親日国へ修学旅行を行えば、さらに学習効果が見込めることと思います。

おかざき

No title
素直ないい感想が多いと思います。
国を守ってくれる若い世代が育ってくれると良いですね。

渡辺

当時のアメリカの公文書が公開されソ連の機密が公表される時代になり、『事実』も変わってきました。
首相は「談話」を出されるそうですが、私は『戦争の検証』を行って欲しいと思っています。戦前から戦後、開戦から敗戦までを総括して国民が認識を共有できなければ、個々の議論は「砂上の楼閣」となってしまいます。
「いわゆる南京事件」「いわゆる慰安婦問題」で個別に明確に対処しても未だ引きずってしまっているのが、その証左です。

民草

No title
スレチですみません

難民認定制度は2010年に改正。逃亡した実習生でも、難民申請から6か月が経過すれば、実習先以外で働けるようになった。

ミャンマー33人の技術実習生が難民申請 偽装問題 実習先を逃亡ブローカーに難民申請大手を振って日本で稼ぐの構図は出来あがる。

因みに2010時の政権は民主党。
鳩山由紀夫内閣(はとやまゆきおないかく)は、衆議院議員・民主党代表の鳩山由紀夫が第93代内閣総理大臣に任命され、2009年(平成21年)9月16日から2010年(平成22年)6月8日まで続いた日本の内閣である。
鳩山⇒奸→野田←闇将軍小沢一郎

次郎左衛門

至高の授業
 ねず先生、久方ぶりに失礼致します^^!

 本日の、“本当の授業”を受けた生徒さん達の感想文、閲覧していくうちに自分は感極まり、遂に落涙モードに入りかけましたが…通勤中の電車内だった為、必死に堪え抜きました…!(笑)
 …本っ当に素晴らしい内容の授業の模様で、自分も彼等の年齢の頃にその授業を受けたかったと強く思いました!
 …大東亜戦争を陸軍少尉として戦い抜いた祖父は、自分が18の頃に人生を卒業しましたが…その授業を受けていたなら、それまでの日教組教育による洗脳が解け、祖父に直接に心からの感謝と敬愛の心を伝えることが出来たと思います。
 しかし、今は実家へ帰る度、仏前で祖父に感謝をしております^^

 ねず先生、自分は日々、先生の素晴らしいお話に感謝感謝です^^
 どうか今年もお体を大切に、これからも素晴らしいお話をお聞かせ下さいませ!

 では^^!
 

にっぽんじん

蒋介石日記
日本と戦った蒋介石は1972年まで日記をつけていました。日記の保全のために、蒋家が2004年にアメリカのスタンフォード大学のフーバー研究所に50年間の管理と一般公開を委託しています。現在は全て公開されているはずです。

蒋介石がどのような日記を書いているか興味があります。当然、1937年に発生した南京事件に関しても書かれているはずです。

が、公開後数年経っても何の情報もありません。不思議です。隠蔽しているのか、公開が嘘なのか。事実はどうでしょうか。

もし、公開されているのであれば、日記を調査して歴史の真実を知りたいものです。公開されているにも関わらず、南京事件の証拠として出てこないところをみると、事件はなかった証拠にもなります。

日本政府か大学の研究者に調査していただきたいと思っています。

えっちゃん

No title
 真実は、しっかり魂がキャッチするのですね。曇っていなければ。
 成績のため機械的に嘘を記憶することで曇っていくようです。いわゆる成績がいい子。この子たちも、苦しくて、他者を直接いじめたり、いじめっ子集団を黒幕としてあやつったりするのです。

むーちゃん

No title
感動しました。

子供たちは素直なので、感じたままの事を文章にしたのだと思います。

これが本当の教育ではないでしょうか!

こういう子供たちが大きくすくすく育っていけば、日本も捨てちゃもんじゃないと思います。

なんか希望が湧いてきました。

junn

No title
虚偽情報の分析―第二の吉田清治のウソ
ケネディー日砂恵
http://hassin.org/01/newsletter/3326
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク