靖国講演のお知らせ(3月15日)



  
毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

■ねずさんの、目からウロコが落ちまくる「百人一首」解説本は3月上旬より先行予約開始です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

報徳講演会チラシ270315


来る3月15日(日)に、靖国神社境内内にある靖国会館で、二宮報徳会主催のねずさんの講演があります。
演目は『百人一首で読み解く日本の心』です。

この講義は昨年7月27日に、その第一弾を、やはり二宮報徳会主催で同じ場所で行い、今回はその第二弾です。
前回講演以降、百人一首の本が書き上がり、またその著述の過程においてさらに研究が深まった種々の内容を織り込むことで、昨年の講義から数段進歩した研究成果の発表になります。

昨年の講義にご参加された方も、また今回はじめてご参加いただく方も、この一年間で、私自身あちこちで講演等させていただくなかで、あらためてみなさまから勉強させていただき、相当にパワーアップした百人一首のお話しで、きっとご納得いただけようかと思います。

お時間のご都合の許す方は、是非、ご参加賜われればと思います。



1 日 時 平成27年3月15日(日)
      午後1時30分〜4時30分(受付午後1時)

2 会 場 靖国会館「偕行の間」(靖国神社境内)
      東京都千代田区九段北3丁目1−1
      電 話 03-3261-8042

3 参加費 一般 1,000円

4 講 師 小名木善行(国史研究家)

5 テーマ 「百人一首で読み解く日本の心・第二弾」

6 主 催 二宮報徳会

※ お申し込みは、FAX で前日までにお願いします。
  FAX  03-3637-7841
  それ以降は、直接会場にお越し下さい。
  資料等、準備の都合により、出来るだけ事前にご連絡下さい。 
  furutomo1953@s6.dion.ne.jp
  (メールは前日の13時まで)
  それ以降は、直接会場にお越し下さい。
  ↑*メールアドレスは、『講演会申し込み用』で、
  事務局のアドレスです。
  二宮報徳会会長宛の私信はFAX又は電話でお願い申しあげます。

 《二宮報徳会・東京のブログ》
  http://ninomiyahoutokukai.seesaa.net/




人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの百人一首予告CM動画(118秒)


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

junn

No title
松浦優之医学博士のAWG電子照射機
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/94bb34cce5b91f9bce3454c0373fbaa6

junn

No title
日本にとって「イスラム国」よりはるかに脅威のロシア、中共、北朝鮮―「保守」偽装の安倍首相は3国の尖兵
http://1st.geocities.jp/anpo1945/isuramukokuyori.html

ポッポ

No title
今日、関西テレビでスーパーニュースアンカーを視ていたところ、青山繁晴氏はアメリカのカリフォルニア州において、日本人の子供で日本人であることを嫌がっている子供がいるとのことです。

その理由は、日本人の子供が中国人や韓国人に虐められているためです。

原因は、アメリカの教科書では南京事件の死者は40万人となっている。日系人が抗議して訴訟を起こしても連敗している。裁判官は日本の政府も否定していないなどです。

アメリカにいる日本人の子供が可哀想でなりません。涙が出そうです。

日本は、真実の歴史観を国として統一し、これを世界に発信するとともに国民にも周知し、現在広がっている誤った歴史を改正するよう行動しなければなりません。

これは、税収が少ないとか、金がないとかの話ではありません。

日本人の誇りを守るためです。

にっぽんじん

憲法改正
憲法改正の議論が次第に活発になってきました。日本の安全保障を脅かす憲法9条こそ真っ先に変えるべきですが、国民にその気がないため先送りにするようです。反日日本人が増えたのでしょうか?

その一方で、優先事案として「緊急事態法」「環境権法」「財政規律法」などが優先されると言われています。憲法は国の国幹となる基本法です。その中には法律を制定すれば済むような具体的な項目は入れるべきではありません。

「環境権法」「財政規律法」などは私には理解できません。決まりを具体的にすればするほど矛盾が生じて混乱します。かって、誰でも使える操作マニアルを作成したことがあります。

しかし、具体的にするほど運用時に問題が生じて使用しづらいものになりました。基本法は大きな「幹」だけにして、具体的な運用法を法律で定めるべきではないでしょうか。

特に「財政規律」などを入れると必ず後悔することになります。

j

No title
もはや韓国とは「基本的価値を共有」していない 外務省サイト「基礎データ」更新が大波紋 : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/s/2015/03/03229378.html

★現実ですからしょうがありませんね。

junn

No title
江戸末期に日本を訪れた西欧人たちは、江戸の市民生活を見て、「この世のパラダイス」と手記に書き残したり、母国の家族等に手紙で送っています。彼らが江戸社会をどう感じたのか、訪れた日にち順に追体験的に見ていきましょう。

 もちろん、彼らは旅行の物見遊山で来たわけではありません。欧州を起点とする白人による世界の植民地化前線の東回りと西回りが巡り会う最終局面として、黄金の国・ジパングの植民地化が究極の目的でした。もっとも、彼らも世界金融支配体制者たちに使われる駒に過ぎませんが。

ペリーの見た江戸は美しかった!!:計算されたペリー来訪
 彼らは航海上、日本に来る前に中国に立ち寄ります。その中国を「ウジ虫を知らずに踏んでしまった気色の悪い気持ち」であると書いています。居住区は汚いし、子どもたちは「ギブ・ミー・マネー」であり、「売られている製品は全てコピー製品であり、吐き気をもよおし、二度と来たくない」、とまで母国の母親に書いた随行員もいます。そこからさらに極東の地である日本に行くわけですから、あまり期待はしなかったと思われます。
 ところが日本に一歩踏み込んだ途端に大讃辞に変わります。まず、船からみる国土が美しい。緑豊かな野山に、綺麗に整備された段々畑や棚田がとけこんでいます。これまでの世界のどこでも見たこともない自然と人工物がシンクロした絵画そのものの立体風景です。

 下田あるいは横浜の寒村に着くと、浮世絵で見た色鮮やかな着物を着た健康そうな子どもたちが、「うちにおいでよ~」と手を引きます。その農家に行って見ると、士農工商で一番貧しいはずの農家は、四辺が綺麗に生け垣で仕切られ、その中に小さないながらも見事な日本庭園と色鮮やかな鯉が泳ぐ池があります。家に入れば、土間があり、床の間には綺麗な掛け軸がかけられています。
 当時の欧州では、彼らの階級は「農奴」であり、文字も書けず、何世代も藁葺きの中で雑魚寝生活でした。つまり、世界でもっとも裕福な農民が暮らす国、それが日本だったのです。
 個人宅にもお風呂があり、さらに出される食事にビックリです。なんと陶磁器が使われています。他の国では、このような食器は貴族以上でないと使っていません。しかも海の幸、山の幸に溢れ、自然の風味を最高に活かした世界最高の美味しい健康食です。特に、欧米人さえ見たこともない醤油や味噌など健康に素晴らしい発酵食品を使っています。
 帰り際には、農民であるはずの彼らが書いた掛け軸までプレゼントされます。最下級の農民が芸術的な書道が出来ることに最後までビックリ仰天です。せめてお礼にペンでもと渡そうとすると、頑なに受け取りません。
 そうなのです。これが日本の「おもてなし」であり、日本各地のどこでも日常から旅人たちに振る舞われていた日本人の慣習そのものだったのです。ちなみに私が小さい頃の四国伊予の実家では、このおもてなしをお遍路さんたちに行っていました。

 彼らは、その後陸路で江戸に向かうのですが、街道が綺麗に整備されていることにも驚きます。キチンと歩ける道路が整備されているだけでも、世界広しといえども当時は日本しかありません。しかも街道沿いに旅人のための日陰を提供する松などの樹木が植えられています。さらに一定間隔で宿場町が整備され、飛脚や駕籠(かご)、さらに宿や飲食店なども利用できます。街道がわざと曲がっているかと思えば、遠景に富士山、近景にお城というふうに、ビューポイントを設けるなどの情緒溢れる道造り、町造りを行っています。

 さらに江戸に着くと、まさに人類史上初の大公園都市です。
 中央に江戸城を中心とした大公園があります。それを核心に300の武家屋敷の大公園があり、さらにそのまわりには1500もの寺院等の中公園が配置されています。市民の小さな家にも庭があります。鳥瞰図的に見れば、まさに地球唯一の地上の楽園自然都市です。町造りも合理的にしっかりしていて、大通りの門戸を占めると外部からの侵入は困難で、治安上も安心できます。
 行き交う人々は、江戸仕草の体現者であり、挨拶や話している様子も明るく、そこにいるだけで心温まります。野の鳥さえも人の肩に留まってさえずっています。一番気性の荒々しいと思われる船乗りが集まる船着き場に行ってみると、聞こえてくる言葉は、「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」ばかり。
 彼らは、日本人が自分たちのことを南「蛮」人という意味がよくわかったと手記にも書いています。
 実は、現在のUCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)では、国際関係論で、「19世紀のパリは、江戸を見習って造った」と教えているのです。
 まさに、ゴッホが日本の浮世絵から江戸を学び、そこからヤパン・インプレッション(福沢諭吉が明治政府の意を汲んで「印象派」と意訳。実際は、日本浮世絵派あるいは「日本主義」)が生まれ、世界の市民が解放されて行ったのです。そういう意味でも、日本は世界の「雛形」だったのです。 (拙注:これがいわゆる「ジャポニズム」というもの)

junn

No title
中川八洋・民主党大不況(2010)の「附記」を読む②
http://akizukieiji.blog.jp/archives/1541980.html

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク