ギャングの一味

20161003 コスモス
見事な写真です。
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

かつてChinaやKoreaで日本人が受けた、極めて残虐な仕打ちは、通州事件、尼港事件、通化事件、あるいは和夫一家惨殺事件数限りなくあります。
なかでも通州事件は、衝撃的で、日本人居留民223名が、人類史上まれなる大変残虐な方法で殺されました。

だからChineseは怖いとか、韓国人は嫌いだとか、そういう民族的なひとくくりで物事を考えることは、私は間違っていると思います。
これは、人道に照らしてとか、そういうなんだかカッコつけたようなご立派な意見でもなんでもなくて、いつの時代にもどの国にも、どの民族にも、ろくでもない者は常にいる、という現実を忘れないことが大事だと思うからです。

かつてChinaにおいて、日本人への虐殺等をした人たちというのは、Chinaで中華民国を名乗ったり、八路軍を名乗っていた軍閥です。
先日の日本史検定講座の講義で倉山満先生が、
「軍閥」と書いて「ギャング」と読むのだと、面白いことをおっしゃっていました。
まさに言い得て妙です。

ちなみに倉山先生は、最初マフィアと書いたのだそうです。
すると苦情が来たので、ギャングと言い換えたら、どこからも苦情が来なくなったそうです。
ようするにやっていたのは、Chinaのギャング一味、そのように理解すると、事態が本当に見やすくなります。


20160810 目からウロコの日本の歴史


【倭塾】(江東区文化センター)
第33回 2016/10/8(土)13:30〜16:30 第1/2研修室
第34回 2016/11/12(土)18:30〜20:30 第4/5研修室
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室


【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
第8回 2016/10/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
第9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室


ギャングというのは、Chinaだけにいるのではありません。
朝鮮半島にもいるし、日本にもいます。もちろんアメリカにもいます。

かつてのChinaにおいては、そのギャングたちが、政府を自称して、人々から食べ物や物資を巻き上げ、あるいは前の王朝(清王朝)の宝物を奪い取ってカネに変え、世界中の要人たちを賄賂で抱き込みながら、国内で悪事の限りをつくしていた、そして多くの日本人が、その犠牲になったというのが、実際の歴史ということができます。

そしてそのギャングたちは、いまでもいます。
尖閣に押し寄せてきている連中、あるいは小笠原でいまも赤サンゴ泥棒をしている連中、あるいは東シナ海や南シナ海に軍事基地を作っている連中は、そのギャングたちです。

多くのChineseは、まともな人たちです。
けれどそのまともな人たちにさえ、言うことを聞かなければ殺すと脅して好き放題をしているのがギャングです。

同じことは、韓国にもいえます。
ギャングがカネを得るために、日本をバカにしてカネをせびる。
そのギャングが政権を壟断して、国民の利益を売り飛ばして、自分たちだけの贅沢を追求する。
会社が倒産したら、船を港に付けずに、荷物をほったらかしにする。
いずれも、ギャングの所業です。

日本人を平気で拉致する。
日本海にミサイルを飛ばす。
これまたギャングの所業です。

国家とか民族とか、そういう問題ではないのです。
ギャングがいて、そのギャングがのさばる状態があって、そのギャングたちが野放しにされているという現実を、日本人が、そのギャングたちを、政府だの、まっとうなChineseだの、まじめなKoreanだのと、妙な曲解をしていることが問題なのです。

それらの問題を引き起こしているのは、ではいったい誰なのでしょうか。
答は日本人です。
ギャングと手を握り、むしろギャングの手先となって、日本を貶めることに力を貸す。
なぜそのようなことをするかといえば、これまたいつの時代も、どの民族も共通なのですが、かけがえのないたいせつなものを売れば、カネになるからです。
つまり、日本人の中にいる日本人のギャングが、汚れ仕事は外国のギャングにやらせながら、自己の利益を得ているわけです。

吉田清治なども、そのギャングの手先です。

そして一方では、そのギャングに屈して、ギャングに手を貸す日本人がいます。
また、何も知らずに、いつのまにか騙されて、ギャングの片棒を担がされている日本人もいます。
要するに正義よりも、カネを選択した人たちです。

ギャングの手口というのは、今も昔も変わりません。
言うことを聞けば、法外な利益を約束します。
けれど言うことを聞かないなら、殺したり、痛い目に遭わせたりします。

西洋では、これを「悪魔に魂を売り渡す」とか、「悪魔との契約」と言います。
悪魔に魂を渡す代わりに、莫大な富や権力を手に入れるわけです。
西洋の神話には、この手の人物の物語がよく登場します。
そして、だからこそ神と正義が大切なのだと教わります。
これが彼らの知恵です。

日本では、そのことをやはり悪鬼悪神などと表現します。
ただ違いがあるのは、善神も悪神も、紙の裏表であって、常に同時に存在すると教えている点です。
どんな国にも、どんな民族にも、どんな組織にも、果ては自分自身の中にも、善心と悪心が同居していると解きます。
善神悪神も、善心悪心も、読みは同じで「ぜんしん、あくしん」です。
神は心であり、心には善も悪もどちらもある。
では、善悪の違いとはなにかといえば、多くの人々のためになるかならないか。
つまり、自分さえ良ければというご都合主義や自己中が悪であり、ひとりはみんなのために、みんなはひとりのためにという互助精神こそが善であると日本神話は教えています。

その意味で、Chineseは悪い、Koreanは悪いとかいう言い方は、間違っています。
簡単にいえば、悪いのはギャングです。
ギャングが悪いのです。

そしてそのギャングは、自分自身の中にも住んでいます。
それとどう戦うか。
個人で戦う、国家として戦う、そういうことのたいせつさを説いたものが日本神話です。

歴史をまともに振り返るとき、ともすればその恐怖から、排外主義に陥りやすくなります。
区別は必要です。
差別も必要です。
なぜなら、ギャングは、まっとうな人とはちゃんと区別しなければならないし、まっとうな人の群れからは、差別しなければならないからです。

ただし、だからといって、ChineseやKoreanを全否定しても、問題の根は解決しません。
悪は日本人の中にもあるからです。
日本人の中にもギャングがいるからです。

たいせつなことは、いかにギャングの力を削ぎ、善なるものが力を得るようにしていくかにあります。
短絡的な差別主義では、そこがおろそかになります。
自己を肯定、他人を否定しても、自分の中にも否定すべきところがあるからです。
これではゼロサムゲームにしかなりません。

もっといえば、悪があるから善があるのです。
悪を失えば、善も失われます。
つまり、両者は共存しながら、より良い方向に向かうしかないのです。

よく学校の先生から、通州事件をどのように生徒たちに教えたら良いかと質問を受けます。
そのときは、
被害者223名のうち「半数はKoreanだった」という事実を一緒に述べるようにオススメしています。
Koreanも被害者だったのです。
多くの在日の子供達は、この事実に衝撃を受けるようです。

そして通州事件おける加害者たちというのは、ギャングの一味たちであったのだ、ということも、同時に生徒たちにお話されるようにオススメしています。
Chinese全部が悪いのではないのです。

そしてどの国にもギャングはいるのだ、ということをさらに重ねて教えるようにオススメしています。
だからこそ、ギャングを許さない、強い心を生徒たち一人ひとりがもっていかなければならないのだ、ということを、さらに教えるようにお話させていただいています。

お読みいただき、ありがとうございました。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

西

特亜人を甘く見過ぎでは?
八路軍(共産党軍)や朝鮮戦争下の朝鮮軍の横暴は、常軌を逸していますし、一般の特亜人からも恐れられていた存在であった事は事実だと思います。

しかし、一般の特亜人であっても、残忍な八路軍や朝鮮軍、ギャングやマフィアの類では無くとも、少なからず「反日」である事が多いという事、そして彼ら自身も、重軽問わず、窃盗から殺人まで、犯罪行為等を平気でしでかす存在であるという事は疑いの無い事実だろうと思います。

彼国に、大量のコピー製品や悪質な製品、麻薬や賄賂等の犯罪シンジケートが、平気で街を闊歩しているところを見ればわかる事だと思います。

役人やマフィアのみならず、一般人でさえもそういった犯罪に平気で手を染めているのが現実ではないかと思います。

そうでなければ、特亜人自身から、「同胞を信用できない」、「信用したらひどい目に遭う」というような発言が出てくるわけがありません。彼らは、一般の特亜人(たとえ身内でさえも)ですら、犯罪分子、信用できない存在だと見なしているようなのです。

日本にも、暴力団や極左過激派はいますが、暴力団は一般人に手を出す事を避ける傾向が強いですし、また、彼らは多数派ではありませんから、一般人の生活風習に影響を及ぼす程の存在ではありません。

そう考えると、例え活動家やギャング、軍隊などの暴力装置の類はもとより、一般の特亜人でも我々は相当に警戒しなければならない存在であるという事は、疑いの無い事実ではないかと思います。

勿論、呉善花氏や石平氏のような善良(主観的ですが)な方もいらっしゃるのは理解していますが、やはり一般人から見れば、善良な特亜人というのを探す事は、非常に困難な事だろうと思いますから、特亜人を警戒するのが、安全策ではないかと思います。

akira

No title
日本はアメリカの植民地で、親玉のアメリカが悪いと思ってました。しかし、最近は、それにくっついて、利益をむさぼる一部の日本人が悪いのではと思うようになりました、敵は常に内にあると感じます。
昔の人はよく、「あんた、それでも日本人か。」とよく言っていました。私が子供の頃、30年以上前までは、聞かれていたような気がします。最近は全く聞かれません。
先日、ある年寄りに言われ、はっとしました。とても良い言葉だと思います。
子供の頃、よく映画やドラマで、日本の兵隊さんが「貴様、それでも日本人か!」と部下を、ぶん殴るシーンがありました。子供心に少し怖い思いがあり、その当時は、良い印象は持ちませんでした。
今、考えますと、これも日本人を弱体化するためのWGIPなのかなと思います。
今一度、「それでも、日本人か。」という言葉を、最近は自分自身に問うようにしています。

ポッポ

No title
通州事件は、今年、つくる会の教科書に掲載されました。
南京事件のざん虐性は中国が世界にばらまいていますが、具体的な証拠はありません。
しかし、通州事件は発生当時、新聞記事として具体的に報道された事実です。

事実の通州事件を今の日本人は知らず、虚構の南京事件が世界に広められたのは、GHQのWGIPによるものです。
そしてGHQの占領政策を今の日本人なら知っていますが、WGIPは殆ど知られていません。

何処の国でも良い人が大半で、悪いギャングは極一部だと思いますが、日本人のギャングが通州事件のざん虐性に満ちた悪行を、出来るのだろうかと考え込みます。

しかし、昔のことで元寇を思いますと、元の軍船の舷側に日本人の捕虜の手に穴を空けられて繋がれていたことは有名で、これまでの元寇をテーマにした映画テレビの総てが、これを映像化しています。
そして、通州事件でもこれが行われていたことは、ねずさんのこのブログでも記述されていました。
日本人にもギャングがいるとされても、日本人が手のひらに穴を空けてそこを紐や針金で繋いで引っ張ることなど、私の知識にはありません。

-

No title
ハテ?と、正直に思った事をコメントしますが
通州事件を子供に教える先生は、一体何人いるのでしょうか?
果たして、その方は教職員として学校に留まれるのでしょうか?
正直、いないと思うのですが、いても、短期間で首になると思うのですが、いるんでしょうか?
学校は沢山あっても、堂々とそのような教育をしている学校自体、あるのでしょうか?
単純な疑問ですが
私は、学校にも教職員にも期待はしてはいません
左翼の巣窟だと思っています
今、この認識は、古いのか?間違っているのでしょうか?
最期の砦、家庭を崩壊させるのが、学校及び教職員の使命だと思っています
そういう場だと、思いますが
学校教育の場に、いくらか、希望があるんでしょうか?
教育の場がデタラメだから、心ある方が、ネットを通して細々と真実を伝えているのではないのでしょうか?
そう言う認識だったのですが、間違いだったのでしょうか?

-

No title
◇◆日本労農学校とタビストック人間関係研究所◆◇
GHQの日本人洗脳計画にWar Guilt Information
Program(WGIP)がありますが、その生成過程期には、理論
と実践の2つの流れがあり、それらの結合によりWGIPは
完成しました。前者のコアは、洗脳の理論的研究のタビ
ストック人間関係研究所(TI)であり、後者のおおもとは、
延安にありコミンテルン日本代表だった野坂参三が校長
だった日本労農学校です。日本労農学校は、日本兵捕虜
の洗脳に大成功を収めました。

TI所長のKurt Lewinは、洗脳に関する研究会を1933年
に立ち上げ、1935年からはプロパガンダ理論のラスウェ
ル等が参加するようになりました。特にマーガレット・
ミードのような日本人に対する偏見や誤解を持つメン
バーが加わり、研究会は日本人の洗脳を検討するように
なりました。これは、日本占領計画ができる1942年より
かなり前のことです。

TIの日本人洗脳提案に対し、TIと密接な関係にあった戦
略諜報局(OSS)は、実践的モデルを検討していました。当
時ルーズベルト周辺を含むアメリカの政治中枢には、か
なりコミンテルンが侵透しており、OSSも例外ではなく、
そのため必然的に実践的モデルとして日本労農学校を検
討するようになりました。実際マッカーサーの補佐官に
なったエマーソンに延安で実践性を調査させ、その有効
性を示す報告書がOSSに提出されました。その結果、実践
モデルとして、延安での洗脳システムが採用されました。

じょあ

No title
吉田清治はそもそも日本人ではないようですね。
ジャーナリストの大高さんが子供へのインタビューで明らかになったようです。
吉田清治は韓国に行ったときにパスポートに何ら記載されなかったと。あと本物の吉田清治さんは既に死亡していたとして、背乗りの疑惑もありますね。

茶屋風霧

更に厄介なことは…
記事内容の殆どはその通りだなと思いますが、厄介なギャングは一般国民の中に紛れているだけでなく、実は彼の国(中韓朝露)の中枢(政府)にこそ最も高い割合で存在しているのではないでしょうか。
そんな指導者の影響を受けている国民も、程度の差こそあれいつの間にか同じ色に染まっている。
だから、一般人には良い人も居ると分かっているけど、それをすぐに見極めることが出来ない限り全ての人に対して警戒をするしかないのです。
ビザ免除で来日が増えた分、日本の現実を知り反日感情が薄らいだり無くなる人も居ると聞きますが、残念ながらあの国の“体制”が本当に変わる日まで安心は出来ないと思っています。

junn

No title
英首相「もう二度と主権を失いはしない」
http://ameblo.jp/ei-bou/entry-12206496756.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク