闘え、日本!!



2008/12/11の記事、「『東アジア共同体』という危険な思想」に、お名前はなかったのですが、たいへんいいコメントをいただきました。

短い文ですが、いまの日本の構図を端的に整理されていたので、こちらに転載します。

<引用>---------------------------------

標題 : 稚拙な論文の背景 

この大学講師の文を読み、その論理展開の稚拙さから、こう考えた。
「わざと駄文をだして、日本国内の反応をみている」のではと。
本人は本気で書いているかもしれないが、後ろにいる人からみれば、
「この扇動にひっかかる者もいるだろう。ひっかからずに反対する者もいるだろう。
その辺を分析したい。あわよくば、この講師に人気がでれば、マスコミにだそう。欠員もでたし」と目論んでいるような。

オリンピック前後のほほえみ外交で反応をみる、と同時に、日本領海の侵犯を実施し反応をみる。このように、硬軟あわせ多重に反応を見て、分析し、弱点を探しだし、攻め込み先を絞る。という構図。

前にも、似たことがあった。
いわゆる南京大虐殺、や(中国の差し金で動いた)いわゆる従軍慰安婦。
これらは、実にわかりやすい捏造だった。
いずれ論理破綻することは、言い出した側がよく知っていた。
なのに、何故わざわざ言い募っていたのか。
これも、反応をみるためだったように思える。
それは;
1.日・米での反応を見る(特に、「日本は米のいうことは聞く」と見ているので)
2.単にこのこと(いわゆるシングルイッシュー)だけに囚われるか、その上のメタ構造メタ意識まで気づくかどうか、反応を見る
3.うまく、このことだけに視野狭窄的になってくれるなら、陽動作戦を発動。(今回の
改定国籍法案の提出など)

と同時に、「細かいことはいちいち言わず、鷹揚に構えているべきだ」とか
「日本側が誠実にやっていれば、いずれ通じるものだ」という、押さえこみ黙らせる援護射撃もマスコミをつかって実施。


では、我々の反応はどうすべきか。
1.単なる値踏みのためのプロパガンダと知っていても、一件一件には、逐一的確に反論していく。黙っていてはだめだ。
2.それとあわせ、より高い視点からの検討を進め、大所からみた意見を、英文・仏文・
など主要外国語もふくめ、発表する。そのことで外国を味方につける。

では、なぜこのように、反応を執拗にモニターするのか。
それは、つまるところ「金」。
日本の経済力、と、その背景の技術力を奪い取ること。
奪い取る手段は3つ。
1.台湾を人質にして、米の極東への介入を制限し、日本をなかば武力威圧で吸収
2.改正国籍法を悪用し、多数の漢民族を日本に移住させ、実質的に中国の一部化(すでに、チベットや内蒙古などで実施中だが)
3.メンタルに抑圧し続け、反抗意欲を低減させ、警察・自衛隊などを掌握、日本を内部崩壊させる。
の主として3番のために、実施しているとみられる。

それでは、国内で注意すべき反日の人たちといえば、
政治家は、力があるので最危険。しかし、活動が世間に知られやすく反日を隠すのは困難。
また、落ちればただの人になってしまうので使い勝手のリスクがある。また、誰でもなれるものではない。
官僚は、その点、反日活動に有利なことが多い。国1さえ受かればおよそ誰でもなれる。
長期に活動ができる。まず世間に個人名がでることがない。隠微に組織的に行動できる。従って、スリーパーには最適の居場所。
マスコミ界・芸能人。周知なので略

彼等のおそれることは、日本人の多くに、反日活動の実態をしられてしまうこと。過去の経験から、日本人は一旦団結すると、非常に強固で歯がたたないくらいになるので、焦点分散、陽動、快楽誘導、仕事の没頭、など幅広く操作中。

彼らが、困ることは、
1.特亜の資金源が日本であること、を知られること。
2.スパイ防止法などが成立し、日本内での違法行為ができなくなること。
3.国防力、と、国防意識、とがたかまること。とくに「核」は論議すらこまる。
4.歴史のちゃんとした把握。日教組などの画策で事実上現代史は講義されていないが、眼が向くことすらこまる。

日本人が気づくべきこと、は、
1.日本人が本来つかえる金銭が不法にうばわれていること。それも反日の者に。
2.身体的危険があること。放置すれば、理不尽な暴力がふるわれること
3.精神的な抑圧がされていること。反日どころでなく「侮日」されていること。


「日本人になら何をしてもいいんだ」と彼らが思い、また実行していることを、まず、広く知らせるのが早道のようです。

---------------------------------------------

幸い、日本には、かなり制限されているとはいえ、憲法で保障された言論の自由があります。

黙っていても腹芸でわかる、なんてのは日本人同士の話で、相手が外国となれば、言わなきゃわからない。
黙っていたら、何もかも奪われてしまう。
言わなきゃわかんないです。

戦いというのは、なにも火力だけじゃない。言論戦だって立派な戦いです。
悪を黙って見過ごすのは、悪を容認し、手助けすることになる。
断固として、悪は許さない。

日本人よ、眼を覚ませ!
闘え! 日本人!!

子供たちの未来を守ろうよ。
孫の未来を守ろうよ。

欧米のアジア植民地支配の歴史


人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本
このVTRは必見です。


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

星ひとつさんたくさんのコメントありがとうございます。
「「歴史から学ぶという視点」がわかりにくかったということなので、そのことについて、今日の記事に書いてみました。

星ひとつ。

管理人 様

上久保さんの文章との関連というより、太字の部分が良い意見だと思って取り上げたというのであれば納得しました。
ただ、名無しさんの文章について前のコメントで述べた私の考えに変わりはありません。

それと、上久保さんの文章は「歴史から学ぶという視点が欠けていると感じた」とのことですが、これの意味がよくわからず、再度あのエントリーを読んでみましたが、やはりよくわかりませんでした。
機会と時間があれば、あちらのエントリーにまたコメントするかもしれませんが、とりあえず今回はここまでにしておきます。
ありがとうございました。

ねずきち

>舞桜さんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!
ありがとうございます^^♪

>通りすがりの草葬人さんコメントありがとうございます。
日教組って、ほんとうに日本のガンですね><;;

>アレサさんコメントありがとうございます。
(*^▽^*)ノハーイ
ありがとさんきゅっ♪v(*б-б*)^☆

>星ひとつさんコメントありがとうございます。
ボクが、このコメントをとりあげたのは、
太字にしてあるところ・・・
1.日本人が本来つかえる金銭が不法にうばわれていること。それも反日の者に。
2.身体的危険があること。放置すれば、理不尽な暴力がふるわれること
3.精神的な抑圧がされていること。反日どころでなく「侮日」されていること。
という3つのご意見がもっともだと思ったからです。
上久保さんの議論については、その内容よりもむしろ歴史から学ぶということとは何か、という視点が欠けていると感じました。

>英雄さんコメントありがとうございます。
なにも武器を持って立ち上がることばかりが戦いではない。
こうして、意見を述べることも立派な戦いだと思います。
なんて♪ _(^^;)ゞ
これからもがんばって、書きますね^^b

>通りすがりの名無しさん、コメントありがとうございます。
ご意見もっともだと思います。
そういうご指摘をいただくことが、ボクにとってはすごく勉強になります^^v
ありがとうございます。

通りすがりの名無し

何か違和感が…
自分もどちらかというと星ひとつ氏に同感です。
 先日のエントリーでも気になっていたのですが上久保氏の主張は大まかに見てそれほどおかしいようには思えませんでした。(もちろん細部で同意できない点もあります)
しかしながら彼の主張から離れて、彼を「学者」「若手講師」などとレッテルを張り人格を否定したところで、彼の論理が崩壊し、田母神氏の論文の評価が上がるわけではないことは理解すべきだと思いますし、この論法はあなた方が嫌う所謂「左翼論者」の典型的な手法であったことをどうか思い出してください。

さて世の中は計略、謀略に満ちており、常に先を予見して進む必要があります。特に我々自身が自覚しているように日本はこれまで他国に翻弄され続けてきました。しかしながらわずかな情報を基に、不確かな謀略論などを公に口にしても、決定的な証拠がない限りは国内外ともに理解など得らるようには思えません。あたかも実在しない敵と戦うようなものではないでしょうか?

最後に保守派の主張を英訳し、海外に主張したと仮定して、米、英、仏などが喜んで同意するでしょうか?ご存知の通り彼らは皆すねに傷ある身でして、過去の奴隷貿易、植民地支配すら謝罪しない連中です。そんな彼らに日本の正義は利益をもたらしますか?自分には彼らにとって道義的には害でしかないと思います。
 しかし自分もこのまま泣き寝入りするのは本望ではありません、そこで道義的、倫理的、学術的な観点からだけではなく、日本の正義が彼らの経済などの利益に結びつくような取引きを見つけ出すべきだと思います。これは金を出すだけでもダメですし、私には簡単に思いつけませんが…。

英雄

おう、戦うぞ。やるぞ、やってやるぞ。

星ひとつ。

いいコメント?
管理人さんが、この名無しさんの文章を何故「いいコメント」だと言うのかがわかりません。

管理人さんは省略しているけど、この名無しさんの文章はダイヤモンドオンラインに載った上久保さんの文章の背景を探る意図で書かれたものです。
そこで初めに上久保さんの文章の内容を整理しておきます。

上久保さんは大きく分けて2つの問題を指摘しています。
まず、田母神さんの文章が「論文」といえる形を備えていない点。
これについては、私以外にも何人かの方が同意する旨のコメントを投稿しました。

もうひとつは、国内保守派の態度。
上久保さんは、ワシントンポストやBBCなどのメディアの報道を紹介しながら、海外ではこの保守派の主張と間逆の話が結論付けられているとして、それは保守派が国内で声高に主張するほどには、海外に向けてその主張を発信する努力を行ってこなかったからだと指摘しています。
この点については「外国の政治家やマスコミを説得するなど、日本の理解者を増やす努力を怠っていた」「保守派は海外の批判から目を背けて逃げ回ってきた」等、かなり厳しい言い方をしていますが、これはあくまで、海外へ自分たちの考えを広める努力を怠ってきたことへの批判であり、保守派の主張内容に向けられたものではありません。(ココ勘違いしないように)

こうした海外向けの対策として、上久保さんは保守派の主張を海外に発信できる「国際派保守派」の養成を提案しています。
それも(政治家やジャーナリストではない)歴史学者レベルで、英語での論文発表や世界中の歴史学者との議論を通して保守派の立場を理解してくれる仲間を海外に増やすことができるような人材の養成です。
このような海外に向けた主張発信の努力をせずに、国内だけで自分たちの考えを主張していても何の意味もないというのが上久保さんの文章の締めとなっています。
つまり、上久保さんは保守派の人たちに「海外にも味方を増やすよう、もっと努力せーよ!」とエールを送っているわけです。

以上を踏まえたうえで、今回の名無しさんの文章を読んでみます。
まず上久保さんの文章を「論理展開が稚拙」で「駄文」だとも言っていますが、私は一度読んで大体の意味がわかったし、論理展開が明解な文章だと感じました。

というか、名無しさんの文章のほうがさっぱりわかりません。
主語が曖昧なうえ、何かに対する「当てこすり」や「ほのめかし」のような表現ばかりで、上久保さんが明確に述べている「田母神さんの文章の形式的欠点」と「国内保守派の海外に向けた説得活動の欠如」について具体的に触れないまま、その背景を探ろうとしているからでしょうか。

どうやら、「日本で反日国のスパイ活動が行われるので気をつけろ」というのが名無しさんの文章の趣旨のようですが、その名無しさんが「我々がすべき反応」として述べている2点目の「より高い視点から検討を進め、大所からみた意見を、英文・仏文など主要外国語もふくめ、発表する。そのことで外国を味方につける」と言っている点は、まさに上久保さんの主張と同じことです。
この辺り、一体名無しさんは、上久保さんに対し批判的なのか賛同的なのか、さっぱりわかりません。

管理人さんが前のエントリーで言ってた「事実に対する解釈はどちらも正しい」「いろいろな角度からの解釈で学ぶことが大切」は、ある意味正論かもしれません。
しかし、「解釈」とは、相手の意見の意味するところを正確に汲み取ったうえで行うものだと思います。
相手の考えを理解もせずに自分の意見を述べるのは「解釈」ではなく単なる「思い込み」です。

この名無しさんの文章が、せめて上久保さんの文章と関係なく投稿されたのならまだしも、わざわざ関連付けて投稿する内容ではないと思うのですが・・・あっ、だから管理人さんは、上久保さんの文章に対する意見だという部分を省略して転記したのかな?
だとしたら、ちょっとした策士ですな。(笑)

最後に、長文になってしまったことをお詫びします。

アレサ

匿名さん…♪
その人はきっとねずきちさんのブログに感銘を受けたのかもしれませんね。

私は政治はどうも苦手なようです。

勉強しますね、笑

通りすがりの草莽人

名古屋では日教組(と生協)が南京大虐殺の展示会を企てています!

【潰せ!】 反日サヨクが名古屋で南京虐殺記念館の資料を借り受け展示しようと画策!
http://buster21.at.webry.info/200812/article_24.html

舞桜

>日本人よ、眼を覚ませ!
>闘え! 日本人!!

(゜∀゜)゜・*:.゜゜・* 元気がいいです。
書き込みすぎた・・もう、やめとこ♪。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク