麻生首相と小沢代表が初の党首討論を観て

昨日、麻生総理と小沢代表の公開党首討論が行われました。

内容は、Yahooで冒頭から終了までの全編が公開されていますので、そちらをご覧になるとよいと思います。

動画:麻生首相と小沢代表が初の党首討論
↑↑クリックすると全篇を観れます。

この件についてのマスコミの報道は、
------------------------------------------------
[党首討論]麻生首相と小沢代表、2次補正めぐり応酬 毎日新聞
小沢氏強気の追求に麻生首相平身低頭…初の党首討論 スポーツ報知
「麻生首相では持たない」=民主・小沢氏 時事通信社
<党首討論>年内解散を首相が拒否 毎日新聞
麻生首相、「早期解散の考えだった」=党首討論 時事通信社 etc.....
-----------------------------------------------

標題を見る限り、また、内容もどれも麻生総理に否定的。なかには麻生総理が小沢代表にひれ伏した・・・などとしているものがあり、いつもながらのマヌケな報道ぶりです。

だから自分がまとも・・・などと言うつもりは毛頭ありませんが、言葉じりだけでなく、ちゃんと討論全部を見た上で、自分なりの所感を書いてみようと思います。

まず、冒頭、小沢氏が
「景気対策というけれど、二次補正予算がでないではないか」と、麻生氏に質問します。

これに対し麻生氏は、
「1次補正は年末を乗り越えるための12月までについて9兆円の中小企業支援融資で対応している。二次補正予算は来年3月決算対策がまた必要になるので、1月早々に提示する」と答えます。

これに対し、小沢代表、
「1次補正で十分だというが、倒産件数は昨対14%増。年末にむけてますます景気の悪化は深刻化する。総理は10月末には二次補正をすると話したのに、いまだにそれをしないのは、発言がコロコロ変わっているのではないか?」と応酬します。

麻生氏、
「1次補正の後に、リーマン問題が起こり、100年に一度あるかないかの世界的金融問題が起きた。状況が変化している。1次補正に補正については、9兆円の融資枠の拡大は実現しているが、借り手側の問題だけでなく、貸し手側の問題も解決すべき課題であり、そのため『金融機能強化法』を上程し、衆議院では民主党の修正案にも応じ、可決した。しかるに参議院ではいまだ可決の見通しが立っていない。これをしなければ1次補正による中小企業保護が十分機能しない。小沢代表には、民主党が参議院できちんと審議に応じるよう党内にはたらきかけてもらいたい」と述べます。

これに対して小沢氏、
「金融機能強化法については、我々も対案を出しており、自民党には、我々の案に関してもきちんと審議に参加してもらいたい。総理は1次補正で年末対策は十分というが、倒産件数14%増加という状況下では、すぐに二次補正を提示してもらいたい。そしてそれよりは、ただちに衆議院を解散総選挙しろ」と述べます。

このあと、小沢氏は麻生総理の言葉に重さがないとか、いろいろ言いますが、そのあたりは単なる人格批判に属する事柄なので割愛します。

ここでちょっと解説します。

小沢氏がいうのは、
-----------------------------------
●1次補正予算(融資枠拡大)不十分
       ↓
●即時二次補正予算案を提出せよ。
●さもなくば、解散総選挙せよ。
----------------------------------
という論法です。


麻生氏が言うのは、
----------------------------------
●1次補正予算のうち、政府金融の9兆円は順調にはけているが、民間金融機関の融資枠を拡大する「金融機能強化法案」が未成立である。
       ↓
●「金融機能強化法案」が可決しなければ1次補正予算による中小企業保護策はできたとはいえない。
       ↓
●そこで今国会でこの法案を通した上で、1月早々に二次補正を組みたいので、民主党にも協力してもらいたい。
---------------------------------

小沢氏の主張は、非常にシンプルで簡単。
麻生氏の主張は、ちょっと文章が長いのでわかりにくい方も多いかと思います。
しかし、とっても重要なことを述べている。
どういうことかというと・・・・

政府が出す9兆円の融資枠だけでは、中小零細企業の危機を救うには、不十分だということです。公的融資を実行しても、そのカネで民間金融機関が自分のところの貸出金を回収したら、結果として政府の行った金融支援策はなんの実効もあげない。
さらに、9兆円は大金ですが、国内金融機関の年間の貸出金額全体からみたら、微細なものでしかないです。
だからどうしても、景気対策には民間金融機関の協力が必要になる。当然のことです。

そこで国がカネを出す以上、民間金融機関にも協力を求め、一緒になって中小零細企業への金融支援を行わせる。そのための「金融機能強化法案」です。
しかもこの法案は、民主党からの各種の注文を受け、だいぶ内容が修正されたうえで、すでに衆議院で可決しています。

ところが、どういうわけか参議院では民主党がこの審議に応じない。

そしていきなり「地域金融円滑化法案」という新法案を出してきた。
その「地域金融円滑化法案」の内容については、11月24日の記事「わけのわからない民主党法案」で、詳しく述べさせていただきました。
日本の金融そのものをめちゃくちゃにしかねないとんでも法案です。

民主党はこの「地域金融円滑化法案」を盾に、1次補正予算の審議に応じない。
応じなければどうなるか。疲弊し切っている日本の中小企業の倒産はますます増加してしまう。しかも世はすでに歳末です。

ですから緊急に「金融機能強化法案」を可決し、民間金融機関の融資枠を拡大しなければならない。
このあたり、どう考えても政府ならびに自民党の主張が正しい。


加えて、いますぐ12月にも解散総選挙を行えという小沢氏の言い分は、かなり横暴です。
1次補正は、主に中小企業への資金援助、2次補正が生活者保護をテーマにしていますが、この1次補正もまとまらないうちに、解散総選挙となると、またこの時期に政治に空白が生まれる。
小沢氏は、自分が初当選したのも昭和44年の12月選挙だったといいますが、昭和44年の世相と、いまの100年に一度あるかないかの世界的金融危機の最中では、まるで世相が違う。

あくまで庶民の立場からいえば、この大変な時期に、多くの中小企業が生きるか死ぬかの瀬戸際に置かれているときに、選挙なんてしてもらいたくない。見てください。どこの選挙事務所に行ったって、応援者として頑張っているのは中小企業のオーナーだ。そのオーナーが生きるか死ぬかってときに、悪いけど選挙なんてかまってられない。
そんなことどうでもいいから、カネ貸してくれよ。というのが、どこの会社もホンネです。

ほんとうに、この時期、どうでもいいから政治空白なんて作らず、まじめに、まともに、与野党一丸となって景気対策を何よりもまず最優先で行っていただきたい。そう思うのです。

ついでもうひとつ。余計なことですが・・・・
動画を見ていて思ったのですが、麻生総理の後ろに控えていた大臣諸君!!あなた方にひとこと言いたい。

自分たちのトップが発言したあとは、拍手くらいしろよっ!!

そんなものは、ペーペーの仕事で、自分たちはオオモノなんだと思っているなら、大間違いです。壇上に立って発言するとき、後ろにいてウンウンとうなづいてくれたり、拍手を送ってくれることが、壇上に立つ人間にとってどれだけ励みになるか、あなた方自身、壇上に立つとき、経験があるでしょう。
党首討論は、麻生氏と小沢氏の対決ではない。自公対民主の対決なのです。
ですから、後ろにいる大臣諸君も当事者なのです。
あいづちや拍手くらいはしろ!! あたりまえのことだ。

横道にそれました^^;

党首討論のあと、マスコミの取材に答えて、
「党首討論に出席いただいたことを感謝します」と述べた一国の宰相。
「なにを言っているのか、さっぱりわからない」と述べた小沢代表。

実際、1次補正に衆議院では賛成しながら、参議院での決議にはまるで参加しない民主党の行動をみたとき、ほんとうにこんなことで日本は大丈夫なのか、と不安になるのは、おそらくボクだけではないのではないかと思うのですが・・・・

「国民に信を問う」。選挙はとても大切なことです。
しかし同時に、選挙は国民の生活を犠牲にしてまで行うものではない・・・ボクはそう思います。

みなさんはどうお考えになりますか?

党首討論報道inフジ(11.28)

上の討論全編の動画を見た後に、このフジテレビの報道をみると、いかにマスコミが偏っているかがよくわかります。
小沢氏が「意図的に審議を引き延ばすようなことはしない」と言った瞬間、自民側からものすごいヤジが飛んでいる姿を、まるで自民の議員が不見識なように報道している。だけど実際審議に応じていない、それによって年末景気対策がぜんぜん進まない中で、この発言が出れば、ボクだってむきになって野次を飛ばします。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ねずきち

>ハタラキアリさんコメントありがとうございます。
「気をつけて、新聞・テレビも嘘をつく」
うまいですっ!(笑)

>bbさんコメントありがとうございます。
そうそうw
いじめ問題の解決には、まず総理大臣いじめから直さなきゃw
なんて、冗談抜きでおもったりしますね^^;

>moharizaさんコメントありがとうございます。
いまは総選挙は勘弁!!
まったく同感です。

>S三号さんコメントありがとうございます。
(・0・。) ほほーっ
そんなことがあったんだっ!@@;
まったく・・・

>ys_tateさんコメントありがとうございます。
こちらこそ、見に来ていただいて感謝です。

>基準点さんコメントありがとうございます。
朝日の損失は、経営責任もさりながら、そういう危機的状況のもとで、やはりかなりの過度なパブリシティの請負もあったであろうことは容易に想像がつきます。ただでさえ偏向していますからね。
でも彼らに良心があるなら、こういうときにこそ、自らの襟をただすチャンスなのではないかと思ったりもするのです。
くれぐれも損失補てんのために、売国勢力に会社を売らないようにしてもらいたいものです。

>うわばみさんコメントありがとうございます。
職人さん、ものの見事に本質を言い当ててますね^^
小沢氏と麻生氏の討論が、ジョーと力石の対戦のような互いの全力を出し切る迫力のあるものだったら、まさに全世界の目線を釘付けにしたでしょうね。
日本の動静はあるいみ世界が注目している。
その中で、揶揄するような表現とかは、はっきり言って見苦しい。
日本人として、正々堂々。達人の武士の勝負のような迫力を期待したですね。

うわばみふかお

 私が出張先で見た報道番組では、ヤジの大きさが勢いの強さだとか何とか、マスコミの見識の無さに失望しました。
 例によって、色眼鏡で見たキリクチになってしまいますが・・・。
  小沢党首の『…三度総理就任のお祝いを言って、今度また四人目のお祝い…云々』の切り出しから、ウチの職人は『次の総理はワシやぐらいウソでも云えんのか、解散しろ、選挙やれって、タレるだけタレといて、次の総理も自民からの総理にお祝い云うんかいな、アホやなあ、こいつは、負け犬生活が身に着いてしもとるんなあ』と突っ込み入れられてました。
 彼は冒頭から、しくみ作りの途中までは強いかもしれないが、最終的に“本番に智・体共に弱い”と云う小沢党首の本質を感じてしまったのでしょう。
 結局のところ、小泉・安倍・福田・麻生と四人を徹底的に論破出来ずに…福田の下手な口説きに軸をブラしたり…彼の言葉を借りると、チンピラの言い草にすら、致命的決定パンチを浴びせられずに…逆に四度のチャンスに何を考えて何が云いたかったのでしょうか?訳が判らんかったですね。
 巨人の星・明日のジョーを読んで育った私としては、強いライバルがあってこそ、強くなれると云う法則があるとするなら、自民の総裁が、近年続けて不甲斐無いから、民主は輪を掛けてもっと終わってるっと云うことなのでしょうか?

基準点

国民の心を失えばマスコミも凋落する
 ねずきちさん解説有難うございます、今回の論点の隠されている部分が良く判る解説です。

 マスコミは、パチンコ屋のCMが増えているのを見れば分るとおり、すっかり特定国のシンパに成り下がって、民主党の応援に勤しんでいますが、どう考えてみてもこの時期に衆議院選挙を行うのは基地外沙汰です、大して世界経済に詳しくも無い私でも分ることを、結構な学歴を有しているであろうマスコミの皆様が知らないはずは無いのに、解散を煽ろうとしています。

 時の利を得ない行動は多数の支持を失い自らの拠って立つ基盤を捨て去るに等しい愚考だと思っています。

 マスコミ報道に騙されることなく、幅広く情報を得て最も適切な判断ができるようでありたいと思っていますが、私の経験では単純に朝日新聞の反対に行動すれば丸との結論も出ており、今年は100億円以上の損失と聞きさもありなんと納得しています。

 今後も、内容のある解説等期待しています。

ys_tate

ねずきちさん、こんばんは。

動画を見るのに素晴らしいガイドになりました。
くわしい解説に感謝です。

有難う御座います。

S三号

今回の討論は、割とまともに報道された方でした。
相変わらず民主のまるでダメな法案はほぼノータッチでしたが。

小沢が党首討論やインド首相との会談サボって何やってたか、もっと知られればいいのに。
鳩山も現代のインドで仏教の話を持ち出すタコですし。

民主党は10月の不祥事だけでもノート数ページ分もある上、得意技は言葉の揚げ足取り、
おまけに金融危機の津波に溺れる国民の姿はどこ吹く風で解散要求。
麻生のバー通いは非難しながら、小沢は銀座日光ホテルで毎日昼寝。
半島関連を抜きにしても、まだ国のために頑張ってくれる人がいる自民の方がよっぽどマシですね。

mohariza

今は、総選挙は勘弁…
「動画:麻生首相と小沢代表が初の党首討論」は、長く、たるく、全部は見られませんでした。(全部を見た、ねずきちさんは偉い!)一方、「党首討論報道inフジ(11.28)」は、ヤジばかりの党首討論との印象ですね。

今の所、私は、「反自民」の立場ですが、景気が後退し、年末、どこも火の車状態で、慌ただしい中で、総選挙は勘弁して欲しいですね。
民主党も、まず、党利党略より、現在の国民の状況(特に不景気)をどうするか?が、大事だと思います。

しかし、総選挙で一時盛り上がっていた、マスコミ、どうしたのでしょうね?
勝手に、「○月○日、解散!即、総選挙!」と、煽っておいて…。

bb

ねずきちさん、こんばんは。

昨日のねずきちさんの記事にもありましたが、自民党もう少し麻生さん支えて欲しいですね。自分たちで選んでおいて、酷すぎます。マスゴミは相変わらずなのでもう信用してません。特にタレントのバカ発言を聞いていると気持ち悪くなって、TV消します。あっ、新聞とってません。

小沢さんはもうとっくに信頼を失ってます、私の中では・・・・中国に行ったときのあの体たらくを見たとき完全に終わりました。あの人に外交は任せられないと確信しました。

この国で一番いじめられるのは、内閣総理大臣ですね。小沢さんの見下した態度。人格批判はしたくないですが、あんまりだと思ったので・・・チンピラね~どっちが?です。

アメリカの拍手はある意味礼儀なのでしょうが、あそこまで行かなくても応援の意味での拍手欲しいです。因みに国会中継で時々TVにむかって拍手してます。勿論一人のとき・・・

ハタラキアリ

一次補正予算案の審議妨害を参院でしておきながら、二次補正予算案を出せはないよね。

「国民生活が一番」なら一次補正予算案をさっさと参院を通過させるべきだよね。
その後で、二次補正予算案で一次補正予算案のフォローをする為の予算案を民主党が提出すれば充分で、経済に対する国民の不安をまず、和らげるべく、与野党協力すべきです。

しかし、売国民主党、日本をぶっぶしたいのでしょう何でも「反対」。先祖帰りしてますね。

印象操作を映像を使って繰り返すテレビ局は、日本にとって本当に危険です。
メディアテラシーを確り学びたいですね。

「気を付けて、新聞・テレビも嘘を付く」
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク