麻生太郎総理の活躍に期待



asousi

昨日のニュースで、麻生首相:景気対策と財政再建を両立/09年度予算編成で(毎日新聞)という報道がなされました。
ねずきちは、総理就任以来の麻生総理の活躍は、歴代の総理と比較してもまさにめざましいものがあると思っています。

麻生総理は、首相就任演説を総花的な論調に終始するのではなく、現在国内で問題視されている事項ひとつひとつ挙げ、それに対し具体的な解決方針をひとつひとつ打ち出しました。
どんな組織でも、TOPに必要なのは、機能別に割り当てられた各組織に具体的な方向性を示すことです。これを実際に首相就任演説で行ったのはもしかしたら麻生総理が歴代総理の中ではじめてのことではないかと思います。

麻生総理は、就任後間髪を入れず、国内の大問題である景気対策のための一次補正予算の国会での成立の見通しをつけ、テロ特措法案も可決へ向けて調整。
返す刀で、国民への語りかけとしての街頭演説等を実施して聴衆の大拍手を得ると、すぐに外遊に出発。
サミットで海外諸国からの信頼を集めるとともに、長年の懸案だった北方領土問題にも、首相どおしのリーダーシップで解決の道筋をたてることで相互に合意をとりつけました。

帰国すると、なんと解決済みだったはずの一次補正予算のうち、大事な金融対策の部分が、衆議院で民主党の合意を得ていながら、参議院で民主が審議をスポイルし、可決が頓挫している。そこで麻生総理、すかさず民主党に公開党首討論を申込み、解決の糸口を見出そうとしました。

そして昨日は、来年度の予算編成方針を打ち出した。。。。

まだ総理就任2か月が経過したところなのに、この麻生総理の行動力は、まさに目を見張るものがあると思います。
麻生総理のマンガ好きはよく知られた話ですが、なかでも大好きなのが本宮ひろしの「サラリーマン金太郎」だとか。財閥の御曹司という意味からは、「俺の空」の安田一平の50年後のような気もするけれど、とにかく就任以来の行動力と実績は、歴代総理の中でも群を抜いていると思います。
おそらく日本という国は、この未曾有の国家危機に際して、最も素晴らしい人材を総理総裁に抱いたといえるのではなでしょうか。

ところが、テレビやマスコミは、そうした麻生総理の活躍をまったく認めず、というより報道すらせず、わずか1000人という偏ったアンケート調査で、麻生総理支持急落などと、あいかわらず民主党の政権奪取へのよいしょを繰り返している。

その民主党の「政策」なるものは、冷静に読んだら「なんじゃぁぁこりゃぁぁぁ!!」の世界です。
高速道路の無料化など、いっけん消費者・庶民よりの素晴らしい未来を語っているようにみえながら、その実、実現のための予算的背景などなく、ただの妄想の域を出ていません。

どうやら国会図書館法の改定案などを含め、民主党のいまの「政策」や「方針」は、中国・韓国の日本骨抜き政策に沿ったものとしか思えず、まともにその政策が実現されたら、日本に未来はないといえます。

と、こう書くと民主支持の方から怒られそうです。
しかし、ボクはどうも政治の天才・剛腕小沢氏の頭の中には、さらにその次があるような気がしてならないと思っています。

どういうことかというと、
まず、政権を奪おうとするには、莫大な選挙資金を含め、カネがかかります。
候補者ひとりに1000万の選挙資金を与えたら、全国に200人の候補を立てるだけで、20億の軍資金がかかる。それにマスコミの情報操作にもお金がかかる。
しかも、仮に衆議院で民主党が単独過半数を取ったとしても、参院での民主党の議席数は「単独過半数」には至っていませんから、いまの自民政権と同様、衆参のねじれ現象は出てしまいます。民主党は当然、中小政党の「抱き込み」をしなければならず、これにもやはりカネがかかります。

ところが政治資金規正法の縛りがキツイから、企業からの献金ではこれだけ莫大な政治資金を賄うには足りません。政権与党ならODAのキックバックなどの見返り収入への期待もあるが、民主党は野党です。そうした資金収入はない。しかも、民主党は新党ですから、国内企業や団体からの献金のための人脈・組織がない。
そうなると政治資金を得るには、日本からの戦後賠償金が欲しい中国の官僚や、日本への未払い債務を抱える韓国などから、中国幇助、韓国援助のための各種施策を乗せることを条件に、カネを出させるのがもっとも手っ取り早い。だって他に資金を得る手段がありません。

そうして得た政治資金で、実際に政権を獲るとどうなるか。
そのままいけば、日本は中韓から食い物にされて、とんでもないことになってしまうのは明らかです。

ところが、
自民の中には、与党議員という立場を失うと、利権から見放され、あっという間に転落人生になってしまう議員が数多くいる。自らの政治信条で動いているのではなく、利権で動いているからでです。
そうした自民党議員は、すくなからず民主が与党となると、自民を飛び出し、民主へ入党することになります。すでに加藤紘一など、民主党になびいた発言をしています。個人での移籍は、党内での地位を小さなものにしてしまいますが、派閥という団体移籍なら、民主党内部でもペーペー扱いされず、一定のポジションを確保することもできます。与党となった民主側も、自民からの大量移籍者を受け入れないと、衆参のねじれを解消できない。

自民からの移籍者が80人以上になると、民主は完全に単独過半数、うまくすれば、4分の3の議席を獲得する最大与党となります。

この時点で、民主党首脳部が、民主内にいる左派を切り捨て、さらに多くの自民右派を巻き込んで、民主党を解党します。自民右派、民主右派で、新党を結成する。

小沢・鳩山氏などはこれまでのヒダリ寄り民主政策の責任をとって、議員をリタイヤすることになるけれど、国内には日本の行く末を案じる本当の与党が誕生できることになる。
現民主党が中韓と約束?した各種政策は、党の解党によって、白紙になります。
スポイルされる中韓にとっては、「コノヤロー!」という世界ですが、ここで費消されたカネは、もともとが日本のマネーです。文句を言えた筋合いじゃない。

おそらくこのときに新総裁・閣僚を務めるのは、いまの民主の「次世代キャビネット」のメンバーでないだろうと思います。いま名前のあがっていない岡田氏や前原氏等実力者で内閣を作ることになることだろうと思われます。

民主党による政権奪取。これによる政界再々編による大革命の実現です。

この国のねじ曲がった政治は、いちどこれくらいの荒療治をしなければ、変わらない。これができるのは剛腕・小沢氏であり、そのためにいま民主党首脳部が必死になっているとするならば、もともと政界再編論者である海部氏、羽田氏等が一切マスコミに登場せずに水面下動き回っていることも納得できます。

こうした筋書きでもなければ、アノ日本共産党からさえも「(民主党の)なんでも反対するという行動はいかがなものか」とまで言われる民主党の昨今の動きは説明がつかないです。小沢氏・鳩山氏の知力で、現民主党の主張する次世代政策構想なるものがいかに陳腐なものであるか、わからないはずがない。

政界大再編。
いまの閉塞した政治状況からは、多くの庶民からみて、かなりわくわくさせる期待感のあるものかもしれません。

しかし・・・と思うのです。

これは大博打はないのか?

実際に政界再々編を行うとして、それまでの間、日本の庶民の暮らしはどうなるのか。この不況のなかで、中小零細はどう生き延びたらいいのか。世界的といわれる金融大恐慌の中で、日本は内政の政界再編に追われて「何もしない」でいいのか。。。

仮に政界再々編によって右派大政党ができあがったとしても、サヨク思想が蔓延したマスコミは、できてしまえばその大政党を単なる野合だの、中身はちっとも変ってないのと、相変わらず無責任な足の引っ張り報道をするのがオチ。
ここまで個人主義が蔓延した日本という国で、政界再々編のために庶民の暮らしが放置されれば、必ずしも再編新党に支持が集まるとは限らない。

そうだとすれば、物事の順序として、まずは、景気対策が優先だろうし、世界の国々と金融パニックをどう乗り切るかの調整が先だろうし、そうした目先の懸案事項をきちんと片づけてたうえで、政界再々編を期するべきではないのかと思います。

それに、国の内外の危機を乗り切るためには、いまは国内の政党は、党利党略を超えて、一致団結して、まじめにこの難局を乗り越えることをしてもらったほうが、はるかに庶民のためになる。

さらにいえば、政界再々編を期するなら、外務大臣の経験も長く、海外に顔の利く麻生総理のもとに民主党側が解党して自民右派・民主右派が連合し、大政党を作っていくほうが、はるかに安全で国策を過たない。

無理は無理を呼んでしまいます。上の民主→政界再々編という筋書きでスポイルされた中韓両国が、ただかしこみ黙っているとも思えません。
それ以上に、中韓両国が、これからほんとうに世界に貢献し、世界から信頼される国になっていくには、日本をただやみくもに攻撃するのではなく、国家の体制に日本を見習い、法治を整え、嘘を言わず、官は民のためある。民こそが大事、という精神性を謙虚に学んでもらうべきです。そのためにも、日本が嘘をつくような卑怯な真似をすることは、やはりイケナイことだと思う。
嘘がもとで、政権奪取→政界再々編という筋書きで無理に作った大政党が、国内外の信用をなくし、国家そのものが信頼を失う可能性もゼロとはいえないのではないかと思うのです。

多くの日本の庶民が望んでいるのは、安して暮らせる社会であってほしいという一語に尽きます。
職があり、生活が安定し、日々の暮らしをすこしでも豊かなものにし、病気や災害、老後の生活に不安のない社会を望んでいるだけです。

だとするならば、あえて日本を中韓の情報侵略の危険に曝し、大博打の政界再々編を試行するよりも、いまある政権をみんなで支え、与野党力を合わせて国難を乗り切ることのほうが、はるかに意味のあることではないかと思うのです。

てか、すくなくとも自民党の中では、挙党一致で現総理を選んだ以上、みんなでこれを支える。それくらいの心がけがなくてどうするのか。すくなくとも3代続けて短命内閣などだしたら、日本は世界のもの笑いだと思うのですけど。。。。

麻生太郎 × エヴァンゲリオン
これ、めちゃ迫力あっておもろいかも^^v


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

縁間 こおろぎ

自民党ではなく悪いのは高官次官でもある
大増税太郎は 消費税が大好きだ、鱈腹 食って 土管土管こうきょう事業をするのに消費税がいるからだ 庶民のを道端に押し退けてダンプカーやクレーン住基をがんがん である

ちらし寿司太郎
ちらし寿司なら麻生寿司太郎 たっぷり消費税混ぜるだけ 三年後に実行よ ちらし税金 麻生寿司太郎 金持ちは戻し輸入返却で銀行は税金ゼロよ 外国の顧客のみお客様 内需は死んどけよ

ねずきち

おはかさんコメントありがとうございます。

なんか思うのですけど、自民か民主かという二大政党制というもの自体が、日本にはなじまないのかなぁと・・・^^;

自民の中の派閥自体が、言ってみればそれぞれ独立した政党みたいなものだし・・

やっぱ日本は中選挙区制で、それぞれ主張を持った政党が、是々非々でやってくれるたほうがわかりやすいかも。

だって、どうもいまの政党の枠組みは、わかりにくいですよね~^^;

おばか

党員のうわばみさんは違うでしょ
一つ一つあげて反論されたから一つ一つ答えたまで。長くなり申し訳ありません。

うわばみ様はきっとねずきちさんのように考えてはおられませんね。タダタダ民主がにくいだけかと・・・。世の中には表しか見ない方が多い。裏もあるけれども見ない振りをするという方が多い。

国賊は自民の中に大勢いるということをお忘れなく。パンダ特集でもあったならば楽しみに読みたいと存じます。失礼しました。

ねずきち

おばかさん、長文のコメントありがとうございます。

うわばみさんも、ボクも、麻生氏礼賛をしているわけではないのだと思います。

日本の危機に際して、政治家がただの評論家になり下がり、ああでもない、こうでもないと離合集散を繰り返している、そうした事実に対して、

おそらく、おばかさんは、「それならさっさと解散しちまえ」と述べておられるのでしょうし、

うわばみさんやボクなどは、ちゃんと結束し、団結して国難にあたれ、と主張しているのだろうと思います。

ひとつだけはっきりしていることは、たぶん、政治家がごちゃごちゃ言っているだけでは、何の解決にもならないということ。

どこかで結束し、団結しないと、おそらく日本は何もかわらない。。。。
そんなふうに思うのですが・・・

おばか

うわばみふかお様
>最大多数の中からしか変革は起こせない
起こしましたか?
>確かに自民にもおかしい人はいる
そういう輩が結構幅を利かせていませんか?
なぜ、和歌山にパンダが5頭もいるか、ご存知でしょう。あの二階だか三階だか知らないが自民の大物、中国べったりの国賊、大幹部でしょう。小泉時代からず~っと。二階が小沢を切ったのではなくて、小沢が二階を切ったのですよ。何でも拾う自民さんには広い広い包容力がありますからね。

ところで、国家を空転させる4回目の総裁選の準備でもされているのでしょうか?絶対多数できちんと法案通したのは安部さんぐらいでしたね。私は自民も民主も無いのですよ。
貧乏競争したら負けないぐらいの生活してますよ。

もう一度だけ、
>絶対多数で無ければ出来ない・・・
自民が絶対多数でなければならない理由などどこにもありません。ただし、選挙負けそうだからやらないとなれば、それを責める勢力がいたとしても不思議じゃないし、大半の自民支持者たちがもはや見限ったって不思議でもない。

庶民が明日の手形決済に追われるときに、支払いに終われるときに、明日のねぐらに追われてるときに、明日の仕事を探してるときに、毎日ホテルのバーで飲みまくってるあの姿が北の将軍様にダブルのですよ。

>礼賛したのは誰?
金丸や、社会党のおば様、共産党支持者たち?誰のこといってるのやらハテ?小沢が礼賛した?小泉は二回も行ったね。こっち来いとはいえなかった。屈辱外交じゃないの?自民が好きで好きで尻尾振って何でも言うこと聞くからアメリカちゃんお願いね・・・といってたアメリカが、頭ごなしに対中、対北・・・これがおかしいと思うのは反自民だけ?自民さんは悔しくないの?それを政権に向けて抗議出来ないの?何も聞こえてはこないのですね。

福岡のスケベオヤジ・・なぜ排除しないの?山形のエリートボンボンなぜ排除しないの?
神奈川の唯一総理なれなかった総裁、なぜ排除しないの?こんなこと言ったら何だけれども、自民の半分は親中国ですよ。民主が全て親中国で無いように。
自民党員様は自分のところは100点で他は0点としか考えておられない。私から言わせれば、民主0点ならば自民今まで10点。今マイナス5点。麻生マイナス10点小沢マイナス1点。この三代の未承認総理大臣(国民感情ではね)の中でまともだったのは安部かな。志は高かったね。次は福田。何もしなかった。最低は麻生。国民感情を逆なでする逃げるだけのオヤジ。金持ちは関係ないですよ。ただし、それを困ってる国民もいるのだから、その前で毎晩バー通いしてやすいとかのたまうなってことですよ。

うわばみふかお

■馬鹿が頑張るほど迷惑なことはないとだけ書いておきましょう。能力をわきまえなさい。自民にはまだ与謝野さんとかいるでしょう。⇒与謝野が良いかどうかはまた別です。
■国を憂う人はもはや自民にはいなくなったのかなぁ・・・既得権亡者たちの国賊集団に成り下がったのでしょうかね???⇒国を憂うから党員になったの。確かに加藤・山崎・河野ら売国奴と云われる者もおります。
■あのネ、中小企業対策、やる気ならできるの。自民というか、麻生さんがやらないだけ。そんなことは世界中が知ってる。傲慢?無知? ⇒私共は零細企業なんでね、別に過去に何ら恩恵受けてないですよ。高い金利の太い借金でもってやってますわ。
■それでも本当にやる気ならやってる。あれは口だけ。自分は貧乏を知らないから、実感がわからない。野垂れ死にする覚悟がない。⇒麻生さんの生まれや資産なんて何ら関係ないでしょ。
■覚悟のない政治家というか、一国の総理を抱えた国民の悲劇・・・ということですよ。解かってるでしょう。自民党員の方たちは特に・・・⇒別に反自民でもどの政党支持でも支持政党ナシでも一緒ですよ。貴兄の云うように国民の悲劇だとしたら、それは野党が不甲斐無いことも要因の一つでしょう。最大多数の中からしか、変革は起こせないでしょう。マスクかけて歩き回るだけじゃ…。
■偉大なる半島の悪将軍礼賛したのは誰?どこが似てるの?似てるとしたら、酒好きなところだけだけど…未だにそこだけは意味不明。

ねずきち

舞桜さんコメントありがとうございます。
そうですか。幼いころにお父さんを亡くされた・・・・
とっても悲しいことを思い出させてしまって、ごめんなさい。
でも、舞桜さんが、お母さんが流された涙を見て、幼心に守ってあげたいと心に決めた思い。すごくよくわかる気がしまます。
お母さんも辛かったろうと思います。
そしてそのお母さんは、子供たちのために必死に生きてきた。
子供たちを守ろうと必死に生きてきた。
子供たちは、きっとそういうお母さんに、必死で守られて生きてきた。
「何度でも何度でも立ち上がる」
お母さんは、そうやって子どもたちを守ってきた。
そのお母さんの思いが、舞桜さんの中で、
「誰かを必死で守ろうとする」人格を形成してきたのかもしれません。
他人じゃないです。相手に伝わる、伝わらないなんて関係ないです。
要は自分。自分が納得できる生き方しかできない。
そのために自分自身が強くなること。誰かを守りきれる自分になること。
人からは、バカとしか思われない不器用な生き方でも、その不器用を10年20年と続けたら、もしかしたら何かの値打のあるものになるかもしれない。ならないかもしれないけど、何か意義のあるものになるかもしれない。
そう思います。
ボクなども、いろいろな人に支えてもらい、たすけてもらい、その実、自分はいったいなにをしてるのか。そう自問したとき、生きて呼吸をしていること自体が、なにやら恥ずかいという思いになる。
だけど、そんな自分でも、生きてしまった以上、いつか散る日まで、生き恥を晒すだけなのかもしれないけど、自分なりに精いっぱい誠実に生きるしかない。
そんな風に思っています。
すごく大切なコメントをいただきながら、こんなツマラナイことしか書けなくてごめんなさい><;;

舞桜(まお)

大切に思うこと。
「挫折や困難にひるんだりすることなく、
何度でも何度でも立ち上がり、
挑戦していくこと」です。

痛む心は、相手のことでです。

私は弱いです。体も小さいし頭だって
いいわけではありません。
でも昔から一つだけ”ある”、傾向性があります。
私や弟たちが幼い頃、父を若くして亡くした時、母は気丈だった。
でも、お葬式の最後の出棺のお経の時、母の横にいた私だけは、
声を出さずに合掌した母の膝の上に、涙がポトポトと落ちているのを
見ました。
その時から、母のことずっと守ってあげようと決意しました。
といっても、7歳の女の子には何も出来るわけありませんでした。、
反って想いとは反対に何も出来ずに、苦しい気持ちで大きくなって、
誰か守ってあげたいという、その想いは、いまだ消えません。

自分が、何か言われて怒る事は、まず無いです。とても目立たない子供でした。
でも大人になって、他人が、そうされてたら許せなくなる。
(自分の我慢した分かも知れないが・・)

立場が弱い人や窮地に陥ってると、何とかしてあげたいと思う。
迷ってる人。弱い動物も、悪ぶった人も、感性でたどり着き、
必死になってしまう。そんな自分に
「人に自慢できない人に近づくな」という人も居ます。
自分が他から、良く見られるような人を、まわりに引き付けるべき。
おそらくコレはふつうの真理でしょう。
ただ過去がまったく違う・・・。
私の個性に「そういう意見」も入れることで、すこしづつ
成長はしているようです。
「日本も「いじめられてるから守るんだ!」みたいに、今、必死。
自分のためより頑張れてしまいます。でも相手には、
あまり気持ちは伝わらないことが、多いようですが。

そして素直に振返ってみたら、本当は自分がなにより
「守って欲しかった人」だった。
ずっとそうされたかったからだ、とようやく気が付きました。
御指摘いただいて、私、自分を守りたかったのかな~?と考えてました。
気が付きにくい箇所でした



ねずきち

>おばかさんコメントありがとうございます。
「自民にはまだ与謝野さんとかいるでしょう?」
おぉ('∀'*)♪
与謝野さん、じつに実直な方ですよね~~
あの方が、もうちょい明るさというか、豪放さというか、せめて文筆の世界で与謝野鉄幹のような豪快さを演出できたら、ものすごい人気が出ると思うのだけど・・
実力あるしね~~^^
「覚悟のない政治家」じゃぁダメだっ!っていうご意見には、ボクも全面的に賛成です^^b


>星ひとつさんコメントありがとうございます。
こうして具体的にご指摘いただけると、すごくわかりやすいです^^

総理がマスコミに誘導されたとはいえ、解散権行使時期を明言してしまったことは、まずかったかもですね。
比較にならないかもしれませんが、その点、東国原知事は、中山元国交相の後釜として出馬するかをマスコミに迫られたとき、最後まで「出馬する」とは言わなかった。
麻生氏に、一国の総理として「言葉が軽い」という批判があるのは、最初の「解散発言」からして、当然であろうと思います。
この点に関しては、麻生さんが議員から総理になった以上、少々軽くてもいいから、放言しまくり男を、側近に置く必要があるのではないかと思います。
日本は大統領制ではないので、総理はあくまで行政府の長である以上、やはり、どうしても閣僚として「言えないこと」が出てしまう。
そのあたりの役割分担というか、党内にそういう芸のできる集団は必要だと思っています。
それがないところに、麻生氏の不幸がある。そんな気がします。
「内容のお粗末さ」
これも、おっしゃる通りですね。
てか、そういうことを自ら語らなければならないというところに、日本の政局の異常さがあるように思います。
そういう意味では、星ひとつさんのご意見に賛成です。

それでも、3代続けて短命内閣を出してはイケナイと思っていますが・・・・w

星ひとつ。

管理人さんから

>文芸春秋の手記をお粗末と断じてられますが、たとえばどこが「お粗末」だったのかを~

というリクエストをいただいたので簡単に2点だけ記しておきます。

まず、総裁に選ばれたことで舞い上がっていたのか、「伝家の宝刀」と呼ばれる解散権の行使時期を雑誌を通して発表してしまった点。(行為のお粗末さ)

もう1点は、実際に冒頭解散を考えていたのかどうか不明瞭である点。(内容のお粗末さ)

以上です。

おばか

世界に向けて馬鹿を宣伝してほしくないだけですよ~
馬鹿が頑張るほど迷惑なことはないとだけ書いておきましょう。能力をわきまえなさい。自民にはまだ与謝野さんとかいるでしょう。
国を憂う人はもはや自民にはいなくなったのかなぁ・・・既得権亡者たちの国賊集団に成り下がったのでしょうかね???あのネ、中小企業対策、やる気ならできるの。自民というか、麻生さんがやらないだけ。そんなことは世界中が知ってる。傲慢?無知?
それでも本当にやる気ならやってる。あれは口だけ。自分は貧乏を知らないから、実感がわからない。野垂れ死にする覚悟がない。

覚悟のない政治家というか、一国の総理を抱えた国民の悲劇・・・ということですよ。解かってるでしょう。自民党員の方たちは特に・・・。

ねずきち

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
コメントひとつでも、いろいろなご意見がある。さまざまな考え方がある。そういう多様な考え方を自由に主張できるって、すごいいいですよね~~^^♪
だって、せめていいたいこと言えなかったら、日本に生まれた意味ないっすよw

>舞桜さんコメントありがとうございます。
ボクは、無節操といわれそうだけど、もしいま総理が福田さんなら、たぶん福田さんo(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!と言ってるwww
ただ、このご時節に、麻生さん、ほんとによく頑張ってると思いますね^^
てかね、個人でもなんでもそうだけど、たかが悪口に負けてほしくない。
世の中ってさ、悪口言う人が100人いたら、そのぶん、応援してくれている人が、かならず100人いる。悪口が先鋭化すればするほど、応援してくれている人も先鋭化する。だから人の言うことなんか気にすることないです^^v
要は、負けない自分になること・・・だと思います^^

>ECOさんコメントありがとうございます。
ね~~、ひどいっすよね~~
このコメント、次の記事で使わせていただきますね^^;
(^。^;)ゴメンナサイ・・・でも、すごい大事なことなので^^;
八(^□^*) タノム!!

>おばかさんコメントありがとうございます。
おぉ('∀'*)♪
厳しいご指摘、ありがとうございますぅ~♪
17時のコメントでは、いまいちなにが問題なのかわからなかったのですが、23時のコメントでは、「反対意見というものをお持ちでないようです」とあるので、ようするに麻生よいしょ♪ が、気に入らなかったのかな?(笑)
それならそうと、書いていただいた方が、わかりやすですよん^^b

>最近読者になりましたさんコメントありがとうございます。
ねずきちの国籍法改案の記事は、左のサイドバーの「カテゴリ」の上から11番目にあります。そこをクリックしていただくと、国籍法関連の記事がでます。
ちなみに、URLは、
<a href="http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-category-41.html">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-category-41.html</a>
です。5つの記事があります。

>アレサさんコメントありがとうございます。
(*^▽^*)ノハーイ、ありがとうございますぅ~~^^
てか、たしかに・・・ながい・・・・><;;

>やどろくさんコメントありがとうございます。
上なんてけっこうもろいもので、下にささえてもらわなきゃやってけない。
ようするに、お神輿みたいなもので、みんなで担がなきゃ、神輿にならないんですよね~~^^

>ミンタさんコメントありがとうございます。
ボクも同感です。
日本は「主権在民」のはずです。
「主権マスコミ」の国じゃないぞ~~!といいたいですw

>みちおさんコメントありがとうございます。
(゜-゜;)ウーン、たしかに小沢さんの最近の行動は、焦りともみえますね。
それだけに、もし、国政を誤ったら、とんでもないことになる。
そこがすごく気になってます。

>オーラ・スピリットさんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!、さすがにさめてますね~~w
ボクもオーラさんくらい、スパッと割り切れたらいいのにw
でも、そうやって何もしないで割り切っていることによって、国そのものを失って難民となった国家国民もいる。やっぱ、黙ってちゃイクナイと思うんですよね~^^

>星ひとつさんコメントありがとうございます。
(lllllllll´▽`lllllllll)ノのわははは♪
「ナントカ様のおかげです」的なニュース映像は、てきびしいなぁ~w
でも、反麻生論があるなら、護麻生論があってもおかしくない。
そして感情的にならずに、相互に相手の言い分をきちんと聞き、互いに学びあう姿勢が一番大事と思っています^^v
01時のコメントの最後にある「指摘するべきは指摘する」は、本気で大歓迎です。
具体的にどこがどう間違っているのか。文芸春秋の手記をお粗末と断じてられますが、たとえばどこが「お粗末」だったのかを、教えていただけると、ボク自身勉強になるので、とてもありがたいです。


>赤坂王子さんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ! そうかもw
でもなぁ・・・3人連続短命政権ってのもなぁ・・・
日本が恥ずかしいぞw と思うのですが^^;

>moharizaさん、いつもながら冷静なコメント、ありがとうございます^^
ボクが長い文章で、いちばん言いたくて、言えてなかった(笑)ことを、見事に言い当てて下さったです^^
「別に、ねずきちさんは、「親麻生派」では無く、マスコミは客観的に報道すべきと、云っているのが、本心と思います。」
 ○そーなんです^^

「心情的には、マスコミの報道は、私的には、心がすっきりしますが、マスコミが「感情論」、「思いこみ」で、事実を事実として伝えない姿勢は、間違っていると思います。」
 ○そうなんです。そこを言いたかった。マスコミの報道が、どうにも偏向的であり、ただ悪いの、問題があるのというばかりで、いったいなにがどう不味いのか、さっぱりわからない。対する民主党にしても、ようするにどうしたいのか、なにをしたいのかが、報道からはさっぱり見えてこない。

そういう意味で、マスコミの「感情論」「思いこみ論」とおなじ延長線上で、マスコミと真逆な立場で、「感情論」「思いこみ論」を書いてみた・・・というのが、本稿です。これはオバマ氏のことを書いたあたりの原稿とは、ちょっと違う。

もう12月です。年末です。会社のオーナーは、ボーナスを払わなきゃなんない。
それだけの資金が口座にあるようなゆとりある企業ばかりなら良いのですが、世の中の多くの会社は、ボーナス支給のために、銀行からカネを借りなきゃなんない。
そのための歳末与信枠として政府が用意したのが一次補正の9兆円。
だけど、政府が公庫の窓口融資枠を9兆円増やしたって、その額がそのまま民間金融機関の資金回収に充てられたら、景気回復になんてならない。
だから政府は1次補正で政府が9兆円出すのにあわせて、民間金融機関にも歳末特別融資枠を設けろ!との法案を出した。これがいまだに参院で民主党の審議拒否にあって棚上げになっている。
でも、もう12月なんです。おーい、ボーナス、どうしてくれんだよっ!!
これ、辛辣な問題なんです。

ボクは、moharizaさんのおっしゃる
「私は、<軸がぶれない政治家>を信用します。
今は、選挙の空白より、経済問題<急激な国際的景気冷え込みの改善>」
というご意見に全面的に賛同します。

mohariza

私は、「反自民」の立場なのですが…
色々なコメントが出ていますが、
私は、現在、反自民の立場なので、ねずきちさんの投稿には、「まいった!」と思いました。

別に、ねずきちさんは、「親麻生派」では無く、マスコミは客観的に報道すべきと、云っているのが、本心と思います。

心情的には、マスコミの報道は、私的には、心がすっきりしますが、マスコミが「感情論」、「思いこみ」で、事実を事実として伝えない姿勢は、間違っていると思います。
公人(今回は、麻生首相)の言語を、その言葉の一部のみを捉え、感情論で、別の真意に置き換えることは、平気でマスコミは、これまでもやってきました。

今、現実にやるべきことは、<景気問題>!
私は、<軸がぶれない政治家>を信用します。
客観的に、今は、選挙の空白より、経済問題<急激な国際的景気冷え込みの改善>と思うのですが…。

星ひとつ。

>うわばみさん

何を「まとも」と受け取るかは人によるでしょうが、麻生さんのことは普通に報道されていると思いますよ。

うわばみさんは、確か自民党員でしたね。
そういう方と、どの政党とも距離を置いている私のような人間とではモノの捉え方も違うでしょうが、こちらの管理人さんの、自民党というより麻生さんベッタリの姿勢を、自民党支持者のうわばみさんは好ましいものだと受け取っておられるのでしょうか。

文藝春秋に載せた手記のお粗末さ、定額給付金を巡るドタバタぶり、道路特定財源の一般財源化からの後退など、私が党員なら次の選挙が真剣に心配になる迷走ぶりです。
しかし、それには目をつぶっての民主党と自民党内反対派への非難。

以前は、真意は別だったかもしれないにせよ「今の自民党がいいとは思わないが」という言葉が付いていましたが、ここまで麻生さんベッタリの文章を見せられると、管理人さんはただの権力好きだったのかなと思ってしまいます。

この長いエントリー、他にもツッコミどころ満載なんですよ。
危なっかしくてとても見ちゃいられない。
うわばみさんがここの管理人さんに好感を持っているのなら、指摘するべきは指摘するのが、管理人さんと同じ自民党支持者としての務めだと思いますけどね。

赤坂王子

麻生さんも4度目の正直でせっかく首相までなったんだからもったいないですよね。まぁ
今の無策ぶりでは短命でしょうね。
正直私は麻生太郎は好きじゃありません

おばか

「浮かれポンチのヨイショ」ばかりに持ち上げられてると、世間が見えなくなるということ。これ総理も、このブログも一緒。
なんか最近、北の将軍様を称える報道と似てきましたね。数稼いで、ナントカの上位に行きたくなるときにこういうのってよくあるんだなぁ。
こちらの信者は○○学会を思い出しますね。
反対意見というものをお持ちでないようです。前は違っていましたよ。ホント。

うわばみふかお

■記事を読む人の受け取り様って、本当に幅広いものですね。正直驚きです。
■でも“星ひとつ”さんには『よくわかる』と云われる事…ねずきちさんの意見が全てではないですけど、私には“おばかさん”の云う「残念。煽りと金儲けに狂ったかなぁ」と、バッサリ切り捨ててるのは…私には意味不明です。何を云いたいのか全く理解に苦しんでます。他人様の記事に対して辛辣なクセに半端過ぎませんか?まるでガキのピンポンダシュのようなものです。
■中途半端に“以前は違った”とか“自分が期待している意見と違った”と云うのですか?それとも単に無責任にやんわり“間違ってる”と云いたかったのでしょうか?
■麻生さんがやってることを、まともに報道しないから、確認してるに過ぎないじゃないですか?それが麻生PRになるのでしょうか?…世の中には色んな人・意見があること
だけはよく解りましたが、前述の舌足らずなコメはサッパリ判りません。

星ひとつ。

どなたかが使っていた「イカレテ来た」という表現はどうかと思うけど、その気持ちはよくわかる。
これじゃ、まるで麻生さんのためのPRブログですね。
日本より少し北の方にある国の「ナントカ様のおかげです」的なニュース映像を思い出しましたよ。

オーラ・スピリット

こんばんはv-411

ねずきちさんは
麻生さんが好きなんですね^^
僕は自民でも民主でも、なんでもないので

>挙党一致で現総理を選んだ以上、
 みんなでこれを支える

そんな事が出来るなら
総理がコロコロ代わる事はなかったでしょう

どうせ状況が打開出来ないなら
博打でも何でもやって
政界大再編してもらった方がいいですね

マスコミの悪口報道はともかく
自民党内から悪口が出ている現状で

どうまとめられるのか?
国難を乗り切れるのか?

ネジレている限り
「何もしてない」と同じです。

既に日本は世界のもの笑いです^^

お邪魔しました
ポチッとv-352

みちお

>麻生政権は、米国が支配するIMFに、「新興国の金融危機、通貨危機を回避するための資金」として、10兆円分のドル債を拠出します。IMF(国際通貨基金)の性格を知らず、見性のない哀れな愚策でした。
http://archive.mag2.com/0000048497/index.html
(以下略)
こういう意見もありますが、私はこの考えを支持しません。まあ私よりはるかに頭のいい方の意見ですから正しいのかもしれませんが。
麻生さんの部分に関する限り、私はねずきちさんを支持します。

次に「政治の天才・剛腕小沢氏」とおっしゃいますが、途中からの話は失礼ながら考えすぎだと思います。
あの人はただの権力亡者。細川内閣退陣のときのことを考えてもやることなすことすべてが近視眼的なんですよ。そこまで考えているとは思えませんね。
「韓国人の辞書に『TPO』の文字はない。韓国人は後先考えない。韓国人は状況判断ができない。韓国人は相手の立場で物事を考えることができない。」これは韓国人に対する評価ですが、小沢さんもどうもこのような傾向があります。(注、小沢さんが朝鮮系だという人がいますが、この場合は別にどちらでも関係ありません。ただ、同じような傾向があると感じただけです。) 深読みは、かえって判断を誤らす結果となります。
「やどろく」さんは「小沢氏は、最近また傲慢病が出てき」たとおっしゃいますが、私はむしろ焦りを感じますね。余裕がないからこそこわもてになる。本当に余裕があったらもっとソフトになると思うのですよ。
あの方に願うことは唯一つ。 一刻も早く政界から引退して欲しいということだけです。

ミンタ

麻生氏には頑張って欲しい。
ねずきちさん、こんばんは。
全くおっしゃる通りです。
この大変な時期に麻生さんは頑張って行動していらっしゃると思います。
なのに最近のメディアの報道は酷過ぎです(怒)。
国民一人一人が声を上げて、良い首相を守っていくべき時が来たようですね。


やどろく

おっしゃるとおり、麻生さんは良くやっていますよ。
いつから、この国は自国の最高責任者をこんなに軽く扱うようになったのでしょう?
なぜ、支えようとしないのでしょう?

マスコミは、情報&印象操作をしすぎです。
小沢氏は、最近また傲慢病が出てきましたね。
大連立を口にする自体、選挙民を舐めてますね・・・

アレサ

がんばれ~♪
僕はねずきちさんを応援しているぞ!
熱のこもった内容でした。

もっと簡潔にまとめるともっとよくなるかも。辛口のコメントにめげないで!

最近読者になりました

注文してもよろしいでしょうか
ねずきちさんの国籍法改案の記事読みたいのですが

おばか

お馬鹿ブログに馬鹿が言う
おばかが言うのもなんだけど、このブログ、ちょっとイカレテ来てますね。
前は凄くよかったんだけれども・・・残念。煽りと金儲けに狂ったかなぁ・・・?

ECO

エコは政治にうといのですが(恥)
先日の朝の番組、朝ズバかな?みのさんが出てるヤツで
麻生さんにインタビューしてて
「小沢氏が麻生氏の動きをチンピラの小細工と
言ってましたがどう思われますか?」
と聞かれて、物静かに
「小沢氏本人から聞いた言葉ではないから
あなたの言葉をうのみしてコメントはできない
何かあれば国会で話をつけます」
みたいくに答えたら
「このように麻生氏は声を荒げ小沢氏を激しく非難した」
ってナレーターがまとめてて驚き!!
まったく非難してないし。。。声荒げてないし・・・
朝の出勤の支度をしながら適当に聞いてると
あぁ麻生さん怒って文句言ってるんだなって
イメージをもつような内容で・・・
マスコミの情報操作って怖いですね・・・
自分でシッカリみきわめなきゃですね・・・
麻生さん可哀想でした
そういえば例の医者の批判だって
怒ったのは医者と同業者の政治家だけですから(笑)

麻生さん負けないでねポチポチ☆

舞桜(まお)

麻生総理は「世界のイニシアティブをとり経済危機を救え」と
繰り返し語り、外交を頑張っていた。
いくら周りが解散を、口に言っても、経済危機を乗り切れないので、
解散をしてはいけないと信念で行動し、海外で日本も協力して
救済してきている。
「アメリカで国内向けにも80兆円の投入をし、国内の救済をした。
IMFに10兆円のお金を出しすと申し出た。」

日本の力を世界に示すためにも、こうやってこんなにも日本のために
頑張っているのに、国民は総理の悪口報道ばかりで、
事情をよく知らされずにいる.マスコミが
国内に目を向けた不満が湧く方へと、報道する。
知っていて、マスコミはほんとに愚かだ。
いい加減、この辺で悪への手引きはやめるべきだと思う

あとは、国内の不況対策もまた、悪意報道の中
コレも頑張って乗り切っていくしかないでしょう。
それでも、頑張れ、麻生総理。

うわばみふかお

■党内から批判の声を上げている渡辺氏らも、総裁選では何の支持も得られず黙らざるを得なかった方々。挙党一致内閣は口だけで、いざ自民総裁最後の総理になりたくない“臆病者”が多すぎた気がします。
■“心あるもの”の集結…あながちアリですよね。森・小泉など必要ない方々は早く議員を辞し引退すべきです。さもないと麻生総裁に全面協力するべきです。誰も森・小泉・加藤・山崎らに期待してないのですから。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク