軍艦島と第一種住居専用区域



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

軍艦島(みるからに軍艦です)
軍艦島01


軍艦島を世界遺産にしようという動きがあるのだそうです。
軍艦島の正式な名称は「端島(はしま)」といいます。
長崎県長崎市にある島で、かつては海底炭鉱で栄えた島でした。
当時は、島の人口密度が83,600人/km2です。これは文句なしに世界一でした。

しかもこの島、まだ木造住宅ばかりだった(戦前どころか)大正時代に、日本で最初の高層マンションが建設されています。
建物の屋上には庭園と幼稚園、島の端には同じく高層住宅式の小学校や、近代的体育館などが築かれていました。
掛け値なしに世界最高の豪華アイランドだったのです。
そしてその外観が、日本海軍の戦艦「土佐」に似ていることから、「軍艦島」と呼ばれ、親しまれていました。

ねずさん百人一首動画第5回(百人一首の歴史)

島の大きさは、南北に約480メートル、東西に約160メートルです。
ほぼ長方形で、島の面積はわずか6.3ヘクタールです。
島を一周したときの海岸線の全長が約1200メートルといいますから、都会なら1ブロック程度の広さです。

その小さな島に、最盛期には、なんと5,267人の人が暮らしていました。
島には、ビルの屋上を利用した緑化庭園や幼稚園、鉄筋コンクリート7階建ての小中学校、スーパー、映画館、料理屋、飲食店、娯楽場、病院などまで作られていました。

なかでも大正5年に建築された鉄筋コンクリートの高層集合住宅は、まだ日本の建築物が木造だった時代に登場したもので、この建物は「日本初の高級高層マンション」です。
つまり日本の近代建築史上、特筆に値する重要な文化的遺構です。

なぜ、この島にこれだけの人が暮らしていたかというと、実はここに海底炭鉱があったからです。
この時代、石炭は、国家の資源エネルギーの中心でした。
石炭産業は国の柱だったのです。

軍艦島の海底炭鉱
軍艦島坑道

軍艦島の坑道
軍艦島の海底炭鉱


資源エネルギーの中心が石炭から石油に代わり、昭和49(1974)年に炭鉱は閉山となりました。
そして端島は無人島になりました。

軍艦島02


廃坑になったかつての石炭鉱山は、日本中、いろいろなところにあります。
しかし端島が、他の鉱山と決定的に違うのは、そこにある住居跡が、昭和49(1974)年4月20日で、時間がぴったりと止まっているという点です。

島には、当時の生活の様子が、そのまま残されています。
人々は、いつかは島に帰ってくる日も来るだろうと、部屋も家財もそのままにこの島を後にしました。
そして、島はそのときのままの状態で、41年間、放置されたのです。

軍艦島03


建物は、長い時間の経過とともに風化し、窓は破れ、木造の住居は崩れ、家財や什器は錆びて崩壊しました。

廃校の崩れた鍵盤
軍艦島04


冒頭に述べましたように、いま軍艦島を世界遺産に、という動きがあります。
もちろん、それには賛成です。
ただ、ひとつ考えなければならないことがあると思うのです。

たとえばニューヨークには、有名なスラム街のサウスブロンクスがあります。
ここは古い町並みで、もともとは高級住宅街、オフィス街だったところです。
けれど、建物が老朽化し、また居住者たちが高齢化し、死去すると、その空いた建物に、貧しい黒人たちが住み始めました。
そしていつしか、ここはまったくのスラム街となってしまいました。
お金持ちの白人たちは、老朽化した町を「町ごと」捨て、新しい土地に引っ越してしまったのです。

大陸は、土地が広大ですから、それもある程度可能なことでしょう。
けれど日本は、狭い国土の国です。
その狭い国土で、たとえば第一種住居専用区域に指定され、昭和50〜60年代に新たに開発されて後宮一戸建て住宅が立ち並んだ地域は、そもそも建物の耐久年数が25年〜30年しかないために建物は老朽化し、息子や娘たちは成長し、結婚して家を離れ、いまででは、古びた建物に、老人夫婦だけが住んでいるという状況になっています。

あと50年したら、おそらくいまこうしたかつての第一種住居専用区域に住んでいる人は、おそらく誰も生きていないことでしょう。
そして古びた住宅に、息子さんや娘さんたちが、舞い戻ってくることも、おそらくはないことでしょう。

つまり、あと50年したら、いま第一種住居専用区域とされているところ、その名のついた住宅地は全国にありますけれど、そこは軍艦島にも似た廃墟になってしまいかねないのです。
つまり軍艦島の問題は、ただ長崎市の端島の問題ではなくて、実は日本全国のかつて昭和50年代60年代に開発された住宅地域に共通する問題なのです。
いったいこの先、日本の宅地はどうなってしまうのでしょうか。

軍艦島の建物は鉄筋コンクリートのマンション建築です。
そしてそのマンションのいまの姿は、もしかすると、50年後100年後の日本のいまの高級マンション街の姿になってしまいかねないのです。

こうした土地や建物をいま、ChineseやKoreanが買い漁っているという話もあります。
するとそこは50年後、ニューヨークのサウスブロンクスのようなスラム街になるのでしょうか。
言葉も通じず、暴力と恐怖が支配する外国人街。
そのようなものができることを、日本人は望んでいるのでしょうか。
そんなことで日本の治安は保たれるのでしょうか。

先ほども書きましたように、軍艦島を世界遺産に、それそれでおおいに結構な話です。
けれど、ただ「世界遺産にしたい」、「韓国がそれについて文句を言っている」、そこも大事な争点、問題点かもしれないけれど、この問題は、いまの日本にとって、全国の現状における高齢化が進んだ宅地すべてが、未来の軍艦島になりかねないという、重大な問題提起を私達に投げかけているのです。

いささか突飛に思われるかもしれませんが、私は、日本は法で保証された家屋や土地などへの私有権(所有権)をいったん陛下にすべてお返しする必要があるのではないかと思っています。
土地や建物の所有権は、すべて陛下にお返しする。
英国が、そのカタチです。
英国のすべての領土は英国王のものであり、人々は「使用権」を持っているだけ、というカタチになっています。
日本もそれで良いのではないかと思います。

なぜ良いと考えるかといえば、人には寿命があるからです。
けれど国家には、寿命はありません。
ならば、国家最高の権威である天皇に、すべての私権をお返しする。
そうすることで、土地の高度利用も、あらためて可能になるからです。

もう一度、公地公民制を回復する。
そして政治の大権も、大政奉還する。

いろいろとご意見はあろうかと思いますが、私は、それが日本にサウスブロンクスを作らない、日本中に軍艦島を作らないための唯一の道であると思っています。


※この記事は2010年4月の記事をリニューアルしたものです。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html

Hashima (Gunkanjima), Japan 2002 part 1




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

たか

No title
いつも拝見させていただいております。
おっしゃられる通りだと思います。

現在の鉄筋コンクリート造りが優れているという風潮には疑問を感じてしまいます。
法隆寺を始めとする日本古来の建築法でご先祖が築いてこられた建物は何百年と当たり前のように立っております。
これには愛情のこもった手入れが欠かせませんが、物を長く使う工夫というのは日本が世界に誇る文化です。
では、鉄筋コンクリートの高層マンションが数百年年たった後も残っているでしょうか?
バブルの時建てられた建物は今限界が来ているといわれています。
今が見直される時では無いでしょうか。
確かに日本古来の工法は手間と時間がかかります。
しかしこれによって衰退した林業、荒れた山を守ることにつながるのです。
大事なのは先を見る大きな目を持つことです。
効率を求めていった結果がいまの、ものづくりだと思います

プロパティボックス

世にも稀なるニッポンの土地所有権
今月26日から「空き家対策特措法」が完全施行となります。集合住宅は空き部屋ばかりでも建物には管理者がいますが、一戸建ての空き家は管理者がいないために所有者が放置すると、倒壊や火災の危険を招いたり、治安や景観に関する問題を発生させるといったことがあります。こうした「特定空家等」に対して、同法の施行によって行政が放置家屋を解体、撤去する「行政代執行」が可能になります。

こうした問題にこのような特別の立法処置が必要なのは、日本では私的所有権は絶対であり、代執行や強制収用などは例外的に適用されるものと考えられているからです。しかし諸外国では、土地は公共性の高い希少な社会資本であることから「価値ある不動産を使わせない自由」なんてものを認めていません。英国では土地は理念的には国王のものであり、重層的な権利関係の中で個人が土地や建物に好き勝手に手を加えたり、処分したりできません。フランスには自治体などに強力な土地収用権が認められており、空港や道路のみならず、図書館を建てる場合でさえ強制収用があり得ます。アジアでは外国人の自由な土地購入を認めている国は少数派です。

そもそも近代的な私的所有権は、フランス革命でブルジョアたちが王侯貴族や教会から受けていた封建的な被支配の状態を打破して自らを独立した身分とするために、個人の財産権(とりわけ土地所有権)を「絶対不可侵」としたことに始まります。フランス人権宣言(1789年)の「所有権絶対の原則」がこれです。その結果、公的要請からくる用地取得においても土地所有者との交渉が必要となり、公共の福祉が特定個人の意志に左右されるという弊害を生むことになりました。そこで公権力が必要な用地を正当な対価で強制的に買い上げることを可能とする制度が作られました。

フランスから少し遅れて近代化に踏み出したドイツも私的所有権の確立を基礎に改革が行われましたが、やはり各種の矛盾が表面化したため、是正が図られました。当初は強制売買の制度でしたが、続いて公権力に私的土地所有権を剥奪する権限を付与し、同時に再開発などの事業者が補償金の支払うことで土地所有権が発生する制度を導入します。強制土地収用です。さらにワイマール憲法(1919年)では「所有権は義務を伴う」と定められました。

日本で土地の私的所有権が確立するのは、明治初年の地租改正を通じてです。これは近代的市民社会を作るためではなく、地租を払ってくれる納税者を確定するためでした。国公有地の取得については当初はフランス式の強制売買方式を導入しましたが、明治22年(同33年に新法)の土地収用法(旧)はドイツの法理を基礎にしています。明治憲法(明治23年)では「土地所有権は国権の下位にある」と規定されています。

地租改正によって作り出された地主は、庄屋・名主からの転身した者が多かったようですが、江戸時代の年貢と違って地租は現金による納入だったため、現金化手段を持たない者には土地を手放す者もおり、売りに出された土地を購入して新規に地主になった者もいました。地主は納税者なので政治的発言力があり、自由民権運動の担い手でした。帝国議会の衆議院も初期は納税額に基づく制限選挙でしたが、有権者の中心は地主でした。

この地主層はGHQの指示を受けて行われた農地解放によって解体されます。昭和21年10月に成立した農地改革法に基づいて、政府は地主から農地を強制的に安値で買い上げ、小作人に分配しました。地主の財産権はあまり考慮されなかったようです。

米国には、土地に対して絶対的・排他的な私的所有権という考え方はありません。具体的な規定は州によって異なりますが、土地は個人の財産である前に国土の一部であって、土地課税権、警察権、優越的領有権、国家帰属権などの各種統制の下に置かれ、土地所有には義務が伴うと看做されています。GHQが昭和21年に日本政府に提示した「マッカーサー草案」には、「財産ヲ所有スル者ハ義務ヲ負フ其ノ使用ハ公共ノ利益ノ為タルヘシ国家ハ公正ナル補償ヲ払ヒテ私有財産ヲ公共ノ利益ノ為ニ収用スルコトヲ得」(第29条)という条文がありました。

同じ草案には、「土地及一切ノ天然資源ノ究極的所有権ハ人民ノ集団的代表者トシテノ国家ニ帰属ス国家ハ土地又ハ其ノ他ノ天然資源ヲ其ノ保存、開発、利用又ハ管理ヲ確保又ハ改善スル為ニ公正ナル補償ヲ払ヒテ収用スルコトヲ得」(第28条)という条文もありましたが、日本側はソ連型の国土国有化を招くことを恐れて断固反対しています。

その結果、現行憲法では「財産権は、これを侵してはならない」(第29条)と規定したうえで、同条第2項で「財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める」、第3項で「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる」と公共の福祉が例外的制限規定であるかのような書き方になっています。

20世紀半ばといえば、フランスやドイツでさえ土地収用を強化して公権力が土地を取得しやすくするなど、土地の公共性重視の政策を進めた時代でしたが、ひとり日本だけは私権優先の方向に全力疾走したのでした。農地解放も教科書的には「成功」ということになっていますが、大地主が小地主に変わっただけだったのかもしれません。

日本中で空き家が増えているのも、古いマンションのスラム化が懸念されているのも、シャッター商店街と耕作放棄地が各地に広がっているのも、不動産開発業者が地域住民と頻繁に揉めることになるのも、バブルになると地上げ屋が横行するのも、成田空港B滑走路がいつまでたっても延長できないのも、沖縄で一坪運動が行われているのも、山林や水源地が外国人に買われると心配しなければならないのも、すべて日本人が「土地所有者の言うのとはぜったーい」と思っているからです。

犬神スケキヨ

拝見いたしました。
ご指摘の通りと感じました。確かに私権には限界もありますね。一旦朝廷にお返しする発想はありませんでした。古事記に纏わる日本の本来の統治を考えれば私事を真っ先にお捨てになられる御存在にお返しするのは理にかなってますね。我々は私事に塗れ本来の日本、日本人としての生き方を忘れています。
確かに使用権だけでも良いかもわかりませんね。それならば超法規的事態にも即座に対応も出来ますね。

ねむやん

炭鉱労働者といえば低賃金のスラム住人にピッタリなイメージがありますが、この軍艦島では当てはまらないですね。先進的な住人という感じがします。

それはそうと、承認待ちのコメントも見たいです。他人の異論を見ることで自分の技術を高められます。

No title
今から4年ほど前、軍艦島へ『上陸』しました。
コンクリート製の高層アパートが、防波堤を兼ねた設計になっていたそうです。
そして、島民の所得も高く、高額の為長崎であまり売れないカラーテレビが、端島では飛ぶように売れたそうです。
そんな話を、ふと思い出しました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク