大塩平八郎の乱

ooshioheihatiro


昨日のことです。ひさびさに会った友人といまの政局の話になりました。
で、「いまはどのくらいの時代にきているのだろう。維新はまだかいな」という話になり、結局、いまは天保の大飢饉が始まったくらいのご時世にあたるのではないかという話になりました。

天保の大飢饉は、天保四年(1833年)から数年間続いた凶作による全国的な飢饉を指します。

時を同じくして、50年続いた11代将軍徳川家斉にかわり、徳川家慶が12代将軍になります。

幕府の威信を保つためにも、将軍交代の儀式は派手に行わなくてはならない。
ところが、世は飢饉の真っ只中です。
そこで、時の老中水野忠邦が目を付けたのが、天下の台所・大坂の町でした。

水野忠邦は、自分の実弟・跡部良弼を、町奉行として大坂に派遣します。

天保七年(1836年)、東町奉行に就任した跡部は、大坂市中や近在の米の値段が暴騰するのをしり目に、『将軍交代の準備』という名目で、せっせと米を買付け、江戸に回します。
ただでさえ、続く凶作で米が不足しているなかでの大量買付です。
大阪の豪商たちは、どんどん米の値段を吊り上げる。

これをみた大阪町奉行所目付役筆頭・地方役筆頭・盗賊役筆頭・唐物取締役筆頭・諸御用調役(すごい要職兼任数です)であり、いまは市中で陽明学を教える塾を経営していた大塩平八郎は、自分の考えた『飢饉救済策』を、何度も町奉行・跡部にうったえます。

ところが、跡部良弼には、老中水野忠邦という強力なバックもおり、隠居した元与力の意見など聞く耳持たない。

大塩平八郎は、「与力の隠居ふぜいが身分をわきまえない事をしつこく言うのならのなら、お前を牢屋にぶち込むぞ」とまで言われてしまいます。

その間に、米の値段は、6・7倍に跳ね上がり、一部の裕福な商人を除いてはほとんどの庶民はその日暮らしの状態。

道端で物乞いをしても、この飢饉では物を恵んでくれる人もなく、餓死する人は大阪市中で一冬で5千人に達したと言います。

それでも市民たちは、必死にその日その日の食料を得るために、五合・一升というわずかな米を、どこからかやっとの思いで手に入れるのですが、それは闇米だ、規則違反だ、と奉行所役人がひっ捕まえて牢屋行き、米は役人に没収されてしまう。

そんな時、甲斐一国騒動、三河加茂一揆と各地に、一揆や打ち壊しの騒動が起きているウワサが大坂にも伝わってきました。
大塩平八郎は、「このままでは、大坂でも一揆や騒動が起こる」と、重ねて跡部奉行に訴えますが、やはりいっこうに耳を傾けようとしなかった。

「奸吏糾弾の事件後、また再び与力たちは不正に走り、四ヶ所の役人たちものさばり出し、しかも今回は町奉行までもが、飢饉の救済もせず江戸の水野のほうばかり向いている。もう、これ以上は無理だ。待っていられない。」

そうして、大塩平八郎は、翌天保八年(1837年)の正月、有名な『檄文』を作成。これを大量に印刷し、大阪市中にばらまきます。
2月18日に、書き溜めた数々の書類を木箱にいれ、直接幕府に届くよう江戸向けの飛脚に託すと、翌2月19日朝8時に、大阪の町で決起します。

この乱は、裏切り者の事前の密告によって、早々に鎮圧されてしまいます。

しかし、大塩平八郎の純真な思いは、その『檄文』によって、人ずてに全国にひろがり、文に刺激された国学者・生田万(いくたよろず)が、遠く越後(新潟)・柏崎で発起したり、大塩門弟と名乗る人物が摂津・能勢で兵を挙げたり・・・といった事が各地で起きるようになります。

徳川幕府にとっては、大塩平八郎は、たいへんな反逆人です。
幕府は、事件後必死になってあることないこと平八郎の悪い噂を流し続けます。
しかし、大坂市中の町民も、周辺の農民も、そのような中傷はガンと跳ね除け、
「自分たちのために自身を犠牲にしてくれた大恩人」という気持ちを強く持ち、
平八郎の『檄文』をひそかに隠し持って、永く手習いの手本にしたと言います。

明治維新の30年前の出来事です。

大塩平八郎は陽明学者ですが、その遺志は、以後、。吉田松陰、高杉晋作、西郷隆盛、河井継之助、佐久間象山らに受け継がれ、明治維新へと続きます。

----------------------------------------------
大塩平八郎・檄文(口語)の冒頭の文

天から下された村々の貧しき農民にまでこの檄文を贈る。

天下の民が生前に困窮するやうではその国も滅びるであろう。
政治に当る器でない小人どもに国を治めさして置くと、災害が並び起るとは昔の聖人が深く天下後世の人君、人臣に教戒されたところである・・・・

(中略)

この頃米価はますます値上がりして、大坂の奉行・諸役人は庶民に対するいつくしみを忘れ、勝手な政治をしている。
その上わがままな命令を何度も出し市内の悪徳高利貸し・大商人だけを大切にしている。
私たちは、もう堪忍ができない。
やむなく天下のためを思い、罪が一族・縁者におよぶ事もかえりみず、有志と相談し、庶民を苦しめている諸役人を攻め討ち、さらにおごりたかぶる悪徳町人・金持ちを成敗する。
生活に困っている者は、大坂で騒動が起こったと聞いたなら、いくら遠くても、一刻もはやく大坂へ駆けつけてくれ。
その者たちの貯えていた金銀や隠しておいた米を皆に配分したい・・・・

☆全文をご覧になりたい方は、↓にあります。
http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/jpn/oshio/geki.html
漢語の方はなにやらむつかしいですが、口語約のほうは、涙を誘います。

大塩平八郎の乱


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

mohariza

日本人のため、「義」を感じる人間は、何人いるか?
現代の日本で、日本人のため、「義」を感じ、日本人(人民)の為、立ち上がろうとする人間が、為政者を含め、知識人等に何人いるのでしょうか?

早く、民衆のため、世の不平等(特に官僚の硬直し、庶民感覚から外れた政策)を正す人間が出てきて欲しいと思っています。

流血の反乱で無い方法で…。

うわばみふかお

■東西冷戦下、米ソの影響を善しとしなかったフランスをやたら引き合いに出しては、大江健三郎らと「九条の会」などで、サウスポー投手の育成を続けてきた加藤周一が亡くなりましたね。そのフランス系国民の多いカナダや、破格の報酬で中国の大学教鞭を振るう傍ら中国共産党の懐柔思想に染められて、訳の解らない陳腐な頭でっかちが姿を消した。筑紫哲也共々左ハンドル運転手が居なくなって、ほんの少しずつですがボケ運転も減るでしょう。
■ねずきちさんの格記事興味深く読んでいます。必ずしもそれが全てではないですけど、ねずきちさんと逆の立場の意見に対しても
冷静にREをされるのに、敬服しています。

火事番泥棒

イメージの羅列
憲法9条「戦争の放棄」は昭和天皇の御意志です。
日本国民であれば実現、継続しなくてはなりません。
戦争は外交の延長です。
外交を辞めれば戦争を回避出来ます。
その場合、圧倒的な他国の軍事力の庇護に入るか、自らが圧倒的な軍事力を保持して鎖国するかの二択になります。
今までは前者でした。
戦後日本に独自外交が存在しない訳です。
今、欣明天皇は正しかったのではと思っています。
と言うより御皇室の姿勢は不変だったのではとも思います。
後者の道を模索しなければならないでしょう。

ねずきち

>S三号さんコメントありがとうございます。
大塩平八郎というのは、記録でみても、実に立派な人だったようですね。
そしてその彼が飢饉に苦しむ人々が目の前にいながら、民から米を召し上げる幕府、幕府に米を売るために米の値を吊り上げる豪商たちに対して、やり場のな怒りを持ち、幕閣でありながら謀反を起こした。

11代将軍徳川家斉の治世は50年続きますが、なんだかそれは自民党の単独与党の治世にも見えるし、S三号さんのおっしゃる中国共産主義の治世にも感じられます。

「ある特別な人たちでなければクーデターを起こせない」・・・
このことは、江戸時代の当時の大阪の庶民も同じで、だからこそ、武士である大塩平八郎が立ち上がった。

「庶民が飢える頃には自分は死んでいる、だからどうでもいいなんて考えの政治家には今すぐ天誅を下したい。」
これも同感ですが、思いはあっても、多くの人々は「だからといって自分たちが当事者となって戦うなどどんでもない・・・」と考える。
それが、自分たちこそ戦いの当事者に・・・と変わったのが、高杉晋作ひきいる奇兵隊であり、明治政府はそれを日本全土の軍政にまでしています。

時代は変わる。そして、時代は繰り返す。。。なんだかね、そんな気がします^^


>おばかさん、コメントありがとうございます。
大塩平八郎のお話は、マンガやアニメにもなっているようですね^^
この事件て、すごくおもしろいところがあって、天保の大飢饉では、全国各地では百姓一揆や、打ちこわしが起こるのだけど、首謀者の名前が日本史の教科書にまで名前が載っているのは、江戸全期を通じて、大塩平八郎だけ。
彼が起こした乱は、わずか半日で陳圧されているし、参加者の人数もぜんぜんたいしたことないのに、彼の名がいまだに轟いているのは、おそらく
(1) 彼が幕府の東町奉行所のナンバー2だった。
   いまで言ったら、大阪府警の刑事部長が反乱の首謀者)
(2) 乱に際して大砲・火薬を用いた。
そして、もっとも大きな理由が
(3) ≪檄文≫を書き、これを事前に大量に市中にばらまいた・・・
それにしてもね、大塩平八郎の乱から、明治維新まで、30年なんですよね~~
日本、このあとの30年なんて持つのかなぁ・・・・

おばか

徳川の御世はまだまだ続く??
自民の御世はまだまだ続く。徳川は安泰ということでしょうか?ボンクラ殿様には有能な側近がいましたが、今はそれすらいない。かくて世界からとりのこされて・・・。開けてびっくり、あわてて富国強兵。うぬぼれワルツで戦争にまっしぐら?軍の独走を止められぬ・・・ってことにならない様にね。
「マンガ大塩平八郎の乱」
でも書いてお殿様に読んで頂くのも悪くはないでしょう。きちんと「おおしおへいはちろう」とルビをふっておいてさ。

S三号

大塩平八郎の乱は、対岸の火消しなどに「火事が起こったら駆けつけてくれ」と言っておいたなど、庶民に危害を与えないよう細かな配慮を尽くしていたことでも有名ですよね。

しかし、天保の大飢饉で現代の中国を思い出したのは私だけでしょうか。
中国にまだ孔子の教えに従う者がいるなら、とっくに現代の大塩平八郎が出ていてもおかしくはないでしょう。
そんな様子が欠片も伝え聞かれないことに、却って不気味ささえ覚えます。

そして今は、日本にもその飢饉が別の形で及びかねない情勢になっていますね。
日本人の場合は、まず武器を取り上げられていますので、ある特別な職業の人でなければクーデターなどは起こせませんが。
庶民が飢える頃には自分は死んでいる、だからどうでもいいなんて考えの政治家には今すぐ天誅を下したい。
そういう思いは、誰のものであれ間違ってはいないと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク