靖国神社大東亜戦争終戦70周年記念行事『忘れない日本』開催のお知らせ



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20150514 靖国神社


5月28日(木)12時から、靖國神社の屋外能楽堂で、大東亜戦争終戦70周年記念行事、『忘れない日本』が行われます。
知覧の特攻の母の鳥濱トメ顕彰会の主催で、発起人には佐藤正久参議院議員、宇都隆史参議院議員、櫻井よしこ国家基本問題研究所理事長などです。

この記念行事は、実は、カートプロモーションさんが何年も前から継続している、知覧特攻基地における宮川少尉のホタルになって帰ってきた実話の演劇「帰って来た蛍」の本年度の上演にあたり、その奉納行事として行われるものです。

さとう珠緒さんや、伊藤つかささん、伊吹剛さんなどの役者さん達も当日参加のご予定と伺っています。(確定ではないです。確定次第、またお知らせします。)

司会は、戦後問題ジャーナリストの佐波優子さんです。
英霊たちの遺書の朗読や、日本を称える言葉などの詠唱があり、他にみんなでの奉納歌唱もあります。

お時間の許す方は、是非ご一緒しませんか?
私も当日お伺いさせていただきます。
入場は無料です。


やまと新聞 小名木善行の「百人一首」 第6回

============
日 時 平成27年 5月28日(木)12:00
司 会 佐波優子(戦後問題ジャーナリスト)
出演者 6月11日~17日に六本木俳優座劇場にて上演される舞台
   「帰って来た蛍~未来への伝言~」出演者ほか
内 容 1 遺書や日本を称える言葉などの朗読
    2 奉納歌唱  ほか
会 場 靖國神社境内 能楽堂
入 場 無 料

構成・演出 柿崎裕治
主 催 特定非営利活動法人 知覧特攻の母鳥濱トメ顕彰会 
共 催 カートプロモーション
発起人
 代表 宇都隆史(自民党参議院議員)
    小名木善行(日本の心をつたえる会代表)
    及川昌彦(日仏経済交流会理事)
    北澤修(北澤工務店代表取締役)
    櫻井よしこ(国家基本問題研究所理事長)
    佐藤正久(自民党参議院議員)
    佐波優子(戦後問題ジャーナリスト)
    塩澤修平(慶應義塾大学経済学部教授) 
    元谷外志雄(アパグループ代表)
    山口宗敏(水交会常任理事)
    湯澤貞(第八代靖国神社宮司)
   *敬称略50音順

Facebookをご利用の方は、↓のページから参加表明いただくことができます。
https://www.facebook.com/events/301655746624839/</u>">https://www.facebook.com/events/301655746624839/

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html








この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ココア

反日俳優 斎藤工
そうですか、さとう珠緒さんのことは今まであまり良い印象はなかったのですが、靖国神社やご英霊を大切に思っていらっしゃると今知って彼女に対する見方が変わりました。逆に最近よくテレビに出ている俳優の斎藤工さんは大変な反日だそうです。彼はブログで安倍総理が靖国神社を参拝したことを批判し、「靖国神社は外国人から見るとヒトラーの墓のようなもの」と書いています。お国のために命がけで戦って下さったご英霊をよりによってヒトラーにたとえ侮辱したこと、本当に許せません。今私達が平和に暮らせるのは全てご英霊のおかげですのに。今後彼には絶対に靖国神社に祀られている特攻隊や日本兵や戦艦大和の乗組員や坂本龍馬など勤王の志士の役を演じて欲しくありません。まあすぐに脱ぐエロ俳優なのでそういう役のオファーはないでしょうが。

ポッポ

No title
一昨日、何気なくテレビを見ていましたら、お弁当の特集をしていました。
日本の弁当がアメリカのニューヨークでも人気があり、ごぼうとか海苔巻きも食べられているとの話でしたが驚きです。
アメリカ人がごぼうを食べるのです。

アメリカ人が70年前にごぼうを食べていたら、大戦中のアメリカ人の捕虜が木の根(ごぼう)を食べさせられたとして、収容所の担当者が戦犯にされ、刑罰を受けることなどなかったのです。

大戦中の食糧難は、捕虜収容所にも影響しました。
捕虜に与える食料が不自由となったため、ごぼうを与えたことがあったのですが、これが終戦後、捕虜の虐待にあたるとされ、収容所の担当者が戦犯になった。
担当者の方は、誠に気の毒だったと思います。



安全保障問題で判らないことがあります。
今、政府で論議されているのは、シーレーン確保と日米協力の際にアメリカ軍が攻撃された場合、日本が武力を行使できるのかというのが中心です。
では、日本の近海で近隣国が、日本を攻撃する場合はどうするのでしょう。

日本が直接攻撃されそうなとき、自衛隊はどうするの? 今の議論は、日本の本土や自衛隊が攻撃された場合には、自衛すれば良いとされているようですが、その場合の法的処理は十分なのでしょうか?

国が攻撃されそうな事態のときは、自衛隊は武力攻撃をしても良いことになっています。その際に、攻撃隊となり実力行使をした隊員は、事後どうなるのでしょうか? 殺人罪に問われることはないのでしょうか? また、敵が日本を攻撃するとの判断は、どの時点で確定できるのでしょうか? 
敵が領海外からミサイル攻撃をする恐れがある場合には、ミサイルを発進する準備中か、発射したことを確認したときでしょうか? 国民が死んだときでしょうか?
日本の現行法も知らないものにとっては、それすら判りません。

戦後の日本は、非武装であったとき韓国軍に、竹島を軍事占領されました。日本は何もせずに、竹島は占領されたままです。
また、李承晩ラインが一方的に宣言されたとき、漁民が銃撃され多数の死傷者が発生し、拉致者も多数でました。これに対応したのは海上保安庁ですが、自衛隊なら何が出来たのでしょう。

北朝鮮の正規軍の特殊部隊が本土及び島嶼部に侵略し、一般国民(中学生も含めて)多数が、拉致されました。これを自衛隊が知っていたら、どう行動したのでしょう。北朝鮮兵の携行武器は、後に発生した拉致事件の不審船の武装を考えると、警察では対応できなかった可能性があります。
これに関して、不審船事件には海上保安庁が対応し、海上保安庁の優秀性は誰しも認めると思いますが、不審船は武装から明らかに軍艦でした。自衛官の出動が必要だったのかも知れません。

尖閣諸島に中国人が上陸した場合、武装民兵の可能性があります。
この件に関しては、日本側に民間人が影響することがないでしょうけれど、民兵に警察では武器が足りないでしょう。

自衛隊の方は、法律に従って行動されるはずです。ですから、法律は彼等の行動を、妨害するものでは困るのです。彼等の行動を最大限にサポートし、自衛隊員は国が守るとの姿勢がないと、十分に活動できないと思います。

のの

是非拡散してください!
谷山雄二朗監督という映画監督の英語による慰安婦反論スピーチです。
英語によるスピーチですので、世界中に是非拡散して我々のご先祖様の名誉を回復しましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=OgGxbSxsJS4

junn

No title
迫りくる中共の脅威を迎え撃つに、まずは日本の「西の防衛ライン」を正しく認識する必要がある。日本の最西端は与那国島だからといって、ここが沖縄県防衛の前線にはならない。台湾が中共に落ちれば、石垣島、宮古島、尖閣諸島は同時に中共領となる。
http://blog.livedoor.jp/acablo-nakagawayatsuhiro/archives/44411224.html

junn

No title
橋下徹の大阪都構想は日本の分断解体(日本滅亡)政策であり、大阪府民は断固拒否しなければならない
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11974831422.html

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク