1日に4人がHIVに感染する日本

1日に4人がHIVに感染する国。コンドーム購入を恥ずかしいと思うな。 2008年11月24日15時00分 / 提供:Techinsight Japan

19日の厚生労働省の発表によると、HIV感染者・エイズ患者数が過去最高を記録したとのことです。

新規HIV感染者・エイズ患者の合計は413人。
累計は1985年統計開始以来1万5000人を突破。
日本では、一日に4人以上が日本では感染していることになるのだそうです。
先進国では日本だけが増加しているとか。。。
検査を受けていない無症候性キャリアやHIV感染者はもっと沢山いると推測されるという。

HIV感染は、発展途上国と日本では、HIV感染経路に違いがあるのだそうです。
前者は薬物乱用の注射の回し打ち。
後者は性的接触が圧倒的に多いとか。。。

日本では、コンドームの出荷数量が、2006年には1990年の約半分、約3億750万個にまで落ちたそうです。
反比例するようにHIV感染者・エイズ患者数が増えている。

世界のコンドームの2割から3割が日本製のコンドームなのに、日本の使用率は42%しかない。これは世界でエイズ人口が最も多いと言われている南アフリカと同じらしいです。

ねずきちのように「さわらぬ神にたたりなし」で、まったくその可能性の片鱗すらない(苦笑)ひともいますが、世の多くの現役諸君ににとっては、HIV感染は、ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ ヤバヤバ

なにとぞ現役諸氏は、コンドームの着用を~^^;

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

国連もあきれるエイズAIDS大国日本!性教育③Yahooで削除された衝撃ビデオ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>舞桜さんコメントありがとうございます。
コメント、いくつでもぜんぜんオッケですよん♪
もっとして~~~♪(笑)
現代の日本社会では、ものすごく男性は性的に抑制されていて、規則に従順で前途を開こうとするまともな若者にとって、下手に女性に手を出すことは、ものすごくリスキーな出来事となっています。
結果として、あとくされのない「誰とでもエッチする」というタイプの女性に人気が集まり、相手の女性を尊敬し、体だけの関係でなく、相手の女性と人間として対等に付き合おうとするまじめな男性は、そうした女性に手を出さず、いつまでたっても交際相手ができなかったりする。コンドームどころの話ではない。自分の中で性をあきらめなければ、生きてけない。ウチなんか理系だから、まわりはそんな男性ばかりです^^;
ある意味、むつかしい社会ですね~~。

>たろすさんコメントありがとうございます。
HIV感染は、大切な自分の子供にまで影響を与えちゃいますからね~
まさに、注意1秒、怪我一生です^^;

>goddoorsさんコメントありがとうございます。
性教育については、あまりに露骨な現代の授業風景などから、個人的には反対しています。
教育なんてしなくても、性的関心は誰だって持つ。
ただ、避妊については、別な形で、たとえば、政府で支援金を出してCMを流すとか、国民的関心の高まりが必要かもしれませんね。
コンちゃんつけたほうが、男性は持続力が高まるともいうし・・・^^;
ちなみに、ボクもつけない派なのですが・・^^;

>moharizaさんコメントありがとうございます。
「もう、私には関係ないと思いますが・・・」
ハイ、ボクにも、まるで関係ありませんwwwwwwwwww

mohariza

過去最高と云っても、日本はまだ安全で…
厚生労働省が、過去最高を記録したと云っても、統計的には、日本は欧米、アフリカ等発展途上国に比べ、HIV感染者・エイズ患者数(エイズ)は、少なかった筈です。
過去最高と云っても、日本はまだ安全で、それだけ、エイズの患者数の増加が目立つと云うことだと思います。
しかし、潜在数は分からず、まだ、完全なる予防薬が完成してないようなので、コンドームは、予防としては、確実なのでしょう…。
良質のコンドーム輸出国の日本で、コンドームの出荷数量が、投稿記事のように減っていたのは、初めて知りました。
もう、私には関係ないと思いますが、若い方は、頼った方が良いと思います。

goddoors

どうなっていくんでしょうか
コンドマニアみたいなショップにはけっこう人があふれてたりします。
それなのに使用率が低下って怖いですね・・・
日本の教育はもっとつっこんでしていくべきでしょう、逃げている気がします。
大きな問題を抱えていますよね・・・

たろす

HIVキャリアの売春婦が感染を知りながら
売春していたという米ニュースをみましたが
繁華街の賑わいを見ると、日本もきっと、、。
もちろんそのせいだといっているわけでは
ないですが(基本自業自得がほとんどかと;;)、
怖いニュースの一つではあるとおもいます。

皆さん、健康は財産です。
注意一秒怪我一生。(←え?;;

舞桜(まお)

都会では、「結婚しないで一人で生きていく人生」を
選ぶ女性が多いそうです。子供が生まれにくいストレス社会、
産科医不足や出産にかかる高額医療に並んで、少子化の原因の
一つにもなっている。

いっぱいコメントしちゃった  (_ _;))
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク