KANO~1931海の向こうの甲子園「感想文コンクール」

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160226 KANO


KANO~1931海の向こうの甲子園「感想文コンクール」が開催されています。
「KANO(カノ)」は、終戦まで台湾にあった嘉義農林学校(現在の国立嘉義大学)の略称の「嘉農」のことです。
この学校が昭和6年夏の甲子園(第17回全国中等学校優勝野球大会)に出場し、一回戦、二回戦、準々決勝、準決勝とを圧勝して勝ち進み、ついに決勝にまで進出した実話をもとに描かれた映画作品です。
台湾で記録的なヒットとなりました。

実は、この映画について、みなさもご存知の「愛国女性のつどい花時計」が中心となり、アパ日本再興財団の後援を得て、日本国内で「感想文コンクール」が実施されています。
最優秀賞は賞金3万円+勝兵塾の海外研修にご招待、優秀賞2名、佳作20名がそれぞれ、賞金2万円、アパホテル利用権5千円分などのプレゼントがあります。

応募は日本語で400字~1,600字程度感想文で良く、データもホームページからWord形式の原稿データの送信でOKです。

12月1日から募集開始で、2月29日までですので、もうあまり日にちがないのですが、「海外からも受け付けている関係で、応募ボタンが表示されている間は受け付けています」とのことですので、1〜2日は締め切りに遅れても応募可能かもしれません。

映画はDVDのレンタルができますので、明日、明後日の土日に、息子さん、娘さんに観てもらって、応募されてみてはいかがでしょうか。

詳しい情報は↓から。
http://kano1931.kansoubun.com/</u>">http://kano1931.kansoubun.com/

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

物申すTV

No title
遅ればせながら観ました。
こりゃぁスクールウォーズ好きにゃたまらんストーリーで。
しかも漫画:巨人の星はこれを題材にしたんだな?と。

各所で泣いた。
八田さんも描かれていて、当時の台湾はまさに日本だったんだな。と。
こういう事実に基づく感動映画は本当に良いと思うし後世に残したい。
お隣の国がありもしない事を映画化して
「証拠になって欲しい」と弱頭発言してるのには呆れます。
他国を乏しめる捏造映画を作るって自体イっちゃってる証拠。
日本国としてそろそろガツンと言い離してやった方が、彼らも目が覚めるかも。

ふぅ…… せっかく感動してたのに、ば韓国の愚行考えたら滅入りました。

おかざき

No title
WOWOWで放送されていました。胸熱で見てました。

ぽんた

上映に裏で圧力が掛けられたと考えております
KANOは、台湾出身の友人からご当地の噂を聞いていて、日本での上映を楽しみに致しておりました
ところが日本で封切られてから、九州沖縄では上映する映画館が少なかったことに驚かされました
特に沖縄ではKANOが上映されたのは那覇市内の小さな映画館一か所だけでした
思い起こせばあの頃、降ってわいたようにバンクーバ〇〇等の野球映画が二作が同時に封切られましたね
KANOを見せたくない方々が居たのでしょうか?
私は、裏で圧力が掛けられたと考えています。

くすのきのこ

No title
こんにちは。KANOは昨年だったか・・映画館で上映されているのを見ま
した。一昨年から、面白いという評判だったのですが、日本での上映までに
ずいぶんと待たされました。実話に基づいており・・わざわざ来日して関係
者の話も聞いたそうです。野球というものが、外来文化であるにもかかわら
ず、日本でも台湾でも親しまれ、楽しまれていた事・・これを思うと・・。
 遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん
 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ (梁塵秘抄 巻第二)
人類は遊び戯れるために生じた存在かもしれませんねww子供の声につい、
共感して感動もしてしまう・・。
子供は柔軟に外来のものを取り入れていきますし。また、明治時代に日本を
訪れた欧米諸国の人々は、日本では子供が大事にされ、大人も一緒に遊ぶ姿
を見かけた~・・と記載しています。平安時代も明治時代も昭和も・・苦し
い時期を経てもなお、大人は子供とその周辺の文化を大事にする習慣がある
のですね。戦後、アメリカが日本にまず求めた貿易商品は、子供の玩具だっ
たとww現代もゲームを始めとして輸出してますね。昨年テロで揺れたフラ
ンスですが、特撮の超電子バイオマン(昭和59年製作)の人気があり再放
送しているそうです。大人も子供も元気になるといいですね。
 銀(しろかね)も金(くがね)も玉もなにせむに
 まされる宝 子にしかめやも (万葉集 巻五 山上憶良)
・・・・・子を宝とする・・万葉の時代もそうだったようですww

 

-

No title
現在の甲子園大会出場ルールができたのは昭和1978年。
その前は県大会で優勝しても九州地区ブロック、東北地区ブロック
を勝ち上がらなければ出場できなかったそうです。
また、戦前には満州、朝鮮、台湾の「外地」の代表校にも全国大会への参加が認められていた。
その後、太平洋戦争のために大会が中止になる1941(昭和16)年をもって「外地からの挑戦」は幕を閉じている。
その中の台湾で、甲子園出場をかけて鎬を削ったのが甲子園7回出場の台北中と、5回出場の嘉義農林だ。本作は、その嘉義農林が初めて甲子園に出場した1931(昭和6)年にスポットを当てている。
========

野球音痴の私ですが、高校野球は毎年欠かさず見ています。
こういうルールがあったとは知りませんでした。

あの時代の世界は、弱肉強食の植民地時代でした。
植民地にされた亜細亜各国は搾取され続け、自由に生きることさえ出来ませんでした。

その中において、日本人でさえ食べるのが一生懸命だった時代に、日本が統治した国は日本国とみなし(平等)、インフラの整備、教育と力を注いでいます。
結果、日本が統治した国のビフォー&アフターを見れば一目瞭然です。
その最たるものが、あの朝鮮です。

その中での映画「KANO」ですが、一人でも多くの若者に観て頂き、何かを感じて頂きたい、そのように思っています。

また、甲子園という夢を絶たれ、多くの若者が祖国日本を護る為に散華されました。
日本人として忘れてはならないと思います。

えっちゃん

No title
今日もありがとうございます。

この映画は、見逃してしまったので、よい機会ですので、見てみようと思います。

FBで、シェアさせていただきました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク