百人一首本が日本図書館協会の選定図書に選ばれました

■「第六期 日本史検定講座」が受講生募集中です。
今期は本当の近現代史を学びます。
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20151112 日本図書館協会選定図書2


みなさまのおかげさまをもちまして、
『ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」』が、
日本図書館協会選定図書に選ばれました。

「日本図書館協会」は、1892(明治25)年「日本文庫協会」として設立された団体で、いまの名称になったのは明治41年のことです。
図書推薦団体として、アメリカ、イギリスに次いで世界で3番目に設立された歴史ある団体で、以来120年以上にわたり活動している由緒ある団体です。

この協会の「推薦図書」が,全国の図書館・読書施設が図書を選定,購入する時の参考になります。
この本が全国の図書館で購入され,より多くの方に「百人一首」もつ楽しさ、明察功過やシラス、ウシハク、そして天皇の存在のありがたさに気付きを与えてくれることを希望します。


やまと新聞 小名木善行の「百人一首」 41番歌 壬生忠見
恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか


政治の混迷、メディアの偏向、景気の低迷、格差拡大など、様々な問題が、いまの日本を覆っています。
議論が重ねられ、対策が図られ、疑問や問題意識が提示されていながら、問題はまったく解決するどころか、世の中は悪くなるばかりだといわれています。

なぜそうなるのでしょうか。
どうしてもっと良くならないのでしょうか。
その最大の理由は、日本人が本来あるべき価値観を失い、何もかも経済優先が国是にも個人の是にもなっているからではないかと思います。

政治は「線引」です。
年金支給を60歳からにするか65歳からにするか、車は右を走るか左を走るか、中学校を3年にするか5年にするか。世の中のルールを決め、それを実行するのが政治です。
政治が線引をすれば、必ずそれによって得をする人、損をする人が出ます。
損する側に組して文句を付ければ、政治はどこまでも対立と闘争になります。

経済は「損得」です。
多くの日本人は、それを努力した結果と捉えますが、そうでない人もいます。
そうでない人というのは、どうやったら楽をして儲けることができるかだけを考える人たちです。
このような人たちは、日本に住み日本で生活し日本人のような顔をして日本語を話していても、頭のなかは外人です。
外人とは、「人のほか」つまり、ひとでなしのことを言います。

軍事は「勝敗」です。
圧倒的な強さだけが、平和と繁栄を約束してきたというのが人類の歴史です。
弱ければ蹂躙される。全てを奪われる。
強者の前に弱者はひれ伏すしかないのが現実です。

教育は「徳育」です。
徳育の上に学問が成立します。
徳育のない学問は、「頭でっかち」です。
学問だけで徳育のない科学者のことをマッド・サイエンティストといいます。
要するにただのキチガイです。

戦後の価値観の混乱を、GHQの「せい」だという人がいます。
韓国が、何もかも日本の「せい」にするのと同じです。
「せい」にしているだけで努力しない。だからいつまで経っても良くならない。
戦争で焼け野原になった日本は、GHQに助けられて食料を入手し、国土も経済も復興させてきたという見方もあるのです。
新幹線だって、GHQに助けてもらって敷設できました。
我々の世代の学校給食のパンやミルクはGHQにいただいたものです。
いただきものがなければ、おそらくいまの60歳以上の人口は5分の1です。

いまの日本は、価値観が混乱しているのではありません。
線引、損得、勝敗、徳育。
すべての「価値観」が「カネ」という単一のものになっているだけのことです。

日本を取り戻すということは、日本的価値観を取り戻すということです。
百人一首は、藤原定家が本来の日本の価値観を取り戻したいという強い情熱と信念に基づいて、その最晩年に作成した歌集です。
けれどそれは定家の死とともに、およそ230年間、埋もれてしまいました。

世は混乱し、カネのために人が人を平気で殺す時代となりました。
それが応仁の乱に始まる戦国時代でした。
そんな時代に、まさに不死鳥のように蘇り、日本人の価値観を取り戻すきっかけとなったのが百人一首です。

百人の歌人の百首の歌を順番に配置することで、一大叙情詩となるように作成された百人一首は、その内容を深く読むと、日本人として学ぶべき大切な価値観が、くっきりと見えてくる内容になっています。
ただの恋愛歌集ではないのです。
そこには、日本の心のすべてが詰まっているのです。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

くすのきのこ

No title
こんにちは。何にでも良し悪しがあるものですね。
原発の温排水の止まった玄界灘の海、川内の羽島港、若狭湾の観察では、
水温が下がり、本来生えていた海草と魚貝が戻り始めているそうですよ。
温排水のために海水温度が上がっていた間にいた南の海の魚は、夏場しか
見なくなったようです。羽島では、海草がなくなり漁獲量も減っていたそ
うですが、2年半で漸く海草が再び生えはじめたと・・温排水はしんだ水
だと土地の方は表現してますね・・しかし再稼動ですか・・千年後はどう
なっているのかな?地方再生をいいつつ地方を切り捨てて、なおかつ環境
負荷をかけている・・コレでは長持ちしませんよ。
縄文時には海水面は2~3メートル程高い時代があったようです。海岸線
も随分違ったでしょうね。随分と内陸に貝塚があったりするのも納得です
ね。その頃は温暖だったでしょうから、南海の魚貝を食べていたかもww
数箇所の地球温暖化利権?団体が海面上昇予測をしていますから、いずれ
海辺の原発は処理される事になるでしょうね。世界海洋汚染の元という理
由で。エネルギー革命は待ったなしです。日本も大分と水没予測がされて
たりします。その代わり、西ノ島のように隆起する土地もあると。自分の
目で見れないのが残念です。数百年かかりますしww
天災という神のしごきに耐える人々が日本民族なのだと思いますね。
人は土地を造り、土地は人を作る。大きくわけて南方海洋系と北方大陸系
の人々が出会って交じり合って暮らしてきた日本の土地・・カネに縛られ
た現代社会の人間の都合だけで”開発”しているが、土地への感謝の心は忘
れ果てているようではありませんか?

猫めでる婆

おめでとうございます
ねずさん、おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。
日本人の心、日本人としての矜持、日本人として目指す方向すべてが凝縮しているご本と信じています。
千年以上前の日本人と現代の日本人との心映えの共有は、日本が日本たる所以ではないかと思います。
日本人に生まれてよかったです。

だいだい

おめでとうございます!
ねず様 偉業おめでとうございます。

やはり、天皇陛下の存在があればこそ百人一首はありえたのかなと実感します!

万国未来に平和をもたらす天皇陛下万歳です。

beany

ねずさんおめでとうございます!
 
この御本はいずれ常用国語便覧の文学史に載りましょう。
論文博士号を贈りたいと申し出る大学が複数出てくると拝察します。
名誉教授は兼任できますが文学博士は1度きりです。
慌てず急がず厳選なさってくださいね。
 
私は初版のうちに買い増ししとかなきゃ(笑)

ポッポ

No title
百人一首本の日本図書館協会の選定、おめでとうございます。


>戦後の価値観の混乱を、GHQの「せい」だという人がいます。

GHQの「せい」だとは思いませんが、GHQは連合国軍最高司令官総司令部として日本を占領統治したのですから、ハーグ陸戦条約を遵守する責任はあったと思います。(条約の記名調印国に戦勝国は含まれています。)

また、動条約の陸戦放棄慣例に関する規則の第三款 敵国の領土における軍の権力 第43条(国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、施せる一切の手段を尽くさなければならない。)があります。

これを見るときに建前として考えるならば、占領国に対して憲法までを押しつけたのはやり過ぎです。また、生活を回復確保するための給食は、実施されない場合、暴動を招き占領行政に支障を来す恐れもありました。もっとも、日本人は民度が高い故に、暴動よりも餓死を選んだかもしれません。

本音ですが、給食はありがたかったのですけど、脱脂粉乳はまずかったです。しかし、それでも貰えただけで、ありがたかったのでしょう。

そして、日本を二度と立ち上がれないことを目的としたGDIPとプレスコードは、やってはならないことだったと思います。
その結果は、今のアメリカが一番苦労することになっているのだろうと思います。

これは例えば、先日、安全保障関連法の改正がされましたけれど、日本の軍事をすべて取り上げた結果、数十年後にアメリカは日本の軍事力を欲したときに利用できませんでした。そして、憲法を改定するときに、日本人の考えた憲法を採用していれば、安保ただ乗り論を振り回す必要はなかったと思います。また、最終的には実施されませんでしたが、ゼネストを企画されることもなかったと思います。
後日を見れば、GDIPは日本にとっても、アメリカにとってもプラスになったとは思えないのです。

余分ですけれど、日本の占領政策を成功だったと誤った自信を持ったアメリカは、イラク戦争に勝利した後に日本を占領した際の成功体験で占領統治を行いました。
そして、アメリカの占領統治は失敗に終わりました。天皇をいただく日本と、そうでない国は異なっていることに気がついたと思います。

日本の現状はGDIPの責任がすべてだと言っていたら、今の日本はないと言うことは当然です。
国民全体がその持ち場で一生懸命に努力したから、戦後の復興がなされたのだと思います。
そして、国民は日本の象徴である天皇陛下と国を信じているからこそ、個人よりも集団を大事にできると思います。

渡辺

おめでとうございます。学校の図書室にも置いて欲しいものです。
先日『わが子に贈る日本神話』という本を買い求め、毎晩子供に読み聞かせしております。ねず先生の以前の記事でご紹介を頂いたものです。とても良い本です。ありがとうございました。世の中に良書が増えるほど、日本が良くなっていくのだと思います。

渡辺

「人のほか」は、「人外」ではないでしょうか?「外人」とは外国人の意と思いますが、日本人が「外人」の無法・無道を良く知っていたからこそ、「外人」に対する区別や断続的な鎖国政策があったのだと理解しています。平和な社会をつくり、同胞を守る為にあったのが戦前までの各政権(幕府)だと思います。
昨今取り沙汰される移民問題についても、価値観や習慣・考え方の異なる種族を無批判に受け入れるのは乱暴すぎる話です。移民の人権に配慮すればするほど、文化の衝突が起こり治安が悪化します。日本を壊したい者達には好都合なのでしょう。

KI

おめでとうございます!
我が家でも1冊買いました。

junn

No title
http://matome.naver.jp/odai/2137273431513789401目的は「永住権獲得」…グローバル化する偽装結婚

寺島 孝

No title
やったー! 嬉しい!
ねずさんの百人一首は、従来の解説を覆したものだ。にも拘わらず選ばれたということは、選考の人たちの心を打ったからに他ならないからだと思う。
図書館に置いて皆さんに読んでもらわねばならない、後世に残したい、そう感じたということですよね。
日本人、捨てたもんじゃないぞ。いや、変わってきていると感じます。



No title
図書館関係はもう全部韓国人と帰化人に背乗りされたと思っていましたが,
まだまともな協会もありましたか
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク