納得できる田母神氏の姿勢



新聞やテレビの論調は、あいからわず村山談話=正義、田母神=間違いと決めつけているが、元長銀常務の日下さんが言われるように、どんなに良い装備があっても、「国を守る」という明確な意思がなければ自衛隊は成立しないです。

「国を守る」というのは、この国の平和・文化・人々の暮らし・安全を守るということであり、それは同時に身近にいる愛する家族や恋人、子や孫を守ろうという素朴な思いです。自分の彼女を生涯守りたい。長生きしてもらいたい。友達の奥さんや子供も、その友と一緒になって守りたい。その「守りたい」の連鎖が、国家というレベルに極大化したものが国防なのだろうと思います。だから、国防は愛の連鎖なのだと思う。

武力というのは、武士の刀と同じで、磨ぎすさませて持っていることが大事で、抜いて振り回すものではない。究極的にはそうしなければならないものであったとしても、持っているというだけで一定の抑止力が働く。そういうものだろうと思います。

さて、前おきが長くなりました。本題です。

田母神氏が、昨日外国人記者クラブで講演を行ったそうです。
そこで、氏のお考えを最近の氏の主張からみてみたいと思います。

■11月11日の参議院外交防衛委員会で参考人招致

「国会で私の意見を正々堂々と述べようと思っていました。しかし、民主党の北沢俊美委員長は私が話す前から発言を制限した。
だったら何のために私を呼んだのか。私から発言を引き出して政府や防衛相を攻撃する格好だった。
言論の自由を掲げる立法府とメディアがそろって異なる意見を封じ込めようとした。
立法府とメディアの自殺行為ではなかったでしょうか」

■各党の対応をどう見たか

「野党は政府を攻撃したいだけで、『日本の国益がどれだけ損なわれようと知ったことではない』といったふうでした。
国益が、党利党略の犠牲になるのはいかがなものでしょうか。
民主党の鳩山由紀夫幹事長は、私や懸賞論文を主催したアパグループの元谷外志雄代表との会食を中座したように言っていますが、まったくのウソですね。
鳩山さんと相当の時間、楽しく懇談させていただきました。
自民党も『左』に寄ってしまいました。左をなだめようと左に少し寄ると次の出発点はそこになる。
これを繰り返していると日本に保守政党がなくなってしまう」

■「左」の陣営を勢いづかせたとの批判もある

「55年体制の時代から、左をなだめるために発言を控え、ちょっと彼らの言い分をのむ、というやりかたでやってきたが、日本は良い方向にはきてない。
私の論文が左を勢いづかせたという人は、今までと同じように対応しなさいといっているに等しい」

■文民統制

「ほとんどは、文民統制の意味を理解していないものでした。
文民統制の根幹は、外交問題などが生じたときに、軍を使って解決するかどうか、その決定権を政治が握っているということです。
民主主義国家では戦闘機や戦車、護衛艦、隊員の数は、政治のコントロールを受けて決まります。
そのモノとカネと人を使って最強の軍隊をつくるのはミリタリーの専門分野だと思います。
防衛省には内部部局(内局=背広組)がありますが、日本ほど、文民統制が細部まで徹底している軍隊はないでしょう」

■監察などによって自衛官の言動に対する監視が強まっている

「私の一件をきっかけに、防衛省の内局が自衛官の歴史観や思想信条について政府見解に合致しているかをチェックするのだとしたら、それは軍隊を精神的に解体することです。
自衛隊の士気を下げ、きっと中国や北朝鮮は大歓迎していることでしょう。
軍隊は、自分の命がかかればかかるほど、使命感がなければ動けなくなる。
使命感とは、自分たちがやっていることが正義なんだ、という気持ちです。
この国のために命をかけることが正しいんだという気持ちがないと軍は動けない。
その根本には愛国心があると思います。
この国は残虐でろくな国じゃなかった、お前たちは力を持ったらすぐ悪人になるんだ、と言われたんでは使命感は生まれようがない」

■田母神氏の発言をとらえて、すぐ「戦前は軍が暴走した…」となる

「そういう人たちはよっぽど日本人、つまり、自分自身が信用できない人なのではないでしょうか。
あるいは文民統制に自信がないのかもしれません。
政治が少しの異論も許さない言語空間に閉ざされていれば、国は弱くなります。
徹底的に非核三原則を堅持すべきだという意見もあっていい。
だけど民主主義だったら核武装すべきだという意見もあっていい。
核兵器を持たない国は核兵器を持った国の意思に最終的には従属させられることになりかねない」

■核問題では、北朝鮮に振り回されている

「北朝鮮が核兵器を持ちたがる理由は、1発でも米国に届く核ミサイルを持てば、北朝鮮を武力で制圧するのは、絶対できなくなるからです。
そういった核兵器についての基本が、日本では議論されたことがない。
核兵器を持つ意思を示すだけで、核抑止力はぐんと向上します。
逆に、初めから持たないといっただけで、核抑止力は格段に低下するといったことが政治の場で理解されていない」

■航空自衛隊のトップは、どこまで発言が許されると思うか

「空自トップですからある程度、『表現の自由』に制限があるのはやむを得ないでしょう。しかし、憲法では『思想・信条の自由』が保障されているわけで、政府見解から逸脱することを一切言ってはいけない、というのは民主主義社会ではないと思います。
『日本は、侵略国家ではない。よその国に比べてよい国だった』と言ったら、『日本は政府見解で悪い国となっている』との理由でクビにされた。
裏を返せば『日本はろくな国でなかった』と考えている人を、航空幕僚長にせよということではないか。
外国の将校は、まず自国を弁護する。自分の国を悪く言う外国人将校に会ったことはありません」

■日米同盟

「航空自衛隊も少しずつ自立の方向に進むべきでしょう。
自前で空軍としての能力を整え、日米が互いに足らない分を協力して補うことが望ましい。
これまでの米国は矛、日本は盾という考え方は直した方がいい。
米国の若者の血は流すが、日本は後ろにいますでは、日米同盟はもたない」

■国家と政治家のあるべき姿をどう考える

「善人で国民の安全を守れない国家よりは、腹黒くてもいいから国民の安全を守れる国家の方がよい。
性格が良くて無能な政治家と性格が悪くても有能な政治家なら後者の方がよい。
この国はどうしてすべてがきれい事なのか。
そのくせに歴史認識だけは『自虐史観』です。
いつの日か私の論文が、普通に語られる日が来るのを望んでいます」


もうね、ねずきちとしては、いちいちもっともで、どうしてこういう田母神氏の常識的な主張が、普通に通らないのかと、むしろそちらのほうが不思議に思います。

ボクはね、暴力に屈して、、財布の中身はおろか、一緒にいる彼女まで差し出すような卑劣漢には断じてなりたくない。そういうひきょう者には断じてなりたくない。

しかし、日本がやっていることは、過去の戦争責任がどうのと一部の国に言われ、ただひたすら平身低頭し、カネを出し、女を差出し(拉致問題)ている。まさに卑劣漢の仕業です。

そのため庶民がどれだけ犠牲になっても、国はなにもしない。それどころかそうした卑劣な行為こそ、正当化であり、我が国が反省しなければならないなどとする「村山談話」などというものを発表し、さらにそれを擁護しようとさえしている。

その村山氏が、現職総理のときに何をしたか。
阪神大震災という未曾有の危機に際して、「自衛隊否定」という立場から自衛隊の災害支援活動への出動を遅らせ、死傷者をやみくもに増加させた。
総理の最大の使命が「国民の生命と安全を守る」というものだとするならば、それこそ国家国民に対する背信者ではありませんか。

そのような背信者の背信的談話を、いまだにありがたがる日本の政府やメディアは、いったいどこの国の庶民を守ろうとしているのか。。。。

田母神氏のように、まっとうな考えをまっとうに語れる人が出てきたことを、ボクは日本人として、誇りに思います。

アサヒ vs 田母神前幕僚長 どっちが正論?【桜公式 H20/11/08】


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

舞桜さんコメントありがとうございます。
ソクラテスのお話、心打たれるものがありますね。
毎度いただく舞桜さんのコメントに、ボクも深く感謝しています。
ありがとう。

舞桜

原点を忘れてはいけなかった
>みんなちっぽけでどうしようもない自分を抱えて、
哀しくなったり、泣いたり、笑ったり・・・

>沢山のお言葉頂いていました

年を越し、世の中は、この年末よりも、さらに闇濃く、厳しさを
実感する、今日この頃ですが・・・。マスコミは煽り
ますます暗い世相、闇は何処まで深まっていくのでしょう。
闇に飲まれないよう、心は踏みとどまる必要があります。

今年参拝して、私が頂いた”今年の言葉”が、「理想」でした。
なかなかこれは、今回に限り、特に重く受け止めています。
根本に、愛の想いがなければ、その上に何を持ってきても
砂上の楼閣となる・・。
此処がしっかりしていなければ、すべては意味がない。
人も、国も、そして・・世界もです。

愛というものを本当に知って、それを確認できたものは、
その愛を命がけで守ろうと出来る。
その大切なもののために、命をかけることが出来るのでしょう。

しかし「自分の命や立場を守ろう」としているうちは、いくら
努力しても、潔さもでないし、結局は、「小さい、いつかは
失ってしまう自分だけの世界」しか守れないのでしょう。
追い求めても安らぎを、手にいることはない。

日本を愛した政治家が、私心を離れ大きい目で持って
世界とその未来まで見通す・・。そういう人が、りーダーと
なって日本を世界のために引っ張っていくのだと思います。

小さなことばかり見ていたら子犬が自分の尻尾を追いかけて、
くるくる廻っている姿と同じような・・・
空しさがあるでしょう・・・。シャンと前を見て、
生きていこうと決めたら、子犬の尻尾も、ちゃんと
追いかけなくても付いて来ている・・・^^。

私は生まれてきた「今生の生命」の中、残りの自分の
使命を果たす、努力をしようと思った。
そのためにも愛を知ることは、理想の実現には、とても
大切なことだと思う。

「小さな出来事に感謝する自分が、愛を発見できる・・。
今の時代に、日本に存在出来ているということですら、感謝し、
報恩の気持ちを、持って生きていけば、きっと、より良い
「必要な道」というものが、与えられ、切り拓けて来ると思う。」

過去の日本の偉人たちも、恐怖でもって戦った先人たち
ばかりではなかったと思う。竜馬だって人生に恐怖した
というよりも、女性たちや友人に恵まれ周りの出来事も
楽しんでいた部分もある。

それは、やはり大きな偉大な「理想」がそこに
あったからだと思う。
信念を通すため毒杯をあおったソクラテスもしかり・・・。
http://www.fruits.ne.jp/~k-style/sub2.html
「ソクラテスは、人の師になろうと考えていたのではない事を、はっきりと述べています。
まして、弟子を増やそうとして、自分の考えを語っていたのではありませんでした。
ソクラテスは、それを語る事が、自分の使命と考え、それを果たそうとしていたのです。」

命を捨てる覚悟ということは自殺願望ではない。
現代人はその言葉の意味も解らなくなっている。
潔く捨てたつもりで、大きなものを手にしているのだと思う。
愛の想いから発した感情だと思う。、信念と勇気を持って、
生きていくうちに自分の行くべき道は示されてくると思った。

大事なことが書かれていたと、思い出し、年の始まりに
此処に戻って、再度、考えてみました。
読み直し、込み上げてくる想いに、いま、感謝の気持ちが
絶えません。

ありがとうございました


ねずきち

>舞桜さんコメントありがとうございます。
みんな一緒だよぉ~^^
みんなちっぽけでどうしようもない自分を抱えて、哀しくなったり、泣いたり、笑ったり・・・
でも日本には、こうして自由に発言できる風土がある。
まわりをみわたせば、ほんのちょっぴりでもわかってくれる人がいる。
それでいいのかも^^♪

>百足くもさんコメントありがとうございます。
こちらこそ来ていただいて感謝です^^
ありがとうございます。

百足 くも

良いモノを読ませ、また見せていただきました。

 勉強になります、感謝。

舞桜

文の長さに愛を?感じます*:.。:*・゜( ´∀`)゜゜・アハッ
ご意見を、どうもありがとうございました。

いま、世の中が不安な事件や出来事が多く、情緒も不安定に
なっているんだろうと思います。ストレスをネットでぶつけるのは
当たり前の世の中で、毒☠を食らってしまうこともあります。
穏やかな気持ちには、なかなかなれないですね。とくに最近、
日常の単純作業の中で、私も訳もなく、ふっと涙が込み上げ、
ぽろぽろ流れてくる事などがあります。

驚き、どうしちゃったのかな?と思いますが、いつのまにか
情緒不安や精神的不安感が自分にもある。
悲しさを共有していた?・・・知らずに多くの悲しみ、怒りをこころの奥で、
感じとってしまったからかもしれません。痛いほど、
荒れる多くの人の気持ちがわかる。
かつて幼い頃、自己破壊的な思いを持った事がある自分は、
口だけでなく、弱い自分自身がなにか答えを出し、
強く乗り越えていかねばならない時なのでしょう。
・・ただの「小さな自分という存在」ですが・・・(;_;)

ねずきち

>ソーコムさんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!、「中韓を知り過ぎた男」の辻本さんも書いてられましたね^^「俺達、ガッコで、先生の言うこと聞いてない落第生だったから、洗脳されずに済んだんだ」って(爆笑)
大切なことは、あれだけサヨク思想が、タテ板に水の議論を、まるで決壊したダムの濁流のように垂れ流しても、多くの日本人にはちゃんと良識が残っている、ということだと思います。
まだ、可能性がある。
がんばりましょう!!^^v


>うわばみさんコメントありがとうございます。
「心ある者のネットワークからしか腐りきったサウスポーマスコミの投球ホームは変えていけないのでしょうか?」
わかりません。
だけど、誰かがそれを口にしていないと、何も変わらない。
「言わなくてもわかる」ではなく、「言わなきゃわからん」時代なのだと思います。

>野茂大好きさん、コメントありがとうございます。
うっとおしがる人もいる・・・ということだと思います。
そして、そういう人たちが、どうしてうっとうしがるのか・・・その目的は何なのかって考えたとき、ひとつの答えが見えてくるような気がしています。

>moharizaさんコメントありがとうございます。
「今の国会に、そう云う政治家が、いるのか?疑問」
おっしゃる通りです。同時に、そういういでるべき政治家を育て上げるのも私たち国民の使命だとも思うのです。
批判はなにも生まない。ちからなんてぜんぜんないけれど、やはり、自分もどこかで参加していかなければならないのかな?と思っています。

>日系日本人さんコメントありがとうございます。
同感です。
周囲にふんどうされず、自らの信念を貫き通してもらいたいものですね。

ねずきち

>舞桜さん、コメントの「心からの愛をこめて」をありがたく拝読させていただきました。

元長銀常務の日下公人さんが、くしくもおっしゃっていたように、田母神氏の問題から自衛隊員への言論統制がはじまり、隊員に自虐史観が蔓延したら、自衛隊の戦力は実質ゼロになってしまう。
どんな組織でもそうですが、そこで働く者ひとりひとりの“誇り”というものが、実は一番大切です。
警察官なら「俺たちは正義を守るんだ」
自衛隊なら「俺たちは国を守るんだ」等々・・
民間だってそうです。
銀行員なら「俺たちが金融を通じて人を援けるんだ」
メーカーなら「製品を通じて少しで得多くの人によろこんでもらうんだ」
ウチみたいに基礎金属を扱うところでも、ナノ基盤によって未来社会を切り開くんだ。根底に、そういう“誇り”があるから、がんばれる。いざというとき踏ん張れる。アホみたいな残業や徹夜も耐えられる。
西日本JRが、鉄道事故を起こしたときに、経営陣が経費削減ばかりを言って、運転手等の“誇り”を根底から踏みにじった。そのことが結果として過剰な労働を生み、大事故を招いたことは多くの人が知る通りです。

だから本当に大切なものは、カネじゃなくて“誇り”だと思うんですね。カネは目的じゃなくて、結果にすぎない。
ボクたちは学校で、企業は利益追求集団だとセンセイから教わった。
けれど実際に社会人になってみたら、それは違うと気がついた。
豊田商事やバブル期の銀行のように、カネ儲けだけに走った組織は、どこも滅んでいる。結局は、企業は社会の役に立つために存在してると気がついた。社会のためにどれだけ役立つか。その役立った分が、利益という名前の世の中からの報酬になる。

ではその“誇り”は、どこから生まれるかというと、やっぱり「愛」だと思うんです。人を愛し、組織を愛し、国を愛し、人類を愛し、世界を愛する。

マルクス・レーニン主義という一世を風靡した思想が結果としてなぜ滅んだかというと、すべてを搾取するものと搾取されるものと2つに建て分けた。そこに「愛」という概念がなかったからではないかと、ボクは思っています。
世の中に搾取者と被搾取者がいるのだとしても、どちらも等しく所属する組織を愛している。同じ目的を持っている。ひとりひとりはみんな自分や自分の家族の幸せを求めて努力している。要するに「愛」のために努力している。
その「愛」という人の基本のようなものを思想の根底から除外したところに、多くの知識人の賛同を得ながら、結果として思想そのものが自滅の道をたどっていったのだと思うのです。

「愛」という概念の中には、恋人や家族を愛するという水平方向の「愛」だけでなく、祖先や子孫を愛するという垂直方向の「愛」も存在する。
そしてそこに責任も生まれる。国を守るために死んでいった先人たちの必死の努力に報いるためにも、自分たちが頑張って子供達に明るい自由な誇りある未来を築きあげる責任。いまを生きる者の責任です。

人がこの瞬間だけの享楽にふけり、その心から「愛」が消えたとき、人や国家から「責任」までもが消えてしまう。
村山史観は、国家としての戦争責任と言葉だけは綺麗かもしれないけど、では彼自身は、いったいどう国民への責任を果たしたのか。他国への責任を果たしたのか。阪神大震災のあの狼狽は一体何だったのか。彼の「談話」によって、いったい誰が救われたのか。そう考えると、「愛」がない言葉だけの「責任」というものが、いかに薄っぺらなものかがわかるような気がします。

日本が、ほんとうに戦争責任をとるというなら、戦争で亡くなられた多くの人々の遺志に報いるためにも、愛と誇りを取り戻し、世界のリーダーとして本当の意味での平和、争いのない豊かな世界を築くために努力し行動すべきだと思います。言葉だけのごめんなさいなんて、誰も聞きたくないし、未来の争いのための洗脳教育なんて、ほんとうは世界中誰も受けたくない。日本が世界にカネをばらまくなら、そのカネがほんとうにその国の“庶民”生活向上に役立っているのか。IMFじゃないけれど、カネを出す以上、それなりの厳しい条件をつけるくらいあたりまえのことです。

根底に大きな「愛」を持ち、明確な「責任感」を持ち、胸をはって堂々と、凛々しく、雄々しく。それが日本の生き方だと思うのです。

(゜o゜)ゲッ!!、めっちゃ長くなった><;; 
(*´・人・*)ゴメンネ!!

日系日本人

麻生首相にもこの曲げない一環した態度を取ってもらえれば支持率も上がると思うのですがねえ。

mohariza

田母神氏に次回の選挙に出て貰う?
「善人で国民の安全を守れない国家よりは、腹黒くてもいいから国民の安全を守れる国家の方がよい。
性格が良くて無能な政治家と性格が悪くても有能な政治家なら後者の方がよい。
この国はどうしてすべてがきれい事なのか。…」との言葉は、辛辣な言葉と思います。

表層的な上っ面の政治家が多い中では、やはり「気概」を持った、「ぶれない」、「腹の座った」政治家が期待されます。多少の傷は、関係ないかも…。
しかし、今の国会に、そう云う政治家が、いるのか?疑問でもありますが…。

いっそ、田母神氏に次回の選挙に出て貰うような運動でも起こしましょうか…?
でも、魑魅魍魎の巣くう「国会」では、その意志は、生かされないのでしょうか?

野茂大好き16

こんばんわ~!

田母神氏の発言は、平和ボケした日本ではうっとおしがられるんでしょうかね。。。


うわばみふかお

■マスコミの報道のあり方自体が、検事VS弁護士の鬩ぎ会いに似ていて、“都合の好い”供述の継ぎはぎ、云わば“ええとこ獲り”に終始し、田母神氏批判の押し付けにウンザリします。
■心ある者のネットワークからしか腐りきったサウスポーマスコミの投球ホームは変えていけないのでしょうか?

ソーコム

がんばって下さい
政治ブログ流れ流れてたどり着きました。子供の頃から松本零二、新谷かおる氏らの作品に親しんでいたおかげで、日教組教育から自力で洗脳解除できました。
先日の朝生では、立て板に水な左翼の減らず口は見事でしたが、アンケート集計では良識ある国民の大半が田母神空将を支持の結果が出て、胸をなでおろしました。
もはや左翼弁論は国民になにも訴えないですね。
次の段階は、特アの本物の危険を啓発していく事だと思います。

舞桜(まお)

心からの愛を込めて・・
日本という国を愛する思いなくし、何も成し遂げられません。
やはり、志を高く生きていく覚悟を固めるべきであると思います。
人に言われてでなく本来は、熱い情熱とはそういう気持ちで
こころの内から込み上げてくるものだと思います。

何も出来ない、自分はなにもしないという人に、
国民が、みんな普通に自分の家に強盗は、入れないぞという
意識と同じような危機感を持つことなんだよと言いたい。

大切な人を差し出せといわれたら、いざとなったら
きっと大切な人を守るでしょう。
おそらく、自分の命より先に、
体が動き、愛する人を、守ってしまうと思います。

相手を差し出し、命乞いをしてしまうような思いは、
絶対に自分の望まない感情です。

覚悟を決めて、決意した人は、そこで何かを捨てます。
捨てるもの、それは「自分に良かれという想い」ばかりだと思います。
それが、今の日本人のトップの地位にある人たちを始めとして
大部分の人の弱い心を、創っていると思います。

そんなもの、今、大事にしたって国を奪われれば奪われるものです。
人間のいのちだって100%、時が来れば必ず無くなるものです。
唯一残るものは、今の日本に生まれて、どういう気持ちで
自分は生きたのか、という、「精神性」

今は私たちが、先人たちの志を継いで、正々堂々と
前進して生きるだけです。
その生き方がきっと、「未来にいのちをつないでいく」ということで、
先人たちへの御返しになっていける生き方だと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク