堺屋太一氏が語る「格差社会」



堺屋太一氏は、ボクは大好きで、この人の書いた本は、おそらく全部読んでいると思います。

堺屋氏が経企庁長官だったころ、景気がちっともよくならないとマスコミは大騒ぎして氏を長官の職から引きずり降ろしました。
しかし、今振り返ってみると、バブル崩壊後に日本の経済が上向き数字を出したのは、この方が在任当時だけです。その前も後も、一貫して日本経済は転落の一途をだどっています。

その堺屋氏が、週刊ダイヤモンドに寄稿されたようです。

堺屋太一が語る“格差是正”の処方箋
「人脈、情報、地域の固定化で拡大した格差を解消せよ!」
週刊ダイヤモンド編集部【第41回】 2008年12月03日

標題だけを見ると、格差社会の是正のために「格差を平準化せよ」と言っているのかと思いきや、内容は、ぜんぜん違います。

まず、氏はいまの日本に3つの「格差」があると主張します。

1つは、議員や役者、大手会社役員などの2世ブームに象徴される、≪親の顔による人脈の格差≫

昔から、親の残した財産による格差というものはあったが、親の築いた人脈によって引き立てられるというのは、たしかに新しい概念だと思います。

2つめは、≪正規社員と非正規社員の格差≫

80年代までは、農村部出身の兼業農家の出稼ぎ者と、結婚・出産で退職が予定された女性が「短期雇用」の低賃金労働者の役割を担ったが、90年代以降はこうした兼業者が激減。女性も終身雇用が増加し、正規社員の採用が企業にとって多額の将来負担を予想させるものとなった。

欧米では、こうした低賃金労働力は、移民労働力によって賄われているが、日本には少ない。もし官僚規制によって日雇い派遣などの臨時雇用をなくせば、この国の産業、とりわけ流通サービスや都市機能維持は高コストになり、社会の質の劣化と職場の海外流出を招くだろう。その結果、日本全体が貧しく不便で住みにくい国になるに違いない、という。

3つめは、≪東京圏とその他の地方のあいだの地域格差≫

90年までは農業保護と工場の増加と公共事業のバラまきによって地方も潤い、不平等ながらも均衡が保たれてた。

その結果、地方にも6種類の富裕層が存続できた。
(1)山林業者
(2)酒造業者
(3)地場産業のオーナー経営者
(4)中心商店街の老舗のだんな
(5)地域の建設業者、
(6)医師・医療機関経営者 などである。

ところが90年代に入ると、冷戦構造の消滅で経済のグローバル化が進展、日本の農業保護も緩み出した。加えてペーパーマネーの横溢とコンピュータ制御装置の普及で発展途上国でも規格大量生産ができるようになった。このため、日本の生産現場は縮小し、手足の機能に徹させられた地方は大打撃を受け、富裕層も消滅してしまった。

(1)山林は安価な輸入材でほとんど価値を失った。
(2)酒造業は日本人の好みの変化で縮小、数も収益も低下した。
(3)地場産業は中国などからの安価な輸入で壊滅してしまった。
(4)中心商店街は人口の減少と全国チェーンの進出でシャッター通りと化し、老舗のだんなもワーキングプア並みの収入という例もある。
(5)地域建設業は、21世紀になってからの公共事業の削減や談合禁止で大不況、倒産閉業が続出している。

地方に富裕層として残ったのは医師・医療機関経営者だけだが、ここにも医療行政の厳格化による医師・看護師不足の危機が迫っている。

いやはや、まったくご指摘の通り。。。。。地方はたいへんな状況になっています。

そして氏は続けます。

≪いまや日本は、東京の千代田区と港区に集中した「出島」からしか外国情報の入らない不便な社会になってしまった。このことが、この国をおもしろみのない世の中にし、国民の意欲と創造力を奪っている。≫

うほっ!w 日本は実質、江戸時代のの鎖国と変わらない(笑)
たしかに言われてみれば、そのとおりかもww

≪特にこれからの知価社会において世の中の進化と人びとの満足拡大に必要な知価の創造に当たる人びと――たとえばデザイナーやプログラマー、金融操作、学術芸能、プロスポーツなどに携わる人びと――は、成功・不成功のリスクが高いうえ、成功しても活動期間は他の職業より短い。

それだけに、こうした分野への人材導入を拡大するためには、成功者にはケタはずれの報酬と人気を与える必要がある。世界的に所得税の軽減とフラット税率化が推進されているのは、こうした認識があるからである≫

おぉ('∀'*)♪
ついでに、技術系にも、同様のオテアテを~♪

今回の堺屋氏のレポートは、具体的な問題解決の道筋や方向性を語るものではなく、いまの日本が抱える問題点の構造を整理し、指摘するものにとどまっているけれど、読んでみると、いちいちもっともなことばかり、と感じました。

http://diamond.jp/series/dw_special/10041/
↑で読めますので、ご興味のある方は、是非、読んでみてください^^v

で、・・・・・

本文と全然関係ないのですが、

ボクのこのブログは、かなり右系です。
だけど、ボクは、戦争に賛成とか、大日本帝国万歳とか、自民万歳といういうつもりは毛頭ありません(笑)

いろいろな考え方があっていいと思うし、友人のほとんどは、サヨクです(笑)

ただ、本当の事実はどこにあるのか。政府や国会や政党がどこに向かおうとしているのか。
その先に待つものはなんなのかは、結果としてボクたちの生活におもいきりふりかかってくることなので、非常に興味があります。

マスコミについては、もともとは、朝日は偏ってるね~くらいの認識しかありませんでしたが、報道すべてについて、(;¬_¬) ぁ ゃι ぃと感じるようになったのは、実は、堺屋太一さんが経済企画庁長官のころからです。

マスコミは、景気対策を急ぐ堺屋さんの足をひっぱるだけひっぱって、対策の実現を遅らせ、さらに景気がよくならないではないかと、堺屋さんを叩きまくりました。

しかし、その後のデータをみると、GDPなどの各種の数値が上向いたのは、冒頭記したように、バルブ崩壊以降、堺屋さんが経企庁長官在任当時だけ。
その後の景気の後退は、さらにいっそう厳しいものになっています。

おかしくないですか? なんのための報道なのですか?
景気対策の足をひっぱり、真剣に日本のために努力する人を再起不能なくらい叩きまくり、日本の経済を失速させるのが、マスコミの役割なのですか? 主権は在民じゃないのですか? 日本は主権報道の国なのですか?

冒頭記したように、
上の堺屋氏の問題提起にしても、これは「格差社会の広がり等」を説明しているものですが、
たとえばその本文中にある、
「老舗のだんなもワーキングプア並みの収入」
という一語だけを抜き出して、
「堺屋氏は、地方の老舗のだんなを『ワーキングプア』と決めつけている。努力している地方老舗のだんなだっているのに、まったくもってけしからん発言だ!」
などというのは、どう考えてみたってアホのすることです。

しかし、それが麻生氏の発言とか大臣の発言となると、問題の本質をそれて、そんな言葉じりばかりが「問題発言」としてマスコミの攻撃にさらされる。

これは、へんです。

ECOさんからのコメントに、
---------------------------------
先日の朝の番組、朝ズバかな?みのさんが出てるヤツで 、麻生さんにインタビューしてて
「小沢氏が麻生氏の動きをチンピラの小細工と 言ってましたがどう思われますか?」
と聞かれて、物静かに
「小沢氏本人から聞いた言葉ではないから あなたの言葉をうのみしてコメントはできない 。何かあれば国会で話をつけます」 みたいに答えたら
「このように麻生氏は声を荒げ小沢氏を激しく非難した」
ってナレーターがまとめてて驚き!!
まったく非難してないし。。。声荒げてないし・・・
----------------------------------
というものがありましたが、
意図的にこうした偏った報道を流し、国民に誤ったイメージを植え付けるのは、よくないことだと思う。

主権在民の民主主義である以上、最終選択者は「国民」にあるはずで、その国民が冷静に判断できるよう、事実の正確な報道をするのがマスコミの職務であるはずで、そこに偏向報道を許容したら、それは北朝鮮のプロパバンダ報道となんら変わることがない。

日本の多くの国民が望んでいるのは、そういう北朝鮮のような国なのですか?
飢えに苦しむ北の国民のような生活を、多くの日本国民が望んでいるのですか?

ボクが感じているのは、そういう、いってみれば素朴な疑問で、その素朴な疑問をこのブログで書いています。

日本は、「主権報道」の国じゃない。日本は「主権在民」の国だ。
そう信じるから、民のひとりとして、感じたままを書いています。

いろいろなご意見をいただきながら、ボク自身ももっと学んでいきたいと思っています^^b

近未来政治研究会議員研修会


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>風小僧さん、コメントありがとうございます。
「なにを期待しての報道なのか・・」
そこなんですよね~~、ボクのいいたいのもそこなんです。
だからこそ、「主権報道」じゃないぞ~~!!みたいな^^;
それと風小僧さんがおっしゃる、
「人を育てるのも報道」
それってつまり、報道という行為の前に、なにがしかの哲学が必要だってことですよね~。まったく同感です^^b


>ys_tateさんコメントありがとうございます。
ことらこそ感謝です。
ありがとさんきゅっ♪v(*б-б*)^☆


>八目山人さんコメントありがとうございます。
「あらゆるものの東京一極集中」の弊害・・・
江戸鎖国時代の長崎「出島」が、現代の東京であり、日本は実質鎖国に近い、という指摘は、言われてみると、なるほど~~って思っちゃいます。
「東京の6局が政治を牛耳っている」
政治を牛耳っているかどうかはわかりませんが、先日田母神氏を番組に登場させた関西テレビの「たかじんのそこまでいって委員会」は、あれだけ左右両方の人を呼んだ討論会として、よい番組なのに、関東では放送禁止。
なにか局に、政治的偏りがあるような感じはしますよね~~


>おばかさん、コメントありがとうございます。
ねね、「おばか」は、「さん」付けで呼んでも、なんか申し訳なくて・・・
お願いだから、なにかもうちょい違うHNにしてくださいな^^;

おっしゃることはもっともで、そういえばどなたかが言っていました。
日本は世界で唯一共産主義を成功させた国であるって。
たしかに官僚主導で「規格」を作り、官民一体となって規格大量生産を行い、効率化を図った。この「効率化」って思想は社会の隅々にまで浸透しています。
共産主義を「社会の効率化を極限まで追求した社会」とするならば、まさに日本は、おばかさんのおっしゃるとおり共産国家といえるのかもしれないと思います^^


>moharizaさんコメントありがとうございます。
てか、いつもながら、本文でいちばんいいたかったことを、大弁していただいちゃいました。ありがとうございます^^v
「異」は大歓迎です。
自分が「正しい」なんて思ってません。「正しくありたい」と思っています。
だから、「学び」たいのです^^b

mohariza

少し、「長文」になりましたが…。
<日本は、「主権報道」の国じゃない。日本は「主権在民」の国だ。>は、言い得ていますね。
<主権在民の民主主義である以上、最終選択者は「国民」にあるはずで、>報道機関が、判断を下すのは、「謁見行為」と思います。
報道は、「客観的報道」と、「自己(自社)の意見」をはっきり分け、報道すべきと思います。そこを「ごっちゃにして、曖昧にして、」「意見を<さも事実として>、すり替えている」のが、問題だと思います。

≪親の顔による人脈の格差≫は、目に余るものが、あります。
「東大」はエリートコースの登竜門でしたが、今は、裕福な家庭しか、行けない状況に陥っています。(「東大が全て」、とは思いませんが…。)
≪正規社員と非正規社員の格差≫…
「安い賃金の非正規社員」を多く雇い、会社の延命を図る現状は、分からないわけではありませんが、さらに安い外国労働者の大量受け入れを含め、国民の不平等が、益々、拡張していると思います。
その不満は、いつか、爆発する気がします…。
≪東京圏とその他の地方のあいだの地域格差≫…
要は、東京圏に金持ちが一極に集中している、と云うことだと思います。
それに胡座をかいている「石原知事」に頭に来ますが、地域格差は、江戸時代の「士農工商」の格差のような気がしています。
「農工」(第1次・2次産業)を大事にしない社会は、どこか、「頭でっかち」の「かたわ」の社会のような気がします。

…堺屋太一氏の意見は、ユニークで、どこか爽快な意見と思いますが、
<…それだけに、こうした分野への人材導入を拡大するためには、成功者にはケタはずれの報酬と人気を与える必要がある。>とは、
努力に見合った報酬は、「人にやる気を与える」との意味と思います。
努力に見合った報酬が得られない社会には、活気と活力は生まれないと思います。
今、日本は、その活力が無くなってきている気がしています。

私は、世の中、「うよ」も「さよ」も、あってよく、どちらかに偏った社会は、オカシイと思い、<いろいろな考え方があっていいと思>います。

ねずきちさんの、<素朴な疑問で、その素朴な疑問をこのブログ>で記している姿勢に賛成します。
但し、「間違っている」と思ったなら、「異」を唱えますが…。



おばか

報道機関は生殺与奪権握られてんのよ?
財界の奥田さんという人がこの間、厚労省の件で恐喝した。「コマーシャル引き上げるゾとね。これは、これから経団連はいっぱい首切りするぞ。派遣アルバイト、季節従業員切るぞ。そのときお前らマスコミが余計なことで騒いだら全部スポンサー下りてやるからな・・・そしたらお前らマスコミは全部倒産だ・・・という脅しだったのですよ。どこかの新聞がひどいとか、偏ってるとかは、日本の場合お笑い程度で、みんな実は権力側に牛耳られてるのですよ。わかんないのかなぁ?
朝日なんてのは、馬鹿庶民のガス抜き程度にしか使われてないことが・・・。真に怖い存在がいることに目を向けられないのは・・・踊らされてるお人形さん。へたすりゃ、電波法とかで、テレ朝なんかしょっ引いて、放映禁止時間作れるのよね。現に自民は脅してるし、テレ朝ビビッテ軟弱になったし。日本は、共産国家なのですよ。自民党が大好きな共産国家。

八目山人

なんでも東京に集めるのは止めろ
堺屋さんが語る格差問題は、3番が一番重要です。日本はあらゆるものが東京一極に集中してしまっています。
道州制についても、東京都と沖縄をどうするかに答えを出さなければ、うまく行きません。アメリカの各州は、どこが一番どこがびりと言う事は有りません。調べてみてください。
地デジ移行でも、先進国で既に行っていますが、全て多チャンネル化と一体となっています。しかし日本では絶対にそうはならないでしょう。東京の6局が第一権力として、政治を牛耳っているわけですから。自分の損に成る事をやる訳が有りません。
武士が武士を廃止した明治維新は、偉かったと思います。

ys_tate

ねずきちさま

ねずきちさまの記事から「自身が学ぶこと」
ということを学ばせていただきました。

毎度、感謝が尽きません。
有難う御座います!

風小僧

ねずきちさん、昨日、私もお話ししましたが、報道は全てまんべんなく記載したりTVで報道したりするのが役割ですが、どうもそんな風に見られませんよね。
何を期待しての報道なのか分かりません。
政治離れは…暗い話には耳を傾けなくなるのは当たり前なんです。心が優しくなる、ホッとする、希望が持てるような記事には耳を傾けるのですが、中・高生が「おもしろくない」と言うのが本心なんですね。
人は「あなたは悪い」と何百回言われると本当に悪くなってしまうんですね。
心の作用というものをもっと考えた報道でないと日本はどうなるのでしょうかね。
人を育てるのも報道です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク