「つくる会」ご支援のお願い

■ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」 絶賛予約受付中!
  詳細は↓コチラ↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2615.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

main_787_690_388


『一般社団法人 新しい歴史教科書をつくる会』からのお願いです。
この件について、藤岡信勝先生がご自身のFacebookに投稿をしておいでになりますのが、私からは、少し切り口を変えて、少し詳しくみなさまにお願いをしてみたいと思います。

つくる会が結成されたのは平成8(1996)年のことです。
もう19年前になります。
そしてこの間つくる会は、単に教科書作りをする、というだけではなく、志ある大学教授らが中心となって、左翼のプロパガンタによって歪められた歴史を、深く掘り下げて検証し、その嘘を暴くとともに、戦後意図的に侵害され続けた日本人の真実の美しい姿を、再発見し続けてきました。
「日本史検定講座」への取り組みも、そのひとつですし、「授業つくりJAPAN」の取り組みもまた、そのひとつです。

今年もまた『新しい歴史教科書』(自由社)が文科省の検定に合格しました。
今回の教科書は、『虚構の「南京事件」を書かず、実在した「通州事件」を書いた唯一の歴史教科書の誕生』となります。

このことについて4月7日付け産経新聞は、「自虐史観傾向やや改善/『南京事件』1社が記述なし」という見出しで、今回、検定を受けた8社の歴史教科書のうち、自由社だけが「南京事件」を記述しなかったことを報道しました。

産経新聞は、記事のなかで南京事件を書かなかった理由について、「南京事件は中国共産党によるプロパガンダで事件自体が存在しないため」という自由社編集担当者の発言を伝えています。
実際、戦時中の実体験の記憶を持つ人達が社会の中心にいた昭和50年までは、歴史教科書においても「南京事件」を記述したものは全くありません。

また、このブログでも度々ご紹介している「通州事件」について、今回「つくる会」の教科書のみが、その事実を記述しています。


百回の嘘も、たったひとつの真実の声の前には、あえなく撃沈します。
つくる会の活動によって、左巻きに偏向し、ありもしない嘘を垂れ流していたプロパガンタ教科書も、さすがに嘘を書き続けることができなくなりつつあります。

先日も江戸時代の士農工商は、老若男女と同じ一般的職業区分にすぎなかった、とこのブログに書かせていただきましたが、おそらくはいまこれをお読みの皆様も、士農工商はインドのカースト制さながらに固定された身分制度であったと漠然と刷り込まれてきたものと思います。
(現にウチは徳川さんの直参旗本でしたが、跡継ぎとならない次男坊以下は知行地で庄屋さんのお世話になって、庄屋さんから土地を借り、そこで農業をしていました。つまり武家ですが、いまどきの教科書のいう差別された水呑み百姓をしていたわけです。けれどそんなことはごく普通にあったことです)

また、多くの教科書が「聖徳太子はいなかった」として、その存在までも教科書から抹消するという、我々からみたら暴挙としかいえないような記述の仕方をしていました。
これは「7世紀初頭の日本には、文化文明とよべるようなものは何もなく、すべての日本文化はChinaからKorea半島を経由してもたらされたものだ」という、いわば朝鮮人史観に基づくものです。
その史観によれば、7世紀の日本に、十七条憲法を起草するような卓越した指導者が日本に存在したという事実が「都合が悪い」のです。
けれど、聖徳太子の実在は、法隆寺の釈迦三尊像の碑文が、見事にこれを証明していますし、十七条憲法の「和をもって貴しとなす」は、いまでも私達日本の文化意識そのものですし、十七条憲法の「明察功過」は、その後の和歌をはじめとしたあらゆる日本文化の原点となっています。

近現代史に限らず、縄文弥生の昔から古代、中世、近世、近現代に至るまで、意図的に日本人のアイデンティティを破壊するために、嘘を書き連ねた教科書で、学ばせられる子供達こそ、哀れというべきです。

そういう不条理に対して、真正面から立ち向かい、「自虐史観」と呼ばれる教科書界にNOを叩きつけ、冷静に真実を述べ続け、実績をあげてきたのが、「つくる会」のこれまでの実績です。

ところがこうした「つくる会」の動きによって、他社の大手出版社の教科書がだいぶ修正されてきている一方で、、この度の検定では「学び舎(まなびしゃ)」という出版社が、独自の歴史教科書の検定申請してきました。
この教科書は、一度不合格となったのちに、再申請で合格しています。

この「学び舎」の教科書は、退職した小中高の社会科教師のグループが、自分たちの満足できる歴史教科書をつくろうとして制作したもので、左翼教育団体として有名な歴史教育者協議会(歴教協)のメンバーらが中心です。
簡単に言えば、「左の『つくる会』」です。

「つくる会」効果によって採択減のため廃業した日本書籍の教科書を復活させる動きです。
そしてこの教科書は、唯一「慰安婦」という言葉を記述の中に持ち込んでいます。
そして河野談話を教材として掲載し、強制連行の語も併用しています。
中学校の歴史教科書に「慰安婦」という言葉が載るのは10年ぶりの動きです。

教科書の検定基準は、いまの下村文科大臣によって、
・政府見解がある場合はそれに基づいた記述をする。
・近現代史で通説的な見解がない数字などはそのことを明示する、
などが定められています。

とりわけ慰安婦問題については、朝日新聞が「誤報」と認め、吉田清治証言の記事さえもすでに取り消しが行われているのに、いまだにこうした記述をした教科書が検定で合格しているなどとは、およそ考えられない蛮行ですが、これがいまの日本の実態です。

ところが、教科書の作成というのは、それ自体たいへんな費用のかかるものです。
図版一枚一枚にも権利金を払わなくてはならないし、執筆陣への報酬も、他の出版社とくらべて明らかに安いといえども、それなりの費用は必要です。
加えて、この教科書を広く世の中に拡散していくためには、教科書としてだけではなく、一般の図書としても普及していかなければなりません。

そんなわけで、まだまだ私達は「つくる会」を継続して支援していきたく、みなさまのご協力を呼びかける次第です。

【みんなのチカラで『新しい歴史教科書』の市販本を発行したい!!】
 https://www.makuake.com/project/tsukurukairekishi/</u>">https://www.makuake.com/project/tsukurukairekishi/

是非、みなさまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

***************
★クラウドファンディングサイトのご案内

「つくる会」ご支援のお願い

【みんなのチカラで『新しい歴史教科書』の市販本を発行したい!!】
 https://www.makuake.com/project/tsukurukairekishi/</u>">https://www.makuake.com/project/tsukurukairekishi/

<ご支援の流れ>

① makuakeへの登録をお願いします。
  makuakeトップページ:https://www.makuake.com/</u>">https://www.makuake.com/

※登録はSNSアカウント(facebook/twitter/Ameba)もしくはメールアドレスのいずれでも可能です。
※メールアドレスでの登録の場合は、メールアドレス・ユーザー名・パスワードをご自身で登録していただきます。

② makuakeに登録していただいた後に、当会へのご支援が可能となります。
支援するコースを選択していただきますようお願いします。

※お支払い方法は、クレジットカード決済・コンビニ払い・銀行振込・ネットバンク振込のいずれかを選択できます。
***************



ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
   ↓  ↓

ねずブロメルマガ


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

仮免許ドライバー

ご教示有りすぎて(涙)
初コメントします。 これまで私は、所謂[仕事人間] で家庭や社会の事は、二の次、三の次ぎでした。
しっかり(無理して)働かないと、暮らしていけなかったのです。□当時は拝金主義で、今想い出せば、恥ずかしい限りです。

正しい日本の教科書を作ろうとされた先人方に感謝します (^∧^)
 それにしても、国内世論と謂うのは恐いですね。
海部俊樹[元文部大臣]、宮澤喜一[元首相] は許せません たかが中学教科書といえど、これをバカにしたら
国が滅ぶのですね

zipangu

教科書購入させて頂きました。
通州事件が載っている教科書とは驚きです。
日本人が決して忘れてはいけない事件と思います。
他にも通化事件、占守島の戦い等日本人が本当に知るべき歴史の流れが教えられずに来ました。日本の誇りを取り戻すための活動に微力ながら応援させて頂きます。

敦子

ヘレーネ・フィッシャー(Helene FISCHER) その3
里美です。

【Deutsche Schlagersaengerinnen】 = D-POP woman-singers

ヘレーネ・フィッシャー(Helene FISCHER) その3

Helene Fischer "Farbenspiel" [Der Sammelband]
https://www.youtube.com/watch?v=6_7IM38d6VU

Helene FISCHER mit ihren wunderschoenen Gesangstuecken aus dem Album "Farbenspiel"

【注】
1. ドイツ語の聞き取りの特訓にお使い下さい。
2. バック・ミュージック(die Hintergrundmusik)にもどうぞ。
3. ヘレーネは、良い感じを出していますね。

紫陽花

正しい歴史は道徳心を肥らせる
ねず先生、本日も有難うございます。私たちが学んで来たものは一体何だったのでしょう。激戦の地で、熱帯や極寒の中で、敵は兵士だけではなかったはずの飢えや怪我や病の中で、只ひとつ誰もが日本の為=家族の為と命を懸けた人々の尊さとは、そんな人々の思い(重い)そのものであって、戦争を美化しているのではなく、そこまで彼等は日本を、家族を、この国の未来を愛し、願ってくれた事が貴く美しいのだとこの日本が我々が思わないで誰が思ってくれましょうか。
リベラル層のまことしやかな理論すり替え術に沖縄県民や道民を巻き込みつつの世論誘導にはうんざりどころか「恥知らず」と罵声を浴びせたくなるのを堪えるのに大変な毎日です。
正しい歴史を学べば、日本をもっと好きになる、そして未来永劫平和な日本が存続する。その平和を世界に輸出する事が出来たら、自然界にも世界にも平和をもたらす事が出来る、と思うのです。
平和の輸出とは日本の「道徳観」というものです。
「おもてなし」や「もったいない」も、道徳観から来るものですから、道徳観を養えば、道は綺麗になり川や山や海も、地球が綺麗になります。人々の心が澄んだら争いもなくなり、人の心は傷つかず、自然も傷つかない。
「道徳心」を養いその雛型を私たち日本人が作れれば、それを世界に輸出して人々が目覚める事が結局は時間がかかっても一番早いと思います。
その為にも正しい歴史教育が必須であり日本を愛する心、がこれからの時代とても大切なのではないでしょうか。

にこちゃん

No title
最初、新しい歴史教科書をつくる会を知った時は「まーたきち〇いが出てきたよ」と思っていました。そして南京大虐殺は無かったとか聞くと、嘘言う人がいるんだなあとも。
日の丸、君が代が普通に何も問題無かった地域で育っても、学校で使う教科書によって正しい歴史が知らされて無かったと思うと悔しいです。
韓国、中国に対して負い目みたいなものを感じていましたから、真実を知って今は心晴れやかです。
教育って本当に大切ですよね。ねずさん頑張って下さい!

えっちゃん

No title
 さっそく、支援をしました。
 応援しています。子ども達が正しい情報を得て、日本に生まれたことを誇れるようにしたいです。

愛信

【中国経済崩壊 】AIIB参加の欧米諸国脱退決定!
【中国経済崩壊 】AIIB参加の欧米諸国脱退決定!

【中国 経済崩壊 最新】
AIIB日本参加見送り!渡部陽一が投資銀行の化けの皮を剥ぐ
http://youtu.be/gMPDrTkzFfo
(動画)

【中国経済崩壊 】
AIIB参加の欧米諸国脱退決定!
http://youtu.be/MBVA0RRCBto
(動画)

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク