狂気の世界



巨人の星の原作者の梶原一騎だったと思うのですが、彼いわく、
「日本は戦争に負けて良かったのだ。もし日本があの戦争に勝っていたら、いまごろハリウッドの女性たちは日本の将官のなぐさみものにされていたかもしれない。だから日本は戦争に負けて良かったんだ。いちからやり直しで、日本は成長をし直すことができた。」

なぐさみものにしたかどうかは別として、戦争は人を狂気に駆り立てる。

そうしたなかにあって、総じて日本軍は残虐行為をしていない。
軍規が厳しかったし、資源がなくて、戦闘用の弾薬にもことかいたから、余計なことに弾薬を使うこと自体がはばかられた。

山下奉文中将がシンガポールを攻略したとき、最後の一発の弾薬まで打ちつくし、もうこれ以上戦闘を継続することができない。やむなく、どうやって逃げようかと相談しているときに、オランダ軍から白旗があがり、一同ほっとしたという笑えない話もあります。

そういえば、山下中将がオランダのシンガポール軍パーシバル中将との降伏文書調印の際、まるで歌舞伎役者のように目を剥いている映像がありますが、ようするに、そうせざるをえなかった事情があった。

名古屋で、東海軍令部の岡田中将が、名古屋を空爆して撃ち落とされた米軍の飛行兵を斬首にし、これが日本軍の残虐性の象徴とされたりしていますが、これも、一般市民への無差別攻撃を禁じた国際法(ジュネーブ条約)に従って、戦争犯罪人として処刑したものであり、国際法上、合法な事柄です。

また、南京において、日本軍が中国兵を銃殺した映像は、その後の調査において、中国国民党兵が、中国共産党兵を銃殺していた映像であることが確認されています。

韓国で日本軍が残虐行為を働いたと喧伝されている事柄は、ほとんどすべて日本軍という虎の威を借りた朝鮮兵による同胞への残虐行為であり、日本兵自身は、あの戦乱の中ですら極めて紳士的だったと各種の記録に書かれています。

昔の日本人には、毅然とした人が多かったのですね^^

さて本題です。

戦争が人を狂気に駆り立てることについては、太平洋戦争当時に行われた米軍の残虐行為について、11月6日の記事
「新聞社よ。意見を述べる記事なら記者の名前をあきらかにしろ!」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-224.html
に詳しく掲載させていただきました。

なにも日本軍が正しく紳士的で、米軍ばかりが残虐だというつもりはありません。
ただ、戦争では、
「勝っている側が、負けている側に対して、ものすごく残虐になる」
そのことをあえて特筆しようと思うのです。

2003年のことです。イラクの米軍アブグレイブ刑務所行われたことが下の動画です。

USA - Abu Ghraib
きっと見るに堪えない映像かと思いますが、我慢して、最後まで是非見てください。
他国に身を委ねることが、どんなに残酷で恐ろしいことか・・・


アブグレイブの虐待は、上の動画にあるよりも更に多くの写真・ビデオが存在するそうです。2004年5月12日に6000ページ(マスコミには53ページしか示されなかった)に及ぶ米国陸軍の秘密報告書には、米議員達の顔色が変わるほど悲惨なものだったとか。

英国BBCは、被害者は男性だけではないと報じました。
イラクでは強姦は家族全体の名誉を汚すことになり、死んだ方がいいと考えられているので、米国人看守から虐待を受けた多くの女性収容者は、釈放後に自殺したり家族に殺されたりした。

マスコミが発達している米国だから、こうした収容所の様相が明らかにされました。
けれど、実態が明らかにされていない中国や北朝鮮の収容所はどうなのか。
少なくとも生きて帰る人はいないということだけは漏れ伝わっています。
何が行われているかは、考えるだにおぞましい。

中国人民解放軍にとっての仮想敵国は日本だそうです。
韓国の仮想敵国も、日本なのだそうです。
そして中国は、勝手に尖閣諸島を占領し、韓国は竹島を占領している。
中国はネパールやウイグルに軍事進攻をしており、韓国はベトナムでの残虐行為がいまだに問題視されています。

もし日本が・・・もし日本が、仮にどこかの国に軍事進攻されたら。。。
自由な意見は、そのまま政治犯としてアブグレイブのような収容所送りです。
そして、その収容所で、日本人捕虜に対し何が行われるのか。。。

中華マネーや韓国マネー欲しさに、国の政治という大事を単なる政局遊びにし、この国を他国に売り渡すごとき行為を平気で行う政治屋や大手マスコミ・・・・

この国が他国に侵略されることを防ぐ自衛隊の幕僚長が個人としての愛国的意見を論文として発表したら、責任をとらされる。いったい誰が国を守ることに命をかけてくれると思っているのか。

圧倒的な火力の前に、現代の日本では考えられないような理不尽で残虐な行為が行われてしまう危険が、世界には厳として存在していることを、日本人は知るべきだと思うのです。

圧倒的火力を持った者が、火力を持たない・・・抵抗できない者に対して、どこまでも残酷になる。そのことは人種とか民族の問題ではない。それが人間という生き物の本性です。

中国の政治犯収容所、北朝鮮の政治犯収容所等々・・・
それらよりは、米軍などは、はるかにましだろう・・と思う方もいるかもしれません。
その米軍ですら、上の動画のアブグレイブ刑務所捕虜虐待を招いている。

ねずきちは、右でも左でも構わない。
みんなが自由に発言し、互いに学びあえるという姿が好きです。
いまの日本には政治犯などというものは存在しない。
だけど、存在しないから、売国奴になってもいいということにはならない。
言論の自由があるということは、同時に、わたしたちひとりひとりが、毅然とした国民である必要があるのだと思います。
毅然とした国民、毅然とした政治家、毅然とした報道。
そういうものが、平和国家日本の財産だと思うのです。

麻生総理が漢字を間違えて読んだ・・・いいじゃないですか。
それで誰が政治犯になるのですか?
誰が気違いじみた拷問を受けるのですか?

そんなことより、もっともっと日本人として大切なものがある。
平凡で、普通のことが、普通に行なえる国。文化。
正義を振りかざした異常や狂喜の世界でない、
普通の国、普通の国民、普通の生活、普通の暮らし。
そんなことが、実は素晴らしいことなのだと思うのです。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v




にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

この項へのコメントの御返しが遅れました。すみません^^;

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
来週のたかじんの番組、楽しみですね。
いま、いろんな包装があるなかで、あの番組くらいかな?
左右両方の意見をちゃんと吐露させているの。
田母神さん、たのしみです。

>たろすさんコメント&応援ありがとうございます。
はい、がんばります^^;
てか、気楽にやります^^;

>M735Jさんコメントありがとうございます。
ご指摘ありがとうございます^^b
YOUTUBEに山下大将の動画ありますよぉ^^

>やどろくさんコメントありがとうございます。
自由すぎて平和すぎることは、とっても良いことだと思うのです^^
だけど、それを食い物にしようとする輩は、結果として日本の自由や平和を蹂躙する。
そういう者に対しては、やはり戦わなくちゃいけないと思うのです。
戦いは、血を流す戦闘ばかりではありません。
情報戦や外国勢力の絡む選挙戦も、立派な戦争です。
日本国民全員が理解する必要はない。ほんの一部でも、そういうものがあると素直に認めて、それないりの対策を国家として講じること。それをわきまえる国民であることが大切と思っています^^v

>230さんコメントありがとうございます。
ぜんぜん気を悪くなんてしてませんよぉ~~^^
原稿の推敲なんてぜんぜんせずに、ただ書きなぐっているので、ご指摘、ごもっともと納得しています^^; たしかにわかりにくい文章になってるしw
開戦前、ヨーロッパの景気は底。しかもナチスの台頭でヨーロッパに一躍戦乱ムードが押し寄せsていました。そうしたなかでヨーロッパ諸国は、日本には、もう石油を出せないと結論。やむなく日本は米国に石油の供給を頼みますが、逆にハルノートを突きつけられて、完全に石油の供給を断たれます。アジア唯一の工業国家であった日本は、そうなると南洋の石油確保をするしかなくなる。そのために開戦をせかす軍部に対し、最後の最後まで和平交渉・外交交渉を行うために、どうしても軍を抑える必要があった。それで総理に選ばれたのが東条英機です。
彼は、大本営参謀長が、「もう石油がありません。戦争するしかないです」といってきたのに対し、「バカモン! 貴様は石油のために人命を犠牲にしろと言うのかっ!」と一喝します。
これが大々的に報道され、マスコミから「東条は腰ぬけ!」と書かれます。
毎日の100人斬りなんて、ばかげているにもほどがある。しかもその報道のおかげで、やってもいない日本人軍人が銃殺までされている。ひどい話です。
日本人の常識で、日本刀というものは、人を3人も斬ったら、脂にまみれてぜんぜん斬れなくなる。まして当時の軍刀なんて、いまの100円均一の包丁程度の鍛度しかなかった。100人どころか、ひとひとりすら斬れるかどうかあやしいシロモノで、100人斬りなんてとんでもない話です。以前誰かが、もしかしたら軍刀を50本くらい用意していたかもしれないじゃないか!などとバカなことを言ってましたが、当時、あれだけ物資がない中で、ひとりやふたりの軍人が、軍人の命と謳われた軍刀を50本ダメにするなんて、それだけで軍法会議ものです。
冗談にもほどがあります。しかしその冗談を、冗談でなくした毎日の戦争終結後の売国ぶりは、いくらGHQによる情報統制があったからといっても、あまりに無節操すぎると思います。

230

誤解は・・・していないと思います。
決してねずきちさんを非難したわけではないので(梶原さんの仮定が現実と遊離しているなと思っただけなので)、気分を悪くされたならごめんなさい。

東条が腰抜けと言われていたとは知りませんでした。
しかもそれを言っていたのが今日本の過去の戦争を一番非難している朝日と毎日というのが面白いですね。(笑い事じゃないけど
毎日は「100人斬り」報道もありましたしね・・・。

やどろく

おっしゃるとおりだと思います。
僕自身、外国で生活したことはありませんが、日本は自由すぎて、平和すぎて感覚が麻痺しているんだと思います。

かなり前になりますが、「ここが変だよ 日本人」という外国人が言いたい放題いう番組がありましたが、その番組が成立すること自体、日本は治安が良いなと思ったことを思い出しました。

世界は、未だに弱肉強食の世界だといつになったら日本人は真剣に考えるんでしょうね。

M735J

誤記かと…
いつもエントリー拝見しています。ありがとうございます。

ところで、単純なミスかと思いますが、
シンガポールの敵軍は、オランダではなく、イギリスです。

ついでながら、杉田一次 氏(山下司令部の参謀、第4代陸上幕僚長)のご著書を昔読みました(書名失念)。
それによると、バーシバル中将との停戦交渉(著者同席)では、同中将が条件ばかり喋るので、山下将軍は「先ず降伏するのか否か聞いてくれ」と通訳に命じ、通訳が降伏にイエスかノーかで答えて貰いたいと訳した、と回想されていたと思います。
つまり、山下将軍が「イエスかノーか」と恫喝したというのは、当時のマスコミの創作だったとの趣旨を書かれていました。

ご参考まで。

たろす

すばらしい記事でした。 痛いし溜息ですが  はぁ =3

このブログが、早くもっと広がっていけよと
発見した時から応援しています。

ねずきちさんの、それぞれの意見に対する姿勢も
すばらしいなぁと密かに思いつつポチッとボタンを
押すのが日課の私。。

ガンバレねずきちさん。

うわばみふかお

■云いたい事が多過ぎてコメントに困る問題ですね。タブロイド版の記事や、ゴシップ雑誌ならいざ知らず、日本の大手新聞の体たらくには、泣けてきますね。
■エロオヤジの烙印を押された山崎拓氏が、いまだに政界にはばかって、北朝鮮と単独で北京で交渉してたり…そんなことを糾弾するならいざ知らず、首相がホテルのバーで飲もうが、会員制クラブで飲もうが、ホッケは普通煮付けで食べないだとか、漢字の読みが違った云々…揚げ足取りに執念を燃やしてる暇が有ったら、拉致問題や食品テロ、チベット、年金、改憲問題、少子化、世界恐慌以上の経済危機とか領土問題、教育問題とか、もっと真剣に世論に訴えるべきモノがあるだろう、と日々カリカリきています。
■勝つ戦争ならやっていいのか?…みんなそんなものNOに決まってるし、二度と戦争がないように願ってる。ただこの美しい国土と人々を蹂躙されるようなことや国家、テロ集団などが現れた時は、「アメリカが本当に守ってくれるのか?」とか論じる奴はいない。みんな自分たちで守るしかない。
■来週のやしきたかじんの“そこまで言って委員会”に田母神氏が出演されるようだ。ホンネが聞きたい。それが大多数の者の意見のはずだ。

ねずきち

230さんコメントありがとうございます。
えっと、(^。^;)ゴメンナサイ・・・
梶原一騎のその言葉は、後ろに
「だから日本は戦争に負けて良かったんだ」と続くんです^^;
誤解しやすかったですね^^;
本文訂正しときました^^;

鯱美さんコメントありがとうございます。
「閉鎖された空間にいる支配者と被支配者」
どう考えても異常な事態が起こる。
映像の紹介、ありがとうございました。
なんだかあれこれ書いていたら、文章がとりとめなくなってしまって><;
最後のほうのところ、本文でうまく言えなかったのですけど、
要するに政治家がどうのとか、マスコミが悪いとか、そういうことではなくて、やはり、自分自身というか、国民一人一人というか、日本の庶民自身が、凛々しくなければ、結局は何も変わらないのではないかって思ったんです。
韓国には、日本軍が、さながらアブグレイブ刑務所のような残虐行為を行ったと伝える展示館があるといいます。残虐行為の等身大人形などの展示もあり、中高生の修学旅行の定番コースになっているとか。韓国内で行われた韓国人への残虐行為の数々は、うちの死んだおじいちゃんからも聞いていますが、「ありゃ、みんな韓国人の徴用兵だよ。日本人がいないと、すぐにああいうことをしでかした。虎の威を借りるというか、あまりにひどかった。日本が負けて内地に引き揚げるとき、やつら、今度は引き揚げる日本人に対して、あれをやりゃぁがった。やつら、人間じゃねぇ」・・・
実際、彼の国の国民性を考えると、さもありなんと納得させられます。
中国本土に取り残された中国残留日本人孤児たちは、山崎豊子の「大地の子」という小説にも紹介されていますが、≪シャオリーペイツ“日本鬼子”≫と呼ばれ、家畜以下に扱われた。
いま、日本の政治家やマスコミが、目先の利益のために売国行為に及ぶことで、もし万一、日本が中韓に軍事占領されるようなことがあったら。。。そう考えると、アブグレイブ刑務所という閉ざされた空間ではなく、日本という閉ざされた国の中で、同様の行為が日々繰り返される心配がある。
≪生きて虜囚の辱めを受けず≫という東条英機の戦陣訓は、日本兵に自刃を促した残虐な訓戒のように間違って報道されていますが、あれは、中国に派兵された兵士たちが、中国共産兵や、国民党兵に捕まると、めちゃくちゃひどいことをされた。そのことから、生きて死よりもひどい酷い目にあうくらいなら、いっそ・・・というむしろ日本人の将兵を助けるための言葉だった。
ついでにいうと、東条英機は戦争犯罪人だ!多くの日本人を殺したひどい奴だ、とマスコミは言いますが、実は東条英機は、戦争に向けていきりたつ軍部を抑えるために内閣総理大臣を襲名した。結果、ハルノートを突きつけられて戦争を始めることになったけれど、最後の最後まで和平のために必死の努力をした人でもあった。
当時のマスコミからは、開戦前、軍人でありながら、腰ぬけとののしられてもいたんです。そのののしっていたのが、いまの朝日新聞であり、東京日々新聞(現毎日新聞)。いかにマスコミがいい加減かという証左でもあります。
鯱美さん、ボクは「人は2つの人生を生きる」ものだって思っています。
守るべきものを得るために努力する人生、結婚して子を作りこれを生涯かけて守り抜く人生。国家も同じだと思うんです。この国に生まれた子供たちに、君たちが生涯かけて守るべきものは何かを教え、オトナになった子供たちは、それを生涯かけて守り抜く。守るべきものは、恋人であり、家族であり、子であり、地域社会であり、そして国家でもあります。死をとしてでも守るべきものを守り抜く。それが、人の生きる道だと、ボクは思っています。

八目山人さんコメントありがとうございます。
誤解を招くような表現をしたことをお詫び申し上げます。
梶原さんは、そういうサヨク的プロパガンタの意図で言ったのではありません。
戦争で日本はごはさんになったけど、人々の根性と努力で日本は復興したじゃないか。という話の中で、日本は負けて良かったんだ、という言葉が出てきたのです。
誤解を招くような表現をしたのは、ボクのミスです。(*_ _)人ゴメンナサイ。
八目山人さんがおっしゃるように「戦争が人を狂気にするのは、国民性が出るだけ」というのは、ほんとうにそうかもしれません。特に、中国や韓国の拷問は筆舌に尽くしがたいものがある。
もし、日本が戦争に負けることがなく満州国が続いていたら、素晴らしい国になっていた。それも、同感です。満州に限らず、韓国、台湾なども、いまとはまったく違った姿になっていたことでしょう。
ルーズベルトは、中国を取り、日本を切り捨てるという選択をした。そして彼はスターリンとも親耕した。
結果、大戦後の世界は、共産主義と自由主義の対立を生み、ソ連と中国という2つの怪物を産み出すことになった。もし彼が、むしろ日本をバックアップすることで東亜の安定を図るという選択をしていたら、おそらく、その後の世界は、まったく別なものになっていたことでしょう。そのことは残念でなりません。
「いろいろ勉強してください」とのお言葉、ありがたくちょうだいします。
これからも勉強させていただきます。


goddoorsさんコメントありがとうございます。
戦争は二度とないようにしたいですね。同感です。
だからこそ、きれいごとではすまされない現実があり、その現実に対処する凛とした姿勢が必要だと思います。
国民ひとりひとりが、そういう毅然とした意識を持つことがたいせつなのかと思います。

goddoors

考えさせられました
日本の政治が全く遅れていると思います。
それ以上にくだらないのが、マスコミです。
食問題、耐震偽装、次から次へと標的を探し一瞬のみ大きくとらえ、適当に情報を流し綺麗事ばかり言います。
視聴率の為、公共放送などと名乗ってはいけない気がします。ただの営利団体・・・
本当に上っ面だけの国になっていってる気がします、もっと根幹に目を向けれる情報を流して国民1人1人が考えないと未来はない気がします。
常に考えていますが、もっと真実をみるべきと思います。
戦争に対しても同様に思います。
二度とないようにしたいですね。

八目山人

いろいろ勉強してください
梶原さんが、本当にこのように言われたかどうかは分かりませんが、「なぐさみもの」と言う言葉に、既にひどい事をするという意味が込められていますね。
此れはサヨクのプロパガンダです。

中村粲教授は、日本が戦争に負けることなく、今まで満州国が続いていれば、素晴らしい国になっていただろうと、言っておられます。
母も昭和17年から2年満州に住んでいましたが、その説に同意しています。

戦争が人を狂気にするというのもプロパガンダです。国民性が出てくるだけです。

鯱美

閉鎖された空間に、支配者と被支配者が居る。
時間が経つにつれて、何が起こるか想像は容易いですけども
この映像は想像を絶しますね。

密室の中ではジュネーブ条約もメディアの力も通用しない。
明らかにされるまでは、ひたすら耐えなければならない状況が続くのは地獄です。

中東とアメリカの戦争ばかりを懸念していましたが、確かに日本が何時戦禍に巻き込まれてもおかしくない。
この映像も、遠い国での出来事と自分とは切り離して考えていましたが、
確かに自分に置き換えて考えるべき時ですね。

おぞましいです。

そこまで考えてもみませんでした。流石ですね。^^

>国の政治という大事を単なる政局遊びにし、この国を他国に売り渡すごとき行為を平気で行う政治屋や大手マスコミ・・・・


老若男女問わず日本国民一人一人が、国内だけでなく世界を見なくては
利権を追求する政治屋とマスコミに騙し続けられるでしょう。

毅然とした政治家、報道を送り出すためには、まず国民たる我々が事実を見抜く目を持たなければいけませんね。

230

初めまして
日本が勝っていたらと言いますが、その人が言う状況って日本軍が米国本土を占領するってことですよね。そんなに強かったら苦労しません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク