議員と政治家は異なる

■ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」 先行予約受付中
  詳細は↓コチラ↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2583.html
■「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
■ねずさんの百人一首動画(第二回)

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

キリシマツツジ060422a-l


実は先日、神谷宗幣さんのYoutube番組の「CGS」の収録をさせていただいたきたのですが、その中で、議員と政治家は異なるのではないか、というお話をさせていただきました。
政治家は、会社にたとえれば経営者です。
ときに民意の反対を押し切ってでも、国家国民のために、地方政治ならその地域のために働くのが政治家です。
単に利権者の走狗となって利益調整や再配分をするだけなら、それは議員であるかもしれないけれど、政治家とは言いません。

ということは、いま日本には議員はいるけれど、政治家がいないか極端に少ないということです。
これは会社でいうなら、社員はいるけれど経営者がいない状態と同じです。
ましてや、特定部門のことしかわからないような人では大企業の重役も社長も勤まらないのと同様、特定団体の利益にしか興味も関心もない人に大事な国政や地方行政など勤まるはずもありません。これではお寒い限りです。

先般の衆院選では、国想う次世代の議員が大量落選しました。
今回の統一地方選も同じです。
そこで、どうしてだろう。神々は何をお考えなのだろうと、真剣に考えてみたのです。


統一地方選挙の開票結果は、公明が1017,共産が760議席です。(下図)

201504統一地方選結果


この結果に危機感を持った人も多いかと思いますが、こうなった理由は単純です。
「低投票率」が最大の原因です。
では、「選挙に行かなければ罰則を課す」と法律で定めれば、日本は理想的な政治が可能な国になるのでしょうか。
あるいは地方政治は、本当に市民や県民のための政治になるのでしょうか。

そのようなことを、実は有権者はーつまりそれは民意ですがーすでによく知っているのではないかと思うのです。
早い話、ネットで政治に関心のある若者層がいます。
ものすごく政治に関心の高い層です。
けれど、そんな彼ら自身が、選挙に行かなかったりしています。
なぜなのでしょうか。

つまり、低投票率であること、若者の選挙離れ、その原因を辿って行くと、すでに民意は、完全に政治を見切っている。もっというなら見捨てている。
いまの政治の枠組みで、どの議員に投票しても、実は日本は何も変わらない。
そのことを有権者が、すでに知っているということなのかもしれません。

真実の民意というのは、これは百人一首の中にも出てきますが、要するにこれが御神意というものです。
つまり日本の八百万の神々、いいかえれば民意は、すでに議会などというものの存在を完全に見限っている、ということなのかもしれません。

考えてみますと、確かにそうなのです。
日清戦争が始まる前、時の総理の山県有朋は、清國や欧米列強の脅威に対し、国家予算の7割を軍事費に回す予算を組み、議会に提示しました。
議会は猛反発しました。
「そんなカネがあるなら、民生に回すべき!」
それが国会の答えでした。

その結果何が起こったのか。
日本は清國に見くびられ、徴発され、結果日本は、日清戦争を戦わざるをえない羽目になりました。
そしてこの戦争で、多くの若くて優秀な国民の命が失われたのです。

大東亜戦争も同じです。
陛下も、当時の陸軍省も海軍省も、何が何でも戦争は回避すべきと、そのために必死の努力を積み重ねているときに、当時の国会はどうであったか。
これは全記録に残っているので明白なことでありながら、戦後はまったく伏せられっぱなしになっていることだけれど、与野党のほぼ全部の議員は、当時メディアと一緒になって、無責任に、
「鬼畜米英断固打つべし!」
「進め一億火の玉だ!」とやっていたのです。

冗談じゃないです。
国民の生命と財産の安全を守り、やすらけき世を保持し育むのが政治の役割です。
その政治を担うはずの議員が、欲にかまけ、率先して平和を蝕み、日本を戦争へと導き、多くの国民の命を失わせているのです。
そのどこがどう政治家なのでしょうか。
つまり彼らは議員であっても、政治家ではない。

振り返ってみますと日本人は、飛鳥、奈良、平安の500年、江戸時代の270年、それどころか縄文期に至っては、なんと1万7000年の長きに渡って、戦乱のない平和で安定した世の中を築いてきたのです。
そしてそのいずれの時代においても、議会などという存在はありませんでした。

つまり、議会がなくても政治は可能なのです。
天皇という権威のもとに、すべての領土領民が、天皇の大御宝とされる。
政治を行う者は、常にその天皇の領土領民を「預かる」立場にある。

「氏名」といいますが、その「氏」、つまり苗字は、7世紀の公地公民制のときに、すべての民に与えられたものです。
だから「百姓」と言います。
「百」というのは、文武百官という言葉があるように、「たくさんの」という意味です。
ですから、江戸時代などにおいても、よく百姓一揆がありましたが、このときの一揆側の言い分というのは、
「俺達は天子様(天皇)から姓を授かった天下の皇民である。木っ端役人何するものぞ!」
というものです。

最近では、「百姓」は差別用語だとか馬鹿なことを言い出すバカ丸出しの在日系のアホ学者がおかしな捏造日本史を書いていますが、実にとんでもないことで、そもそも階級闘争などという概念自体、19世紀の共産主義思想からきているものです。
それ以前の時代である江戸時代に、そもそも階級闘争などという観念自体が日本には存在しません。
いやむしろ、「オラたちは天下の百姓だ」という気概と誇りを持っていたのが日本人です。

そういう日本の歴史伝統文化に即してみれば、欧米で生まれ、絶対的王権による領土領民の私有化に対して民衆が権利を主張することでできあがった議会制民主主義などというものさえも、きわめて前近代的で過渡期的な下田面の概念でしかないのです。

何よりも民の暮らしの安寧を願うなら、国政においても、地方政治においても、その要諦は、民衆こそが天下の宝物であるとすること以外にはありえません。
そしてそういう社会を、きわめて誠実に築いてきたのが、実は日本という国の、本来のカタチです。

そしてこういう視点から、現下の低投票率や、議員という存在の体たらくをみたとき、まさに御神意は、すでに議会という仕組みそのものに対して、明確にNOを叩きつけているといえるのではないかと思えてくるのです。

せっかく投票日に誠実に投票に行ってくださった皆様の前で、こんなことを言い出しますと、気を悪くされる方もおいでになるかもしれません。
けれど、私達の子や孫達が、本当に素晴らしい国、日本の民として、安心して安全に暮らしていけるようにすることが、私達大人の使命だとするならば、私達はいま、議会という存在が果たして必要なのか、政治とは、政治家とは、そもそも何なのか、もう一度考えなおしてみる必要があるのではないでしょうか。

こんなことを言い出すのは、たぶん、今は、私一人かもしれません。
けれど、あと4〜5年したら、そう言い出す人はもっとずっと増えてくると思います。
いま、私達は新しい歴史のはじまりにいます。

ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
   ↓  ↓

ねずブロメルマガ


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

◆『ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」』
 ↓絶賛発売中↓
http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi

ねずさんの百人一首予告CM動画(118秒)




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

渡辺

今が、日本の転換点である事は間違いないと思います。この混乱の原因は、過去に見つけることができるのですね。百人一首が生まれた時代・掘り起こされ見直される時代。日本史の中で日本は何度も体制を交替させてきましたが、その背景では必ず外国による刺激(圧力)が原因となっています。『日宋貿易』を行った平氏は源氏に倒され、元寇により鎌倉幕府破綻、『日明貿易』を行った足利幕府は応仁の乱から戦国時代へ、スペイン・ポルトガル(イエズス会)を受け入れながら牽制した織田信長は日本統一目前に討たれ、徳川家康はキリスト教を禁じた上貿易も制限し長期の平和を維持するがロシアやアメリカの武力外交(強盗の強迫)により明治維新を経て明治政府へ。『日清戦争』で満州権益でアメリカに(理不尽な)恨みを買い、『南京事件』(1913年)から邦人被害を受け続け『日華事変』へ(アメリカ・ドイツは中国に軍事支援)。対米開戦・降服・占領から現在に至ります。
過去、世の中に長期混乱を招いた時代は『中国』とのルートを解放した時代と言えないでしょうか。戦前からは中国とさらに朝鮮にまで解放してしまいましたし、あまつさえ併合などという暴挙まで行ってしまいました。当時の日本の『万国万民平等』という理想は諸刃の剣で、性急に行えば我が身を滅ぼすという教訓だったのではないかと思います。なぜなら略奪を是とする民族(つまり日本から見れば中朝韓)にとっては、理想を持った平和主義者はいいカモでしかなかったからです。
正しい歴史を色々な角度から学ぶことで、間違いのない正しい未来像が結像するのだと思います。

川内時男

日本型の民主主義機構の創設を・・・
和を貴ぶ我が国に、闘争と駆け引きで政治を進める欧米型民主主義機構を持ち込んだ姿は、さしずめ鳩にハゲタカの骨格を埋め込んだようなものです。醜くいばかりか、正しく機能するはずがありません。今こそ日本型民主主義機構を創設する時です。日本型民主主義機構創設論をお読み下さい。そして拡散をお願いします。http://blogs.yahoo.co.jp/kaicho71369

natural9

No title
議会が悪いのではなく国民が変わらなければ、議会をなくしたところで何も変わらないと思います。今のままの低投票率で議会が無くなるとは到底思えません。
国民の意識が高くならないと考えられないと思います。

国民が真の歴史認識を持ち、日本国に誇りを持ち、胸を張って生きていけるようになれば自ずとある程度解決される事は多いのではないでしょうか?

ダイエットコーク

万機公論に発すべし
ひと口に議会と言っても、中共や北鮮の名ばかり議会は論外ですが、欧米でも国王の諮問機関から発展したものと、利害関係者が集まって調整する場から発展したものでは議会文化や運営の基本が違うのではないかと思います。

戦前の帝国議会はドイツ流を手本に設置され、イギリス流に倣って発展してきたところがありますが、戦後にアメリカ流の価値観がなだれ込んできて、「議会とはなんぞや」が分からなくなってしまっているように思います。

小学生だか中学生だかのころ、「国会議員は地方の代表ではない、国民の代表だ」と教えられましたがが、さっぱり分かりませんでした。選挙区で選ばれているのだから「その代表だ」というなら分かります。それが違うのというのです。分からなくて当然です。たぶん、教えている側も分かっていなかったと思います。

これが「国会議員は天皇を輔弼する」というなら分かります。天皇は日本国全体の事を思っているのですから、天皇の輔弼者が日本国全体のことを考えるのは至極まっとうです。それを選出するのに便宜的に選挙区があるというのも理屈上は納得できます。

日本という国が地方の集合体なら、地方の代表者が集まった議会が必要です。この場合の議員は地方、あるいは団体や集団の代表者であって、国会は異なる意見をぶつけ合う場所となります。論敵は、貶め、罵ってでも打倒し、持論を通さなければ、「議員失格」です。

「日本の議会」はどんなものだったのか、日本語で言う「話し合う」とはどういうものなのか、そもそも「日本という国のかたち」がどんなものなのか、国民も議員も分からなくなっているのです。

敦子

新藤氏とスノーデン氏の握手のシーンについての欧州各国公共放送の反応
里美です。

日本国首相安倍真三氏が平成27年4月29日午前(米国ワシントン時間。日本時間では平成27年4月30日未明)に米国議会上下両院合同会議で行った演説の際の前総務大臣新藤義孝氏(大日本帝国陸軍大将栗林忠道の孫)とローレンス・スノーデン氏(元米国海兵隊中将)の握手のシーンについての欧州各国公共放送の反応:

◎ドイツARD: キャスターは、言葉に詰まり、涙を抑えるために目頭を数秒間抑えました。
◎ドイツZDF: キャスターは全員、言葉を失い、涙が出そうになりました。
◎オーストリア(欧州)ORF: キャスターは数秒間、黙祷しました。
◎デンマークDR: 丁重に映像を配信した。
◎ノルウェーNRK: 丁重に映像を配信しました。

名無し座

No title
将来投票所というものは無くなり、
スマートフォンとかPCから投票が可能になることでしょう。
そうすればどこからでも投票できて感心も投票率も上がる。
悪く言えばニコニコチャンネルみたいになるでしょう。
能力が無い、悪い事をした議員はリアルタイムに過去の悪事が
テロップで下に表示され、低い獲得票を見ることになるでしょう。

今は学会縁故者とかの妨害でえらい目に遭わされていますが。

近い未来には生体認証暗号、マイナンバー暗号を元に
投票したい人を選ぶだけになりそうですね。
この大事な選挙プロセスに一切の干渉をされないようにしないと!

そうなる前に大掃除が必要です。
この国に仇をなす輩に日本国籍を与えるわけにはいかない。
選挙権と被選挙権を与えるわけにはいかない。
選挙開票のプロセスにタッチさせるわけにはいけない。

真実を知り、善良なる心を持った大御宝のみに
日本国籍と選挙権を与えれば良いのです。

とおりすがり

日本語は素晴らしい
≪漢文が何故ダメなのかというと、過去・現在・未来が明確ではないのです。アバウトなのです。中国語「我爱你。(ウオーアイニー)」「私は愛します貴方を」では、「愛していたのか」「今も愛しているのか」「未来も続けて愛しているのか」という表現は、漢字ではできないのです。
 すべて「ウオーアイニー」です。いつの話でしょう。「貴方を愛しているというのは、今なの?」「過去なの?」「未来なの?」それが表現できないのです。
 日本は「ひらがな」を入れて「私は貴方を愛していました」とか、「今も愛しています」とか、「愛します」というように、ひらがなで変化できるのでずっと優れているのです。そのように漢字という文化を取り入れたのです。≫
http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12020752821.html

愛信

No title

平成27年4月29日(現地時間)、安倍総理は、米国連邦議会上下両院合同会議で演説を行いました。
米国連邦議会上下両院合同会議演説-平成27年4月29日(現地時間)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11689.html

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

-

No title
一人じゃありませんよ。日本人を見くびらないで下さい。
時を待っている一人として・・・

硫黄島

こんにちは
安心して下さい。ねずさんだけではありません。

私も2年以上前から「大政奉還」が必要と考えていますし、以前、こちらのコメントに書き込んだこともあります。

大政奉還を目指して頑張ろう! 天皇陛下万歳!

えっちゃん

No title
今日もありがとうございます。
大東亜戦争前の国会の情勢を、始めて知りました。
軍部の暴走の結果のように理解していました。
政治家と議員の違いも勉強になりました。

junn

No title
特亜の代理人橋下徹・維新の党の正体02
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-12020683012.html

国籍離脱証明書が不備という事で帰化取り消し、なんて、適当にやられたらたまりませんね
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2015/04/post-bcdf.html

効果がないどころか超有害! ワクチンの罠
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1830719.html

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク