日本は歴史を通じて奴隷や奴隷制が全く存在しなかった文化



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本は歴史を通じて奴隷や奴隷制が全く存在しなかった文化


==========
日本は歴史を通じてslaves(奴隷)、slavery(奴隷制)が全く存在しなかった文化です。
米国の、つい19世紀後半まで奴隷制があった国からsex slaves(性奴隷)とか何とか言われたくありません。
日本には、宗教抗争、例えばカトリックとプロテスタントが際限なく殺し合うような宗教対立も宗教抗争も存在しません。
多くの外国のジャーナリストの方々が、日本について全く無知でいい加減なことを触れ回っているから、日本の評判が悪くなっている面が大変大きいのです。
是非みなさん、日本について勉強していただきたい。
【関連記事】
J-CASTニュース 2月23日(月)18時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000002-jct-soci&p=1
=========

かなり激しい論調ですが、これは去る平成27年2月23日に「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」が、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行った記者会見で、米国人記者の「私の印象では、朝日新聞の報道は、国際社会はかなり肯定的に受け止めてきた気がするが、皆さんのメッセージはどちらかと言えば否定的に受け止められている。なぜ、皆さんのメッセージは否定的に受け止められていると思うか」という質問に答えてのものです。


報道では、このあとにイタリア人記者が、
「35年以上日本で外国特派員をしている者として、『あなた方に歴史を教える』という主張には憤慨している。侮辱はすべきではない」と声を荒げ、司会者が「(質問ではなく)スピーチはいらない」と制止するなど、険悪なムードであったとしています。

つまり外国特派員協会でのこの記者会見が、あたかも失敗であったかのような報道ですが、そうではありません。
ある意味公式の場で、はじめて欧米式の堂々とした対話が行われたということです。

日本人は、議論するときも、できるだけ相手の立場をおもんばかって、相手を傷つけないように配慮します。
とりわけ日本の地位は、これまで朝日や毎日(英字版)などによって、もはや修正不能といって良いほどまでに酷い貶めがずっと続いていましたから、このときの外国人記者の反応は当然のものであったわけです。

ですからここで怯んだら、逆にバカにされるのです。
欧米式のストリートファイトみたいなものです。
ですからこのときの記者会見は、従来の戦後の路線と180度違う主張を、日本が堂々と繰り広げた、戦後初の日本の、ある意味主権国家としての正義の主張であったわけです。

人は衝撃的な事実に出会うと、人は衝撃的な事態にであうと、最初に「否認」します。
そんなわけないだろ、というわけです。
それでも否認しきらないと、「怒り」を露わにします。まさに今回の記者会見のイタリア人記者です。
そして、否定しても怒ってもダメとわかると、「取引」を持ちかけようとします。
歴史修正主義は、よろしくないのではないか、というわけです。
その取引もダメだとわかると、鬱になり、最後にようやく事実を受け入れます。

この朝日に対する集団訴訟は、単に朝日への訴訟ということにとどまらず、外国人記者協会を通じた世界のメディアとの戦いなのです。
そして、記者会見に明らかなように、日本に長く住む、それぞれの国の最も日本通であるはずの外国人記者でさえも、日本について何も知らない。何もわかっていない。
それが現実であるということも、この記者会見ではっきりとしたことです。

事実のフタが開きました。
これからもっともっと記者クラブでの発言を含め、私たちは世界に向けて堂々と事実の情報発信をしていくべきときに来ています。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
こういう言い方ではなく、性奴隷や強制連行の主張は根拠のない誹謗であり、
日本に対する名誉毀損であると言って欲しかった。
これではお前らもやってたのだから黙ってろと取られてしまう。

愛知のおばさん

言い方…
とても画期的な記者会見だったようですね。
SNSで見かけたのですが、
「〇〇は〇〇ではない」という言い方よりも、
「〇〇は○○の〇〇だ」という言い方の方が外国人には効果的だ、
そうです。
日本人と日本人以外では、言葉の使い方や話し方で印象がまるで違う結果になると聞きました。
広報や宣伝の専門家がいるわけです。
水島氏や加瀬先生が適任かは存じませんが、良い方向になることを期待しております。

a6m5

No title
自身のフェイスブックにて1/9の植村元朝日新聞記者提訴を取り上げて投稿記事にしていたところ、どこの左翼の通報か削除されていました(https://www.facebook.com/tadafumi.teramoto)。
ジャーナリストとして記事内容の裏づけと取ることをしなかった無責任さや「第二の人生が狂わされた」という発言に対して史実と異なる記事によって子孫である我々の人生が狂わされた。国民の一人として反訴したいくらいだ。というようなことを主張しただけで誹謗中傷、脅迫のようなことは一切書いていません。
正しいことを言うと潰されるのかと思いました。しかし、この記事を読んで怯まずストリートファイトで戦い続けることが靖国の御霊に報いることだと確信いたしました。

-

No title
素晴らしい会見でした。
国士に感涙しました。
有難うございます。

にこちゃん

No title
私も動画を見て、とても嬉しかった。
色んな記事で未だに第二次世界対戦の結果で世の中が動いている事実。
少しずつでも日本も発言して行ってほしいです。
最近はこの記者クラブで左翼がよく会見開いてますよね。
あんなものを日本国民の民意だと思われたく有りませんが、信用しているんでしょうね。外国人の方々は。

-

No title
>米国人記者の「私の印象では、朝日新聞の報道は、国際社会はかなり肯定的に受け止めてきた気がするが、
皆さんのメッセージはどちらかと言えば否定的に受け止められている。
なぜ、皆さんのメッセージは否定的に受け止められていると思うか」<


>慰安婦問題は国際社会は肯定的<

何故肯定的に受け止められたか、それは嘘を韓国が形振り構わず国を挙げて世界にばら撒いた、
そしてそれを日本国として事実を否定してこなかった結果です。

勿論、歴代政府の責任もありましょう。
いえ、もっと言うなら嘘を嘘として否定してこなかった国民の責任でもあると思います。
その中でも声を大にして否定して来られた方も沢山おられますが、その声を声として捉えなかった
(捉えたとしても、結果、政府を動かすだけの声となっていなかった)国民の責任でもあります。
そんな中、今になってこうして公の場で堂々と発信出来るようになった意義は大きいと思います。

>従来の戦後の路線と180度違う主張を、日本が堂々と繰り広げた、戦後初の日本の、
ある意味主権国家としての正義の主張であったわけです<
ねずさんの仰る通りです。
こうして公の場で堂々と事実を述べ相手と渡り合う姿、
先人の姿を垣間見た思いがします。

それに、>35年も日本に居るが<と言った記者ですが、
逆に35年も居たのであればその様な質問をする前に何で嘘に塗れた慰安婦問題を調べなかったのだろうか?疑問に思います。
35年も日本に居た記者でさえそうなのです。
韓国大統領自ら形振り構わず嘘をばら撒くのですから、そしてその嘘を否定しない日本政府、何も知らない他国の人達から見ればどちらを信じます?

要は、世界は一傍観者に過ぎないという事です。
喧嘩はこちらからするものではありません、しかし売られた喧嘩は(嘘に塗れた)して当り前の事です。

国民の声として公にする、やっと始まったばかりです。
もっともっと多くの国民の声が必要です。
私は「朝日新聞を糺す国民会議」の原告の一人として参戦させていただきました。
怖い事も何ともありません、事実は事実ですから。
英霊の皆様、子々孫々の名誉、誇りを奪われる事のほうがとても怖いです。


まだ覚醒されない日本人の多くの皆さんはただの傍観者、つまり自分には関係が無い、その様に思われているかも知れませんが、
この嘘を事実として認めたら、永遠に日本は、子々孫々において名誉も誇りも失うという事です。
要は、火の粉は自分達に降りかかっているという事実に、早く気付いてほしいと思います。
そして微力でもいい自分に出来る事から始める事が肝要かと思います。
「ならぬことは、ならぬ!」です。

それと、嘘を言った張本人はこの様なバトルを見て高見の見物という事ですよ、国際社会の厳しさ現実を、もっと目を見開いて見なければいけませんね。

韓国は形振り構わず何故嘘までついて慰安婦問題を肯定させなければいけないのでしょう?
それは言わずと知れた「洋公主」問題です。
韓国としては何としても隠したい事実です。
韓国は嘘の上塗りをしてる場合ではないと思います。
国内における真実(洋公主)に目を向けるべきでは?

今日は二、二六事件があった日です。
英霊の皆様のご冥福をお祈りします。

パパ

素晴らしい会見だったと思います。
終戦後70年目で事を荒立てる必要は無いとの意見もありそうですが、70年目だからこそ世界に向けて発信していくべきです。そして政府も、そんな意見もあるではなく一丸となって進めていただきたい。
戦争は悲劇。その事実は受け入れ、それでも日本は自衛のために戦い、正義を貫いたと主張していただきたい。
併せて、世界から植民地が消えた理由も、当時の世界情勢では合法だった事実を踏まえつつ。
これから戦勝国側と何故か朝鮮からバッシングが続くと思いますが頑張っていただきたいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク