昭和10年頃の日本のカラー映像



明治維新がいまから140年前。
昭和10年ごろといえば、いまから70年ほど前で、明治維新から現代にいたるちょうど真ん中あたりになります。

当時のカラー映像がYoutubeにありましたので、紹介します。

昭和10年頃の日本カラー映像


上の映画の中で紹介されたナレーションです。

【花の国 日本】

人は如何に生き いかに死ぬかについて、
日本人は 桜の花から 教訓を得ている
わずかな間に 桜は その美を 一斉にときはなつ
そして 散るべきときがくると
いさぎよく運命に従い 
ひらひらと落ちて 土に還る
日本人は そこに 人生の深い意味を感じる

【モダン東京】

大日本帝国の首都である東京は
世界三大都市のひとつであり
驚きにみちた東洋の都市である
ほんの数十年前までは
東京は、日本のありふれた町のひとつにすぎず
世界の名だたる都市と競い合う都市になるとは
誰も想像できなかった
それが いまや 世界で最も成長著しい街に成長した
その人口は じつに六百万人に達せんとしている


140年前、日本は明治維新を行った。

70年前、日本は美しい風土と、高度な精神性を保ちつつ、工業国家として近代化を成し遂げていた。

それから70年経った2008年。日本は高度に効率化された社会を形成しながら、精神性を失い享楽に埋没し、国土を破壊しようとしている。

そして、これから先の70年後の日本、どういう国になっているのでしょうか?

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

marinalucia

フランシス・ラインについて
この動画を見て感じたことなのですが・・・・

フランシス・ラインという男は本当に旅行家だったのでしょうか?
アメリカ、あるいは中国国民党から派遣されたスパイだったのではないでしょうか・・・・

CHENNOULTが中国の重慶から中国軍として戦うアメリカ人義勇兵を飛ばせて日本の各都市を爆破する計画を立て、その詳細なレポートがすでに日米開戦の5ヶ月前に米大統領に提出され、OKサインが出ていたことはすでに明かになっていますが、ラインはその下調べのため日本に送り込まれたスパイカメラマンではなかったのですか?

だから、あのような手記を残したとも考えられるのではないでしょうか・・・・

結局重慶からの空襲は実現しませんでしたが、後に別な方角から実現しました。

勘ぐり過ぎでしょうか? 

それにしても、NHKはなぜ彼の顔をぼやかしたのでしょうね・・・・・

ねずきち

>goisantaさんコメントありがとうございます。
応援、ありがとさんきゅっ♪v(*б-б*)^☆

>moharizaさんコメントありがとうございます。
明治維新から70年前というと、アメリカの独立宣言(1776年)がゆうめいどころですが、日本国内では、江戸で15000人の死亡者を出した行人坂大火事件(1772年)、解体新書(1774年)などなど・・・
そのまた70年前だと将軍吉宗の享保の改革なんてのが起こっています。
明治維新から70年で、太平洋戦争。
それから70年の2012年は、マヤ暦だと人類滅亡の日だとか・・・
まぁ、たしかになにやら世の中騒然としてますよねぇ・・・

>Laurelさんコメントありがとうございます。
「1867の大政奉還、1941の太平洋戦争開戦、そして今。日本は間違いなく国としての分岐点に立っています。その歴史に参加しているなんて、ちょっとどきどきしてしませんか。
決して、政治、経済など明るいニュースばかりではありませんが、今こそ日本人として日本をより良い国にするため何が出来るのかを考え、動く時期だと思います。 」
まったく同感です^^b

Laurel

有難うございます
ねずきちさま、
素敵なビデオのご紹介を有難うございます。
Modern Tokyoというビデオが、大変気に入りました。どこかで全編手に入らないかなあ・・・。

路地裏で紹介される赤ちゃんを抱いた女性の美しさ、その腕の中の赤ちゃんの可愛らしさ、子供たちのはにかんだ笑顔・・・。この風景が数年後に東京大空襲で吹き飛ばされてしまうなんて、と考えると胸が痛くなりました。
印象的だったのは、フランシスラインの手記の言葉、東京ほど空襲に脆弱な都市はない、風の強い日に爆撃されれば、600万人はひとたまりも無いだろう、という部分です。

歴史は繰り返すとよく言いますが、本当にそうだと思います。そして、そこに周期性を感じずにはいられません。
1867の大政奉還、1941の太平洋戦争開戦、そして今。日本は間違いなく国としての分岐点に立っています。その歴史に参加しているなんて、ちょっとどきどきしてしませんか。
決して、政治、経済など明るいニュースばかりではありませんが、今こそ日本人として日本をより良い国にするため何が出来るのかを考え、動く時期だと思います。

頑張ろう、日本人!ですね。

mohariza

日本文化の見直しも起こる可能性はある…。
日本は、過去においても、外国文化を盛んに取り入れた時期と、独自の文化が花咲いた時期があり、今後、実際、どう推移するか?は分かりませんが、
日本文化の見直しも起こる可能性はあると思います。

今、(庶民には、)その兆しがあるような気もしています。

但し、アジア諸国との共存無しには、日本は存立しない気がします。

但し、70年後には、私は存在しませんので、分かりはしませんが…。

goisanta

ねずきちさん
昭和10年頃の日本カラー映像があるとは初めて知りました。凄いですね。
応援ぽち
goisanta
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク