第33回 倭塾開催のお知らせ

20160926 彼岸花_th
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

第33回倭塾開催のお知らせです。
今回も午後開催です。
日時は10月8日(土)13:30〜です。
場所はいつも通り、東京・江東区文化センターです。

今回のテーマは、前回の「伊耶那岐、伊耶那美」に引き続いて、
「天照大御神と須佐之男命」を行います。
これまで古事記講座は、トピックとなる「部分」を扱ってきましたが、前回から、通史というか、古事記を「通し」でお話ししています。

倭塾では、古事記の「あらすじ」だけご紹介してわかった気になるというのではなく、そこに「何が書かれているのか、どう捉えたら良いのか」等を中心にみんなで学びます。
ひとつの見方をご紹介し、皆様にも、それぞれの考え方を自由に得ていただくことを目的としています。

古事記に書かれている神話は、千年どころか何千年、もしかしたら万年の単位で語り継がれているお話です。
残る値打ちがあるから残るのです。
たとえば戦後にベストセラーになった本はたくさんありますけれど、その本が、では千年後も読まれ、また語り継がれることがあるでしょうか。
語り継ぐ値打ちが認められてきたから、生き残るし、そうでないものは廃れるのです。

つまり古事記には、その値打ちがぎっしりと詰まっているわけです。
だからこそ、何千年も語り継がれているわけだし、そこを読まなければもったいないです。
人生の半分を捨てるようなものです。
古事記の知恵は、私たち自身の祖先の遺言だからです。

倭塾では、その遺言の意味に、みなさまと迫ります。
すでに古事記の内容なら承知しているよという方でも、目からウロコが剥がれ落ちる楽しい体験をしていただくことができると思います。

ちなみに解釈や捉え方は、ひとつではありません。
いろいろな解釈ができるし、それは読み手の自由でもあります。
だから面白いのです。

それにしても、戦前戦中派の人たちは、まさにそこを学校で習っていたわけで、やはりそれだけに日本人としての人の道や生きる覚悟がいまの私たちとまるで違っていたのではないかと思います。
そんなことを、倭塾を通じて私自身、痛感させていただいています。

ご夫婦でお越しの方には夫婦割。
未成年者は無料です。

前回もそうですが、倭塾は女性や、若い世代のご来場者が多いのが特徴です。
どうぞご遠慮なさらず、是非お越しください。
みなさまのご来場を心からお待ち申し上げます。


20160810 目からウロコの日本の歴史


【倭塾】(江東区文化センター)
第33回 2016/10/8(土)13:30〜16:30 第1/2研修室
第34回 2016/11/12(土)18:30〜20:30 第4/5研修室
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室


【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
第8回 2016/10/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
第9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室


1 日 時
  10月8日(土)13:30〜16:30
   開場 13:00
   開講 13:30
   終了 16:30

2 場 所
  江東区文化センター 3F 第1/2研修室
  〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3
  TEL 03-3644-8111
  江東区役所のすぐとなりです。
  最寄り駅:地下鉄東西線「東陽町駅」徒歩4分。 

3 タイムスケジュール
  (1) 13:30〜13:45 各種団体等挨拶
  (2) 13:45〜14:45 講義1
  (3) 14:45〜15:00 休憩
  (4) 15:00〜16:00 講義2
  (5) 16:00〜16:30 質疑
  (6) 16:30〜    後片付け

4 テーマ
  古事記から「天照大御神と須佐之男命」

5 講 師
  倭塾塾長 小名木善行

6 参加費
  (1) ご新規        2000円
  (2) 割引券持参      1500円
  (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
  (4) 未成年者          無料
  ※会場でお支払いください。

7 参加方法
  直接会場にご来場ください。
  Facebookご利用の方はお手数ですが参加ボタンをクリックいただきますと
  お菓子のご用意等に助かります。ご協力をお願いします。
  https://www.facebook.com/events/1762718480669710/</u>">https://www.facebook.com/events/1762718480669710/

8 懇親会(希望者のみ)
  参加費は最大3000円以内です。

9 その他
  書籍へのサインご希望の方はお気軽にお声がけください。
  当日販売もあります。

10 次回以降の開催予定(場所:江東区文化センター)
 【倭塾】(江東区文化センター)
  第34回 2016/11/12(土)18:30〜20:30 第4/5研修室
  https://www.facebook.com/events/672058936277272/</u>">https://www.facebook.com/events/672058936277272/
  第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
  https://www.facebook.com/events/1172936499435254/</u>">https://www.facebook.com/events/1172936499435254/

 【ねずさんと学ぶ百人一首】
  第8回 2016/10/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
  https://www.facebook.com/events/1056559071081222/</u>">https://www.facebook.com/events/1056559071081222/
  第9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
  https://www.facebook.com/events/1052885368129100/</u>">https://www.facebook.com/events/1052885368129100/
  第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
  https://www.facebook.com/events/505410432986527/</u>">https://www.facebook.com/events/505410432986527/

11 倭塾動画配信サービス
  倭塾動画配信サービスは、年間契約になります。
  いまお申込みいただきますと、今年1月の講座まで遡ってお届けします。
  詳細は↓をクリックしてください。
  http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2855.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2855.html

お読みいただき、ありがとうございました。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

Lauterkeit

古事記について
古事記は西暦700年頃書かれたのですが、当初はともかくしばらくすると忘れられ解読不能になり、千年もの後(1800年前後)本居宣長によって読めるようになりました。
ブログ主は「何千年も語り継がれているわけだし」と述べておられますが、実際に多くに人が読むようになったのは200年そこそこではないでしょうか。

ご承知のように原文は漢字だけが延々と並んでおり、句読点もなく、漢文でもなく万葉仮名に似ている印象を受けました。
その点が日本書紀(漢文)と異なっていて、こちらがよく知られているので古事記は関心を持つ人が少なかったと思います。

私も書き下し文を全文読みましたが、確かに日本人にとって極めて重要な書物で、今後も読み継がれていくべきだと強く感じます。

-

No title
◇◆二重国籍問題の変な方向への展開◆◇
遺伝的アルゴリズムでの突然変異過多が収束性を悪化
させるように、多様化は最適速度があり、熱力学的準静
的過程的に進行すべきです。過剰速度の例として、夫婦
別姓や政治家の多重国籍容認があり、巨視的には漢族人
口侵略助長、外患誘致につながり、洗国による日本の満
州化、南モンゴル化、東トルキスタン化、チベット化、
つまり中華人民共和国倭族自治区化が、著しく加速しま
す。

ところで、シェ―・リエンファン氏の二重国籍問題で、
これを逆手に取ったサヨク純情可憐お花畑地球市民によ
る居直りが、新たな展開として生じてきました。彼らに
よると、「二重国籍のどこが悪い、むしろこれからグ
ローバル化するので認めるべき」だそうです。彼らはグ
ローバル化一周先の欧米の苦境をどう見るのでしょうか。

より危険性大で深刻な問題は、小泉新自由郎(本名進次
郎)を筆頭とする、「日本がアメリカの51番目の州になれ
ば、日本人もアメリカ大統領になれる」と信じる、こち
らも純情可憐お花畑のワンワールド指向新自由主義者に
よる多重国籍容認化への暗躍です。それは、彼らの政権
中枢や官僚機構への侵透があるからです。その証拠とし
て、構造改革徹底推進会合、規制改革推進会議、日米経
済研究会などの各種諮問会議のトップや委員への、竹中
平蔵氏、大田弘子氏、八代尚弘氏、Charls Lake氏(元
USTR日本部長アフラック社長)などのバリバリの新自由主
義者の就任が、そっち方向に傾倒している官僚による人
選なのが、明白なことがあります。挙句の果てに、首相
まで21日のニューヨークの講演で「世界最速級のスピー
ドで永住権を獲得できる国へ」と演説しました。

ちなみに、これらの会議で、企業の農地買収解禁、漢族
のビザ緩和と民泊自由化、外国人労働者受入れ拡大など
を、検討項目にしたそうです。政治家ではない利益相反
の可能性がある民間人が、このような会議で国政の重要
政策を企画立案するのは、非常に問題です。

ネット言論メディアにも新自由主義者の多重国籍容認論
が蔓延しています。例えば、元NHK職員主宰の新自由主義
ネット言論メディアの編集長は、
・国籍制度はグローバル化に不適合
・多重国籍認めるべき
・現状国籍法に反対
を表明しており、現実派をネトウヨ呼ばわりしています。

以上の国家主権に否定的な二つの潮流は、コミンテルン
派生の地球市民とトロツキスト派生の新自由主義者であ
り、本質的には同値類を形成します。毛沢東の核戦争論
や、スターリンの大粛清、毛沢東の大躍進と文化大革命
などの犠牲者総数が一億を超えると言う事実のような共
産主義の恐ろしさを、彼らは知っているのでしょうか。

日本ではWGIPで洗脳されたこれらが多数派なので、国籍
への関心が薄く、政治家の多重国籍問題も大きな影響が
ありません。むしろ、欧米での反グローバリズムとは逆
のグローバル化礼賛で洗脳された多数派日本人は、リエ
ンファン氏の二重国籍をグローバル化の象徴として陽的
にとらえ、女性属性も加え、民共党の支持率上昇が予想
されます。さらに、自民の新自由主義者と共謀し、国籍
法改正と移民法制定を実現しかねません。

junn

No title
見にくい四ヵ国語表記は必要ですか?
http://keikan-dentou.jimdo.com/
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク