(緊急)新渡戸記念館問題シンポジウム開催のお知らせ

20160825 新渡戸記念館問題シンポジウム1
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

青森県十和田市における新渡戸記念館問題は、当ブログでも何度かお伝えしてまいりましたが、その新渡戸記念館が、このたび、東京上野で、シンポジウムを開催します。
みなさまのふるってのご参加をお待ちします。

詳細は以下の通りです。
参加には事前申し込みが必要です。

20160810 目からウロコの日本の歴史


1 開催日時 9月4日(日)13:00~17:30(12:30開場)
2 会  場 東京文化財研究所セミナー室
      (東京都台東区上野公園 13-43)
3 参加対象 一般(定員120名)
       ※事前申し込み制
4 参加費  500円(資料代)
       ※シンポジウム終了後(18:00~)の懇親会
       参加希望者のみ別途3,500円(軽食・飲み物代)
5 申し込み
  申込方法 8月31日(水)までに
       電話、ファックス、メール、郵便にて必要事項をお知らせください
       [必要事項]
        お名前
       ご所属
       ご連絡先(tel番号、メールアドレス)
       懇親会出席の有無

〇申込み先、問い合わせ先
 「地域博物館シンポジウム・新渡戸稲造の精神をどう活かすか」
  実行委員会事務局(担当:角田)

メールアドレス nitobemm@nitobe.jp
電話 080-5578-5939
fax  0176-23-4430(受信専用)

■プログラム■

総合司会
 日髙真吾 国立民族学博物館文化資源研究センター准教授
主催者挨拶
 前田耕作
  アフガニスタン文化研究所所長
  文化遺産国際協力コンソーシアム副会長
来賓挨拶
  安倍昭恵 様(内閣総理大臣夫人)
  コシノジュンコ 様(ファッションデザイナー)

【第一部 基調講演】
①「新渡戸稲造と文化の力」
 講師 青柳正規 前文化庁長官・東京藝術大学特任教授
②「新渡戸記念館を活かした歴史まちづくりについて考える」
 講師 三井所清典 芝浦工業大学名誉教授

【第二部 パネルディスカッション】
「新渡戸記念館の価値をどう地域の未来に活かすか」
コーディネーター
 半田昌之 公益財団法人日本博物館協会専務理事
パネリスト:(世界の中の新渡戸記念館)
前田耕作
 アフガニスタン文化研究所所長
 文化遺産国際協力コンソーシアム副会長

(生田勉建築としての価値)
竺 覚暁
 金沢工業大学教授
 金沢工業大学建築アーカイヴス研究所長

(地域博物館としての価値)
矢島國雄
 明治大学教授,全日本博物館学会前会長

(外国人の視点から見た価値)
マンリオ・カデロ
 サンマリノ共和国特命全権大使,駐日外交団長

(十和田市民の視点から見た新渡戸記念館問題)
保土沢道是
 新渡戸記念館をまもる会(save the towada)
 十和田市民

(新渡戸記念館の所蔵資料の特長)
角田美恵子
 新渡戸記念館ボランティアKyosokyodo学芸員

閉会挨拶 藤原 洋
 全国地域ミュージアム活性化協議会 事務局長理事

【会場でのパネル展示】
新渡戸稲造が残した小さな博物館「新渡戸記念館」の魅力~資料・建物・地域~

主催「地域博物館シンポジウム
    新渡戸稲造の精神をどう活かすか」実行委員会
共催 全国地域ミュージアム活性化協議会
後援(公財)日本ユネスコ協会連盟
協力(公財)日本博物館協会、全日本博物館学会、
  (公財)日本刀文化振興協会
  (一社)次世代芸術文化都市研究機構

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

十和田市役所の営業日は、なんと週2日!臨時以外はやらんのかい?
で、高収入で遊ぶ時間てんこ有り
在日さん?

みっちゃん

行きます!
三井所先生のご講演、興味あります。申し込みました。楽しみにしています。稲造博士の精神、今の世には生きてない気がします。当日は勉強してきます。

みゆき

No title
行けないけど頑張ってください!

十和田市民

十和田の悪
十和田の噂では、代議士江渡、県会議員丸井、市長小山田と、この弱みを握っているヤ○ザ西村副市長が絡んで稲造精神を潰そうとしているようです。知的教養のない人種。金に汚ないやつらです。

匿名

いいですね、応援してます。
素晴らしい企画ですね!
これで新渡戸記念館の未来が開けるといいですね。

愛信

竹富町もオール沖縄の呪縛から解放された
竹富町もオール沖縄の呪縛から解放された
https://twitter.com/HARUHIKOBOY/status/770565676268294144

一歩又一歩反日勢力が占拠している都市を奪還して行きましょう。 
 日本の再興を目指して進みましょう。 靖国に祀る英霊との約束を果たしましょう。

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

junn

No title
帰化人が国を亡ぼす「ロッテの問題」
http://katintokei.at.webry.info/201605/article_9.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク