いざというとき立ち向かう人、逃げる人

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

中山恭子先生 (撮影 田沼喜一)
中山恭子先生0505-1


みなさまのご支援のおかげさまをもちまして、
昨日、次世代の党は、新党首候補が中山恭子先生に一本化されました。
これにともない、幹事長だった松沢成文先生は、党を離党することになりました。

松沢先生は党首候補立候補に意欲を示し、党を自民でもない、民主でもない、新しい第三極にすべきだとし、また今年4月に惨敗した党の再生にあたっては、若くてアピール力のある党首によって人心一新をはかり、党のイメージを作新すべきというご主張でした。
松沢先生といえば、↓のことがありました。
http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/128.html</u>">http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/128.html
今回、結果として、離党をご決意なさいました。

表題に書きましたが、人間の値打ちを決めるのは、平素何を言っているかではありません。
どんなに苦境に立ち至っても、いざというときに腹を決めて立ち向か人であるのか、逃げてしまうのか。
そこが値打ちを決めるのだと思います。

戦時中のことになりますが、日本の兵隊さんたちがなぜ強かったのか。
たとえば満州軍閥の張学良は20万の軍勢を持っていましたが、たった1万の日本の軍隊に完膚なきまでに叩きのめされました。
なぜそんなことができたのかといえば、これは戦陣訓の解説にもありますが、国家観と責任感です。
日頃、どんなに能書きを並べ、勇ましい言動があっても、いざというときに決するのは、人々を愛する国家観と、不退転の責任感なのです。

私は次世代の党を応援しています。
応援している理由は、松沢先生には申し訳ないけれど、党の若さでもなければ党のイメージでもありません。
日本人として、日本と日本人を愛する確固とした国家観と、どこまでも日本を大切にしていこうとする不退転の責任感を持った政治家が、この党に集っていると思うことが理由です。
次世代の党を応援している多くの皆様も、きっと同じであると思います。

そうであれば、明確な国家観と責任感を持った政治家こそが、党首にふさわしいし、そして党首というのは、本来、その政党の議員の党首というだけの存在ではなく、応援しているみんなのリーダーであり、顔であると思うのです。


やまと新聞 小名木善行の「百人一首」 第22番歌 文屋康秀
 吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ
中山恭子先生は、誰も行こうとしなかった北朝鮮に乗り込んで拉致被害者を奪還してこられた政治家です。
またウズベキスタンの大使だった頃には、過激派の武装タリバンに拉致された日本人鉱山技師4名を、やはり単身、敵地に乗り込んで4名全員を無事救出して来られています。
いざというとき、逃げない。
だから信頼されています。

そして中山恭子先生がなぜ信頼されるのかといえば、「国家観」を持った政治家だからです。
日本が私達の国であり、私達日本人が守り育んでいかなければ、何も解決しないということを、日本人として日本国家を明確に認識して行動されている人だからです。

いまの日本には、多数の政党があります。
テクニカルな党利党略や、目先の政局運営のプロはたくさんいます。
けれど、国家観と責任感(本来はすべての国会議員が持っているべきあたりまえの常識)を持った政治家は、あまりいません。

西村眞悟先生が、一昨年の7月に宮崎で講演されたとき、以下のお話がありました。

 *****
拉致被害者救出運動の中で、内閣参与として中山恭子先生がおられた。
皆さんに申し上げておきますが、今5名の拉致被害者とその家族は日本におりますが、彼らが帰ってきた平成14年10月に於いて、日本国政府は、彼らを一週間で北朝鮮に送り帰すと本気で思っておったんです。
拉致議連の我々も、もっと暴れねばならなかったけれども、外務省の特命拉致担当大使とやらが、北朝鮮と約束したことですから、送り帰さなければなりませんと言っておりました。

その時、政府側でただ一人、細い女性の声で、拉致被害者を北朝鮮には帰さないという方針で私はいきますと言われたのが、中山恭子先生でありました。
そして後で聞きましたら、政府内で孤立無援の中で、国家のために送り帰してはならないという論陣を張られて、安倍晋三内閣副官房長官もそれに同調して行ったというのが真実であります。

つい最近、産経新聞が6人の女性の議員の顔をならべて、もし女性の総理大臣が出るならば、この中から出るであろうという企画をしておりましたが、あの時に顔を並べておったのは、みな政界のチイママクラスです。
アイアンレディーは中山恭子さんだけです。
もし女性の総理大臣がわが国から出るならば、それは国家のために中山恭子先生でなければならないと思います。
=======

1970年代から1980年代にかけて、日本国内で不自然な形の失踪や行方不明事件が相次ぎました。
その中のひとりが横田めぐみさんです。

昭和52(1977)年11月15日、いつものように家族とともに賑やかな朝食を食べ、元気良く中学校に出かけていった横田めぐみさんは、いつもの下校時刻になっても帰ってきませんでした。
お母さんも、お父さんも、心配で必死でめぐみさんを捜しました。
警察にも行きました。
けれど、ただの家出事件として受付られただけでした。

北朝鮮による拉致の疑いがあるとわかったとき、ご両親は外務省にも掛合いました。
出てきた答えは、拉致問題の解決には北朝鮮との国交回復に10年、交渉に10年、あわせて20年かかるというものでした。
けれど20年経っても、事態は何も進展しないままでした。

一方、拉致されめぐみさんは、拉致当日、40時間もの間、北朝鮮に向かう船の船倉に閉じこめられました。
めぐみさんは「お母さん、お母さん」と泣き叫び、出入口や壁などあちこち引っかき、北朝鮮に着いたときには、手の爪がはがれそうになって血だらけだったそうです。

事態が動いたのは、平成14(2002)年になってからのことでした。
米国が北朝鮮を疎み非難し、そのため北朝鮮の金正日総書記は日本との関係改善を希望しはじめたのです。
日本は、小泉内閣で訪朝を決めました。
目的は「北朝鮮との国交正常化」です。

当時、古川貞二郎官房副長官が記者会見で語った言葉があります。
「拉致問題で何人が帰ってくるこないということではない。そういうことがあればハッピーだが、それよりまず国交正常化に対する扉を開くことに大きな意義がある」

外務省の槙田邦彦アジア局長も次のように述べました。
「拉致されたたった十人のことで日朝国交正常化がとまってもいいのか、拉致にこだわり国交正常化がうまくいかないのは国益に反する」

日朝首脳会談は、その外務省の田中均アジア大洋州局長が人脈を駆使してセットしました。
それは日本の総理が北朝鮮を訪問し、国交正常化と引き換えに、大量のカネを北朝鮮に渡すというものでした。
要するに国が北朝鮮に頭を下げて朝貢し、カネを献上するかわりに、商売をさせてもらう窓口を開いてもらおうという交渉です。
拉致被害者の問題は、その交渉に「むしろ邪魔になる」というのが、当時の外務省の考えでした。

小泉総理は、日本を飛び立ちました。
その飛行機に同乗していたのが、当時官房副長官だった安倍晋三氏(現・内閣総理大臣)です。
飛行機の中で安倍氏は、はじめて外務省の用意した「日朝平壌宣言」を見せられました。
ところがその宣言の中には「拉致」という言葉はひとことも触れられていませんでした。

安倍官房副長官は怒りました。
けれど、すでに宣言文は双方の事務レベルでの合意に達しているというのです。
このままではいけない。

北朝鮮に乗り込んだ小泉首相
(中央が安倍晋三官房副長官/当時)
北朝鮮に乗り込んだ小泉首相


安倍副長官は、小泉総理に平壌で拉致のことを話題にするよう、強く求めました。
小泉総理もこれを理解し、このことを訪問早々に話題にしました。
このとき北朝鮮側から帰ってきた答えが「5人生存8人死亡1人未入国」というものでした。
あとでわかることですが、これは北朝鮮の苦し紛れのデタラメでした。
けれど、ともあれ5人は生存していることが「北」の発表となったのです。

同時に「8人死亡!」という報告は日本側に重い沈黙を生みました。
このとき安倍官房副長官は、小泉総理に「厳しく抗議してください!」と進言しました。
小泉総理もこれを理解し、午前中の会談で、そのように北朝鮮側に述べました。
北はそれを黙殺しました。

「このままではいけない。」
そう思った安倍官房副長官は、このとき一計を講じています。
昼食の休憩のために控え室にはいったとき、安倍副長官は、故意に大声で「拉致したという白状と謝罪がないのなら、調印は考え直した方がいい。今すぐ帰りましょう!」と話し声をあげたのです。

びっくりしたのは、同じ部屋で昼食をとっていた面々でした。
安倍副官房長官が、なにやら食事中にひとりで大声をあげて、いかにも会話をしているように一人で芝居をはじめたのです。
周囲にいた日本側メンバーはみんな「安倍さんは気でもふれたのか」と、あっけにとられたそうです。
けれどこれは、安倍副官房長官が、「そこが盗聴されていることを意識して」打った大芝居でした。

案の定、声は、ものの見事に盗聴されていました。
そしてこのことは、北朝鮮にしてみれば実は大問題でした。
日本からの経済援助金がなければ北は政権が崩壊する危機にあったからです。

そもそも北朝鮮国内では、相次ぐ凶作によって多くの国民が餓死しているという状況にありました。
そういう状況が許せないからと米国が、北への食料輸出等、一切の国交関係を断つという制裁を加えていたのです。
それは、いつもながらの、わかりやすい米国流の力の外交でした。
食い物が欲しいなら、北の政権は俺たちの言うことを聞け!というのです。

そこで北が講じた手段が、日本との国交正常化をネタにして、日本からカネをもらって危機を脱するという手段でした。
それを日本の首相に「朝貢」させることで実現する。
そうすることで北は、すくなくとも北の国民の前では、金体制のもとに日本さえも「かしづいてきた」と言えるし、カネも食い物も手に入る。
北にとっては一石が二鳥にも三鳥にもなる「絵」だったわけです。

ところが日本が怒って帰ってしまうとどうなるか。
北の金王朝の威信は傷つきます。国民の信頼を失います。
カネも食い物も手に入らない。
飢饉は一層深刻になるのです。
そして北は米国の軍門に下らなければならなくなるのです。

こうした背景事情を、十分に頭に入れ、計算しての安倍服官房長官の大芝居だったわけです。
この結果、何が起こったか。
この日の午後の日朝会談で、金正日総書記が、「拉致の事実を認め、謝罪した」のです。

安倍晋三副長官の、この発言が北の姿勢の変更につながったことは、実際にこのときに盗聴を担当していた脱北した元工作員の張哲賢氏も証言しています。

この北の謝罪が行われた日朝首脳会談が、平成14(2002)年の9月17日です。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120920/plc12092009570008-n1.htm

北が拉致を認めたことで、その後の拉致被害者に対する日本への帰還交渉が一気に前進しました。
これには日本国内で拉致問題を扱ってきた多くの活動家たちの努力があったことも見逃せません。

なにせこの時点まで、社民党の辻元清美政審会長などは、自身のホームページ上で「(拉致問題は)新しく創作された事件というほかない」とする平成13年11月に書いたレポートが掲載されたままだったのです。
また、原敕晁(ただあき)さんや地村保志さん夫妻、横田めぐみさんを拉致した実行犯である辛光洙(シン・ガンス)の無罪釈放を堂々と要求していたのが、後に首相となる村山富市や菅直人らでした。
要するに彼らは、「北朝鮮は地上の楽園」であり、だから北朝鮮による「拉致などありえないし、拉致だと騒ぐのは日本の右翼による捏造である」と強弁していたのです。

ところが、北朝鮮の金正日自身が、拉致を認め謝罪をしたわけです。
このことは、日本国内における拉致問題に関する関心を一気に高まらせました。
テレビも新聞も、連日、拉致被害者のことを報道しはじめたのです。
そして政府は、北の外交部との間で、具体的な「生存者5名の日本への返還交渉」に入ったのです。

同時に政府としては、拉致被害者への対策を、政府として「しっかりやっている」というポーズをとる必要に見舞われました。
これはひとつには、マスコミ対策という側面があります。
そしてもうひとつには、既存の対応組織である外務省では、これまでの交渉経過からみて、心もとないという判断も加わったかもしれません。

ただし、事は外交に関する事です。
拉致被害者家族担当の内閣官房参与の任命に際しては外務省の意向もくみ上げ、北との会談の9日後の9月26日、ウズベキスタンの特命全権大使を退任したばかりの中山恭子先生が、当該参与に就任されたのです。

外務省の田中均アジア大洋州局長からしてみれば、ウズベキスタンの大使と局長では、局長の方が上です。
中山恭子先生は、局長からすれば、はるか下位の部下であり、しかも女性なわけです。
局長の意向を伺いながら、外務省側の立場でうまくやってくれる、もしくは上手に使えるだろうという判断をしたのかもしれません。

ところが内閣官房参与に就任された中山恭子先生の行動は、まさに迅速を極めました。
関係各国等に働きかけると、10月早々には地村保志さん富貴恵さんご夫妻、蓮池薫さん、蓮池祐木子さんご夫妻、曽我ひとみさんら5人の拉致被害者を堂々と、単身北朝鮮に乗り込んで、日本に連れ帰ってきてしまったのです。
これが10月15日の出来事です。

拉致被害者らとともにタラップを降りる
中山恭子先生(平成14年)
生存とされた拉致被害者の帰国


このときに、おもしろい話があります。

中山恭子先生は、北に単身乗り込まれたとき、日本から「和菓子」、それも生菓子のおいしそうなお菓子を、重箱に入れ、きれいな風呂敷包みにくるんでご持参されました。
北の空港に到着すると、そこではいわゆるVIPルームのようなところに通される。

通されたはいいけれど、周囲には、いかにも屈強そうな北のガードマン(?)のような猛者たちがぐるりととり囲み、全身からピリピリした警戒感を出しています。
要するに、針一本落ちただけで、銃撃戦がはじまりそうなくらいの、まさに一触即発のような緊張した雰囲気に包まれていたのです。

周囲で男たちが、ピリピリしている。
そんな中で、中山恭子先生は、しずかに持参した和菓子のお重をテーブルの上にあげると、そっと風呂敷包みを開き、中のお重のフタを空けて、
「日本から持参したんですよ。みなさん、どうぞ召し上がって下さい」
とにこやかに、薦められたのだそうです。

北の工作員(警備員?)たちは、中山恭子先生がお重を空ける間、緊張して様子を伺っていました。
そしてお重が開き、中から、いかにも美味しそうな和菓子が出てきたとき、目を見合わせました。

満足に食事がとれずに、お腹を空かせているとき、甘いものは美味しいものです。
しかも、日本の和菓子です。
見た目も美しいし、おいしい。

次々と和菓子に手が伸びたそうです。
そのときの北の工作員(警備員?)たちの、嬉しそうな顔と言ったら。。。

これには後日談があります。
中山恭子先生が日本に帰国後、北の外交部の人たちが、中山恭子先生の執務室に尋ねてこられたそうです。
そのとき彼らが言った事。
「次回おこしになるときは、和菓子は絶対に持参しないでいただきたい!」
理由は、警備員の心がとろけて仕事にならなくなるからだそうです。


さて、話を戻します。
ここからが、またすごい話です。

中山恭子先生は、こうして北の警備員たちまですっかり中山恭子先生の虜にして、北から拉致被害者5人を取り返してきたわけですが、このときの北朝鮮の判断は、あくまで「一時的出国」を認めたにすぎません。
日本の外務省の判断も、あくまで「一時帰国」です。
つまり数日後には、また北朝鮮に戻すというものだったのです。

安倍副長官は、外務省の田中均アジア大洋州局長に「5人を返さないでほしい」と言いました。
外務省の田中均アジア大洋州局長の答えは、
「それは困る。わたしと先方との信頼関係はどうなるのか」と反対しました。
そもそも、
「帰すと言う条件で帰国させたのだから、約束は守らなければならない」
帰さないとなれば、田中均アジア大洋州局長の「顔がつぶれる」というわけです。

安倍晋三官房副長官は言いました。
「田中さん、5人の帰国はあなたの信頼関係のおかげかもしれない。けれど外務省が、日本に残ることを希望している5人を勝手に連れ出すわけにはいかないでしょう」
そうなのです。事前に帰国した5人へのヒアリングの結果、5人とも「日本に残りたい」と明言していたのです。

けれど「国と国との約束は守らなければならない」というのが田中均アジア大洋州局長の理屈です。
会議はこう着状態となりました。

そしてこのとき、発言したのが、中山恭子先生でした。
「局長、貴方がやっているのは外交ではありません。北朝鮮へのお願いです。外交官ならお願いをやめて外交をやりなさい。」

これを聞いた田中局長は怒りに顔を染めたといいます。
外務省内部では、中山恭子先生が部下です。
そして女性だから、くみしやすいだろうと参与に推薦したのです。
さらに帰国させる側だった福田康夫官房長官も安倍副長官、中山恭子内閣官房参与に怒り、机をたたいて激昂したといいます。

けれど中山恭子先生は明快でした。
「拉致という犯罪によって奪われ、その犯罪者から被害者を取り返してきたのに、これをまた犯罪者に返すというのは、道理が通らないのではありませんか」と、静かに道理りを尽くされたのです。

怒ろうが、怒鳴ろうが、この中山先生の発言には、誰も反論できません。
あたりまえです。泥棒に持ってかれた宝石を、ようやく取り返してきたのに、これを再び泥棒に返すなど前代未聞の珍事です。
まして帰国した被害者自身が、日本に残ることを希望している。
それを返したら、それこそ日本は未来永劫、世界の笑い者です。

ここが官僚や、足して二で割るだけの政治家と、民衆の盾となれる真のリーダーとの格の違いだろうと思います。
この中山恭子先生のひとことが、連れ戻した拉致被害者の運命を決定づけたのです。

かくして総理の決断は下されました。
「返さない!」
こうして5人は、晴れて、永久帰国となりました。

拉致被害者の救出は、以上のように安倍晋三現内閣総理大臣と、中山恭子現参議院議員のお二人の活躍がなければ起こりえなかったことです。

そしてこのお二人に共通しているのは、国民を守るという明確な国家観です。
その鋼鉄の意思があるから、見るべきものがちゃんと見える。


実は、中山恭子先生は、この拉致被害者の問題があった事件の前、ウズベキスタンでもやはり拉致被害者を取り返しています。

中山恭子先生がウズベキの特命全権大使として就任されたのは、平成11(1999)年7月のことです。
ところがその直後の8月23日に、隣国キルギスの南西部オシェ州で日本人の鉱山技師4人を含む7人がウズベキスタンの反政府武装ゲリラにグループに拉致されたのです。

反政府ゲリラは、拉致した技師たちを隣国のカザフスタンの山中に連れ出しました。
つまりウズベキスタンの国境の向こうに被害者を拉致したのです。

中山恭子先生は、至急日本の外務省に連絡をとり、指示を仰ぎました。
すると外務省から帰ってきた答えは、「キルギス政府に交渉を一任せよ」というものでした。

キルギスの国内で作業中に拉致されたのだから、キルギスに一任せよ。
いっけんもっともらしい理屈です。
けれど、犯人グループは、武装し、カザフスタンに逃げ込んでいるのです。
つまり、キルギス共和国の国境の外、外国にいるのです。
キルギス政府は、到底動けるものではありません。

このことはウズベキスタンも同じです。
国境の外に行かれてしまってはどうにもならない。
しかしこのままでは、拉致された鉱山技師らは、全員命を失う危険があります。

そこで中山恭子先生がどうしたかというと、単身で、その武装した反政府ゲリラの本拠に乗り込んだのです。

相手は、機関銃で武装しています。
そこに日本人女性が、ひとりで乗り込んだのです。

そして筋道をたてて武装ゲリラを説得し、なんと拉致された被害者全員を、まるで無傷でカザフから連れて帰って来られたのです。
おそらく、こんなことをやってのけた女性というのは、人類史上はじめてのことではないでしょうか。

ところがこのお話にも、まだすごいオチがついていて、カザフから拉致被害者を連れ帰るときのことなのですが、なんと、拉致した武装ゲリラの人たちが、中山恭子先生以下を厳重に護衛して、ウズベクまで送り届けてくださったのです。
そして彼らは、中山恭子先生との別れを惜しんで涙を流し、笑顔で別れた。

中山恭子先生は、武装してゲリラのところに乗り込んだのではないです。
女の身で、丸腰で、ただ本気で拉致被害者を取り返したいという思いだけで乗り込まれました。
そしてなんと、ゲリラたちまでをも、すっかり恭子先生の虜にしてしまったのです。
これこそが日本的、人間力の凄味なのではないでしょうか。

先日、「中山恭子先生のすごい質問」という記事で、13日、緊急に参院予算委員会で、中山恭子先生が、質問に立たれたときの様子をご紹介させていただきました。
この日の予算委員会は、復興、エネルギー問題に関する集中審議の場だったのですが、緊急性があるからと、恭子先生は外交問題について、質問をされました。
すかさず自民、公明の代表から議長に向けて、本日の趣旨と違うと形式論のクレームが議長(民主党)にはいったのですが、なんとその議長をはじめ、議場のほぼ全員が、恭子先生の味方になってしまいました。
これがまさに、中山恭子先生の、あるいは本来日本人が持つ、人間力だと思うのです。すごいです。


中山恭子先生は、東大を出た後、大蔵省に入省されています。
大蔵省では、女性初の地方支分部局長として四国財務局長に就任し約2年間を高松で過ごされています。
まさに女性官僚の草分け的存在なのですが、ひとつ中山恭子先生について、他の女性官僚と大きく異なるのは、赴任したすべてのセクションにおいて、いまだに中山恭子先生のおいでになった時代が、最高の仕事ができた、最高に楽しかった、最高の時代だったと懐かしがられている点です。

人間的魅力、お人柄、そして周囲の誰もが、いつの間にか気がついたときには、内面から善意のかたまりになってしまう。
人間のもつ力というのは、自己を鍛えることでここまですごいものになるのかと、つくづく関心します。

こう書くと、なんだか鉄の女のような感じがするかもしれません。
けれどそうではないのです。
実際にお会いしてみたらわかりますが、実におしとやかで、おっとりとされていて、温和そのものの方なのです。
ところがその温和さの中に、国家観という鋼鉄の芯が一本、ピンと通っている。

冒頭に西村眞悟先生の「アイアンレディーは中山恭子さんだけです」というお話をご紹介させていただきました。
その中山恭子先生は、7月には、参院選を戦われます。

日本が、絶対に失ってはいけない政治家。
それが中山恭子先生です。

そして中山恭子先生は、参議院の任期満了に伴い、この7月には参院選にご出馬なさいます。
ところが、中山恭子先生には、いわゆる「組織票」がありません。
自民党やその他の党なら、当該候補者の資質にかかわらず組織の大量票の応援があるけれど、残念ながらできたばかりの維新の会に所属する中山恭子先生には、その「組織票」がないのです。

けれどみなさん。国会議員であれば、まずは何より議席数が大事ということは、ご理解いただけると思います。
そしてその議席の「数」を動かすのは、結局のところ「国家観ある人間力」であるということは、これまでの国政を振り返るまでもなく、あまりにも明瞭なことです。

人が政治をつくるのです。
ならば、いかに組織があるかどうかではなく、人そのものが大事なはずです。
そうであれば中山恭子先生のように、まさに非凡な才能と信念をお持ちの方こそ、私達の党首であるのではないでしょうか。

中山恭子先生の夫が、日教組の牙城だった教育三法の大改革を文部大臣として実現した中山成彬先生です。
できれば一日も早く、中山成彬先生にも政界に復帰いただき、お二人で日本を取り戻す大仕事を実現していっていただきたいと思います。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

神奈川県民

No title
毎朝出社して、ねずさんのひとりごとを拝見するのが日課です。
毎日本当に楽しみにしております。ありがとうございます。
さて。私は神奈川県民として元知事であった松沢成文氏に期待しておりました。
今回の離党について、釈然としないので、氏に下記の質問を致しました。



次世代の党離脱について

私は横浜市民です。
県知事から国政に出られ次世代の党で活躍されるものと応援していました

党首が中山氏となり、正に日本を取り戻すという大義名分を掲げました。
我々有権者は、自虐史観にいい加減辟易しています。

次世代の党はこの自虐史観から脱却する事を目論んでいたのではなかったのですか?

神奈川県民として、まさに日本を取り戻すということに誇りを持っています。

何故貴方は、離党されるのですか??
次世代の党に新しい風なんて必要あるのです?
日本の伝統を守り日本の独立を確保することが次世代の党の求めていることではないのですか??
今回の離党にとても納得できません。

是非胸中をお聞かせていただき度く。

神奈川県民

共産党に辟易
次世代の党の皆様には、日本の伝統を守り独立国として我が国を覚醒して頂きます事を応援しています。
安保法制について、自国防衛につき日本共産党はどの様に考えているのか
質問を致しました。



日本共産党殿

朝鮮半島有事に我国はどう対処するか教えて下さい。

貴党は、安保法制について否定的な考えであると思いますが、
国連「アメリカ軍」が南朝鮮から撤退したら、北朝鮮は必ず南進するでしょう。

その時日本はどう対処するのですか??
貴党の考えを教えてください。

下記の意見は重複するのでお答えは不要です。

貴党は、安保法制について反対、反対と声高々におっしゃていますが、
先の衆議院で反対票を入れましたか?
何故反対票を入れずに、棄権したのですか?
我々有権者は、政治家を信頼して投票しています。

国民の支持を得た議員は、国政に対してはっきり態度を示すのが使命です。

貴党は、街頭演説で安保法制は戦争法案だと。騒いでいます。
私は、横浜市戸塚の住民です。月に二回程度貴党のお年寄りの男女が
東戸塚の駅で、戦争法案反対だとビラを配っています。

反対だと言っておきながら、何故反対票を入れずに棄権したのですか?
今後、東戸塚駅で貴党が街頭演説するのなら
安保法制に棄権します‼️と言うべきです。

さて、日本共産党殿のお答えを
ご期待ください。

-

No title
こんな素晴らしい女性がいるなんて!泣けるくらいカッコいい!
前回の次世代は残念な結果でしたが、日本の為の政党を今後も応援してます。

キョウリュウジャー

新聞に小さくですが中山恭子先生が党首になったことが載ってました。
おめでとうございます。
日本を変える力添えお願いします。

KK

良かったです!
良かったです!
党にメールした甲斐がありました。
中山先生は本当に素晴らしい方ですね。日本人のかがみです。

名無しさん@ニュース2ch

No title
まさに国士無双ですね!
中山成彬先生にも早く国会に帰ってきてもらわねば!
微力ながら応援させていただきます。

岡山のネトウヨ

訂正
連投すみません。和田正宗さんではなく和田政宗さんでした。訂正してお詫びします。
※但し賠償の申し入れは一切受け付けません(笑)

岡山のネトウヨ

No title
こんばんわ。
昼のNHKのニュースだったと思いますが、次世代の党の話が一番最初に来ていて少し驚きました。中山先生はお淑やかな雰囲気で国会議員の皆さんを魅了してくれればいいなと思います。幹事長に和田正宗さんが就任するということでとても頼もしく感じていますが、ただ一点心残りなのがプロレスごっこになってもいいから街頭演説で話題を盛り上げてほしかったです。できれば何回か街頭演説をしてほしいです。

あ太郎

No title
松沢元幹事長というのは、結局何者だったのだろうか?

保守政党に紛れ込んだ回し者、という感じがするのだが。

nob

批判を叫ぶだけではなく
内容自体は概ね存じてました
しかしこの話を周知したいとき、普段の自分なら、
まず「外務省や社民への批判」から入ってしまうところですが
それではいけないと強く感じる文章でした

誰かと共感し、共有したい時は「希望の話」をすべきなんですね

次郎左衛門

…大和撫子…
 ねず先生、失礼致します^^

 …今日のお話、中山恭子先生の余りのカッコ良さにずっと総毛立ち、目頭を熱くしながら閲覧させていただきました。
非常に勇敢で聡明な上、実際に行動も起こせる、、更に国家、国民への深い愛情もお持ちです。
しかし、実際にお会いしてみると非常に柔和でお優しい温かい方…、彼女こそまさに大和魂を胸に宿した大和撫子の中の中和撫子ですよね! 
 …彼女が首相となり、お隣さん達に対して凜と向かい合うお姿を想像した刹那、シビれて泣きそうになりました… !!(笑)
 中山先生には是非にも首相に成っていただきたく思います!

 ねず先生、今日も本っ当に素晴らしいお話、誠にありがとうございました^^!
自分は日々、先生を心の底から応援しております^^ !

では!

ポッポ

No title
次世代の党の党首候補については中山恭子参議院議員に一本化されたとのことで、良かったと思います。

中山議員の凄いところは、日本のことを第一に考えられることであり、これを実行するに足る胆力が備わっていることです。
どこかの党に、日本ではなく世界のための政治をすると言ったり、巡視船が漁船に衝突されたのに勘違いしてビビっていた幹事長がいましたが、政治家には日本のための政治をしていただきたいし、そのためには肝を据えて行動していただきたいと思います。

政治家に、男も女も無いと思っています。
必要なのは、日本のために行動する意思です。



元首相の村山氏は、日本と戦争をしてもいない中共の抗日戦争勝利70年の記念行事に参加するそうです。
考えてみれば、昔の社会党はソ連からも資金を得ていたそうですから、中共からも何かあったのでしょうか、恩返しかも知れないと妄想しています。

名無し

すばらしい
まさに真の大和撫子とは、この方のことをいうのではないだろうか!

tbsasahinhk

新たな第一歩の始まり
 ともかく本当に良かった。
 次世代の党発足の時から、平沼氏や石原氏ではなく中山女史になって欲しかった。
 とはいえ、前途は容易ではない、弱小党の今後の活躍に大いに期待したい。
 安倍総理との固いきずなを築いて、真の愛国の勢力を躍進させるように頑張ってほしい。
 心から声援と支援の気持ちを伝えたい。

フジ昆布

No title
今日、この日に
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1470
X年後に中山恭子内閣!

kuppo2007

No title
前の参院選で、比例代表に中山先生を投票しました。事前投票でしたので投票後にも先生は選挙演説をされてました。
 そのお姿をテレビで拝見し私は、この人に投票して本当に良かったと思いましたし、生まれて初めて投票して良かったと思える政治家にお会いできました。本当に日本初の女性総理大臣になって欲しいと心から思います。

えっちゃん

No title
今日も、ありがとうございます。
中山恭子先生が、かっこよすぎて涙が出ました。

赴任したすべてのセクションにおいて、いまだに中山恭子先生のおいでになった時代が、最高の仕事ができた、最高に楽しかった、最高の時代だったと懐かしがられている点です。

だれもがその下で働きたいと思う方なのですね。

鬼子

No title
動画を見て確信しました。日本の中心には中山恭子先生が必要です。すごい人ですね。あらかわいいお声と思って見てたら、スゴイ芯が通っていてビックリ。ちょっと恭子先生の過去動画を漁りに行きます。

日本は女性性の国ですから、是非安倍総理の後釜では女性総理になっていただきたいと思います。(日本はもともと卑弥呼(日の巫女)や持統天皇が活躍された国ですし。)

-

いつもありがとうございます。
中山恭子先生と安倍総理は信念も同じだし
仲が良いのですね。私は、失礼かも知れませんが自民党に復党されればいいのにと
想いました。小泉内閣の頃の郵政問題て離党されたのはよく承知していますが。

m.e

さて、今日の記事を大量にコピーしましたが
私は大量の束をどうすれば良いのでしょうか?
①駅のホームに置き忘れる
②公園のベンチに置き忘れる
③ゲーセンの台に置き忘れる
④公民館の前に置き忘れる
⑤バス停の前のベンチに置き忘れる
⑥スーパーの台に置き忘れる
⑦色んな置き忘れる

皆さん、忘れ物には気をつけましょうね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク