日本の言論を守れ!



日刊ゲンダイに「ネットユーザーが右傾化するワケ」という記事が掲載されました。

記事は、田母神論文にはじまり、氏が「アンケートでは、58%が私を支持している」と参考人招致で胸を張っていたことに関し、

「保守的なメディアですら、政府見解を逸脱した田母神氏に批判的」なのに、「ネット上では人気が高い」とし、

ITジャーナリストの井上トシユキ氏の弁として・・・・

「いわゆる“ネット右翼”がはびこるようになったのは、02年のワールドカップ以降です。愛国心に火がついた連中がわあわあ騒いだ。彼らはネットで自分の意見に近い考えや情報を探すため、“みんな同じ意見だ”と自家中毒的に思想が凝り固まる。その結果、どんどん過激化していったのです。ただ、ネット右翼は相対的には減少傾向。04年あたりから40代以上のネットユーザーが急増しているので、薄まってきています」

というコメントを紹介した上で、

「一部の人間が大騒ぎしているだけか」と結論付けています。

≪出典≫ネットユーザーが右傾化するワケ 2008年11月21日10時00分 / 提供:日刊ゲンダイ

ほんとうにそうでしょうか。

週刊文春でも、11月27日号で「田母神支持「ヤフー・アンケート」はやらせだった」という記事が紹介されました。
同アンケートにおける田母神氏への支持を要請するメール転送があったという1件の事例だけを根拠に、yahooの田母神支持のアンケートは「ヤラセ」であったと断じています。

ねずきちも、yahooアンケートに投票したひとりですが、そのようなメールがあったかどうかなんて知りません。そんなメールの有無に関係なく、ねずきちは田母神氏支持に投票させていただきました。

むしろ、アンケートの際のコメントを見ると、田母神氏の論文に反対とする意見の方が、感情的でむきになっている論調が多い。批判の根拠も、総花的で、具体性に欠けている。
なにがどう不味いのかという論説がなく、ただ、問題だ!責任をとれ!のオンパレード。
ほんとうにこれが、個人の意見なの?? 個人の意見なら、もうすこし、理知的な意見があってもおかしくないのでは? と、不支持コメントには非常に不信感を持ちました。

一方、田母神氏の発言後は、支持に投票してコメントを書いた人が、「コメントを消された」「投票がデータに反映されない」などと、どうも故意の「調整」が働いてたような感じもありました。

ねずきちからみると、不支持の意見のほうが、やらせくさい(笑)

そのことは、比較的アラシの少ないライブドアのアンケートでは、75%を超える田母神氏支持が集まったことでも明らかな気がします。

ITジャーナリストの井上トシユキ氏という人が、どのような人なのかは知りませんが、
ネトウヨというのが、ワールドカップがきっかけの一握りの集団にすぎず、40代以上のネットユーザーの増加によって、影が薄くなるという意見にも賛成できません。

ねずきちはまさに40代以上で、あまりサッカーにも興味もないけれど、どちらかというとネトウヨの方の意見に賛成です。

というより、普通に考えて、一般の庶民感情として、
国を守る使命をおびた自衛隊員、
いざとなったら命をかけて戦う人たち
が、愛国心がなくてどうすんの?? と思います。

むしろ、武力をもった自衛隊が反国主義だったら、とっくに戦車や武装兵を繰り出して国会議事堂を制圧している。

なので、自衛隊員=愛国主義でぜんぜんOK。なんでそれが問題なのか、ねずきちにはさっぱりわかりません。

しかも、日本では、言論の自由は、日本国民全員に与えられていることです。
自衛隊員だからと言論を規制するのはおかしい

自衛隊としての公式見解なら、それなりの政府談話に相当するから、発言内容には過去のいろいろな談話との関連性が重要視されるのは当然ですが(そうでなければ組織が混乱するし国際的な信用問題にもなる)、自衛隊員とはいえ、日本人である以上、個人としての発言は、自由であってしかるべしです。あたりまえです。

どうも、マスコミの姿勢は、

「なにを言っても許される集団(自分たちマスコミ)」と
「なにかを言ったら抹殺される集団(政府与党系の人)」を作っているように見受けられます。

しかし、それこそが、まさにメディアによる憲法違反の言論の自由の弾圧行為といえるのではないでしょうか。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

2007.10.19-2 太田総理 外国人地方選挙権


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
おっしゃる通り、あまりにマスコミ、左巻きすぎ。
てか、売国的で、愛情がない。
日米安保が機能し、日本の経済が破壊された状態からぐんぐん伸びる高度成長の時代なら、ある程度の自虐史観や、アナーキズム、コミュニズムも面白いネタだったかもしれませんが、今の日本のように、老化し、疲弊し、景気後退も著しいなかでは、いまのマスコミの姿勢は、悪いけど、あんまりだと思います><;;

moharizaさん、コメントありがとうございます。
そうだったんですか。御苦労されているんだ><;;
ボクも「戦争反対」です。
しかし、国を守るというのは、愛する者を守るという自然な気持ちの集合体でもあると思うのです。
マスコミや政治家の田母神氏への論調を見ると、自衛隊員に、愛国心を持つな!と言っているに等しい。国のために死ぬなと言っている。
それなら、まんいち震災などの被害が起きたとき、被災地に自衛隊員が「死にたくないし、アブナイから行かない」と、彼らの救助を断ったらどうなるのでしょう。
そしてそういうことで、いちばん被害を被るのは、一般庶民です。
マスコミ、政治家の論調は、あまりに身勝手な気がしてます。

unimaroさんコメントありがとうございます。
「1億2千万人以上の中国人が、一斉に日本国籍を所得し、選挙権持つ。それで日本が乗っ取れてしまう」・・・
げに恐ろしい話です。けどありえる話でもある。
FAXしときます!

unimaro

お疲れ様です!まるちでごめんなさい!

http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/
(抜粋)
妊婦の場合、子供が成人するまで20年掛かります。
しかし出産後の認知の場合、20未満の子供なら誰でも認知できるので、
19歳11ヶ月の子供も認知すれば日本国籍を得て、1ヵ月後には選挙権が得られるのです。

たぶん筋書きはこうです。
衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す
(もちろんDNA鑑定なし、1人の男性が何人でも認知可能のザル法で)→法律制定→
一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!

1億2千万人以上の中国人に一斉に選挙権を付与してしまえば、それで日本が乗っ取れてしまう。
彼らが選挙に参加すれば衆院選で圧倒的多数で与党が取られてしまうからです。
彼らはゆっくり何十年も掛けて日本を乗っ取るつもりなんて無かったんです。
5年以内に片をつけるつもりだった。しかも一発のミサイルも砲弾も撃つことなく、内部から乗っ取るつもりだったんです。

そしてもう一つが二重国籍です。

たぶんこれを画策した人間は二重国籍も同時に通すつもりだったと思います。
二重国籍があれば中国にいながらにして日本を乗っ取れた。
日本に入国する必要さえなかったんです。
二重国籍が無くても中国にいながら在外選挙権を行使しても良かったでしょうが、
あればなお良い、と言うところでしょうか。
(ここまで一部)

よろしければURL先をご覧ください。
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/

まさに「国家反逆罪」です。

参院での決議は27日です!!
参議院議員等、メール、電話、FAX先はこちらに!
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/14.html (法務委員会等)
http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html (現職国会議員名簿HP等HR有)

mohariza

「国籍問題」と田母神氏の論文問題
投稿内容から外れるかも知れませんが、You Tubeの「2007.10.19-2 太田総理 外国人地方選挙権」を観て、感想を…。

私の父は、アメリカで生まれ、小学校時代、アメリカに移住した祖父と一時、日本に戻り、結局、祖父は、アメリカに戻りましたが、父は、そのまま、日本に残り、日本で、日本人として死にました。
その後、アメリカで生まれたので、アマリカから、アメリカ国籍も貰ったようですが…。
太平洋戦争では、父の兄弟は、日米に別れて、戦争をしました。

その国の人間になるとは、(国籍を取るとは、)You Tubeの発言にあった「その国のため、戦争に行けるか?」にあると、思います。

田母神氏の論文問題の核とは、自衛隊は、「愛国心を持って、本当に戦えるか?それが出来ないような風潮・教育は、おかしいのでは無いか!?」に、あると、思います。

国籍問題も含め、「自分の国を守る意志」があるか、どうか?が問題だと、思います。
それが無い(趣旨発言・記事)なら、その人(・マスコミ等)は、「日本人で無い!」と宣言している、ような気がします。

「戦争反対!」の人間ですが、「国籍問題」を考えると、そう思わざるを得ませんでした。

うわばみふかお

私もねずきちさんと同じ考えです
それに私の意見が
右寄りだとは思ってません

あまりにマスコミが左巻きなために
座標軸が狂ってるから
我々が右に見えるだけだと思っています
街頭インタビューで取材したVTRなど
政策・政権批判意見のみ編集し
市民の声として流してみたり
自分達が世論を代表してる
と云う気負いだけで
軸が左に傾いているのです

自衛隊があるから
侵略戦争をまた起こす危険がある等と
訳の判らんことを
社説で臆面も無く書き立てたり
(それを云うなら、恐ろしい食品テロ・チベット弾圧や中華思想があるから尖閣列島を守り、半島縦断鉄道をウラでバックアップし、悲願の南下策を完遂しようと企てるロシアがあるから、北方領土守るべきで、国連・アフリカ・南米外交で中国やロシアに先んじなければならないと訴えるのがスジのはず。論理的に矛盾してる。)
解説者面して
上から目線でモノ云うヤカラこそが
この美しい国土と
類稀無い愛すべき国民を
誤った方向へ導かんとする
デマゴーグなんだと思っています。

※だいぶん入ってますので、私の酩酊したシドロモドロなカキコミですいません
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク