ヤプー人の伝説・・・・・



今回は、ちょっといつもと趣向を変えたショートショートです。

------------------------------------------------
むかしむかし東洋の片隅にに、ヤプーという国があった。

不思議なことに、東洋の国々が西洋列強の植民地化されていく中で、ヤプーは独立した工業国家に脱皮することに成功し、輝かしい発展をしたこともあったという。

しかし人間以下であるはずの黄色い猿が国力をつけることを好まない列強は、ヤプーが必要とする地下資源の提供を拒み、ヤプーの国力を弱めようと画策した。

これに対抗せざるを得なくなったヤプー国は、東洋諸国の植民地からの解放と資源の確保のために、世界を相手に戦争を挑んだ。

なんと年間の国家予算2億円そこそこの小国が、合計国家予算100億円を超える国々を相手に戦いを挑んだというから驚きだ。

戦争は大変で、そもそも資源がないから。ジャングルの川に戦車を通すために、兵隊さんが川に浸かって材木を担いで、おみこしの要領で戦車を渡らせたり、携帯口糧も諸外国の兵隊さんのような栄養たっぷりのものなんてなくて、米にヒエを混ぜた飯に塩をかけて食べる毎日。戦争も中後期になると、その米すらも途絶えがちになり、雨水をすすり、木の葉を焼いて食べる始末。
アジア大陸を横断するのに、自動車を使いたくてもガソリンがないから、2000キロの道のりを、ママチャリで行軍したというから、驚きだ。
それでも、祖国を守りたい、妻や恋人、故郷に残してきた両親を守りたいという一心がヤプー人たちのそうした行動にふるい立たせたのだろう。

しかし資源のないヤプーが、豊富な資源をもつ国々と戦争を長期間継続するには無理がある。その間、いちにちも早く戦争を終結させなければならない役割を負っていたのが当時外務省と呼ばれた役所だが、この外務省はまるで無策。ヤプーを占領しようと虎視眈眈と狙っていた北方の大国に、あろうことが終戦の仲介を頼んだかと思えば、世界の経済を担う数多くのユダヤ人の命を助けた自国の外交官を更迭するという大マヌケ。和平工作にもたついている間に、将兵のみならず、本土まで焼け野原にして、一般の国民まで幾十万の死傷者を出しながら、終戦工作を実現できなかった責任を、すべて軍隊が悪かったせいだと言い逃れ、自らの責任については知らぬ顔の半兵衛を決め込んだ。

戦後しばらくは、米兵のためにヤプー人の女をあてがう仕事をしていたが、ヤプーの国民が必死にはたらき、経済が復興してくると、民から集めた税金を、平和のためだと言いながら諸外国の官僚や王族にバラマキいた。感謝感激、海外の役人が涙を流してひれ伏すかと思いきや、諸外国からは「もっとカネよこせ」とカネをせびられ「ハイハイ」と大喜びで追金をばら撒いたというから驚きだ。

これに目をつけたヤプーの政治家。「オレが口を利いてやるから、キックバックをよこせ」と厚顔無恥。ついには政敵を追い落とすために国内の政治献金を規制し、自らは海外からの献金で政治資金を賄いだしたというから、これもまた驚きの世界だ。

60年を経由して、勤勉で祖国を愛したヤプーの国民は、祖国を愛さないことが正義であり、批判をするけれど責任はとらないことが「正しいこと」と信じるようになり、自らの祖父母が命をかけて守ろうとした祖国という概念すら忘れ、とりあえずテレビのお笑い番組を見ているのが楽しいという享楽生活に陥った。

これを横目で見ていた自称“大国”と、自称“先進国”の2つの隣国。日本軍が引き揚げたときに火事場泥棒のように勝ち取った政権で、ヤプーから「アフリカの最貧国がいきなり先進国なみ」になるだけの大金をせしめ、このカネを背景にヤプーの政治家を買収。

精神的価値観を失い、カネだけにしか価値を乱せなくなったヤプーの政治家やマスコミは、このカネに群がり、隣国と一緒になってヤプー国骨抜き政策の片棒を担いだ。
そして国籍法が改正され、新たにヤプーの国民になった者が国内の治安をめちゃめちゃに悪化させ、さらに世界中でヤプー人の名前で暴力事件を頻発。
あまりのていたらくに保護国であった米国もついにヤプーを見放し、ヤプーは、自称“大国”の事実上の被保護国となった。

そして自由を謳歌していたはずの国民からは、私有財産権と言論の自由が奪われ、かつては国営貯蓄バンクとして100年以上の歴史をもっていた郵貯銀行も、株式の過半数を自称“大国”が取得。事実上自称“大国”の所有銀行となった。
数年を経ずしてこの銀行の残高がなくなり、円が紙切れとなると、政府は突然通貨を円から元に移行すると発表。当然国民の財産は、すべて紙切れ。さらに憲法と法律が改正され、国民の私有財産が否定され、すべての財産は国有財産と看做されるようになる。

全国で反対派のデモが頻発したが、参加した者は、有無を言わさず収容所に送られて銃殺。若い女性はかつてサイパンで行われたように、裸にされて収容所送りとなったというが、その後の消息は不明である。

ヤプーという国家は、ローマのカルタゴのように、その国家自体があとかたもなく解体されてしまっている。
ヤプーという19世紀から20世紀にかけて、世界の大国と対等に渡り合った国家が、かつてどのような文化をもっていたかということは、22世紀となった今では、まったく知るすべもない。
なぜなら、現政府によって当時の文献は焚書令によって、すべて焼却処分となっているからである。また、かつて、このヤプーという島国で、どのような言語が話されていたいのかすら、いまでは知るすべはない。

かつてヤプー人と呼ばれ、1億人いたといわれるヤプー人は、いまや人口2千万人足らず。その多くは自称“大国”(いまでは世界の超大国)との混血種となっており、島内では、大国の純血種を誇るほんの一握りの役人が貴族として君臨。ヤプー人は、家畜人と呼ばれ、この22世紀における唯一の奴隷として生きている。平均寿命も20歳といわれ、世界一早死である。

まれに国連の人権委員会でこの問題を提起する委員もいるが、かつてヤプー人が開発したと噂される超最先端ハイテク装備による強大な軍事力を持つ東亜の大国によって、そうした告発は、すべて闇に葬られている。マスコミ操作は、この大国がかつてヤプー国を滅ぼしたときの成功体験によって、いまや世界に広がろうとしているのである。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・

上に書いたのはねずきちの作り話です。

だけど、このまま日本の政治や報道が他国からの情報操作のいいなりになり続け、売国がまかり通る状況が続き、中華に国籍を売り渡したら、これが事実になってしまうという怖い状況が実際に起こらないとは言い切れないのかと思うのです。

自分の子や孫に、悲惨な思いをさせたくない。
誇りある有意義な人生を歩んでもらいたい。
それは、どの親も普通に思う自然な感情ではないかと思います。

それなら、そういう国を作るのも、わたしたち日本の国民の、庶民ひとりひとりの自覚と意識ではないかと思うのです。

古代ローマ帝国の対岸で、当時最高の文明を誇ったフェニキア人の国家カルタゴは、いまでは遺跡でしか残っていない。
完膚なまでに国家と国民を粉々に解体されている。

歴史には、そういう例が他にも多数ある。

すくなくともおいら、絶対にこんなヤプー人になりたくないっ!!

なんとしても、日本の言論の自由と通貨の安定、私有財産の維持確保と、子子孫孫までのこの国の繁栄を望みたい。。。。

そう思う人はココをクリック→人気ブログランキング

古代カルタゴの町と墓地遺跡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>Laurelさんコメントありがとうございます。
パレスチナも国家を失いましたね。
日本人がボートピープルや難民になるなんて、想像もしたくないですね。

>舞桜さんコメントありがとうございます。
感謝・報恩
そういう人としての基本を忘れたらいけないですね。
ほんとうにそう思います。

>野茂大好きさんコメントありがとうございます。
子孫の苦労がみえる。
ほんとうにこのままでは、イケナイと思います。

>百足さんコメントありがとうございます。
政治は理想と、どこかの政治家が言っていましたが、それは違う。
政治こそ、現実でありリアリズムだと思います。

百足 くも

 初めてお邪魔いたします。

 貴兄の物語拝見させていただきました。

 成りかねん…と思わせる政治が頼りない。

 アメ公は図に乗って、軍事演習も教えない始末…、どーなるのでしょうか?不安です。

野茂大好き16

こんにちは~(^^)

私もこの話に近い事を思ってました。
なので、以前両親に言った事があります。
「今の日本じゃあ子孫残す価値がないんで、この家系はうちらで終わらしてもらいますわ。」と。
子孫の苦労が目に見えるようで・・・

舞桜(まお)

日本人はもともと、個でばらばらに行動する民族ではなかったのに、
今は各人、心を閉ざし、他者を受け入れないとか、
人の優しい気持ちも、疑うような社会になってしまいました。

愛の力は大きいと思います。愛は人を結びつけ合う力があります。
一人ひとりは非力でも、 信じあい結びついた同志、
愛の心は互いの力を強くしていくと思います。

独りぼっちで辛い、と思う時、愛する人の存在によって
魂の奥深いところから、感動が込み上げ、涙があふれてくることがあります。
そんな時に、一人じゃない気持ち、
そして、自分も頑張ろうという、勇気が湧いてきました

私は感動を忘れ心が乾いた時、一番大切な事を
見失っているような気がします。愛は感謝から・・・
今、日本の地で繁栄を享受していることへの感謝、そして
報恩ということも大切だと思いました。
子供だった頃、菩提寺のお墓参りで、亡き祖母にそんな話をよく
聞かせられた、お婆ちゃんっ子です。

いつも,限りなく優しく生きていきたい・・・・
日本を愛する思いは、いつかまた、この地に引き寄せられて
生まれ変わってくることもあるかもしれません。

それが光輝く日本であることを、祈りながら・・

Laurel

切ないですね
ねずきちさま、こんにちは。
いつも楽しくブログを拝見しております。
(毎日新聞、赤線関連でお返事を書きたかったのですが、まだまとまっていません。もう少し待ってください。すいません。。。)

本日のこのお話を読んでて、とても切なくなりました。なんといいますか、日本人が将来、本当に消えていってしまいそうで。
そうならないためにも、私たち日本人が頑張らないといけないのですが、世界中と日本国内の「アンチ日本」の勢いに、エネルギーを奪われ、何から手をつけていいのやら分からず、行動する前から、途方にくれてしまっております。。。

実は、本日のお話で連想されたのが、実はパレスチナでした。ご存知の通り、彼らには、「国」がありません。
景気が悪くなったね、ボーナス少ないね、なんて私たちが日本で話をしている今現在、彼らの住むガザ地区ではイスラエルによる包囲、封鎖が続いており、医療や燃料、食料へのアクセスが非常に悪化した状態が続いています。
自分たちの祖先から受け継いだ土地や同志を守るため、立ち上がり、抗議すると、捕まり、収容され、消息が分からなくなるのは日常茶飯事と聞きます。
何だか、ヤプー人たちの末路に彼らの姿が重なって見えました。

私たちは、日本の現状をしっかり認識するとともに、アンテナをしっかり張って、他国のことも知らないといけませんよね。他国が置かれている現状や過去から、自分たちや周囲の現状を分析し、対処法を考えていくことができると思うからです。
世界中にある紛争や戦争の実情を知っていれば、「責めてくる、責めてくるっていうけど、一体誰が責めてくるというんですか?」なんて呑気に“話し合い国防”論を続けることは出来ないと思います。都合のいいことだけじゃなくて、悲しいですが、冷酷な現実を直視しなくてはいけないということではないでしょうか。

本日も、考えさせられる内容の記事を有難うございました。

ねずきち

>みちおさんコメントありがとうございます。
ちょっと、てか、かなり外務省のことを悪く書きすぎました。
まぁ、空想のヤプー国の話なので、カンベンしてください^^;
中国の明の時代くらいのものだと思うのですが(はっきりしなくてごめんなさい)、中国の皇帝の就任を祝って、世界中からいろいろな国の人が朝貢に来ている絵図があります。
その絵には、実に様々な国の民族が、それぞれの民族衣装に身を包んでいる姿が描かれているのですが、その姿というのが、素っ裸に褌を締め、大あぐらをかいて、伸ばした腕に持った太刀のこじりを地面にドンとついている。
大昔から、日本男児は、そういう生きざまをするオトコ達だったんでしょうね。ボクも、生涯、そんな男でありたいと願っています。

>舞桜さんコメントありがとうございます。
いささか汚いお話しになってしまって、申し訳ない。
ただ、中韓の辻本さんのブログへのコメントで、どうにも売国的な人のご意見などもあり、ちょっとガマンできなくなっちゃって、このままいったら、ほんとうに日本はたいへんなことになるゾ、って気持ちから、わけのわからないショートショートを書いてしまいました。
思いは
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-294.html#comment1318
に書いておきました。
ボクも、未来は力強い信念で、切り拓いていくものだと信じています。

>ECOさんコメントありがとうございます。
(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
ヤプー人は滅んでしまったけど、日本人は滅んでほしくないですものね^^b

ECO

読めば読むほど胸が痛くなる話
伝説、作り話で済めば良いですが
何ができる?エコにはなにができる?
いつの日かエコに子供ができて
その子が生まれて良かったって思える国を
残してあげたいでした・・・

ヤブー人の未来へポチっ☆

舞桜(まお)

未来は力強い信念で、切り拓いていくものだと思っています。
積極的な言葉を出し続け、悪意ある報道の言葉などにも
負けないようにしなければなりません。そうやって、
不安を拡大させないように、心も守らなければなりません。

「言葉は武器」です。

人の心を切り刻み、失望の闇に突き落とすことも出来ます。
また、深い闇の中に沈んだ魂に、希望の光や、やすらぎや
勇気を与え立ち上がらせることも出来ます。

未来は、思ったとおりになっていくと思います。
どれだけの多くの人が、日本を愛しているか・・
すべては、そこから始まると思います。

みちお

「外交官はいい天気にしか役に立たない。雨が降れば一滴で溺れる」という言葉があります。
確かに大きなポカはいくつもあります。しかし、それでも戦前戦中の外交官はあの当時の日本の実力からすれば、それなりに頑張ったと私は思いますね。
本当に情けなくなったのは戦後です。
敗戦により「独立」「自衛」という概念を失い、国家にも国民にも精神的な支柱を失ってしまったからでしょう。
「倭(やまと)の魂、日本の誇り」を今一度取り戻さねばなりません。

そうしなければ、本当にねずきちさんの作り話のとおりになってしまいます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク