国会前の安保関連法案に対する「若者たちの反対デモ」と称するデモ

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

d21bc852


国会前の安保関連法案に対する「若者たちの反対デモ」
  ↑ ↑ ↑
なんのことはない、中共のやらせ。

それにしても簡体字とはねえ。。。。

「6・20緊急『市民』アクションが聞いて呆れます。
どこの国の市民なんだか。


http://www.moeruasia.net/archives/44494363.html

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

kochan

No title
数日前に、女性の反対デモがあったようです。確かに女性にとっては子供や旦那が戦争に行くのは本当に許せないでしょう。しかしよく考えてください、日本の女性だけに特権などはないでしょう。先進国では世界に悪がはびこらないように、やむを得ず軍隊を国外に送らざるを得ないのです。日本の男性が戦いに行かないなら、他の国の男性が代わりにいかないといけません。世界有数の大国に成長した以上、世界平和に身をもって貢献しなければならないでしょう。この点を左翼ではない一般の女性の皆さん、是非よくお考えになっていただきたいと思います。

-

No title
先日、昼休みに弁当食ってると、
隣に元請け職員がコンビニ弁当持ってきて、日陰に座ってランチとなりました(野郎同士ですが
その時相手が原発の話やら安部政権の話やら、頭ごなしに否定的な話しぶり、
ちょいちょい持論挟んだのですが、聞く耳持たず、終いには日本はもうすぐ滅びるとか真顔で言ってて。
内心アフォか?と思いつつ、仕事上の付き合いもあるのでまぁ~まぁ~となだめて・・・

しかし、また「日本はもうすぐ滅びる」と真顔発言な訳です。

もうね。とりあえず出てけ。と。。。日本から出てけ。と。。昼休みなのにぐったりしました。

多分こんなヤツが集まって、くっだらないデモとかしてんのかな?と。思います。

完全に頭いってます。
日本をなじるくせに日本に衣食住を求める。 まさに寄生虫。

クネクネが態度柔和させてるそうで、これは好機と見ます。
ま、元々そうしたかったんでしょうね。あの人は。

AD

何が悲しくて民青に
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B0%91%E4%B8%BB%E9%9D%92%E5%B9%B4%E5%90%8C%E7%9B%9F

まだそんなものが残っていたとは

しかし、実態は民青だけなのだろうか?

たんぽぽ

No title
連投すいません。

沖縄でも、チャイナ、チョウセンの核や軍備増強を抗議するデモを
やって欲しいですね。(平和を脅かしている正体を明確にする為に)

沖縄のヘイワ団体や共産党や社民党へデモ参加を呼びかけて、
彼らがどう反応するか・・・?
なんか、「チャイナやチョウセンを刺激すると戦争になるぅ〜」と
詭弁を言いそうですが、

『真の平和を願うデモ』に対して、反日の人達(日本が嫌いな人達)が、
どのような反応を示したかコールに盛り込んで、沖縄マスコミの
対応も含めて、
沖縄の”非武装”を訴えている世界的に有名なマンガ家さんにもお声かけをして、
真の平和を願っているなら賛同していただけるでしょう?

「本物」か「偽物」か試金石になると思います。
是非、沖縄の親日の日本が大好きな方達に検討してみて頂きたいです。

-

No title
こんなのに騙される日本人も日本人ですが、余程あの国の人たちにとっては都合が悪いのでしょうね。困ってない人は騒がない、困ってるから騒ぐんです。

きむちん

No title
 ( ゚д゚)ポカーン

ポッポ

No title
東京の市民活動は、簡体字を使うのですか? 
進んでいると昔なら言ったのかも知れませんが、現在では頭隠さず、尻隠さずではないでしょうか。
中国で日本人がこのようなデモをしたら、中国はどのような扱いをするのでしょうか? 
先日、麻生副総理は日本の国と、中国のことを較べていましたが、日本が独裁国家でないことを一番利用しているのは、独裁国家だと思いました。



21日放送の「たかじんのそこまで言って委員会NP」(読売テレビ)で、東海大学准教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏は、日韓基本条約締結後に日本が韓国に送った経済協力金を軽視するような発言をしました。

金氏は日韓基本条約による経済協力金合計8億ドルについて少ないと思ったのでしょうがが、日本は終戦後に韓国に残した官民の財産21億ドルを放棄していることを忘れています。韓国が併合国とされていた際の賠償金を計算すると、当時の日本が朝鮮に残した財産21億ドルに届かなかったから、本来は1ドルも渡す必要がなく、逆に日本が請求できる立場でした。
しかし、日本は最貧国の韓国に対して金を渡すために無理をして、経済協力金との名称を付したのです。

また、この金額については、朴正煕大統領は、個人慰謝料や北朝鮮の分まで受け取っているから、日本が朝鮮半島にこれ以上の日本国民の金を渡す理由は全くないことを申し添えます。

金慶珠氏なら、この程度のことはご存知の筈ですが、彼女は本当に知らないようです。
東海大学は、もう少しましな学者を使わないと、学生は碌な知識もなく卒業して、社会人として恥をかくのではないでしょうか。

ももころ

シェアさせていただきます。
愚か
の一言です。

たんぽぽ

No title
正体が分かりやすい横断幕ですね。

こちら側も逆手にとってチャイナやチョウセンの核や軍備増強を
抗議するデモ等を行うのはいかがでしょうか。
『キタチョウセンの核反対ー!』等、殆ど見かけたことがないし、
これだとヘイトスビーチなどとレッテル貼りも出来ない、、

デモ参加への招待状を共産党や社民党、国内のヘイワ団体及び反原発、
核廃絶を訴えている団体へ送付してみる。
彼らがどんな反応を示すか見てみたいです。

簡体文字は香港でも奇妙

No title
その日の国会議事堂を取り囲んでいた人達のアナウンス。

「今日は、従軍看護婦の服装で来ました。」

貴方たち、明らかに間違っています。

それは冒涜です。意志を間違えています。

これが、左翼の実態です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク