中国という国のこと



卓球女子のエース福原愛さんと、男子テニスのホープ錦織圭さんの熱愛が報じられました。

福原愛&錦織圭 大物カップル熱愛デート! 11月20日7時1分配信 スポーツニッポン

この福原選手、中国で強化練習をしていたのはご存知の通りですが、中国の国営放送中央テレビが、「日本から来たアイドル」という名前の番組を放送。その中で、あからさまに日本を敵国視し、見下したた質問が福原選手にぶつけられ、福原選手が泣き出すシーンも。真剣に答える福原選手が健気です。

福原愛選手にひどいインタビューをする中国人


おそらく、日本では、外国人選手に対し、こんなひどいインタビューをするようなマスコミは皆無だと思う。もし、やったら、それこそ抗議の嵐になる。

先日、どこかのサイトで「中国には日本の10倍以上の人口があり、中にはひどい人もいるけれど、いい人もいる。いたずらに中国を敵外視するのは良くない」という評論家さんの記事がありました。(URLを探したけど、みつからなくなっちゃった^^;)

どこの国にもヤな奴はいますし、いい人もいる。
(ちなみにねずきちは、ジェット・リーのファンですし、三国志、水滸伝など中国文学も大好きです^^v)

問題は、良い人がいるとか良くない人がいるとか、そういうことではないのだと思います。

我々が脅威に感じているのは、中国という国のカタチ・・・
つまり、日本人なら普通に持っている法の下の平等や、遵法精神、自由な言論の容認(いいたいことが言える!)、謙譲の心と利他の精神、衛生意識・・・そういったものと、中国という国の持つ、人治主義(ヒト次第でどうにでもなる、法より権力者の思いが優先する)、言論の弾圧、人の富を奪うことが平気、公害問題に代表される衛生概念の不足、わけのわからない大国思考等々、そういったものが、日本人には受け入れがたい・・・そういうことではないかと思うのです。

こんな記事がありました。

8大「仮想敵」、上位に台湾、米国、日本!日本の軍事力増強にも強い警戒か―中国 2008年11月18日12時55分 / 提供:Record Chin

11月12日に、米UPI通信社のウェブサイトが報じた記事で、中国の仮想敵国は、緊張度の高い順に、台湾、米国、日本、インド、ベトナム、東南アジア各国、ロシア、北大西洋条約機構となっているのだそうです。

昨日、北朝鮮国境への軍事力増強が報道されたばかりの中国ですが、中国にとって、北朝鮮よりも、ロシアよりも、軍事的緊張の続くインドよりも、はるかに「日本」がランクの高い敵国となっている。中国に言わせると、それは日本が「直接的または間接的に中国の安全を脅かし、孤立させようと企んでいる」うえ、現実に「尖閣諸島問題など領有権争いが存在する」からだといいます。。

そして中国は、「中国はこれまで話し合いや対話による問題解決を提唱してきた。この20年、外国との武力衝突は1度もない。このことからも、中国は周辺国家を安心させる国であることがわかる」と反論したとか。

≪この20年、外国との武力衝突は1度もない≫って、だったらウイグルや、ネパールへの軍事進攻はいったい何??
こういうあからさまな嘘でも、平気で主張し、ゴリ押しするという国家としてのカタチが、われわれ日本の庶民感情として、「ありえない!」と感じさせてしまう。やっぱり、嘘はイクナイ。

10月19日、中国人民解放軍海監総隊の孫書賢党委書記は、中国の所轄海域のうち領有権を争っている地域に対し、「権利主張を強めていくつもりだ」と述べたとか。
中国の所轄海域は300万平方キロメートル。うち52%で、日本とは尖閣諸島問題、韓国とは蘇岩礁問題で領有権争っていると、新華網が伝えています。

こういう嘘で塗り固めた異形の大国が、日本のすぐワキにある。
日本は景気もいまは、決して良くないし、日本人にとって住みよい国とは決していえないけれど、自由に気ままに、言いたいことを言っても安全に生きていける国というのは、そうそうあるものじゃない。

若い女性が深夜、平気で繁華街を独り歩きできる国なんて、世界にもめずらしいといいます。

日本政府には、せめてそんな日本の良さを守るために、何が必要なのかを、政治的信条とかの理屈ではなく、実際の現実に即した考え方で、前向きにちゃんと考えてもらいたいと思います。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

櫻井よしこ「異形の大国中国」1


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

230

福原選手は中国人に慕われてると思ってたけど、こんなことされていたんですね。
中にはひどい人もいるけれど、いい人もいるってこんなの当たり前ですよね。
問題は中国という国が覇権主義を持っていて、日本にミサイルを向けてまでいるという事実。
それにもの凄い反日教育を受けているから日本人に対して中国人が失礼な態度を取るのもある意味当然のことと思います。
人の問題もあるけど、それより政府の問題ですよね。
日本人は、中国の“文化”は世界でもっとも親しんでいる国民ですよね。

ねずきち

あ、さんコメントありがとうございます。
ですよね~~、愛ちゃん、ほんと、オトナだ^^

うわばみさんコメントありがとうございます。
櫻井さん、現代の卑弥呼になって総理!!
悪くないかもです^^b

英雄さんコメントありがとうございます。
たしかにそういうとこありますよね~^^;

舞桜さんコメントありがとうございます。
(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
ジェット・リーさんね、なんとかいう映画のDVDで、武道について語ってて、
「どうしようもない乱暴者が、武道を通じて人として成長していく。それが武道の精神だ」って言ってたんです。日本の武道精神と、彼のそれはぜんぜんかわらない。
中国だって日本だって、庶民は、やっぱ凛々しいもの、強いもの、そしてやさしいものに憧れる。みんな同じだと思います。
それが、政治の世界になると妙にぐちゃぐちゃになる。
ボクの言いたいのもそこで、中国が好きか嫌いかと言ったら、「好き」と答えます。
だけど、いまの政治体制は許せない。なぜなら庶民を大事にしないから。
日本も同じです。政治が庶民を大事にせず、政治家たちの利権の巣窟となるなら、そんな政治はイラナイと思っています。
論戦については、ぜんぜん気にしないでください^^
互いの信条を文字の上で戦わせる。
おおいに結構なことだと思います。
言葉の暴力はいただけませんが、リアルの戦闘行為や暴力でなく、堂々と正面きって論戦することは、論戦の勝ち負けの問題ではなく、互いに学びあうという意味で、とても素晴らしいことだと思います。
なので、ボクのブログで論戦いただくのはおおいに結構ですよん^^♪

moharizaさんコメントありがとうございます。
なにか言いたいことがうまく伝えられなくてフラストレーションだったのですが、moharizaさんのコメントで目が覚めた気がします。
命がけの争いの中で発達させてきた外交術。そしてお互いの国民はそう変わらないということ。このことは、互いが理解し合う上でもとても大切なことと思いました。
そして日本に求められている毅然とした意思。
なんだか言いたいことをうまく言えなくて、妙に批判がましくなっていたところを、moharizaさんに救っていただいた感じです^^v
ありがとうございました^^

mohariza

お互いの培った歴史感が違う事を理解した上で…
私は、中国は、紀元前から争いが絶えず、外国との驚異と戦い、ここまで生き延びて来た国なので、したたかで、強い意志と、それまでの歴史で培った「中華思想」は、捨てがたく残っていると思います。
日本の(戦後からの?)へなちょこ外交では、とても太刀打ち出来ない「したたかさ」があると、思っています。
お互いの培った歴史感が違う事を理解した上で、外交、経済などで、<実直に>語り会うことが大事だと思います。

お互いの「為政者」(時の権力者)の問題が一番と思いますが…。
お互いの国民は、そう変わらないと思います。

どちらにしても、日本は、「外交」で<大人>になるべきと、思います。
日本の「外務省」のへっぽこ外交では、進むべきモノも進まないと思います。
「友好の意志」(相手の国を認め合う意志:これがないと、最初から外交にならないと思います。疑うのが先では、不信感のみ<での外交>になると思います。まず、ここから、出発すべきと思います…。)と、
「毅然たる意志」(相手に最初から見くびられては、こちらの意志は、伝わりませんし、受けいられません…。)が大事だと思います。

舞桜(まお)

私もジェット・リーのファンです。
映画ほとんど見て、ます。
中国なんて嫌いと思っても「彼は別」と
つい、思ってしまう情けなさ。

実際に武道を極めた方で精神も
高みにあると思います。

英雄

シナ人は人間のかす。シナ化と言うのは人類の悪弊です。命の恩人のねくびを平気でかくのがシナ人です。シナ人とは係わり合いにならず、手に負えないときには断固として戦うべきです。日本人の想像の範囲をこえてます。シナ人は兵力がないと金を払わないし命を狙い肉を食おうとしますよ。日本民族は絶対絶命なんですよ。本当。

うわばみふかお

櫻井よしこさんを総理に!

愛ちゃん大人だなぁ~( ^ω^ )
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク