埋没感深まる日本外交と日本の庶民文化



アメリカのCIAによる2025年の世界情勢の予測です。

米中印「3国時代」の到来予測 日本は大国の板挟みに 2008年11月21日(金)10:19

米国の影響力が衰える一方で、中国やインドが著しく台頭。

日本は・・・・・・

「米中両大国の板挟み」になり、
「大幅な外交戦略の見直しを迫られ」
「埋没感が強まる」と指摘されているとのことです。

充分にありえそうなストーリーですね。

イソップ物語に、こうもりのお話がありました。
コウモリが鳥と獣の両方に取り入ろうとして最終的にどちらからも 村八分 にされたという お話し。
日本は、米国に寄ると中国に叱られ、中国寄りになると米国ににらまれる。
まさに こうもり そのものです。

おなじこうもりでも、バットマンなら、かっこいいのに! なんてね^^♪

資源の乏しい日本は、世界を相手に武力外交を行うには資源が足りません。
人海戦術的陸戦展開には人口が足りません。
つまり、日本には武力頼みの外交はなじない。ということは、言論・文筆・武力の三拍子を駆使する政治大国には、日本は絶対になれないのではないかと思います。

では、日本が誇れるものってなんでしょうか?

高い教育レベルと勤勉な国民性に基づく技術力。
約束を守る、人を思いやる精神を持った誠実な国民性。
利益を独り占めしない利他の精神。、
嘘をいわず、法を遵守する精神。

なんだかね、製品化された日本製品の前に、日本の一般庶民の持つメンタリティこそが、日本の誇るべき文化であり、外交カードであるのかもしれないって思えるのです。

誠実であること、嘘を言わないこと。
バカ正直で勤勉、調和を大切にし、つつしみを美徳とする国民性。。。

アフガニスタンで人道支援を行っていた伊藤さんが殺害されましたが、日本は、相変わらず武器も持たず、民間レベルで人道支援活動を行っている。
内戦と旱魃で、作物の採れなくなった土地に水路を引き、農作物を実らせ、人々が食べていけるように支援活動を行っている。

アメリカのように、いきなり軍隊をひきいて当事者国の政府を陳圧するのではない。
中国のように、軍事介入して反対派の僧侶をせん滅・虐殺する中国とも違う。

人が行き、その土地の人々が自分たちで食べていけれるようにする手助けをする。

資源がいるわけでもない。人海戦術的陸戦隊が必要なわけでもない。
人が人を助ける。食べれるようにする。
人々の笑顔を取り戻す。

なくなられた伊藤さんのことは本当に残念ですが、

なにか、そこに、決して埋没させてはならない“あるべき日本外交の姿”があるような気がするのです。

米中印が政治大国となるなら、いいじゃないですか、日本は庶民大国だっ!♪

考えてみると、日本て、めずらしいくらい庶民の国なんですよね^^

日本の食文化なんてその典型で、世界中どこの国に行っても、その国でもっとも美味しい料理は、偉い人が食べたけど、日本では、お殿様はたいてい粗食。落語で目黒のさんまに感動したっておちょくられるほどです。
日本食でいちばんおいしいものを誰が食べているかというと、生産者。
魚を食べるなら、漁師がいちばん旨いさかなを食べてるし、農家は貧しいというけれど、米作り農家なら、どこの家でも自家用の「美味い米田」と、出荷用の「量産品の田」と分けている。江戸の昔からそうです。

世界に広まったカラオケ、マンガ、アニメ、オタクなんてのも庶民文化。

黒沢映画に描かれる世界は、闊達な庶民の姿ですし、歌舞伎、浄瑠璃、落語、お笑い、講談、浪花節、演歌、歌謡曲・・・・どれもみんな庶民文化。

庶民にあだなすものは、悪代官とされ、更迭の憂き目にあった。

第二次世界大戦にしても、いまだに庶民に抵抗感が強いのは、多くの庶民が犠牲になったから。歴史認識がどうので怒っているのは、学者や政治屋さんたちくらいなもので、多くの庶民は、親や兄弟、友人、恋人を戦争で失い、そのことが、深い記憶に残っている。

日本人は、指導者が「世界平和のために」というと喝采を送る。
反対に、「戦争しようぜ!」などといったら、世間の支持を失う。

隣人を大切にし、嘘をいわず、利他の精神をもった庶民。
中国ともアメリカとも仲良しの庶民。
教養があり、勤勉で働き者の庶民。
そしてその庶民をあたたかく見守り、安全を確保し、危険から守る政府。

なんだかね、そんな中に、日本のあるべき姿というか、むかうべき道があるような気がするのですが・・・・^^

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

映像が証明する秘せられた驚愕の真実 ! ! ジェイ・エピセンター 氏


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

Veさんコメントありがとうございます。
「今回の件で国会議員と称される方々のバカぶり、保身・利権漁り・無責任の姿勢にはトコトン愛想がつきました」
おっしゃるとおりですね;;;
なんのための政治家だっ!と怒りすら覚えます。
国籍法改正案の再議論を求める先生方は、結局、議場から立ち去るくらいしかできなかったの??国会議員というものは、真剣に誠実に立ち向かえば、どんな法案でも通す力があると聞いたことがあります。
日本は、そもそも雑種民族で、いろいろな人種でできあがった国なのだから、いまさら日本人というものに固執する必要はないという議論もあるようですが、それは違います。
日本という多民族国家が、均一民族となるためには、十七カ条の憲法以来、1300年もの長い期間を要して、やっと単一民族化を実現しているのです。
いま、流れは、日本が1300年かけて築き上げた「日本人」という美風への回帰ではなく、おっしゃるような「中国人民共和国日本自治区」・・・無教養・個人主義的共産主義、利己主義・人治主義国家・・へと向かっているように思えます・・・・

智太郎さんお知らせコメントありがとうございます。
見に行きますね^^
あ、できれば、コメントのあとの改行・・・空白欄が続くので、できればせいぜい1行程度にしていただけるとありがたいのですが^^;

たろすさんコメントありがとうございます。
「次々と絶望感を感じる法案が提出され、自虐史に縛られ」た日本・・・
景気がよいうちは、多少の自虐史観も、それなりに考えさせられるものもあり、まぁまぁ笑って済ませられていたのかもしれません。
企業内でも、自社が景気がよいときは、「こぉんなボロ会社、いつだって辞めてやらぁ」みたいな人が、数多くでるものです。
だけど、景気が後退し、企業業績が悪化し、実際にリストラムードになってくると、「いつだって・・・」と言っていた人たちが、なかなか辞めないw そして立場の弱い人たちが辞めさせられ、生活の糧を奪われる。
そして会社が倒産し、別な会社に就職してみると「あの頃はよかったなぁ・・・俺たちがいたあの会社には独特の企業文化があったんだよなぁ・・・素晴らしい会社だったなぁ・・・」と思うようになる。
なかなか妙な、村社会日本人のメンタリティです。したがって、自虐史観を表明する多くの人々は、根っから日本を嫌っている人はそんなにはいず、日本を愛する気持ちから、そうした政治的心情に走っているのかと思います。
ところがやっかいなのは、日本に、政府による情報統制や、国家反逆罪、スパイ防止法が存在しないため、こうした日本人の村社会的自虐意識を「利用」し、大金を用いて日本の情報を操作し、組織を扇動し、この国を自滅させようとタクラム外国人勢力が実際に存在するということです。
いまの日本は、情報植民地・・・この状態は、改善しないと、ほんとうにヤバイです。
そう思っています。

舞桜さんコメントありがとうございます。
村の中では多少の自虐史観も、それなりに知識人的な尊敬を得られるかもしれませんが、開国し、世界の人を受け入れ、また世界に日本人が出ていくためには、それなりにしっかりとした日本人的価値観、歴史観を持っている必要がある、ボクはそう思います。
「わたしは悪人のせがれです」
はなからそんなことを言っている人を、誰が信用しますか(笑)
「日本人は、こういう意識を持っている民族なんだ。我々は正義のために戦ったんだ。我々はサムライの子だ」それくらいの自意識は持っていないと、世界で通用しない。
約束を守り、利他の心で危険をもかえりみず、勇気をもって行動する。
正しいことを「正しい」と、正々堂々と語り、死をも辞さない。
竜馬の海援隊に、外国人が遊びに来たときに、剣道を見たいとなって、海援隊の隊員2名が木刀で打ち合うんです。そして、ひとりが売った面の一撃で、もう片方の隊員が死んでしまうんです。
ただ興味本位に「見たい」といった外国人。試合として、命がけで真剣に打ち合った隊士。
それをみた外国人が、おおいに驚き、日本人、そしてサムライというものを瞠目して見直したというエピソードがあります。
冗談抜きの真剣さ。そうした真剣さが、彼のそれまで見てきたあらゆる東洋人とまるで異なっていた。彼は、その後の人生を、日本のために捧げ、日本でお亡くなりになりました。グラバーさんです。
そういえば、竜馬って、生前よりも死後に有名になった人物なのだそうですね^^
日露戦争の日本海海戦の直前に、竜馬が皇后陛下の夢枕に立ったのだそうです。そして「大丈夫!!日本海軍は絶対勝てます!!」と語ったというのです。皇后陛下はこの人物を知らず、宮内大臣の田中光顕が、龍馬の写真を見せたところ「間違いなくこの人物です!!」。この話が全国紙に掲載されたことで、坂本竜馬ってどんな人?と、一躍有名になったのだとか^^
「ハイテクが進めば進むほど、ハイタッチなものが求められるようなる」とは、1982年のジョン・ネズビッツのベストセラー「メガ・トレンド」の一文ですが、ハグが最近、求められているのも、きっとそういうことなのでしょうね~^^
「心の隙間や不安に どこかでスキンシップを求めている」・・・なんかわかる気がします。
手をつなぐ・・・・いいなぁ~~^^♪
あ、長文、大歓迎ですよん♪ ボクモナガイシwww

舞桜(まお)

日本はまた鎖国になっていくような、風潮があります。締め出し、
閉ざしてしまうことは、心と同じでよくありません。
龍馬は開国を叫んだはずです。でないと日本が力ずくで奪われ、
欧米諸国の植民地になると。(;´Д`)
歴史は繰り返して、日本はこれから世界に、出て行く時代だと
思うのです。
移民も親日国の留学生等、多く育てて返してやるくらいの器が、本当は
必要なのかと思う。。犯罪はもちろん厳しく取り締まる方向で。
日本に恩義を感じる外国人は世界に日本の良さを広め、日本の危機には
その恩人、文化を守ろうと各国で立ち上がるでしょう。

先週、駐輪場の後ろで重い、「ごすっ」て音。振り向くと段差で
転んだお年寄りでした。アスファルトに頭でも打ったのかと、とっさに思い、
足は、そばまで行っていました。
幸い、荷物が鈍い音を出したようでしたが、体を地面から
起こすための手の貸し方・・・腕を引くのか、腰でも押すのか、
かえって痛くしそうでよく判らず、もたもたしていただけ。
なのに優しいねと何度もいわれてしまい,役に立てない分、恐縮しました。
触れ合う機会がないということは手の貸し方もわからない
( ̄。 ̄)
先日も、セミナーでの懇談会で互いのおしゃべりに夢中になって
どなたかの手と一瞬かすかに触れ合いました。「あっ!」といって
その男性は、飛び退きましたが、誠実な男性にとってお気の毒な
反応です。σ( ̄▽ ̄;)
日本人はシャイな人が多いのに、「ハグする人」が増えたとも聞きます。
最近そばの商店街の催し物でも、ハグし合う人が多いと聞きました。
在日外国人のせいだという声がまた聞こえそうですが
ハグ(hug)意味は(愛情を持って) 抱きしめる、 抱擁するという
英語ですが。他者の心がなかなか触れ合えない現代、心の隙間や不安に
どこかでスキンシップを求めているのでしょう ・・・

↓ウォーリーの願いは手をつなぐこと・・・(*/∇\*) キャ
12月5日から始まる映画の予告編
http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/index.html
愛を感じたい、きっと一番の愛のしるしなのだ。「手をつなぎたい」と
思うことが、「彼女をすきと言う気持ちを表現する」ことになる。
彼女はどう思うだろうか。

・・・今、とても観たい映画です。ちょと長すぎたかな・・・( ̄○ ̄;)

たろす

こんにちは。
私はここのブログが好きで毎日チェックしています。
今日は「中韓を知りすぎた男」さまのブログでもコメをみかけ
相変らずフットワーク軽く意見発信やブログ更新されていて
嬉しく思っています。

日本は合衆国とも他の国々とも違う、独特の国民性を
持っていますよね。コレは短所に数えられることも
在りますが、長い日本文化はこの庶民がこつこつこつと
積み重ね高めてきた素晴らしい長所だと私も思います。
次々と絶望感を感じる法案が提出され、自虐史に縛られ
不安がよぎることも多くなりましたが、日本がこれ以上
相容れないような力や思想で踏みつけられるような事に
ならなければよいなとつくづく願う今日この頃です。。

智太郎

見えない障害と闘いながら
 お疲れ様です 今回も面白画像とりそろえ!笑ってください <m(__)m> 御世話になります。自伝ブログも、11/21:研修:【施工実習・管理】開始!研修編。新入社員【サラリーマン編】:ナショ○ル住宅協業大学院研修中、自分は、18歳で交通事故により奇跡の生還でした.。大学入学前に交通事故にて脳挫傷で1時は脳が半分に?1年休学し、ブログの通り、大学では苦戦し頑張り4年間で卒業。、しかし.社会に出て絶えない苦 労です。現在は建築現場監督休業中ブログは、学生編も終わり、サラリーマン編で書いてます。当ブログには、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。 よろしければ、コメントいただけたら幸いです。 どうぞ よろしくお願いいたします。 よかったら左下の【脳・神経・脊髄】【理系大学】【病気ブログ】【サラリーマンブログ】を押して頂けたら、感謝です。














































Ve

>日本が誇れるものってなんでしょうか?

高い教育レベルと勤勉な国民性に基づく技術力。
約束を守る、人を思いやる精神を持った誠実な国民性。
利益を独り占めしない利他の精神。、
嘘をいわず、法を遵守する精神

私もそう思います。
しかし、国籍法が改正されて懸念されている
偽装認知が横行し、特亜系日本人の割合が増加していたら上記の日本人の誇れる特質もだいぶ色あせたものになってしまうでしょうし、「日本文化」もどんどん変質していってしまい、「COOL JAPAN]は死後になるでしょうね。

その前に「日本国」ではなく「中国人民共和国日本自治区」になっているかもしれませんね。

しかし、今回の件で国会議員と称される方々のバカぶり、保身・利権漁り・無責任の姿勢にはトコトン愛想がつきました。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク