イラクへの米侵攻は、実はドルの基軸通貨制を維持するためのものだった。だとするといまの金融危機は、これからの日本になにをもたらすのか?



中韓を知り過ぎた男の12月5日の記事に、xpさんが非常に面白いコメントを書いておられました。

てか、驚きの内容です。

以下、引用します。

<引用>-------------------------------------

アメリカのイラク侵攻は戦争経済やドル防衛だったと言われていますね
1944年のブレトンウッズ体制発足に伴い、英ポンドに代わり、米ドルが正式に基軸通貨になった
当時アメリカは世界的に圧倒的な量の金・ゴールドを保有し
米ドルと金を一定のレート(金1オンス=35米ドル)で交換を保証する事により
米ドルは基軸通貨として認められた
しかし

>ベトナム戦争などによる財政赤字、貿易赤字に耐えかね
>アメリカは金の保有量を遥かに超えるドルを流通させてしまった
>ドルと金を一定のレートで交換することを保証するという事は
>ドルを金の価値に対して低く出来ない
>つまり無制限にドルを発行できない
>この矛盾が限界に達し、ドルと金の交換停止を電撃的に宣言したのが
>ニクソンショック(1971年)だった
>この後の展開として米ドルの価値は暴落し、最終的な信用失墜で
>ドル基軸通貨体制は崩壊してもおかしくはなかった(三橋貴明著・ドル崩壊P200)

そこでアメリカは、金兌換制に代わるものとして石油兌換制
つまり石油は米ドルでのみ決済すること、という決まりを作って
米ドルの基軸通貨の地位を維持することにした

>米国政府は当時のOPECとの間で合意して
>全世界の原油価格は独占的にドルで値決めされなければならない
>すなわち必ずドルで決済されなければならない
(副島隆彦著・ドル覇権の崩壊P115)

ところが1999年にユーロが誕生すると翌2000年にイラクのフセインが
今までドル建てだった石油決済をユーロ建てに換えてしまった
この動きが他の中東産油諸国に広がるのをアメリカが当然懸念したでしょう
で、2003年のイラク侵攻となったわけです
アメリカはイラク占領後に石油決済をドル建てに戻した

>イラクの旧フセイン政権は2000年11月に石油取引をドルからユーロに転換した
>国連の人道支援「石油と食糧の交換」計画もユーロで実施された
>米国は2003年のイラク戦争後、石油取引をドルに戻した経過がある
(2006年4月17日 毎日新聞)

ドルが基軸通貨でなくなれば、基軸通貨特権(いくら借金があっても、輪転機を回せばいい)を失い
アメリカはただの赤字大国となってしまいます
海外から物を買うにしても、諸外国はドルの受け取りを拒否する
アメリカにとってはまさに恐怖ですね
イラク戦争は戦争経済で軍産複合体を活気づけるのと同時にドル防衛も果たせて
一石二鳥だったというわけです
ところが、イラク内で米軍やイラク住民を標的にしたテロ活動が頻発し
テロの掃討に打つ手がなく、アメリカはボロボロです
米軍のイラク駐留経費は膨らむ一方で、しかも今度はイランがドル建て決済からユーロ建てに移行した
アメリカによるイラク戦争はコストパフォーマンス的には既に最悪状態ではないでしょうか
個人的にはアメリカによるイランの核開発云々は
イラクが大量破壊兵器を隠し持っている事を理由に、アメリカがイラクに侵攻したのと同様
アメリカの捏造である可能性があると思います
しかしイランが本当に核開発を行っている可能性も完全否定できないので
イランが核開発している可能性は50%程度かなと見ています
米英イスラエル発の情報ばかり鵜呑みにするのは危険ですね
彼等の手のひらで踊らされるのは馬鹿です
つくづく日本は情報・諜報機関が必要だと思います

こういうアメリカにホトホト愛想が尽きるのですが
今、日本がアメリカと袂を分かつのは自殺行為ですね
自主国防力を高め、ロシア、インドなどの英連邦諸国などと二国間の連携や軍事同盟を模索し
外交や安全保障上のリスクヘッジを行うべきだと思います

-----------------------------------------

アメリカのイラク侵攻は、実は、フセインが石油取引をユーロ建てに転換したことが原因だったという説です。

なるほど「ドルが基軸通貨でなくなれば、アメリカは、基軸通貨特権(いくら借金があっても、輪転機を回せばいい)を失い、ただの赤字大国となって」しまう。

米軍産複合体からみれば、米国がただの赤字国家となれば、巨額の費用のかかる軍事費の圧縮により、莫大な損害を被る。これを防ぐには、なんとしてもドルを基軸通貨であり続けさせなければならない。

そのために、イラクに核疑惑まででっちあげ、異常な早さで軍事進攻を行ない、国家そのものを叩き潰した。。。。

であるとするならば、政権がオバマ氏に移行したとしても、ドルの基軸通貨制の維持という米国のオーナーの意向には、なんら変わるところがない。

いまアメリカは、金融危機に陥っていますが、これによってもし、ドルの信用が失墜すれば、基軸通貨は、もしかすると、ユーロか円にとって代わられる可能性を否定できないといえます。

このうち、ユーロについては、米発の金融危機によって、ユーロ自体がゆらいでいますので、ある意味、危険は薄い。

危ないのは、世界的金融危機に陥ってもいまだに強い信用力を持つ「円」です。

円に、基軸通貨としての機能を渡さないために、米国オーナー(軍産複合体)はどうするかと考えたとき・・・・

対日本政策に関しては、日米安保もあり、いまさら軍事進攻はありえないですから、日本という国家を自滅させるのが、いちばん手っ取り早い、という選択肢が見えてきます。

どういうことかというと、米の東南アジア外交を中華寄りに舵を切る。
中国と米国の新密度が増し、日本の頭越し外交がはじまると、中国は安心して日本を属国化することができる。
血を流す戦争という選択をしなくても、中国人を日本に移住させ、日本の選挙権を与え、日本政府から巨額の賠償金が中国に払われるように仕向ければ良い。

そうなると、日本は国内治安が悪化し、国体が混乱する。
通貨は、国家としての安定がなければ信用を失う。
日本国内で通用する通貨が、円から元にシフトし、円が紙切れになるかもしれないという状況になる危険があれば、それだけで円がドルに代わる基軸通貨となる可能性は皆無になる。

そのことは東亜の治安や平和を乱すことになる。

世界の平和、人類の平和、アメリカの繁栄を掲げるブッシュ氏にしてみれば、半ば騙されてイラク進攻をし、その後もイラク内乱のために軍事費が垂れ流し状態となり、そこへこれまで守ってきた東亜の秩序への理想まで汚され、次期大統領選挙への出馬まで認められず、共和党の候補者は、誰が見ても花のないマケイン氏。
ブッシュ大統領にしてみれば、そりゃぁ、こんちくちょーって気にもなって、「イラク侵攻はCIAの誤情報に基づくものだった」くらいの暴露もしたくなるってものです。

つまり、オバマ氏の当選は、米軍産複合体のバックアップによるもで、オバマ氏の周辺を固めるスタッフも、ことごとく軍産複合体の委嘱を受けたメンバー。

彼らがしようとすることは、米国ビック3までが経営破たんを伝えられる中で、とにもかくにもドルの基軸通貨性を維持すること。

そのためには、今後日本に対する圧力を高め、円を崩壊・自滅の道に進ませるのが、最も手早いという筋書きになる。

つまり、昨今の中国の露骨なまでの日本攻撃や、今回の国籍法改正に見られる一連の売国行動は、日本の独立性=円の信用を失墜させるためのもの・・・そんなストーリーを見てとることができるかもしれないといえます。

仮にそうなると、ただでさえ、増長大魔王の中国のこと。日本に対し、嵩にかかったように様々な要求を突きつけ、国内では反日教育を一層強化し、日本の属国化をさらにいっそう推進してくることになる。

この結果なにが起こるか。

日本国内の政治、マスコミの左傾化はいっそう著しいものとなり、これに異を唱える者はウヨクというレッテルを貼られて、言論の自由を奪われ、法改正によって政治犯が創設され、自由な発言をしようとする者はことごとく収容所送りとなる。

2007年には、生まれてくる赤ちゃんの150人にひとりが中国系だったものが、2011年頃には、80人に1人、2020年には2人に1人が中国系となり、学校で使われる教科書も中国語表記に。。。。。

2030年には、日本という独立国はなくなり、中華人民共和国日本省という名の自治区が誕生する・・・なんてことになりかねない事態を迎える・・・なんて空想でなくなるかもしれない。

そうならないために、日本は、いま何が必要か。何をしなければならないか。。。

これはめちゃくちゃ、むつかしい問題です・・・・

幕末のころ、イギリス・フランス・アメリカが日本を植民地化しようと狙ってきました。ところが日本の武士の持つ高度な精神性と、見ただけの蒸気船をあっという間に自分たちで模倣し作り上げた日本の学術水準の高さを見て、彼らは日本を工業国家として相応な貿易相手としての取引(かなり差別的ではありましたが)をするという選択をしました。

幕府側にはフランス、官軍側には英国。

当時、列強にはそれなりに自分たちにとって都合の良い思惑があったろうと思います。しかし、その中を日本は、国家として対等な関係を構築するよう必死の努力をした。

国籍法の改悪は、北朝鮮の崩壊によって起こるであろう韓国・中国への大量難民流出と、目下の韓国の財政破綻、これに加えて、中国の約2億の無戸籍者の受け入れ、ひとり300万円で日本の国籍をとらせるビジネス(1000万人の移民を実現すると、蛇頭の懐には30兆円のお金が転がり込む)に、米国のドル防衛のために、日本の円を骨抜きにしようとする思惑が働いた結果。。。とみることができるかもしれません。

彼らにとって政治的強敵となりうる総理総裁は、ありとあらゆる工作をして一刻も早く倒すに越したことはない。

誇りある日本を取り戻そうとしたやや情動的な安倍総理、理詰めで官僚や諸外国を説得する秀才福田総理、気合いで諸外国(特にEU諸国)に人気の高い麻生総理。

いづれも邪魔な存在とみることができます。

都合のいいのは、野心と金欲が強くて転びやすい政治家。秘書に美人韓国人などを置いていたら、なお都合がいい。

整理します。

■ とにかくドルの基軸通貨性を失わせてはならない米軍産複合体。
(そのためには一国さえをも滅ぼす。イラクで証明)
金融危機によってドルの価値が下がり、円に基軸通貨性を奪われると米国はただの赤字国家に転落し、軍産複合体はその最大の市場を失う、もしくは取引規模の大幅縮減を余儀なくされる。

■ 中国の無戸籍者を日本に移民させることで手数料収入30兆円を狙う(1千万人×300万円)蛇頭。

■ 日本の高い技術力が欲しい人民解放軍
(兵員数だけは多いが装備が旧式な中国軍。現代戦ではハイテク装備がモノを言うことはイラク戦争が証明)

■ 日本を属国化することで日本製品を名実ともに中国製品して世界の市場を席巻したい中国経済界。

■ 北朝鮮の崩壊で生じる難民の捌け口を日本に求めたい韓国政府。

■ 日本からの円借款を、もっと引き出し、なおかつ1円も返したくない韓国政府。

こうした米中韓の思惑の中に、いまの日本があると考えることができます。

これらの要求をまるのみするということは、

★ 日本に大恐慌が訪れる。円は価値を失い紙切れになる。大量倒産が起こり巷に失業者があふれる。

★ 日本に中国人や韓国人移住者が蔓延し、国内治安は最悪なまでに悪化する。

★ 飽食の時代が終わりを告げ、日本に飢餓の時代が到来する。
(日本の食料は、諸外国からの輸入品頼みですが、輸出によって外貨を稼がないと
日本は食料の買い付けができない。そうなると国内自給分だけでは、日本人1億2600万人のうち、約2400万人分の食料しか供給することができないです)

という事態を招くことになります。
要するに、日本国が崩壊する。

そこまでしなくても、北朝鮮にテポドンを一発、東京に打ち込ませるだけでも、日本という国は一気に崩壊するかもしれない。

なんだかSF的なシナリオみたいになってきましたが、世界の情勢なんてものは、一瞬の変化で大きく変わります。

繁栄を誇ったドバイが、破たん。
イラクやアフガンの難民生活。
パレスチナ等々の例・・・

米ドルの基軸通貨性を維持し、日本がこれにとってかわることをしない。
日本が国としての独立を保ちつつ、米国・中国双方との国交を良好に保ちつつ、日本国民の生活と安全を守りぬく。

そのための選択肢は、限られています。
そして、待ったなし!の状態にきているように思います。

すくなくとも、大勢に影響のない「問題発言」がどうとかで、ごちゃごちゃやっているようなときではないように思います。

最後にひとつだけ。
さきほど公明党の太田昭宏代表が田原総一郎のサンデープロジェクトに出て、いまの日本は危機なんだと強調していました。

太田代表の主張に賛成と書いたら、抵抗感を持つ方がおいでかもしれませんが、

太田昭宏氏の

「政治家は評論家じゃないんだ。
閣僚も議員も総理も、日本はいま危機にある。そういうときに隅の方でごちゃごちゃ言ってるんじゃなくて、寝袋持って首相官邸に泊まり込む。危機打開を徹底して探る。その気迫が必要なんだ。」

という発言は、思わず、「その通り!」とうなづきました。

あいつが悪い、こいつが悪い、カネをくれるのはドコダ?? 

(;`O´)oオイコラ!!

政治家諸氏は、国民の生活の安定と安全を守るために、「私は命がけで戦う」と選挙で約束したのではないですか?

政治家諸氏には、議論をしていただくのはおおいに結構だが、きちんと相手の話も聞いてほしい。
議論にもならない、ただの評論など、いい加減にしてほしい。

「気迫をもって戦ってほしい」、そう思います。

まさにいま、日本は危機にある。
関連記事「ヤプー人の伝説」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-295.html

コメディアン、ジョージ・カーリンの珠玉の論評

naze-amerikawa-sensouwo-tuzukerunoka-2-12.flv


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

星ひとつさん、わかりました。
これから気を付けます。
ご指摘、ありがとうございました^^b
(^人^)感謝♪

星ひとつ。

今さらだけど
>あ、ごめんなさい。
本文、追加しています。

軽く考えているようだけど、後出しジャンケンみたいに受け取られそうなことは止めたほうがいいよ。
誤字脱字の訂正程度ならともかく、「今UPされてるこのエントリー、後でまた追加されるのかな」なんて思われるようになったら信用されなくなる。
追加するのなら、続編の形で新たなエントリーとしてUPしたほうがいいんじゃないの。

ねずきち

舞桜さんコメントありがとうございます。
そうですか。
そんなことがあったんだ。
ちっともしらずに、気を悪くされたのなら、ごめんなさい><;;
「こんなに人様のところに書くって」とかですけど、ぜんぜんOKです。
どこかで吐き出さないと、かえって、へんになります。ブログとかコメントとか、そういうものだと思ってますし^^v
でも、すごく失礼な言い方かもですが、舞桜さんという方が、とてもまっすぐで素直でよい方との思いが深まりました^^♪

舞桜

おはようございます
(^_^;)うぅ~ん・・なんだか話が噛み合ってない様な気がしますぅ。
北朝鮮は「たとえ」です。
皆が認める悪いグループに居る善い人といっても、
悪いグループには違いないという意味で。
でも、結局好き嫌いなく大体は、いいわけですね。

で、日本経がいいってありますが神道ですよね。仏教じゃない。
つまり私の言いたいことは寛容であって共感する部分はいいが、
(たとえば努力、精進、掃除は大切とかの価値観)
「根本が著しく間違っている者」については「正義」などが
悪と善にも変わってしまう部分もある。

なぜ、仏壇燃やすか、彼らには善い事なんですよ。救済している。
死後の父の魂は消えてなくなるべきだと言った。
位牌なんかが執着で消滅の邪魔するから、
燃やしてしまったほうがいいのだ。となる。ちゃんと理解できます。
判ってないと思われましたか?てか、これ御存知でしたか?

日本でも古くから仏教は大切にされ、インドでは多くの国民は
現在でも信じている。それは魂の世界を信じる教え。
仏教ではあの世の存在を認め、生まれ変わりの教えがある。
そしてまたいつの日か、あいまみえん・・・釈迦も入滅の時言い残した。

大体の宗教はあの世がある。あの世について語るから
宗教だともいえるくらいです。
なぜ、古い時代から人は信仰に命までをかけて
死んでいけると思いますか?
信仰にかけた己の強い熱い信念を持っているからだと思います。
この情熱が、あの世を信じるからこそ、命を投げ出せてしまうのでしょう。
龍馬みたいに気が付いたら死んでいた、になるくらいに。

維新の志士もそうだったと思います。でも、その命がけで守った日本を、
左翼の人は、中国が日本を支配したほうが幸せになると考えているわけで。
たぶん前世は中国人だった?のでしょう。ほんとに魂が日本人でない。
今回は日本ですよ。と言いたい。そう思えば理解は出来るけど・・・
・・・・・・とかそういう話じゃないです。。散々書いておきながら。

つまりですね、私が仏教と伝えたら、結局、翌日早々と
ねずきちさんが創価がいいと記事で応えられたようなわけで。
創価=信者も他の宗教を否定する。(それも御存知でしたか?)
私にとっては、あいまみえることはないよと、言われたに
等しいと思ったということです。

( ̄○ ̄;)...はあ・・・疲れました。でも・・・・
改めて見てみると・・・すごいですね。いくらなんでも、常識的にみて
こんなに人様のところに書くって性格異常ですよね。
こんな常識はずれなことは、生まれて始めてやってます。お蔭様で

もう、気が済みまして、何を怒っていたのか、なんか分かんなくなって、
どうでもよくなってきました。私は私の意見を述べましたが、だからといって
ねずきちさんはかわらないでしょうし、そんなふうでいいと思います。~( ̄v ̄;)

ねずきち

舞桜さんコメントありがとうございます。
( ‥) ン? ぜんぜん重たくないですよ^^v
一生懸命な思い、真剣な思いは、きちんと真剣に受け止めるべきだと思います。
そういうことから逃げる軽さの社会のほうがおかしい。
舞桜さんの創価嫌いはよくわかりました。
だけど、ボクがブログで書いたのは、政治家太田氏の閣僚や自民議員に対する「意見」がもっともだ、と書いただけですよ^^b
北朝鮮のことはよくわかりませんが、中国については、昔、毛沢東語録を読ませていただいたことがあります。なかなかいいことも書いてある。勉強になりました。だけど、毛沢東語録の一部に、なるほどとうならせることが書いてあるからといって、ボクは中国共産党や毛沢東がしでかしたこと、文化大革命や大量虐殺などを正しいとは思わないし、それで中国を好きになることもありません。
マルクスの資本論も読んだことがありますが、だからといって社会主義の信望者にもなってません。
どんなご高説であれ、書いたのが人間である以上、完璧なんてありえない。よいとこと、なっとくできるところだけを吸収すればよい。そう思っています。
このブログでも何度か民主党の「政策」なるものに疑問を呈していますが、それは個人的に民主党が嫌いだからとか、そういうことではありません。政権与党を狙うというから、その掲げる「政策」なるものが、ほんとうに実現性のあるものなのか、責任ある「政策」といえるものなのか、ボクなりに考えてみて、おかしいと思った、ということです。
小沢さんも鳩山さんも尊敬していますが、少なくともいま掲げている政策や方向性は、おかしい。到底容認できない。そう思っています。だからこそ、もうすこし、ちゃんとしてもらいたいと思っています。
でも、人ですから、どうしても寛容になれないこともある。許せないこともある。その気持ちもわかるつもりです。ぼくにもあります。でもだからといって、薩摩と長州がいがみあいを続けていたら明治維新は生まれなかった。土佐の上士と郷士がいがみ合い続けていたら明治は生まれなかった。
そういうことなのではないでしょうか?

舞桜

政治や宗教で、家族が壊れることもある。取り返しの出来ない
小さいようで大きな問題なのかもしれません。
このままだとただの「嵐」になってしまう。長くなりそうですが・・
過去のページだからいいですよね。

反日的なもくろみを持った人は、口では何とでも言う。
知らずにいたらあとで痛い目に遭う。
今回のコメントだけ見たらほんとにつまらない事で騒ぐ
被害妄想のおかしな人になってしまう。構わないですが^^

繰り返しここでも書いてしまいますが、(前日のメール)で
私の信じてる仏教系の信仰告白を、翌日の、
創価(は自分以外、否定する)の包容記事は学会員であり、
その答えに、私が否定されたと思ったわけです。
あー創価!答えはだから。。
ふつう、信者でなければ褒める筈ないと思いました。
「ふられちゃったな。あはは」というほうが正直な感想かな。
(^▽^;)アハッ!
でも、善い人がいても、北朝鮮は北朝鮮。
負けずに頑張って反論を言う時の私の心は、幸福とは
かけ離れたものです。ほんとは、黙ってうなずいてるのが
可愛くていいかもしれない。でも、世界も誰も今、闇の中にある。
ブログ主は、今の時代間違った情報を流さないというような
責任は背負っていると思う。
灯台の明かり目指して、道なき道をカンテラもって進むのは、
一人ひとり。
その道が正しいのかどうか、常に、人のこころに与える
影響力を考え、点検していくことは大切だと思っています。

実に小さいことも逃げないで突き詰めて見つめていくと、
以外に大きな発見があったりします。
すべてに無駄はないという事を、考えるためのきっかけだったと思う。
心の探求に終わりはない。
輝きながら歩き出すことで、過去の哀しみは遠い過去のものになって、
もう、思い出さなくなっていくかもしれません。

引きずることは、もう、やめたい。これは韓国の人の心にも重なる思い。
過去を持ち出し同情を乞う生き方は、甘えなのかもしれない。
ねずきちさんの優しさに甘えが出たせいもある。
韓国も悪口言いつつ日本に甘えているのだとよく判った。
でも・・・私は今よくわかる。甘えるということは
「頼りたい」・・・。本当は日本が好きなんだと思う。

一生懸命になりすぎる人は重たいんですって・・・以前コメントに書いた
友人の言葉、いま、もう一度こころで繰り返しています

ねずきち

>あきちゃさんコメントありがとうございます。
人に扇動されたり、踊らされたりするのは、まっぴらだって思ってます。
自分で情報を収集し、自分で考え、自分なりに何が正しいのか判断し、行動する。
それで出た結論が、自分にとって都合がわるいものになったとしても、自分で考えた結果なら、あきらめもつきます。
だけど、人に踊らされるのは、イヤだ^^
そう思っています^^
あきちゃさんも、是非、いろいろなことをご自身の手で検証されたら良いと思います。

>舞桜さんコメントありがとうございます。
学会きらいな舞桜さんに、せっかくご訪問いただいていながら、意に沿わない記事になってしまい、恐縮しています。
しかし、本文で記したことは、太田代表の「寝袋持って泊まり込むくらいの気迫を見せろっ!」という発言が、その通り、というもので、政党賛美とか応援団体賛美の趣旨はありません。
誰であれ、どういう宗教信条であれ、傾聴に値する者は傾聴する。それが正しい道だと、ボクは信じています。
そして舞桜さんも、小さなことには負けない、強い心の持ち主であると、信じています。

舞桜

御心配おかけしました。つい、

「亡くなった父」の「存在」を否定した創価。
今回自分も否定された気がしてしまいました。

寛容さは大切だと思います。
・・・ずっと寛容だったと思います(うわべでは・・)
ねずきちさんは最近、そうなったという。
でも私は最近、いろいろなことで
許せない思いが強くなっていた。

改めて考えています。
答えは待っていてください。

あきちゃ

ねずきちさん
はじめまして。

私は今年の7月頃に、韓国でトキを食い殺す抗議を見てなんだこの狂気じみた行為は!?と思って調べていたところ、韓国はなぜ反日か?のサイトに出会いました。
そこで特定アジアの異常さと日本が侵略されている現実を知り、政治ブログランキングのブログを読みふけるようになりました。
読んでいると、保守系の過激な所・保守系のしっかりした所・アメリカと自民党の関係をたたく所といった分類になりました(?)
不思議なのは、最後の自民党たたき派では反日行為に関しての記事がまるでないことでした。
特アが異常なのは間違いがないのですが、何かが足りない気がする。
ねずきちさんの所は動画リンクもあって、過去記事をおいかけていたら、映像が証明する秘せられた驚愕の真実 なる動画があり興味深くみました。
途中で切れていたのですが、関連動画を見ているとベンジャミンさんの動画やフリーメイソンの動画が出てきて、これか?という感じで朝方まで動画見てました(汗)
反日の行為には激しく反対する必要がありますが、世界制覇をもくろむ集団の存在というのが非常に気になりました。
日本人が知ってはならない歴史 という1時間の動画を見て、早速同タイトルの書籍を注文しました。
興味を持ち始めると、様々な事実がわかり、なんだか恐ろしくなりますね、、、
ねずきちさんのブログは大きな視野で書かれていて非常に読みやすいブログですね。
たまに記事が非常に長くて読むの大変だったりしますが、、、(汗)
これからも楽しみにしておりますので、がんばってください。
長々とわけのわからないコメントで申し訳ありません、、、、

ねずきち

>bingoさんコメントありがとうございます。
ドルの基軸性が崩壊したとき、米国に起こること・・・この恐怖はたいへんなものがあります。
もちろん、たかだか1億の人口、軍事力も持たない弱腰外交の日本円が、ドルにとってかわるだけの力量を持つようになるとは思えませんが、米国からしれみれば、その片鱗があるだけで、「我が国の脅威」として先手を打ってこれをつぶしにかかる・・・これは十分ありえることだと思います。
こわいですね・・・

>Veさんコメントありがとうございます。
米国民からみたとき、日本は「敗戦国」であり「属国」であるという認識に変わりはないと思います。
しかし、その日本円の信用度が、非常に高いのも事実で、これに批准できるだけの通貨は他にないのかもしれないです。
米国は、「・・・かもしれない」で、手を打つことができる国です。
日本のように「・・・事実があった」でも、手を打たず、あとで言い訳だけを繰り返す国とは、国家の体制が異なる気がします。

>せどりんさんコメントありがとうございます。
ですよね~~^^;

>kurさんコメントありがとうございます。
愛国心を持つことが犯罪みたいな教育をする国というのは、被植民地以外では、おそらく歴史上日本くらいなものではないか?
悲しいことです。

>一般人さんコメントありがとうございます。
アメリカ日本州、中国日本省、どっちもやだなぁ・・・

>星ひとつさんコメントありがとうございます。
あ、ごめんなさい。
本文、追加しています。

>自然葉さんコメントありがとうございます。
「中国との戦争は日本にやらせ、日本や台湾へのハイテク武器は米国軍産複合体が供給する。米国の兵士の血は流れず、高価な武器を売ることができる。その金は日本はうなるほどある。米国債300兆円。 この流れもあると思いますが。」
ボクは、日本の軍備増強によって日本が米産業複合体の連携を米政府同等に深めるのが日本の生き残る道という考え方です。
ですから、自然葉さんのご意見に賛成です。

>ネット素人さんコメントありがとうございます。
身近な人をみていて、自分もなのですが、決して世界の水準からして優秀とは思えません(笑)
優秀なのは、日本が法治国家であり、国民に教育を受ける義務を課し、言論の自由が保障されているというところに本質があるのかもしれない、なんて思ったりします。

>goisantaさんコメントありがとうございます。
応援ありがとうございます。

>火事場の馬鹿力さんコメントありがとうございます。
日本は生き残らなければならない。そう思います。
血を流す戦争は、爆発的な被害をもたらすので、ある意味、わかりやすい。
しかし、情報戦争や、迫りくる危機のように、徐々に浸透する危険は、わかりにくい。そして取り返しのつかないくらいなところまできて、やっと「やばいっ!」となる。

>舞桜さん、コメントありがとうございます。
いいえ。ぜんぜん余計ではありません。
「公明党」と書いた瞬間に、不愉快な思いを持つ方がおいでかもしれないとは予想していました。
この文章は、サンデープロジェクトのあとにつけたさせていただきました。
公明党がどういう政党なのか、創価学会がどうなのか、そういうこととは何の関係もありません。
ボクが言うのは、太田氏が言った、
「いまは危機である。その危機に際して、ぺちゃくちゃ批判ばかりするような政治家は必要ない。政治家は評論家ではない。いまは首相官邸に寝袋持って泊まり込みで危機管理委員会を遂行する、そういうときである」

という主張がもっともだ、と思ったのです。

宗教的ドグマがなんでもかんでも正しいと決めつけたら、世界はいまだに天動説です。資本主義が正しい、共産主義は間違っている、共産主義が正しい、資本主義が間違っている・・・
「彼を是し、我を非し、我を是し、彼を非す。環の如くして端なし」とは聖徳太子の十七カ条の憲法です。
正義は人を殺す・・・これも真実です。

人間が生きていく上で、その基盤となるのが「哲学」であろうと思います。
何をもって正義と考えるか。人はその哲学に縛られ、人生を送ります。
中東では、それはイスラム主義でしょうし、EUではキリスト教、日本では「日本経」

そして日本教は、八百万の神に感謝し、世界中のあらゆる宗教を受け入れ、人が人と和すことを第一に考える。良くいえば感謝の宗教。悪くいえば無節操ないいとこどり。

そういう意味で、おそらくボクは、日本教の信者(?)かもしれません。

そして、舞桜さんのように、疑問を疑問として、率直に意見をぶつけることができる人は大好きです。人間が正直と思うからです。


>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
竹を割ったようなまっすぐなうわばみさんがわかる気がするコメントですね。
ボクも、昔、ウヨクを気取っていたころ、左翼的な凝り固まったよなことを言う人間を、なんのことだったかもう覚えてませんが、殴ったりしたこともありました。
いま考えると、悪いことをしたものです。
その反省からでしょうかね。
最近では、反対意見も素直に聞けるようになりました。
聞いたから、動揺することはないのですけどね^^


>舞桜さんコメントありがとうございます。
直球勝負のうわばみさんで救われて安眠できたなら、良かった^^v
ボクはね、要は、自分自身だと思っているんです。
自分自身の基軸がぶれなければ、政治なら、共産党の主張も、社会党の主張も、民主党の主張も、それなりにきちんと聞くことができる。聞いたからといって、ぶれることはないです。やっぱ、違うものは違う(笑)。感情的になる必要もない。
いろいろな人がいて、いろいろな考え方があって、それで世の中がなりたっている。失敗もする。それが人間です。
お父さんが仏壇を焼かれた。ショックだった。そしてそのショックを感じた舞桜さんの姿を見て、いちばん傷ついたのは、きっとそのお父さんです。娘にとんでもない姿を見せてしまった。おそらく口にこそださなかったと思いますが、死ぬまで誰にも言えない深い心の傷になった。男はそういうことを言えないものです。
ボクは三島由紀夫文学が好きです。だけど共産党員だった川端康成の文学も好きです。自分が共産党員になろうとうは思いませんけどね^^
傷ついたっていいじゃないですか。
それは、傷つくことができるデリケートで素直で優しい心を持っているってことです。素晴らしいことだと思います。だから、傷つくことができる自分を、もっともっと愛してあげてください^^
そしたらきっと強くなります^^b
お父さんもきっとそれを望んでいます^^

舞桜

うわばみふかおさん、
なんか・・・ありがとうございます。・・・(^^;)
傷つきやすいという事はふところを広く開け過ぎている事とも
繋がるようです。いつもこうやって(勝手に)傷つきます。
柔らかいところで人と触れ合うから、相手の苦しさや悲しみも
伝わってきます。でも反対に相手の喜びも自分の幸福になります。
(なかなか空回りですが)
今の時代の幸福感は、なかなか出会えないから宝物です。

確かに自民党だけがいい訳ではありません。
いま「信頼できる人が自民党で頑張っている」から応援しています。
(今は)それでいいと思うから。
でも貼った記事を見る限り、公明党の件までは純粋な気持ちか判らない。
・・判らなくて、だから激しくブレました。体調も悪かったし・・

もいちど戻ってきて、うわばみふかおさんのコメントに、救われました。
・・・安眠できます(^▽^;) 

うわばみふかお

■私がサラリーマン時代の最後頃に、出向に出されてた会社の社長さん一家が創価学会員でして…阪神淡路の地震前のことですが、私も独立して全く付き合いがなくなっていたのに、県会の選挙の日の朝「一緒に選挙に行きましょう」と、数回しかお会いしたことがない奥様と娘さんに強引に玄関で居座られました。
■私にとっては『誰だから悪い、いいでなく、その時々の状態で、正しさを見つけていくことなのかもしれないですね』の舞桜さんの言葉、最も痛いところを突く殺し文句でした。
■以前“一般人”さんのようなことを云う若い職人がウチにもいました。私の同級生の妹さんが半島工作員に拉致され、ご両親が年々歳を重ねられていくのをテレビ等で目にするにつけ頭に血が昇ってしもて「昔、あいつには妹がおったんや、童謡みたいに“異人さん”に連れられて行っちゃったぁ~てお前やったら云うんやな、そんなん云う奴はおらんでええ」て、辞めていただきました。若気の至りでしたが・・・。

舞桜

>太田代表の主張に賛成と書いたら、抵抗感を持つ方がおいでかもしれませんが、

>さきほど公明党の太田昭宏代表が田原総一郎のサンデープロジェクトに出て、
いまの日本は危機なんだと強調していました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H16/1603/1603062friend.html

ごめんなさい。今回はこれだけは知りたくないご意見でしたので。
ここの皆さん、気にされていないようなので書き込みにくいのですが。
親戚たちは皆創価学会です。
父が亡きあと、母の留守に親戚の支持で知らない会員3人が家にあがりこみ、
いきなり父の浄土宗の仏壇と、神道の神棚を外の道端で焼いてしまいました。
灰になったものを泣きながら見ていました。
あの世なんかはないそうで、(天国も)分解して宇宙の霧のように
散っていくことが幸せだといってました.。(父が・・)
また生まれる時はどこからか宇宙から集まってくる、霧のように・・・・(父が)
全然考えられない。意味分からない。
それよりその、「心を無視した行為」のほうの記憶が、刻まれています。

土台の・・基本の人生観からでる考え方がそうなら期待は出来ないが
でも、何でもいいも困るけど、何でも悪いということもないのでしょうか・・。

誰だから悪い、いいでなく、その時々の状態で、
正しさを見つけていくことなのかもしれないですね・・・・

余計な書き込み、ほんとにすみませんでした。

火事場の馬鹿力

イメージの羅列2
前回の名前は火事場泥棒でしたがスターリンに申し訳ないので変更します。
ねずきちさん…でよろしいでしょうか?
もうし遅れましたが最近、日本の危機に気付き勉強させて頂いています。
そんなつもりは無かったのですが、あまりに状況が悪い方悪い方に動いているのが我慢出来ずコメしてしまいました。
今回もタイトルどうり取り留めのないコメを送らせてもらいます。
自分でもまとめきれていないのですが…すみません。m(_ _)m
FRBは危険を覚悟で金リースを行いドルの基軸通貨維持に必死です。
アメリカは広大な国土と豊富な資源と充分な人口を抱える「多民族国家」です。
いざとなれば全てを国内で賄うことも可能なはずです。
何を恐れているのでしょうか?
軍産複合体の軍は政府と不可分でしょうが産業の方はどうでしょう?
彼等は自分達の胃袋を満たしてくれる獲物なら何でも構わないはずです。
ドルが基軸通貨から滑り落ちた瞬間
軍需産業にとって最大の獲物はアメリカ合衆国そのものとなります。
アイゼンハワーの危惧は現実のものとなります。
軍需産業はアメリカ合衆国にとってもとんでもない鬼っ子、寄生虫なのです。
ロス暴動の光景がより大規模に、かつ組織的に、何処でも、そして果てることなく続くでしょう。
「かつてソビエト連邦があった、そしてアメリカ合衆国もあった。」となるでしょう。
共産主義と資本主義は双子です。
当然の結果です。
それを受け入れられるアメリカ政府首脳はいないでしょう。
あがけるだけあがいている所でしょう。
彼等も必死です。
しかし、資本主義はもう死んでいるのかもしれません。
ただ日本だけが延命、運が良ければ救命させることが出来ます。

goisanta

ねずきちさん
 相変わらず動画を使ってすごいですね。
応援ぽち

goisanta

ネット素人

日本 日本人が優秀なせいで 世界の歴史を変えてしまっているのです もし日本という国が無かったとしたら もし日本という国が平凡な国であったとしたら…

自然葉

「中韓を知り..」ブログの常連コメンテーターさんとして、貴重な意見、いつも感心して読んでいます。ご自分のブログもあると知り、訪問するようになりました。楽しく、興味深く読ませてもらっています。
「ヤプー人の伝説」を戦慄しながら読みした。
今回のテーマも空恐ろしいテーマです。
ただ、米国の基軸通貨防衛のためや軍産複合体の成長のためのもっとも有効な方法は、
「中韓を...」氏も書いたことがあるテーマ「米中戦争」ではないでしょか。
 中国との戦争は日本にやらせ、日本や台湾へのハイテク武器は米国軍産複合体が供給する。米国の兵士の血は流れず、高価な武器を売ることができる。その金は日本はうなるほどある。米国債300兆円。 この流れもあると思いますが。

星ひとつ。

このエントリー、最初からこんな内容だった?
何だか付け足されて長くなっているように思うんだけど、
気のせいかな? (気のせいだったらゴメンね)

一般人

後は滅びるのみ
極論ですがアメリカ日本州になるか、中国日本省になるか、どちらかしか無いでしょう。一万人で成田空港占拠が出来るぐらいパワーあれば希望ありますけどね

kur

こ、怖いです・・・ねずきちさまの最悪の予想であってほしいと思いますが、まさに今の日本の立ち位置ってすごく危険なところにいるんですよね・・・。
中国・韓国・北朝鮮・アメリカ・ロシア・・・なんで日本ってこんなに危険な場所に位置しているんでしょうか(泣)
こうした危険にどれだけの日本人が気づいているのか、次の総選挙が不安です。

以前、学校の民俗学の授業で、先生が「ちなみに自分は“日本人”だと思う人-?」(そう認識しているか)と聞いたとき、4・50人いた教室で手を挙げたのは私とたった数人だけでした。
こんなことで国際化が可能なのか。日本が戦争に巻き込まれたときにどうするのか・・・。
そのとき、すごく悲しかったのを覚えています。
国を愛せない国民のいる国は滅びます。

せどりん

かなり問題ですね( ̄ー ̄;

Ve

「円」基軸通貨になるなんてありえません。

核抑止の手段を持たず、狭い国土、高い人口密度なので核攻撃に弱く、まともな軍を持たない国の通貨が基軸通貨になりうるはずがありません。

確かにアメリカが、日本を永久に外交力のない国、アメリカに只管みつぐ国として存在させておこうとしているのは確かだと思います。




bingo

問題の本質が見えてきたようです
日本の舵取りは大変な時期に来たようですね。米国のドル防衛には、もう軍需産業しかないようです。しかし、それも背後にユダヤ財閥、ロックフェラーやロスチャイルドの操りがあるとも聞きます。いわば、米国の大統領も彼等の操り人形とも言えるとか・・・
9.11も米国が仕組んだテロとの戦いであるとの説があります

今回の国籍法の改悪にしてもですが、日本国内から日本の弱体化を工作している勢力が活発に動いているようです。

正直言って、期待していた麻生首相も力不足の印象があります。あの、1000万人移民受け入れを言っていた、中川秀直氏が国籍法の改悪に注文をつけたとかの情報も流れたようです。産経新聞記事がソースみたいですが、本当なのか判断をしかねています。心変わりとしても不自然ですし、自民党内部で分裂の動きがあるのかとも考えています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク