わけのわからない民主党法案

おそらく記事を書いた記者の意図と、読み手の自分との感じ方がまるで違う、ひとつの例だと思う。

2008年11月24日02時33分 / 提供:毎日新聞
[民主党]経済対策法案を提出へ 麻生政権揺さぶる狙い

この記事は、【渡辺創】と記者の署名があって、その点は非常に堂々としている。

<引用>----------------------------------------
民主党は23日、麻生太郎首相が08年度第2次補正予算案の今国会提出を見送ったことを受け、中小企業対策を中心とする経済金融対策関連法案を参院に提出する方針を固めた。
経済対策重視の姿勢を示すとともに、「政局より政策」としながら、補正予算案を先送りする麻生政権を揺さぶる狙いがある。
------------------------------------------------

ここまではOK。
次からが問題である。


<引用>---------------------------------------
提出するのは、
▽中小企業に対する融資条件の公開を金融機関に義務付け、中小企業に資金が回るようにする「地域金融円滑化法案」
▽独占禁止法を改正し、大企業による下請け企業への一方的なコスト引き下げ要求などを抑止する通称「中小企業いじめ防止法案」
――の2法案が柱。既に同党の「次の内閣」会議で了承されており、これらを軸に関連法案としてとりまとめ、国会情勢を見て提出時期を判断する。
----------------------------------------------

ねずきちは、いまの自民党万歳というつもりは毛頭ないです。
あえて泥棒を居間にあげるがごとき国籍法の改悪や、信念を貫いた田母神氏への浜田防衛大臣の、敵陣に突入する味方の後ろから弾を撃つがごとき卑怯な対応、身内の中山氏を守ろうとしなかった弱腰等々、直近の自民党のていたらくには失望を禁じ得ない。
だからこそ、かなり前になるけれど、自民を割って新進党を作った時や、現下の二大政党制に対してもある程度の期待もした。2大政党が政権交代を行うことにより、政治に緊張感が生まれるのだという当時の考えを支持もしました。

いまの民主党の「次の内閣」にも、正直、それなりの期待があるのです。

しかし、この2法案はなんですか? まるで責任政党の見解と思えない。

中小企業に対する融資条件の公開を金融機関に義務付け、中小企業に資金が回るようにする「地域金融円滑化法案」・・・・

この時節、中小企業はどこも資金繰りに困っているし、カネを借りたくても、すでに枠はいっぱい。資金繰りの目途も立たず、やむなく派遣社員の首を切ったり、冬のボーナスをカットしたり、ものすごく悲惨な状況があるのは、誰もがご存知の通りです。カネを貸してくれるなら、どこでもいいから借りたい。多くの経営者にとっての正直な思いです。

しかし、金融機関に融資条件の開示を義務付けるというのは、どういうことか?
一定の条件さえ満たしていれば、必ず融資をしてもらえる・・・それをやったのが新東京銀行であり、そのために新東京銀行は経営が破たんに瀕している。
うわべだけの条件を取り揃え、カネを借りれるだけ借りて、会社がドロン・・・そんんな融資案件が次々と出たからです。(外国人犯罪組織に狙い撃ちにされたという説もある)。

金融機関にしても民間だから、融資条件が事前開示制となり、一定の融資条件を備えた案件には必ず融資を行わなくてはならないとなったら、彼らは貸し倒れの危険を防ぐために、どうしてもハードルの高い、総花的な融資条件しか開示できなくなる。
その条件に見合った案件しか融資しないとなったら、これまで、個人の担当者や銀行の支店長が、腹をかけて融資実行してくれていたような水際融資などは、まるでなくなってしまう。

そもそも日本の金融機関がダメになったのは、護送船団方式に埋もれて、画一的な安全融資しかしていなかったこと、そういう体質しかないところへバブルが起き、不動さんさえあれば、なんでもかんでもカネを出した・・・という、本来の「人が人に貸す」という金融の本旨を忘れた営業体質に問題があったと言われています。

ただでさえ、日本の金融機関が青息吐息となっているところに、この「地域金融円滑化法案」は、首吊り人の足をひっぱるがごとき法案としかいいようがない。

どこの会社もカネはのどから手が出るほど欲しいけど、だからといって一時しのぎの人気取りのために、こうした無責任法案を出すという民主党の姿勢には、疑問を感じざるをえない。

自民が腐ってる。そんなことは日本人全員が知っていることで、だからこそ、次の内閣を標榜するなら、ただの人気取り無責任法案をひけらかすのではなく、責任ある政治を提唱してもらいたいと思う。
日本人はバカじゃない。腐っているものと、正しいものがあれば、人々の応援はほっといても正しい者に集まる。どうしてこの時期、政権を獲ろうとする民主党が、こんな無責任なことをしようとするのか、まるで理解に苦しんでしまうのです。

もうひとつの、「中小企業いじめ防止法案」・・・
大企業による下請け企業への一方的なコスト引き下げ要求などを抑止する・・・
円高圧力によって、ただでさえ輸出が厳しい中で、各種原材料の値上げが起こり、しかもその材料費の高騰を製品価格に転嫁できない。
そうした中で、企業はどこもかしこも必死の努力でコストダウンを図ってきています。大手によるコスト引き下げ要求は、そうした時代の流れの中で必然的に出てきた事柄であり、これをやってきたから、日本企業が存在している。
もし、国内企業に対して、これ以上のコスト引き下げ要求ができなくなったら、企業はどうするか。こうなったら、生産拠点をそういう政治的圧力のない海外に移転しようという動きになるのは当然で、これは日本国内の産業を空洞化し、国内就労環境を悪化させ、日本の消費経済さえも根底から破壊するという結果を招くことになる。
少し考えれば、誰にでもわかることです。
そんなもの、責任政党を標榜する者が、主張すべきことなのか。
国内産業の空洞化がさらに著しくなり、さらに「地域金融円滑化法案」によって金融が不良債権の山となり、疲弊したら、この国は根底から破壊されることになる。


記事はさらに続きます。。。

<引用>---------------------------------------
これに関連し、民主党の小沢一郎代表は23日、NHKの報道番組で、
「(首相の経済対策優先の姿勢は)選挙を先送りする口実でしかなかったことになる。
中小零細企業にとって年末が一番の危機なのに、全く無責任だ」と批判し、
「私たち自身の経済金融対策の法案を延長国会に出そうと検討している」と語った。
----------------------------------------------

ここへきて、ガソリン価格に多少の落ち着きが見られるようになりましたが、ついこの間まで、高速道路から普通車両が消えるくらい、クルマが減りました。
物流コストがあがり、その値上がったコストをどこの会社も価格転嫁できず、この時期に破産に至った中小零細の運送屋さんも多い。(ウチの取引先もつぶれました><;)
小沢さんは、選挙選挙っていうけれど、「年末が一番の危険なのに」って言うなら、どうして選挙が優先になるのか、さっぱりわかりません。
年末の厳しい状況を考えたなら、いまはむしろ挙国一致で、歳末対策をすすめ、しかる後に選挙を行うというのが、ほんとうに国政に責任を持つ者の言うべき発言じゃないかと思うのです。


さらに記事は続きます。。。

<引用>---------------------------------------
また小沢氏は同番組で、「年末にかけて失業、倒産がどんどん増え、麻生さんがいくら延命を図っても逃げおおせる状況じゃなくなる」と述べ、首相が年末にも衆院を解散せざるを得ない事態に追い込まれるとの見方を示した。
-----------------------------------------------

正直言って、やめてくれ~~、と言いたいです。
いまの日本は、はっきり言って、選挙なんかやっているような状態じゃない。
議員さんにしたって、落選する危険のある賭けに精を出すよりも、いまは、一丸となって、しゃにむに日本経済の危機を救うための努力をしてもらいたい。
そう思うのは、ボクだけでしょうか。

繰り返しますが、こないだも民主党の政策が「わからない」と書いたけれど (民主党への3つの疑問)、別に民主党が嫌いとか好きとか、そういう議論をするつもりは、毛頭ないし、自民が腐っているという意見も充分理解している。

幸か不幸か、とにかく小選挙区制になってしまっているのは事実なのだし、ひとつの選挙区で、ひとりの政治家しか選ばれないという制度になっているのも事実なのだから、そのなかで、ねずきちはまさに「責任ある政治」の実現を、強く、強く望んでいるのです。

ねずきちは、それなりの責任政治をやってくれるなら、民主党政権だっていいと思っている。しかし、あまりにも解散が先、経済対策後の民主党の露骨な姿勢や、財源の不明なばらまき経済対策、政治より政局を優先する態度、今回の日本経済を破壊するとしか思えない2つの法案と、これではやっていることは、かつての日本●産党となんら変わらない。

解散、総選挙優先とかいうけれど、いまだって参院では民主党議席が多いのだし、ほんとうにみんなのためになる政策・法案なら自民の中にだって賛成する議員が出てくる。ただでさえ疲弊した日本で、どうして、歳末の中小企業にとってまさに寒風吹きすさぶこの時期に「選挙」なのか。
応援する側にしてみても、選挙となれば、友人に投票を頼んだり、選挙事務所に顔を出したり、立会演説会の応援に行ったり、それなりの負担がある。
歳末、生きるか死ぬかの瀬戸際に苦しむ中小企業を前にして、わけのわからないただの人気取りとしか思えない法案をふりかざし、口をひらけば選挙、選挙。。。

いい加減にしてもらいたい。。。と思うのです。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

小沢一郎敗訴
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>田丸さんコメントありがとうございます。
小沢さんも、麻生さんも、ほんとうにしっかりしてほしいと思いますね。
政党内部でもいろいろな意見はあるのでしょうが、
いちどリーダーを決めたのなら、そのリーダーをちゃんと盛り立てていくという姿勢が必要なのではないかと、強く思います。
そうでなければ、リーダー自身が、ちゃんとした政治運営ができない。

>風顛老人爺さんコメントありがとうございます。
動画拝見しました。
ボクもメールを打たせていただきましたよ^^

>弧愁庵人さんコメントありがとうございます。
めずらしく長文!(笑)
(-_-;ウーン、細かなことじゃないですよ?
この2つの法案をもって麻生政権に戦いを挑むというのですから、重要法案です。
それがちょっと納得できるものではない。
自民がいいか、民主がいいかという議論は、するつもりはありません。
ただ責任与党を目指すなら、もっと小沢さんらしく、ほんとうに国民のためになる法案を出してもらいたいと思うのです。

>たかぽんさんコメントありがとうございます。
「政治家にとって、選挙は国政よりも大事。 政策はおまけ」というのは、「そういう風に見える」のではなくて、実際にそうなのだと思います。
どんな立派な政策を述べ行動しても、選挙に落ちたら、ただの無職渡世人です。彼らに身分の保障はない。
だからこそ、選挙民自身が、もっと国を、選挙を大切にする風土が必要と思うのです。

>何だかなぁさんコメントありがとうございます。
なるほどです。
(⌒▽⌒)アハハ!
書き始めと、途中からの議論の展開が別なものになっちゃいました。
たしかにわかりにくいですね。
自民案と民主案の比較記事にしようかとも思ったのですが、そうなると、よけいに贔屓に見えてしまうような気がして、この記事では民主案に絞らせていただきました。

>うわばみさんコメントありがとうございます。
大連立は、ぼくも、ありだと思っています。

>弧愁庵人さんコメントありがとうございます。
弧愁庵人さんのおっしゃる通り、カネを出すなら外交カードとして遣え!
それはそのとおりと思います。
魏の曹操は、和平交渉の使者を呉に送ると同時に、80万の大軍を赤壁に展開した。
言うことを聞かなければ、攻め滅ぼすぞ!
硬軟両方を進めることで我が意を確実に通す。これが外交の要諦だと、誰かが本に書いていました。その「硬」を持たない日本にとって、遣う「カネ」は唯一の外交カード。
もっと上手にとおっしゃる弧愁庵人さんのご主張は、もっともだと思います。

>うわばみさんコメントありがとうございます。
憂国の情を持つ議員。日本人としての誇りと自覚を持ち、法令を遵守して毅然とした政治を行うもの。徹底した言論戦を勝ち抜ける器量を持った者。責任ある政治を本当に実現できる者。そういうヒトを、日本の多くの庶民は待ち望んでいるのだと思いたい。
政党の後援会などに行くと、そういう熱い思いを持った応援者が、実際何人もいて、彼らが(自分もだけど)必死に選挙のたびに政治家を応援活動している。
そのセンセイが、政党の上にいるアホのおかげで、一蓮托生のアホ扱いされる。
我慢できない怒りがこみ上げてくるけど、そんなもんだ。しかたない、とあきらめざるをえない。この10年、ずっとその繰り返しかもですね。
だけど、そろそろほんとうに先生方も、国民も目を覚まさないと、この国は外国人によって乗っ取られてしまう。現に、マスコミも、政治家の中にも、そういう勢力がなんみょー以上に強大な勢力として入り込んでいる。
この国を変えるためにはどうしたらいいのか。それを軍事クーデターのようなハードランディングではなく、文民型のソフトランディングで実現するにはどうしたらいいのか。。。。

うわばみふかお

弧愁庵人さん
①『…交渉もせずにポンと10兆円出しますなんて得意げに話す。外交とは何ぞや?駆け引きとは何ぞや?…』と小沢が云ったのなら、貴兄のコメの通りでしょう。
②自民の若手(全然若くないけどね)達が、補正予算や失言等に言及し、麻生批判にまわってますが、何故自分達で総裁として選んでおき、派閥解体論者の急先鋒だった人ほど、党中党的動きで、政局運営の邪魔をするのでしょう?挙党体制で経済・外交を乗り切るのが選ばれた者の勤めじゃないのでしょうか?
出来の悪い首相なら周りが足引っ張ってどうしようと云うのでしょうか?協力して、よりベターな方法論を闘わせ、協調するのがスジじゃないのでしょうか?
③意見は違って当たり前だと思いますが、、20数年来の自民党員である私としては、ガラガラポンの意味は、貴兄の解釈と少し違うところにあります。私だって髭文字集団なんて必要ないと思っていますよ。
④『国を憂う輩がジミンに何人いる?』は、そのまま 民主・社民他にも当てはまると思います。これは撤回願います。
⑤『切れもしないくせに、奇麗事ばかり言って保身を図り、国を迷わせているのはどこのドイツなのか・・・?ヨーロッパに有りますなんて言わないですよね』…これは誰にモノを問われてるんでしょう?私に対してでしょうか?自公VS民主(元社会党員・民社党左派他を含む)の構図のことを云っておられるのですか?…現在の民主の大半の人々は、前身の新進党のとき、確か聖教新聞購読者と組んでましたよね。まるで我々が村山首班で動いた如くにね…私が云うのは、そこらあたりから構成がおかしくなってるから、やり直す時期じゃないかと云う私見です。
④『ヤクザ言葉??ジミンにこれまで同様なことを言った人はいなかった?』…残念ながら居ましたし、現在も地方の市会クラスだと暴力団関係者&在日韓国居留民団、朝鮮總聯と近い者も多くいます。しかし一国の第一党・第二党の党首をチンピラ扱いは度が過ぎます。
⑤確かに10兆をポンと気前よく出すのなら、半島人に土地を買い漁られている対馬を国有地にするとか、別の遣い方はあるでしょうね。それは仰るとおりでしょう。

弧愁庵人

うわばみふかお様
小沢が嫌いだけで、ジミンナンミョー政権が永遠につづくこの日本は、異常と思いませんか??
それはそれで結構ですが、世界第二の経済大国の首相が、国語もまともに話せず、最大の駆け引きの材料である金を交渉もせずにポンと10兆円出しますなんて得意げに話す。外交とは何ぞや?駆け引きとは何ぞや?おばかが外交で点を稼ぐつもりだろうが、国を売ってるようにしか思えないね。どうせ出すとしても、もっと国際世論からありがたく思われなければ単なるバカの、資金供出マシーンでしかない。誰が尊敬するものか。個別対談断られるのも当たり前。
こんなジミンナンミョウ政権いやあえて言えば、ナンミョウに牛耳られた政権を未来永劫続ける気なのですか?現在のジミン支持者たちにはナンミョウを切る気迫は無い。そして小沢の悪口を歌えば、その政権は続くと信じている。再度のガラガラポン?いつだってどこだってナンミョウはついてくる。したたかに。
そこを明確に出来ないで、野党批判。

国を憂う輩がジミンに何人いるのだ?

ヤクザ言葉??ジミンにこれまで同様なことを言った人はいなかった???

切れもしないくせに、奇麗事ばかり言って保身を図り、国を迷わせているのはどこのドイツなのか・・・?ヨーロッパに有りますなんて言わないですよね???

うわばみふかお

小沢なんて所詮旧田中派の青年将校だった人で、竹下・金丸と姻戚関係にある“最も自民らしい人”のはず。その上、一国の総理を“チンピラ”呼ばわりして、もともと小沢が新生党なんかで創価学会と組んだり、結局ゴールが政権奪取にあって、政権維持とか将来のビジョンをアピールすることなんか考えてないんじゃないの私は再度のガラガラポンが必要と思っています。(そう云う面では大連立・創価学会外しもアリかなとも思っています)

何だかな~。

一読した感想を二点ほど。

まず、冒頭に「記事を書いた記者の意図と、読み手の自分との感じ方がまるで違う」と書いておられますが、私にはこの記事に「意図」と言えるほど記者の考えが表れているようには思えませんでした。
だから、冒頭の言葉の意味がちょっとわかりませんでした。

二点目ですが、民主党については個別の政策批判なのに、自民党についてはエラク総論的な批判ですね。
どうせなら、定額給付金とまでは言いませんが、中小企業対策として自民党が成立を急いでいる金融機能強化法改正案との比較で語ってもらったほうが、両党の狙いや考え方の違いがわかったのではと思います。

以上、失礼しました。

たかぽん

政治家にとって、選挙は国政よりも大事。

政策はおまけ。。。

彼らは政治のプロなのに、そういう風に見えてしまうのは非常に残念です。

弧愁庵人

フ~ン・・・人はいろいろ考えるもんだ
50年独裁政権を続けたのは中共と自民。最後の残ったのはクズ。あ、そうってのもいるけれども、シンキロウから国民の意思が通らなくなった。今はね、政治家いらない。もっとも、50年前から日本には政治家要らなかった。優秀な官僚がいれば、アメリカの思惑で国が回った。

中国の科挙・・・あれはね、半端じゃなくってすごい制度、そこを通り抜けて国を動かしてきたやつらすごい。でも最後は、共産党にのっとられて今のこのザマ。

自民・民主・みんな駄目さ。ただね、救いはこんな世界でも例を見ない厳しい科挙を続けた中国が駄目だったように日本の官僚支配がもう限界なのだと政治家が立ち上がったこと。自民なんてのは赤ちゃんほどにも役立たない。民主も似たようなもんかもしれないが、官僚組織をイジクリダスダロウ。安部の様な中途半端なごまかしでなくってさ。そこを国民は期待してるのさ。多分返り討ちにあうだろう。安部なんて中途半端で相手にもされなかったけれども・・・今度は少しは戦うだろう。そして国民も気がつくことも多いだろう。

んで、細かいことつつくのはいいけれども、この国の将来というか、設計図は今の自民にあるの?民主に有るとはいえないけれども、その芽を潰す発言に終始する輩、意外と多いのは驚きというか、悲しいね。
ジミンジミンと虫の声・・・いや違ったリンリリンリト虫の声・・・・でしたね。あれはナカソーネか。

彼は存在価値あったし、一家言もってたね。

その後のジミン?総理????????小泉という誤魔化しの天才がいて道路とか、郵政とか官僚組織打破とかいろいろ偉そうに言ったけれどもスベテ逆行したうそつきよりは安部の方が信念も理想もあったね。ただし僕ちゃんで世間知らずなだけだった。
中国清朝11代徳宋光緒帝に似ていてホンとカワイソウだったね。

んで、なに?民主はデタラメ???

言いたいことがよく解らないんだなぁ。
国民の為とか考えてる政治家今の日本に何人いるのよ?
そんな国会、サッサト潰しちまえってのよね。

小沢嫌いはいいけれども、若手で優秀なの、はるかに民主多いよ。自民は何人いるかなぁ?

(^O^)風顛老人爺

日本崩壊 乗っ取りに直結する日本国籍大安売りに断固として反対致します!(`´)
拝啓、管理人様
別スレッドとなります

緊急事態です!
下記URLから検索しますと
国籍法改正案
在日外国人参政権
二重国籍でそれぞれ動画が視聴出来ます。

http://m.youtube.com/watch?v=gzJGyGXgj2Y&rl=yes&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&guid=ON

携帯電話からも視聴出来ます、パケット代は高額となりますのでパケ放題にする事を推奨致します。

私は知人には上記の動画を見せております。


国籍大安売りに反対の方は参議院議員 国会議員 地方議員 首相官邸 自民党本部 民主党本部 電子政府の総合窓口 更にはマスコミ 産経新聞や週刊新潮 推進派の朝日新聞 立場が今一つ不明の読売新聞に電話を ファックスを メールをして下さい。

私もどんどんと送っています、残念乍タイムリミットが28日迄となり時間が足りません。

何卒、一臂の力を貸して下さい。


宜しくお願い申し上げます。


日本国籍大安売りを推進している輩は日本崩壊乗っ取り
第二のチベット化となって民族浄化が日本全土で行われても自分達だけは優遇されると確信しているか
海外逃亡する積もりです。
普通の庶民に前記の手段は不可能です、


踏み止まり戦わねば
何時戦うのでしょうか?
全力で戦いましょうぞ!

ネバーギブアップであります!m(__)m
僭越乍乱文にて    草々

田丸

ほんとうに小沢はいいかげんにしてほしいし、麻生首相もグラグラ揺れずに毅然としてほしい。世間はそんなに民主党に期待しているのか?新聞・TVを見る限りでは、小沢の発言こそいきあたりばったりで信念がないではないか。いい加減メディアにもうんざりです。麻生さん、自民党よ、しっかりしてよ!!国民を信じてよ!!と言いたい。

…愚痴になってしまいましたね(;^_^
スミマセ‥
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク