下呂市の金山巨石群は天体観測所か

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20151216 金山巨石群


先日、ハンドルネームてっさんさんから、コメント欄でご紹介いただいたのですが、岐阜新聞がおもしろい記事を紹介してくださいました。

*******
グレゴリオ暦と一致か 下呂市の金山巨石群
岐阜新聞 2015年12月12日 09:29
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20151212/201512120929_26303.shtml</u>">http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20151212/201512120929_26303.shtml

岐阜県下呂市金山町岩瀬の県指定史跡で、縄文時代の天文台とみられている「金山巨石群」を調査している金山巨石群調査資料室は11日、現代と同じ太陽暦の「グレゴリオ暦」に基づいた観測ができる可能性が極めて高い、との調査結果を発表した。

金山巨石群は推定4500年以上前に造られたとされる。
高さ9~10メートルの岩が折り重なり、岩と岩の隙間から差し込む太陽光の位置や大きさなどから暦を読み取ったとされる。

同資料室によると、巨石群にある3カ所の遺跡のうち、岩屋岩蔭遺跡巨石群内部の特定の石の端に、4年周期で10月15日に長さ約10センチの光が当たることを観測。
さらに国立天文台が示す太陽高度のデータと照らし合わせた結果、128年周期で10月15日に観測できるはずの光が差し込まず、平年は光が当たらない2月26日に光が観測されることが分かった。

そのため縄文人は光の変化によって4年周期の閏(うるう)年、128年周期で訪れる約1日分の暦のずれを知っていたと考えられるという。
資料室代表の小林由来さん(67)=同市金山町金山=は、
「16世紀に欧州で導入された暦が、そのはるか昔の日本で観測・解明されていたとすれば驚くべきこと」と話している。




20151208 倭塾・動画配信サービス2
20151216 金山巨石群で暦の観測に使われていたと推測される石と石棒


巨石群内からは差し込む光の形と同じ形状に加工された石、石棒なども見つかっている。
小林さんは「稲作をしていない縄文人がなぜここまで正確な暦を知ろうとしたのかは分からないが、変化の少ない時代背景が長期間の観測を可能にしたのではないか」と推察する。

【グレゴリオ暦】
現行の太陽暦として世界各国で用いられている暦法。1年の長さは365日と5時間48分46秒のため、4年に1度閏(うるう)年を加えていくと、128年周期で約1日分のずれが生じる。
そのため、グレゴリオ暦では400年の間に3回閏年を外すことで、時間のずれを修正している。


********

すごい発見として報道されました。
けれど実は地元では、すでに古くから「ここは天体観測所」であったのだという言い伝えがあったのです。
「なぜなら、ここはかくかくしかじかで、このように使われていたのだから」とも言われていたのです。
そして実際、差し込む光の形と同じ形状に加工された石や石棒まで出土していたのです。

ですから、観測のために用いたというのは、間違いのないことであったろうし、外国からも研究者の方がやってきたりもしていました。
つまり、日本国内よりも海外でのほうが有名なほどであったのです。
それが国内では、いまになってようやく、地方紙の片隅で報道され、それがネット上でも報道されたということです。

4500年前といえば、山形県舟形町の西ノ前遺跡で発見された、高さ45cmの「縄文の女神像」よりも、200年位あとの時代です。
日本では、11万年前には石器が使われ、3万年前には加工した磨製石器(世界最古)が使われ、1万6500年前には世界最古の土器がつくられ、1万3000年前には、人の形をした土偶がつくられ、1万2500年前には、漆が栽培され、使われています。

気温からすれば、西日本が熱帯だった時期が終わり、急速に寒冷化が進んだ時代でもあります。
わずか1500年の間に、年間平均気温が4度も下がり、止まない大雨が降り続いた時期でもあります。
ノアの方舟伝説が生まれたのも、ちょうどこの頃と言われています。

急速な気象変動は、植物体系を大きく変えます。
自生する植物が熱帯性から寒帯性に変わるのです。
食べ物も変わらざるをえない。
なぜこのような変化が起きるのか、先々がどのようになるのか。
そのために陰暦だけでなく太陽暦も併用するなどして、生き残りのために必死になっていろいろな物事の研究すすめるのは、当時の政治にとって大きな役割であったろうと思います。

それにしても、これだけの巨石です。
しかも「128年周期で訪れる約1日分の暦のずれ」の確認ができるように工夫が凝らされているわけです。
いったいどうやって加工したのか。
そもそもこのように大きな巨石を、どこから運んできたのか。
どうやって配置したのか。
これだけの微細な精度を、どうやって確保したのか。
興味は尽きません。

そもそも日本は地震大国なのです。
巨石を配置し、積み上げ、削り、地震があっても観測精度が落ちないようにしてあるわけです。
ものすごい技術力だと思います。
謎は深まるばかりです。

さらにこの巨石群には、さまざまな彫り物があります。
それは天体観測のための印であったり、あるいは曲線を多用した不思議なカタチをしたりもしています。
かなり風化が進んでいますが、それでもある程度は肉眼でも確認できるものです。
それらは実は模様ではなくて、神代文字かもしれません。

そもそもこの岐阜県の飛騨の高山から下呂に至るあたりは、古代において、日本列島の西日本が熱帯であった頃、日本の中心地であったという説があります。
ここから天の鳥船が世界に向けて飛び立っていたという伝説も残されているくらいです。
地球全体の気温が高かった頃、北極と南極の氷が溶け、海水面がいまより5〜6メートル高かったのです。
西日本は熱帯で暑すぎるし、ですから飛騨の高山のような高地が、人類の生存にはもっとも適した安定した気候の土地だっったというのです。

これは地球の長気温変化云々が判明するよりもずっと古い時代からの言い伝えです。
そもそも古事記を諳んじた稗田阿礼(ひえだのあれ)の稗田は、もともとが「ひだ(飛騨)」という姓であったという説もあるくらいです。
つまり、飛騨が日本の中心地で、日本の統治者(うわかたさま(上方様))が飛騨におわした、という伝承があるわけで、そうであれば、この地に高度に発達した天体観測所があったとしても、不思議はないのかもしれません。

もし、この報道が、欧米や支那朝鮮のものであれば、おそらくニュースは世界中に波紋を投げかけることでしょう。
「考古学上の貴重な発見」としてきっと大々的に報道されていることと思います。
ところが日本では、ほとんど報道さえされません。

そういう控えめな姿勢が日本人らしくて「良い」という意見もあろうかと思います。
私も、大騒ぎして自慢したり、胸を張ったりするようなことではないと思います。
けれど大切なことは、ひとつの発見から、次々といろいろなカタチでの検証作業が行われ、冷静にその謎を解明していくことではないかと思います。
そういう地道な努力こそが日本らしさといえるものです。

ただ、いまの日本の歴史学会や考古学界は、日本文明はなかった、日本は7世紀まで、いわゆる原始時代のような状態にあり、半島から文明が伝わってようやく文明開化したのだという「前提」から、すべての物事をみようとしています。
そういうことを世界では学問とは呼びません。
それは政治です。

残された遺跡から、謙虚に真実を探しだす努力こそが学問の名に値するものです。
そういう意味で、こうした遺跡群の真実が、これからもっと解明されていくことを願ってやみません。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
 こういったニュースは、ワクワクしますね。
巨石群ですが、さざれ石を固めてあると聞いたことがあるんですけど・・・
今でいうところの、コンクリートであると。固める技術があったとか・・・。
本当でしょうかね~~?o(^^)o

岐阜県民の 一人

本日 金山巨石群に行って来ました。
初めまして。
岐阜県在住の者です。 まずは、このエントリで岐阜県の話題を取り上げて頂いた事、感謝申し上げます。
私は以前から、岐阜県内に散見される巨石信仰、神代文字の刻まれた巨石に興味を持ち、現地を訪問してきました。
その中でも、この金山巨石群にも数度訪れてまいりましたが、
いずれも、夏至、冬至、春分の日や秋分の日を外した、私の職業上都合の良い日に訪問していたので、何の観測も何の出会いもないままでした。

しかしながら、今日(日付としては昨日ですが)訪問させていただき、現地で長年研究を続けてこられた方々と意見交換を交わした後に、ここが古代の日本に暮らした縄文人が明確な意図と洗練された知識をもって建設した天体観測装置であると、確信しました。
このコメント欄でも「あばら家」さんのように、自然の偶然の産物に、古代人が後に意味を付加したのであろうとうすうす思っていた私自身の考えを、恥ずかしく思うほど金山巨石群は、先人の恐らくは血の滲む、それ以上の犠牲を出す努力・苦労によって永い時と世代を超えて作られたであろう観測装置であると、実際に対峙すれば教えてくれます。
こればかりは、実際にこの観測装置が機能している場面をインターネットの画像ごしではなく、その目で見て頂かなければご納得頂けないと思いますので、異論のある方はぜひとも岐阜県下呂市をご訪問ください。

そして、本題に戻りますが、この金山巨石群、研究をしていらっしゃるグループの皆さまによれば、現在使用されている太陽暦・グレゴリオ暦と同じものを三千年以上前の縄文人が理解し観測していたとの事なのですが。
その確証を得るためには、この金山巨石群の代表的「岩屋」の、祠の下側を発掘調査しなければならないのです。
この、金山巨石群を調査されているグループは、一度独自に発掘を行ったところ、このグレゴリオ暦につながるうるう年の調整機能。 の確証を得るところまでいったのですが、残念ながら遺跡は岐阜県の史跡指定を受けており、研究を行っていたグループが独自に発掘を行った事を知った岐阜県の教育委員会が、埋め戻しを行い再度の発掘を禁じたそうです。
 そののちにも研究を斧なっているグループの方々が再三再四、発掘調査の必要性を説いたそうですが、県教育委員会はかたくなに
「縄文人にそのような知識や技術があるわけがないので、発掘調査は行わないし、行わせない」と拒絶してきたそうです。

たとえそれが関係者や国民の期待に添わない結果になろうとも、世界の歴史を塗り替える可能性を日本で暮らした我々の先人が積み重ねていたのなら、その実績を明らかにするのが子孫の役割と考えますが。

岐阜県の行政の腰は重そうです。

長文乱文 失礼しました。

たぷたぷ

生まれ故郷に縄文集落遺跡があります
縄文時代にはワクワクするようなロマンを感じますよね。
ただ現在の学説で、縄文人と弥生人が別人種で民族浄化のように入れ替わったと言われる事に不満と不安があります。
朝鮮半島からの渡来人が弥生人の祖だという説は、感覚的に受け入れられないのです。
大陸や半島の下位に日本を置いておく為、捏造考古学歴史学なのでは?と疑ってしまいます。
学閥や権威にとらわれず、真実だけを淡々と追求してくれる学者さんが数多く現れてくれる事を願っております。

品格が物語ってます

依存なんとかというブロガーがいるらしいですね

証拠も示さず詐欺よばわり

くどくど説明するのは奴らと同じレベルに落ちそうでやめます

一言で言えば品格がちがいます

感じるのは、日本人とパ ヨク

これからもねずさんを応募しています❗

あばら家 送達

縄文人も巨石群に何かを感じたのでしょう。
今回紹介された金山巨石群ですが、縄文人が造ったというには、どう見ても岩が大き過ぎます。
あれほどの大きな岩は、現在の重機などを用いても容易に移動させたり、思惑通りに配置させたりするのは困難です。
しかも金山巨石群がある場所はというと、木々が生い茂り傾斜などもある作業がしづらい山の中です。
縄文人は当然ですが、現代人の蓄積された技術や知恵をもってしても、あすこにあのような巨石群を造るのは難しいんじゃないかと思います。
ですので金山巨石群が縄文人によって造られたと考えるのは、無理があるように思います。
金山巨石群の周りからは、多くの土器などが発掘されているということなので、おそらく自然が作り出したワケワカメな雰囲気の巨石群に縄文人たちが「何か神聖なもの」を感じて、あれこれと後から手を加えていったのではないかと思います。

ポッポ

No title
金山巨石群は凄いです。こんなに古い観測設備、エジプトのピラミッドが建設された時期と同じ頃に、日本で暦を観測することができていたとは、信じられないくらいです。
これが隣国なら、教科書の第一ページに掲載するのでしょうけれど、日本の国では暦は大陸から渡ってきたはずだとして、自国の先達の偉大さを信じることはまずありません。

古代の磨製石器や、縄文土器の優れた文様を見ては、日本の凄さに驚かされるのですが、戦後の日本の歴史学者は、日本の凄さはあり得ないこととして、闇の中に片付けるようです。



次世代の党名が変わるのですね。
やっと周知されてきたのにと、残念な気もしますが、党名は「日本のこころを大切にする党」で、略称は「日本」とのこと。

略称の「日本」は、素晴らしいと思います。

愛信

『日本のこころを大切にする党』に党名が変更
『日本のこころを大切にする党』に党名が変更
https://twitter.com/j_pfg/status/678759916840947714

次世代の党名改め『日本のこころを大切にする党』

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

えっちゃん

No title
今日もありがとうございます。

「そういう地道な努力こそが日本らしさといえるものです。」本当にその通りだと思います。

 昨日、最終回をむかえた、下町ロケットで、佃製作所社長、佃航平(阿部寛)が「技術者が何万回の試験をかさね、その積み重ねが・・・。」という場面。その下町ロケットのモデルの植松電気 専務取締役の植松努さんの本「空想教室」 世界最古の企業の1位から3位を占める日本。 いい国に生まれてよかったなあと思います。

愴意

マスメディア情報
これ程の発見があったのにニュースに出てこないというのは本来ありえないことです。
ましてや自国で発見されたことなら尚更、海外ならば食いついて離さないぐらいの勢いがあるものです。本当に日本のマスメディアは本当に酷いものです。
ニュースは、人の不安を煽ったり同情を誘うことは嫌らしい位見せびらかすけど、(彼らの言う)右翼的内容には口を紡ぐ。お金と大衆の感心を得ることだけを考え、情報を吟味させる時間すら与えないで次々と滝が如く与え続ける。
そのくせ、自分たちの意見をそれとなく織り交ぜて繰り返し写すので、無意識下の洗脳と言っても差し支えないぐらい誘導する。
必要の無い情報と必要のある情報の区別すら最近の人は出来ないのではと不安でなりません。
ニュースは情報を与えるフリをして誰よりも人の尊厳を喰らってきます。
テレビなしでは生きていけないと考えている人もいるでしょうが、そんなことありません。情報ならネットでいいし、むしろ、ニュースの様に公平なフリをして意見をすり込まれるより、嘘か本当か自分で考える時間を取りやすいのでいいと思います。
それに、言語としてみた時におそらくより書いた人間の意見を見つめやすくなるでしょう。
おそらく、テレビで情報を得ているという人は、一部を除いて娯楽として捉えている節があるはずです。私もそうでした。
けれど娯楽と情報を得ることを混ぜ合わせるとただの知識人ぶる人か、口だけ偉そうにテレビの意見を自分の意見のつもりで発する軽薄な人間になることはまちがい無いでしょう。
目的や意見の無い時のテレビには意味はありません。むしろ哀れになるだけです。
今日の情報社会では、どうしても情報に触れ続けないといけない人はいるでしょう。なればこそ、私達は吟味する必要がある。それは、社会という人の関わりにとっての責任だと思います。

にっぽんじん

新たな詐欺
中国政府が新たな「詐欺」を始めました。「詐欺」かどうかは実際に利用した企業のみが分かると思います。

外貨を人民元に換えることは自由ですがその逆は書かれていません。元をドルに換えることには制限があるはずです。その中でドルから元への交換のみ自由になります。

これは新たな「詐欺」の始まりではないでしょうか。

「中国国家外貨管理局上海市分局は17日、中国(上海)自由貿易試験区(上海自貿区)での外貨管理改革に向けた実施細則を公布した。上海自貿区に入居する企業に対し、海外から調達した資金を自由に人民元に交換することを認めた。」
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク