右と左という錯覚

■ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」 先行予約受付中
  詳細は↓コチラ↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

木瓜(もっこ・ぼけ)
木瓜(もっこ)


先日、おもしろい話を聴きました。
要約すると、

「西洋の国旗は、たいてい直線で描かれていますが、日本の国旗は丸です。
直線というのは、白か黒か、面を2つに建て分ける性格を持ちます。
ところが円には対立がない。

自然界には直線は存在しない。
自然界にあるものは、たとえばユーラシア大陸の沿岸をずっと辿って行くと、ぐるっとまわって元の場所に戻るように、すべてがつながっている。
そもそも地球も月も太陽もみんな丸だし、銀河だって楕円です。

つまり、直線で盾分けようとする事自体が誤りなのです。」

とまあ、このようなお話です。
なるほどなあと思いました。



このブログで、はじめて右翼、左翼について言及したのは平成20(2008)年のことでした。
いまから7年前のことになります。

右翼、左翼という立て分け自体がおかしい、そういう見方に誘導されている時点で、すでに左翼の術中にハマっている、と書かせていただきました。

実に簡単な話なのです。
完全に左巻きに染まりきった日教組の先生方だって、(桜の季節は終わってしまいましたが)桜が咲けば、花見に行くし、桜の木の下で一杯飲みながらどんちゃん騒ぎをするし、排気ガスに汚れた道路脇に咲く路肩のツバキに、「ああ、きれいだなあ」と心を潤すし、夏になれば子供を連れて海水浴にでも行こうかと思うのです。

みんな日本人なのです。
その日本には四季があり、四季折々の美しさがあります。
人の心もまた、熱くなったり、寒くなったり、温かくなったり、冷え込んだりします。
夏と冬が喧嘩したところで始まらない。意味がないのです。
夏には夏の良さがあり、冬には冬の良さがある。
春には花が咲き、秋には紅葉で山々が真っ赤に染まる。

そんな自然を愛でる心は、誰にだってあります。
ほとんどの人が、ですから日本が好きです。
日本は良くない国だ、日本は悪い国だと、いくら教わっても、いざとなれば日本大好き人間になってしまう。
それが日本です。

みんなつながっている。
共産党の人は、ごく一部を除けば愛国者です。
だって、党員資格に「日本人であること」と明記しているのは、日本共産党だけです。
公明党の応援者の創価学会婦人部の人たちは、誰もが苦しい生活や家計の中で、我が子のために、ちょっとでも幸せになりたいと、日々努力しているまじめなおばちゃんたちです。
右翼と呼ばれる人たちだって、北方領土返還は叫ぶけれど、いまの時代に、特亜三国の非道が許せないからと、その三国と戦争をしよう!と主張している右翼は皆無です。
みんな平和を願っている。
その右翼の強面のお兄さんだって、桜が咲けば、花見に行くのです。
みんな日本人なのです。

その日本人が、GHQのWFIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)にはじまる日本人洗脳教育と情報統制によって、「なんだかよくわからないけれど、日本はよくない国らしい」と思い込まされ、中には本当に日本が嫌で、日本から飛び出し、米国に住むようになった人もたくさんいます。
そして米国に住むようになった日本人が、全員、口を揃えて云うのは、「日本は良い国だ」です。

右翼とか左翼とか言いますが、その実態は、極端に偏った、ごく一部の極端な左巻きの人と、そうではない大多数の人の違いでしかありません。

どういうことかというと、極端な左翼の人にとっては、その極端な左翼以外の人は全員右翼なのです。
ということは、現実的にみれば、人口の0.1%にも満たないごく一部の極左の人以外の、日本人の99.9%は、(彼らに言わせれば)全員右翼だということになります。

でも、これは詭弁です。
右と左が天秤のように釣り合いがとれているなら話は別です。
けれど実情は、0.1%の極左と、99.9%の普通の日本人です。
全然釣り合いがとれていません。

これが何を意味しているかというと、要するに「左翼の演出した詐術だ」ということです。
つまり極左以外を右翼とレッテル張りすることで、

実態は、
極左0.1% 普通の人99.9% でしかないのに、
「右翼と左翼」という言葉のトリックによってあたかも、普通の人と同じだけ左翼が民意であるかのように偽装しているわけです。
つまり、普通の人99.9%なら、左翼も99.9%いるかのように見せかけているわけです。

これは、日本人の一般的習慣である「みんなが言っている」の付和雷同の心理を巧妙に突いた工作作戦であったということができます。
おかげで多くの日本人が「みんな」に騙されて民◯党に投票し、こっぴどい目に遭いました。

応仁の乱が始まったのが1467年です。
伊勢神宮の式年遷宮が国費で行われなかった時代というのは、1462年の遷宮から1563年までの101年と、戦後の70年の2つの時代だけです。
もうすこし詳しく言うと、1929年(昭和4年)の式年遷宮が最後です(昭和20年の遷宮は中止)。
つまり、それから今年で86年目です。

けれど歴史を振り返れば、1462年の遷宮から86年目(1548年)の頃には、信長や秀吉、家康が世に出てきていたのです。
そして1563年には、早くも国費での式年遷宮が再開され、1603年(141年め)には家康が征夷大将軍に任ぜられて江戸幕府が始まっています。

同様に、昭和4(1929)年の式年遷宮から86年目の今日、すでに安倍内閣や次世代の党、あるいは保守系の新しい論客達がそろそろ出揃い始めています。

日本人は、理解すれば変わるのが早いのが日本人です。
ほんの数年前までは、保守系の論客でも、南京虐殺は「少しはあったかもしれない」とか、従軍慰安婦は「迷惑をかけたことはかわいそう」などという人がいました。
けれどいまでは、一般の人でさえ、いまさら南京虐殺があったなどと信じている人は、よほどの情報弱者ですし、慰安婦が強制だとかいうことを、いまさら真に受けるような日本人は、すでにほとんどいなくなっています。

そして昨年までは、右翼と左翼は、まるでイーブンの存在であるかのように、多くの人に思われていましたが、今年になってからは、右翼、左翼という区分け自体がマインドコントロールであると知る人が陸続と生まれてきています。

確実に、いま日本は変わりつつあります。
そしてなんとしてでも、私達の手で、次回2033年(平成55年)の式年遷宮は、国費をもって堂々と行える日本にしていきたいと思います。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

◆『ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」』
 先行予約受付中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html

ねずさんの百人一首予告CM動画(118秒)




毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無しのこんぺいとう

記事を拝読させていただきました。

極左の人がほんの少しと普通の人が大多数、ということですが、そう考えると俗に言う「ネトウヨ」という方々はどこにカテゴライズされるのでしょう……普通の人の中にいる、保守的な考えに便乗してわーっと騒いでる人たち……なのでしょうか。

記事の趣旨からは外れているような気が致しますが、近頃様々なところで彼らを見かけており、この人たちは何がしたいのだろう……と常日頃首をかしげていたので、ふと気になってしまいました。

拙文失礼いたしました。

たんぽぽ

No title
・訂正・

× 左派的な人も多種多様で

○ 左派的な人も一枚岩ではなくて

自分で読み返して違和感が(汗)

左派的な中で、個人の尊重、自由と言いながら
逆に全体主義的になりかねない所が最も苦手です。

たんぽぽ

2対2対6の法則
ある方から、左派的な人2割、右派的な人2割、ノンポリ的な人6割と聞いた事があります。その時意外と当たっているのでは?と思いました。

確かに、確信的な極左は0.1%位だと私もそう感じます。
では、2割の左派的な方々の実態はどうなのでしょうか?
この辺は濃淡、差異はあると思いますが、
日本の国体を否定し、日本的な価値観を嫌っている方も
含まれていると推測されます。その中身の程度、強弱は分かりませんが...
日本的な価値観でも、人それぞれで微妙に違うだろうし、受け入れられるものも、人に寄ってはそれぞれ違うだろうし、当たり前ですが...
それらも含めて日本人で。全体主義国家ではないのだから・・・。
これは左右の対立を煽っているわけではなくて、現状がどうかの認識の問題であると、そして、どう折り合いをつけていくか・・と、否定している訳ではなくて、うまく言えませんが...
ただ、その2割の人の中には、確信的極左に引きずられて、不本意ながらも、事実に即さない事象で反日的な行動に加担している人達がいるのではないかと...?日本的価値観を否定しながらも、自分の首を自分で締めることを嫌う個人主義的な人達に取っては...

なんか取りとめのない文章になりましたが、左派的な人も多種多様で、
自分達に不利益になることはしたくないと思うので(平和や治安を脅かす事等)それを分かって頂くにはどうすれば良いのかと、思いますが
まずは、ノンポリの人達に目覚めて貰うのが先決か...と

西村幸祐氏の著書「反日の構造」の紹介文に“そもそも“現在の危機の本質を自覚できないこと自体が最大の危機なのだ”とありました。
本当に、そのことに気づいていない“事こそ”が、大きな問題だと思います。

そして、ねずさんが仰るように日本的なものに価値を感じ、
愛情を持っている層は圧倒的に多数派だと私もそう思います。






ミナミは北朝鮮

有限にして無限 極微にして極大
日の丸は 白地に赤く 日の丸染めて・・・である。
白昼の 天に ぽっかり浮かぶ お日様・・・・太陽を 表象している。
太陽は 地上の全ての生命の源であり、神そのものとも 呼んで良いかもしれない。天照大神は 多分 お日様そのものであり、国旗 日の丸は 太陽と 大御神 アマテラスと その御子孫である 天皇家 ・・・臣民である 日本国民をも表象している訳である。

二次元の世界では 赤い円だが 実際は 地球の百倍もの直径 百万倍もの表面積の太陽を 描いている訳で 他の国の 星や ライオンや虎などを 表象した国旗とは そもそも 規模が違い過ぎると云えるだろう。


世界の国旗を 全部 見ても 日の丸が 最も シンプルで 最も 気宇壮大な とてつもなく 素晴らしい 国旗です。

すー

No title
最近、天皇の料理番がリメイクされドラマでやってますね。
原作も読んでしまいました。面白かったです。
このお話の中でも左翼の攻撃的な場面もありましたが、
過激な展開がなかったのはやっぱりなんとなく「そこまで対立する必要がない」ことを感じてたからなんでしょうか。
今、このドラマがリメイクされてるってことも何か意味があるような気がしないでもないです。
これから色々厳しいこともあるかもしれませんが、これだけ助けあいの精神がある国だったら何があっても大丈夫という安心感が最近芽生えましたよ。

えっちゃん

No title
以前、上司から「みんなが言っている。・・・。」
と言われた事がありました。
 私は、緊急時に、思ってもみなかった言葉が出ることが多く、
「みんなとは、誰か教えてください。」
と言いました。
 上司は黙りました。
でも、以降は、みんなと同じ事をしている振りをして、しないという方法に変えました。
無駄な軋轢は、面倒ですから。
何のことで言われたかも忘れましたが・・・。

目覚める方が増え、日本っていいなあ。と思う方が多くなると思います。
先人に感謝し、自分も子や孫の代まで考えた生き方をできる方も増えると思います。

和、輪、倭ですね。

-

何でも安ければ良いのでは無い。
街中のお酒屋さんが商売が出来なくなってきているので、お酒の不当な値下げを規正する法律を議員立法する動きがあるそうです。イオンや他の大手量販店がメーカーから安く大量に買い上げそれを売るので、酒屋さんの仕入値より安く売る現実をなんとかしなければ成らない為だそうです。私は当然規正すべきだと想います。 弱肉強食の世の中だから、小さいの店がつぶれても仕方ないみたいな事を言っていた初老の男性をTVで観ましたが、それは違うだろ、世の中はお互い様で成り立っているんだ、そんな事追求したら、結局、隣の韓国や中国のように格差が広がり国力が低下するぞ!と一人で怒鳴りました。
なんでも安ければ良いといいのは、結局は
自分の首を締める事になります。日本人なら分かる事です。

-

No title
左翼=共産主義って考えてたんですが
外国の共産主義者って一応自国=自分のために働いてますが
日本の左翼は自国を憎んで行動するって知りました
言われてみてそーだなーと思う反面、一体どういう思考回路か理解できません

Pin

右と左の明確化
確かに日本においてイメージされている左派、右派の勢力拮抗というものの実態は「極左0.1% 普通の人99.9% 」という見方もできるでしょう。
しかしそれでは選挙でどう表されるかといえば自民党支持者、野党支持者、支持政党なしと三分割され無党派層といわれる人達が多数いるわけです。
そして憲法改正などの世論調査をすれば賛成派と反対派が拮抗するという表れ方をするのです。
ここで問題が何処にあるのかと考えると、如何に一般の国民が左翼の洗脳工作に影響を受けているかというものだと思えます。
それこそWGIPである戦後復活した左翼の大学への学長、学部長としての復帰、メディアへの、労組へなどへの入り込み、しかもその中での主導権を得たことの波紋とでもいうものではないかと思います。
それら0.1%が日本の国民全体に影響力を与えることのできる所を占めているからこそ、無段階に広がる左翼からシンパ、空気としての左傾的思考者まで広く取り込んでしまっているということではないかと思います。

現在でもメディアにおいて、大学において、弁護士など法曹界において、日教組や県教組などにおいてあらゆる所での構造は以前と変わらなく見えます。

そこで考えるのは少なくとも左翼も右翼もない、で左翼に取り込まれている左傾気味の普通の人が目覚めるのかというものですが、そこでは左翼をはっきりと指し示し、糾弾するという区別が必要だと考えます。
ですから左翼も右翼も無い、で現実をぼやかすことはマイナスに働くように思えます。

騙されてといってもよい一般の人々を左翼のレッテルつけである右翼という普通の、当たり前の思考になってもらえるのかということが、選挙年齢18歳への引き下げですでに左翼が青田狩りをし出している今必要なことだと思えます。



-

お言葉ながら
日本人の99.9%が愛国者だとかは現実無視もいいところと思います。
私自身は我が国のいやさかを願っておりますし、このブログに賛成することも多いですが
その國の風土、文化を愛するのとその國の国体を愛するのは全く別の話でしょう。毎年花の季節になると多くの中韓人(反日工作員の在日も含む)が花見に訪れますが彼らはみんな日本の愛国者なんですか? 私は中国が好きになれませんが黄山等の自然は日本のそれより好きですよ(あくまで中国の一部の自然ですが)。日本人でもイスラム教徒、キリスト教徒で無く正月に初詣に欠かさずいくような人でも神社仏閣よりモスクやカテドラルが好きという人は多くいます(私はそうではありません)。
拙文拝読ありがとうございました。
聖徳太子が国柄を現した十七条の憲法を制定した日に(西暦による)

敦子

【保存版】ドイツ首相メルケル女史は、ドイツ国内の日本人女子留学生や日本人女子仕事人から直接聴取し、日本国内の所謂マスコミ各社が帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社であることを知っていますよ。
里美です。

【保存版】ドイツ首相メルケル女史は、ドイツ国内の日本人女子留学生や日本人女子仕事人から直接聴取し、日本国内の所謂マスコミ各社が帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社であることを知っていますよ。

ドイツ首相メルケル女史は、ドイツ国内の日本人女子留学生や日本人女子仕事人から直接聴取し、日本国内の所謂マスコミ各社が帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社であることを知っていますよ。すなわち、日本人のふりをしている日本国内の帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社は、日本国の真実を全く伝えていなく、帰化未帰化在日韓国人の意見や願望を伝えていることを知っていますよ。

それゆえ、ドイツにおいて、共同通信社=AP通信東京支局、ロイター日本語版、時事通信社=韓国中央日報=WSJ日本語版、日経新聞社はいずれも、帰化未帰化在日韓国人工作組織として危険団体指定されています。

日本国内の月刊雑誌『文藝春秋』と論調が似ているドイツ週刊雑誌『シュピーゲル(Der Spiegel)』の日本支社の帰化未帰化在日韓国人記者は、共同通信、ロイター日本語版、時事通信社=韓国中央日報=WSJ日本語版、日経新聞社、朝鮮日報の帰化未帰化在日韓国人記者が書いた韓国式捏造記事を載せまくっています。このことも、メルケル女史は、知っていますよ。

ちなみに、『南ドイツ新聞』は、韓国人に乗っ取られた新聞です。

敦子

次世代の党の前衆議院議員の杉田水脈先生が地方議会の左傾化に対し警笛を鳴らしておられます。
次世代の党の前衆議院議員の杉田水脈先生が地方議会の左傾化に対し警笛を鳴らしておられます。

平成27年4月28日
杉田 水脈 @miosugita · 12時間 12時間前 主権回復の日。関西勝つ兵塾でお話しさせていただきました。今回の統一地方選の結果を受けて、左傾化する地方議会に警笛を鳴らす内容です。... http://fb.me/2UQLRHrw7

-

No title
確かに、シラス我が国にとって左も右もありません。多少思想が違っても和をもって共有しあいながら我が国は歩んできたのです。重要なところは何故自分がそのような意見に至ったかを説明し意見を求めあってではどうすればいいのかをみんなで決めることであろうと思います。
しかし、それすら断じて許さず自分の言うことに従えと言ってるような人たちもいます(この人達を自分はウシハク人間と呼んでます)
左右で対立する暇があるのなら、真に対立(本当はしたくないですが)すべきはウシハク人間ではないでしょうか。

ケイシ

いつもありがとうございます。
伊勢神宮の式年遷宮の費用が国費で賄われていない事に改めて気付きました。日本人であるなら、宗旨が神道でなくても、仏教信者、クリスチャン、何の宗教にも属していない事に関わらず、総氏神である伊勢神宮に日本に住まわせて頂き、生かして頂いる感謝を捧げるのは当然の事です。 国費と国民の捧げる浄財で式年遷宮の費用を出させて頂く事が、伊勢の大神さま、天皇陛下の喜ばれる道筋だと拝察いたします。

junn

No title
エドマンド・バーク(一七二九~九七年)は、一般には保守主義(真正自由主義)の開祖と言われるが、それは一七九〇年五月六日の英国下院におけるバークのフランス革命に対する激越な批判演説で始まった。そして同年十一月、『フランス革命の省察』を出版し、“自由の擁護”のため、死の直前までフランス革命を非難し、また軍事力を行使してでもこれを打倒すべきことを説き続けた。フランス革命を源流とする二十世紀の全体主義の跳梁を見るとき、これほどの炯眼の人物は歴史上ほかに例がない。
http://blog.livedoor.jp/acablo-nakagawayatsuhiro/archives/44409242.html

junn

No title
「大阪都構想」という勘違い--何の根拠も正統性もない「都」の名乗り
http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/63889968.html

ここで注意すべき点は、日本においては在日全てが把握されているということである。この点を無国籍在日の方はわかっていないようだ。もう一つの、切り替えを無視しての不法滞在開き直りだが、強制送還以前に社会住民サービスが停止される。生活保護なんて瞬間で終わりである。もちろん犯罪者だ。
http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/4487ac9bd5aa42f22778a01ad11409de

放射能を無害化するノーベル賞級の発見
http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-269.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク