警神・増田敬太郎巡査

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

警神・増田敬太郎巡査
20160221 増田敬太郎


日清戦争が終わって下関条約が結ばれた明治28(1895)年、この年、日本国内では、伝染病のコレラが大流行しました。
このとき、コレラが猛威をふるう佐賀県肥前町では、町の駐在巡査が病気がちだったために、村人たちを充分に助けることができず、巡査は県警本部に応援を求めました。

県警察本部はすぐに適任者の面接を行ないました。
そして、病気に対する知識もあって、行動力もある25歳の増田敬太郎巡査を抜擢し、肥前町に派遣しました。

増田敬太郎巡査は、熊本県泗水村出身で、警察官になる夢を抱いて佐賀県警察学校に入り、普通なら3ヵ月かかる警察官教習課程を、なんとわずか10日間で習得したという、優秀な青年です。
人一倍正義感が強くて行動派の増田巡査は、すぐに唐津から交通機関が何もない山道をたどって肥前町に入りました。


赴任した増田巡査は、さっそく区長たちとコレラ対策を立てました。
いまではすっかり撲滅されたコレラですが、当時コレラは「古呂利(ころり)」と呼ばれ、発症すると三日くらいで、7割の感染者が死に至りました。
対策としては、細菌の侵入を防ぐこと、発症後は脱水症状が著しくなるので、とにかく水分を補給し続けることでした。

ところが、地元の人々はそうした伝染病への対策知識を持っていません。
あるのはヤスデの葉を軒に吊るしたり、松飾りを家の入口に置いたり、お札を貼ったりするなどの迷信だけです。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


増田巡査は先頭に立って患者の家をまわり、消毒を行い、縄を張りめぐらして人々の往来を禁止しました。
また、生水を飲んだり、生のままの魚介類を食べないよう指導して回りました。
拡声器や、ラジオやテレビがある時代ではありません。
とにかく、一軒一軒、しらみつぶしに訪ねて行って指導していくのです。

ところが増田巡査の懸命の努力とは裏腹に、すでに手遅れの患者が薬を飲んで亡くなったのをきっかけに、
「増田巡査が毒薬を飲ませている」という何の根拠もないうわさが広まります。
噂はあっという間に村々に広がり、治ると思われる症状の患者まで
「この薬は毒薬だから飲まない」といい出す始末となりました。

村人たちのために、一生懸命に尽くしているのに、いわれのない中傷を浴びるのです。
それだけではなく、増田巡査がやってくると、まるで疫病神が来たかのように、戸口を閉めて増田巡査を受け付けない家まで出る始末です。
けれど増田巡査は、その責任感だけで、村中の家を一軒一軒まわり続けました。
そして根気強く人々の誤解を解いていきました。

しかしその結果、コレラが伝染病とわかると、今度は感染を恐れた村人たちが、亡くなった人の遺体を運ぶことを拒むようになりました。
このため増田巡査は、たった一人で遺体を背負い、対岸の丘の上の墓地に埋葬をしました。

患者への手厚い看病や予防活動に、不眠不休で取り組みながら、さらに遺体を背負って山道をひとりで運ぶのです。
増田巡査の疲れも極限に達していきました。

そんな増田巡査に、ついてコレラ菌が襲いかかりました。
着任して3日目のことです。
その日の午後、増田巡査は、とうとう倒れてしまいます。

「このようになっては、
 回復の見込みはないと覚悟しています。
 しかし村のコレラは
 私が全部背負っていきます。
 だから安心してください。
 また、村人たちには、
 私が指導したように
 看病と予防を
 しっかりやるように伝えてください」

死の間際にこう遺言して、増田巡査は亡くなりました。
増田巡査が警察官になって7日目、村に来てわずか4日目のできごとです。

それから百年が経ちました。
地元の人々は、増田巡査をしのび、神社に碑文をたて、以来、毎年増田巡査の命日の7月26日に近い日曜日に、警神となった増田巡査をしのび「増田神社夏祭り」を開催しています。

たった4日間の恩を、いまだに肥前町の人々は忘れていないのです。

私たちは、そうした善い行ないをされた先人たちを、歴史上に数多く知ることができます。
そして全国、どこの地の地元にも、そうした地元の恩人となって石碑の建てられた人がいます。
ご近所を探してみてください。
それは、必ず、あります。

そしてそのような歴史は、やはり大切に子供たちに語り伝えるべきだと思うのです。



※この記事は2009年8月の記事をリニューアルしたものです。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

袈裟切り地蔵

この話は、愛知県田原市にそっくりな実話があります。田原市立衣笠小学校では、毎年文化祭で、小学生が、演劇発表しております。地元民が、毎年 増田巡査を顕彰する供養が、されています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク