中国海洋調査船9時間以上にわたって領海侵犯



chugokusennpaku

昨日のことですが、中国船が2隻、日本の領海を9時間以上にわたり、侵犯し続けたというニュースが流れました。

場所は、尖閣諸島・魚釣島の南東約6キロの日本領海内。

発見時間は、昨日の朝8時10分。
発見したのは、第11管区海上保安本部所属の巡視船「くにがみ」です。

中国船2隻は“国家海洋局”所属の「海監46号」(約1100トン、全長70メートル)と「海監51号」(約1900トン、全長約90メートル)。

2隻は発見後、午前9時40分ごろから漂泊。
観測機を海に落とすなど海洋調査を行っている様子は確認されていない。

海保巡視船「くにがみ」は、無線を通して領海外への退去を要求。
日本の同意を得ていない海洋調査は認められないと警告。
2隻は、一時は魚釣島の約3.2キロまで接近。
午後5時22分と同35分、それぞれ領海外に出て北寄りの方角に進んだ。 

日本側巡視船が領海外への退去を求め、2隻は午後5時半ごろ領海外に出た。

この問題に関し、麻生首相は8日夜、首相官邸で記者団の質問に答え「はなはだ遺憾だ。明らかに領海侵犯だから」と不快感を示した。

また、河村建夫官房長官は同日午後の記者会見で「尖閣諸島は歴史的、国際的にもわが国固有の領土で、中国艦船のこのような活動は極めて遺憾だ」と述べた。
調査船の領海侵犯が13日に福岡県で開かれる日中韓首脳会議に与える影響については、「そういうこと(があると)は特に考えてない」と否定した。

これに関し、藪中三十二外務事務次官は8日、崔天凱駐日中国大使に対し、調査船の領海侵犯に抗議、領海外への即時退去を求めた。北京に滞在中の斎木昭隆外務省アジア大洋州局長も武大偉中国外務次官に抗議した。 

一方、香港のテレビ局、鳳凰電視台は、「中国人民解放軍が魚釣島(尖閣諸島の中国語名)に進攻すれば、日本に完全勝利できる」などとする記事をウェブサイトに掲載し、中国解放軍の海軍陸戦隊と陸軍機械化師団が共同作戦を実施すれば、日本の自衛隊よりはるかに強力な戦闘力を発揮し、尖閣諸島を「回収」できるという報道をしています。

このような領海侵犯については、国連海洋法条約で取締が認められています。
もちろん日本もこの条約を批准しているのですが、国内法でこのような事態を取り締まる法律がありませんでした。

しかし今年の7月「外国船舶の航行に関する法律」を施行し、日本も国内法で、このような事態に関しては、海保が停船命令を出し、立ち入り調査もできると、定められました。
これにより海保は、領海侵犯した外国船舶を阻止できるようになったはずでした。

にもかかわらず、今回は発見してから7時間近くも傍観。無線で注意しただけ。総理も官房長官も、「遺憾である」と述べただけでした。

このことを、中国側から見ると、ひとつの筋書きを見出すことができます。

第一に、領海侵犯に対し、それが発見されるまでの時間です。領海侵犯後、発見までに2時間。このことは、領海侵犯し、軍事行動を起こすのに十分な時間的余裕があることを示します。

第二に、領海を侵犯された日本が、どのような行動をとるか。
日本が侵犯をけん制するのに用いたのは、海上保安庁(海の警察)の船舶だけでした。海上自衛隊は行動を起こしていません。また沖縄米軍基地にほどちかい場所でありながら、米軍からの偵察行動もありません。
つまり、中国人民解放軍は、安心して、軍の上陸部隊を日本に向けて進行させることができる。

第三に、日本に発見されてから、国際法に基づいた取締行動をするかどうか。
発見後、7時間という長い時間の海上待機に対して、日本はまったくけん制行動をとっていない。海保による海上警察行動もなければ、海自によるイージス艦出動もない。近隣基地からのミサイル発射のためのレーダー捕捉行動もない。

第四に、日本政府がどう対応するか。
日中韓首脳会議を目前に控えたこの時期の領海侵犯に対し、明確に異議を唱えるのか、黙殺するのか。つまり明らかに中国側に非のある行動に対し、日本がどこまで異を唱えるか。

中国の人民解放軍と日本の海上自衛隊、ならびに日米安保に基づく米軍兵力を比べた場合、中国軍は、兵員数では圧倒的ながら、装備という面では、日米に著しく劣っています。

上陸し、いわゆる肉弾戦になれば、圧倒的兵員数を誇る中国軍に有利になりますが、海を渡る相手(日本・台湾)に対しては、上陸部隊を海上輸送しなければならない。つまり、制海権、制空権をどう握るかが、問題となります。

逆にいえば、日米が「なにもしない」あいだに、大量の兵員を送り込めば、軍事的に日本を占領することができる。

こういうことを書くと、すぐに軍事行動に結びつけること自体に抵抗感を持たれる方がいるかもしれませんが、万一、中国軍が日本に上陸部隊を送り込むといった事態が起これば、いま手に持っている円は、紙屑になる。正常な貿易活動や商業活動が制限されれば、たちまち、日本人は飢えてしまう。

そこまでいかなくても、莫大な地下資源が眠るとされる尖閣諸島海域が中国軍によって制圧(彼らの言葉なら解放)されれば、日本はその埋蔵資源に対する利権を完全に失う。日本は、日本の領海から産出される資源を、中国から買わなければならないというバカげた事態を作ることになる。

戦争には反対ですが、戦争を起こさないようにするためには、それなりの備えが必要であることを日本人は、ちゃんとわからなければいけないと思います。

【関連記事】
尖閣領海に一時2中国船=9時間以上にわたり航行-海保 時事通信
麻生首相、「はなはだ遺憾」=中国船の領海侵犯 時事通信

おい、こいつら足下みてるぜ!いーのかよ?


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
「いまのマスコミが単なる政治結社の機関誌になり下がっている」・・・まったくその通りと思います。

>田丸さん情報コメントありがとうございます^^b

田丸

NHKで自衛隊の文民統制の特集があってます…

うわばみふかお

■私は昨夜京都泊りでして、昨夜このことを知りませんで、本日大阪に出てから、詳しく知りました…相変わらず党中党作りで躍起になってる連中のパーティや、雅子妃が風邪引いてどうのこうの、遠藤実の葬儀で整形顔を崩して涙する山本リンダなどを延々とマスコミは流してますわ。
■半島の思惑に翻弄される米・中や、領海侵犯について、遠藤実よりも取り上げない…マスコミのデマゴーグ振りは、もはや一政治結社の機関紙になりさがったとしか考えられません(特にここ最近新たなキャンペーン:例えば米軍の太平洋戦での犯罪行為・旧海軍の南太平洋での作戦行動内での落ち度を探って豪州、オセアニア地域で反日意識を植え付ける…など)。
■株価暴落など、経済発展が思うに及ばなくなった途端に、また“仕掛けて”来て意識的に“反日”意識で紛らせる行動…うんざりです。先の食品テロや尖閣列島問題を訴えても商売にならないマスコミのあり方にこそ問題があるのになぁ。こんな時に一流ホテルで“泳ぎしろ争い”と云うか“売名行為”やってる場合かなぁ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク