自民党はこの国の危機に何をやっておるのかっ!

[自民党]各派閥から苦言・注文相次ぐ 首相の求心力に陰り 2008年11月28日00時22分 / 提供:毎日新聞

記事がアノ毎日新聞なのですが、記者の名前のはいった記事なので、気になりました。

<記事引用>---------------------------------
27日の自民党の各派閥の会合で、幹部らから麻生太郎首相に対する苦言や注文が相次いだ。
次期衆院選への影響を懸念する中堅・若手議員も首相を公然と批判。
政府・与党は同日、今国会の延長を決めたものの、首相の求心力の陰りで先行きは不透明感を増しており、自民党内は浮足立った落ち着かない状況が続いている。【中田卓二】
---------------------------------------------

批判している若手議員って、いったい誰だ?!

安倍総理、福田総理と2人の短命政権を出し、ただでさえ国内外での信頼性がゆらいでいるさなかに、同じ自民党内部が一枚岩にならないで、どうしてこの国の危機を乗り切れるのか!?

批判はおおいに結構だが、トップの足らないところを自分たちで補い、相互に支え合っていくという基本的姿勢がなければ、議員をやっている値打はない!!
それが組織の基本です。

自由に意見を言う。そのことはおおいに結構。

だがしかし「トップを支え、この国の危機を乗り超える」、国を代表する与党第一党にその明確な意思がなければ、この国は崩壊してしまう。なぜそれがわからんのかっ!

<記事引用>--------------------------------
中川秀直元幹事長は町村派の会合で、
「国民目線とずれないこと、決められた法律を守りながらぶれないことが大事だ」と強調した。首相が郵政株式売却凍結に言及し、党内で郵政民営化見直しの機運が高まったことへのけん制だった。

伊吹文明元幹事長は伊吹派会合で、
「政策の良しあしより、二転三転しないことだ」と、定額給付金などをめぐる首相のぶれを批判。

高村正彦前外相も高村派会合で「首相が先頭に立って国民に説明しないと、今の逆風は乗り切れない」と首相に奮起を促した。

山崎拓前副総裁は山崎派の会合で「沈黙は金。放言でメッキのたぐいがはがれないように、いろんなことは言わずに頑張ってほしい」と皮肉をたっぷり交えながら指摘。

町村信孝前官房長官も27日夜のBS11デジタルの報道番組「インサイドアウト」に出演し、「首相の一言は重い。関係省庁、閣僚、官邸スタッフで方向感覚をそろえたうえで、首相がモノを言った方がいい」と論評した。
-------------------------------------------

中川秀直元幹事長にひとこと。
明治以来、国が運営し、国内最大の預金量を持つ国内最大金融機関である郵貯が民営化され、その株式が外国人によって「政治的」に買われ、大株主として経営権を主張してきたら、郵貯残高は、一瞬にして他国のものになってしまう。
その危険を防ぐための手だてが必要だという総理の意向は、きわめて穏当ではないのか?
あなたはいったいどこの国の国会議員なのだ?

伊吹文明元幹事長にひとこと。
定額給付に関しては、事態そのものがまだ流動的。その流動的な状況の中で、意見を求められた首相の発言は、行政の長としての希望的発言である。
定額給付をどうするかは、立法府である国会の役割で、だとするならば、国会議員である伊吹氏こそが、どうしたいのかはっきりと意見を表明すべきである。
立法府の人間が、自らの使命を果たさずに人の意見を批判し、決まった事柄を実行する役割の行政府の総理に、意見が二転三転しているなど、すくなくともあなたの言うことではない。
あなた自身が、三権分立の本義をもういちどわきまえるべきである。

高村正彦前外相にひとこと。
「首相が先頭に立って国民に説明しないと、今の逆風は乗り切れない」と首相に奮起を促したのはおおいに結構なことである。
総理が先頭にたって国民に説明する。
ただし、日本国の総理は、諸外国の大統領とは法的位置づけが異なる。
あなた自身も、高村派の長として、積極的に国民への説明義務を果たしていただきたい。

山崎拓前副総裁にひとこと。
「沈黙は金」だとか、前副総裁であなたの発言とは思えない。
高村氏が言うように、いまは与党が一体となってこの国の危機を認識し、改善する方向を語り尽くすべきとではないのですか?
黙っていたら何も変わらない。誰にもわからない。
発言について、いちいちマスコミが騒ぐなら、マスコミを規制する法律でも作ったらいい。
売国記事取締法。
それくらいの気概がなくて、誰があなたを次期総理に推薦するか。よく考えていただきたい。

町村信孝前官房長官にひとこと。
総理があちこちに相談を図った上で発言したほうが良いというあなたの説はもっともです。
しかし、総理が語らなければならないのは、あなたがた与党幹部の発言が乏しいからではありませんか?
マスコミを見ても、あなた方、まるで存在感がない。
内容はともかく、民主党の菅、鳩山、山岡、石井、浅野さん等、次々とマスコミを通じて情報の発信をしている。みずからの責任を果たさずにトップである総理の批判をしていたら、会社ならクビですぞ?!

山本一太参院議員が、
「首相に正しいことを言い、どんどん突き上げないと、自民党に未来はない」と語っているそうです。
議員である以上、どんどん発言する。
世の中を騒がせるくらい、発言する。
それが議員たるべきものの使命だと、ボクは思っています。
ただし、批判のための批判は、いまの日本の自民党内部では絶対によくない。
3代続けて短命政権を出したら、もう日本の政治は世界の信頼を失います。

太郎ちゃんねる11月27日


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ねずきち

>ys_tateさんコメントありがとうございます。
(´;ェ;`)ウゥ・・・
敬服なんてとんでもないです><;;
ただ、そういうものだと思っただけで・・・
すみません><;;

>赤坂王子さんコメントありがとうございます。
政治は日本社会の縮図といいますが、
うらみ、そねみ、あしのひっぱりあい・・・
たしかにそういうものかもしれません。
しかし、いまは、幕末の黒船来航と同じ時代です。
そんなときにまで、足のひっぱりあいくらいしかできないなんて、情けないにもほどがあります。

>goisantaさんコメントありがとうございます。
(゜-゜;)ウーン
そういう会は、まぁ遠慮しときます^^;

>ポチさんコメントありがとうございます。
_(^^;)ゞ


>オーラスピリットさんコメントありがとうございます。
シャッフルして新政党は、魅力的だと思います。
ただ、いますぐにかたつけるべきことをかたずけてから・・にしてもらいたいとも思っています。

>kunさんコメントありがとうございます。
失言を問題にするという世相自体にも問題があるように思います。
言葉じりをつかまえてああだこうだというよりも、物事の本質というか、しなければならないことを、まず、する、というところから出発するのではないかと思っています^^

kun

これほど失言の多い人だとは知りませんでした。以前からそうだったのでしょうかねぇ?
まさか、とんでもない失言で三代連続の途中降板なんて事はないでしょうね~。
過去のお二人より「神経は超太い」感じだから大丈夫ですかね。
別に棄権するつもりはないけど、自民がダメだからといって、じゃあどこに?
オバマさんに一票かな(-_-)

ねずきちさん なんとかしてください!

オーラ・スピリット

迷走理!?
こんばんはv-411

僕は自民党派でも何でもないのですが
総理大臣の資質が無い人を

総理大臣にしてしまった
自民党の責任なんじゃないでしょうか?

トップの足らないところを補うといっても
まわりも足らな過ぎて補えないのが現状では
ないでしょうか?

借金を返せる政治、政策を打ち出せない
こんな会社ならとっくに潰れています。

国民のためを思うのなら
解散総選挙をして民意を問うべきです。

国民のための政治をしてくれる政党なら
どこだっていいです。

シャッフルして新政党だっていいです。
国民のための政治をしてください。

失礼しました^^
ポチッとv-352

ポチ

まさに同意。

goisanta

ねずきちさん、ありがとう
ねずきちさん
 クリックありがとうございます。
やっと応援できました。応援しあう会があるんですが、紹介しましょうか?80-90点は取れます。
goisanta

赤坂王子

私は自民党支持者でもなんでもないんですが、こういう足のひっぱりあいというか権力をめぐる水面下の戦いというのが自民党らしいんじゃないでしょうか?

ys_tate

おっしゃるとおーりでございます
ねずきち様

「批判はおおいに結構だが、トップの足らないところを自分たちで補い、相互に支え合っていくという基本的姿勢がなければ、議員をやっている値打はない!!
それが組織の基本です。」

↑おっしゃるとおーり!
おっしゃるとおーりでございます!

ねずきち様に敬服いたします。

ys_tate
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク