忠臣蔵と歴史認識



今日は15日なので、1日過ぎてしまいましたが・・・・

元禄15年12月14日といえば、言わずと知れた赤穂浪士討ち入りの日です。
討ち入りが深夜だったので、まぁ、今日(15日)の記事にすることをお許しください^^;

ちなみに、12月14日は旧暦なので、太陽暦だと1703年1月30日になるそうです。・・・言い訳ですヾ(;´▽`A``アセアセ

赤穂の四十七士が、旧主浅野内匠頭長矩の仇である高家吉良上野介義央の屋敷に討ち入り、仇討ちをしたという、この元禄赤穂事件。後に歌舞伎や講談で「義士」として称えられたこの四十七士は、義士祭が行われる赤穂市では「赤穂義士」と呼ばれるのだそうです。戦前は全国的にも「赤穂義士」の名称が一般的だった。

ところが、大佛次郎の小説「赤穂浪士」がNHKの大河ドラマで放映され、以降「赤穂浪士」という名称の方が認知されるようになったといいます。

討ち入りをした浪士は、全員播磨国赤穂郡出身のように思われがちですが、実際には、赤穂出身者は大石内蔵助を含めて半数程度。多いのは真壁や笠間の出身者です。なんと茨城県出身!

これは、浅野氏の家臣団の中心が、赤穂に転封される前、初立藩(大名になった)したのが常陸国真壁(茨城県真壁郡・筑波郡・新治郡一帯)と、笠間藩(茨城県笠間市一帯)だったためです。

吉田忠左衛門・小野寺十内・堀部弥兵衛など高齢者の浪士はここの生まれが多い。そのため同地には現在も浪士の出身家系の旧家が残り、浪士の遺品も多く伝わっているといいます。

赤穂浪士が葬られた泉岳寺、吉良邸跡である両国・松坂公園、並びに兵庫県赤穂市では、今年も12月14日に義士祭が催されました。

同時に、両国・松坂公園では、名君であったとされる吉良上野介を偲んで吉良祭も行われています。

さて、この赤穂浪士ですが、主君の仇を報ずるために討ち入りを行ったから「義士」として語られますが、元禄という太平の世の中で、理由はともあれ武装して他人の館を急襲し、その館にいる全員を殺戮したとみれば、四十七士は、暴行・殺人の凶徒となります。まして吉良氏は、名君の誉れ高い人物であった。播磨赤穂藩の第3代藩主浅野内匠頭も、観方を変えれば、抜刀を禁じられている殿中で刃傷沙汰を行った狂人です。

ごめんなさい。決して赤穂浪士の悪口をいうつもりはありません。

ただ、歴史というものは、観方ひとつで、義士が暴徒に、名君が狂人になる、ということを言いたいのです。

歴史を詳しく精査し、研究することはとても大切なことだと思います。
しかし、そこに描かれるストーリーは、右から見ることも左から見ることもできる。赤穂浪士の討ち入りは、正義だったのか、邪義だったか。口角泡を飛ばして感情的になり、むきになって議論したとしても、そんなことになんの生産性もない。そう思うのです。

司馬遼太郎氏が、何かに書いていましたが、「人はおよそ程度の低いことがらにのみ、むきになる。はなしが高度なものや理論的なものには、冷静になる。むきになりようがないのである」と述べていました。(そんなふうな趣旨だったと思います。読んだことだけ覚えていて、文章の詳細までは覚えてません)

田母神論文・・・田母神史観とでもいいましょうか。あの戦争は、侵略戦争だったのか、東亜の解放戦線だったのか。戦時中、日本の行ったことは正しかったのか、間違っていたのか・・・等々、はっきりいって、そのような議論にはなんの値打もない。そう思うのです。

日本が半島や中国本土に進駐したのは事実ですし、そこで戦いがあったことも事実です。それを侵略とみるか欧米列強からの解放とみるか。それは、その事実からなにを学ぶかにかかっているのだと思います。

赤穂浪士から、義士としての心構えや忠義の大切さを学ぶか、太平の維持を図るために心を鬼にして切腹を申し渡した治世者の心構えを学ぶか、あるいは、名君と謳われながら、仕事熱心なあまり恨みを買って討伐された吉良上野介からあるべき名君の姿を学ぶか。

同様に、太平洋戦争から貧しくとも欧米列強と闘いぬき、東亜の国々のその後の独立の礎を築いた日本という国の雄々しさを学ぶか、都市を焼土と化したおろかしさを学ぶか、それは、それぞれ後世の人が、その歴史から「何を学ぶか」にすべてかかっている。そう思うのです。

歴史は、正邪を議論するものではなく、事実を精査し、未来のために学ぶもの。そう思っています。

刃傷松の廊下


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

翡翠

下記は中央義士会さんからの転載です。
http://www.chuushingura.net/chuushinguranojoushiki.html
             ↓ ↓

吉良上野介は名門ではあるが、名君ではない

   吉良上野介は足利将軍家の血筋でもあり、室町時代はたいへんな権勢を有していた。さらに上杉家当主の実父でもあり、上杉家当主の正室は紀州徳川家の姫君でもある。その姻戚関係を見ると大変な名門で、また茶もよくするなど文化人でもあった。

しかし、借金だらけで全て上杉家に負んぶに抱っこ、大名家に行ってはそこの宝物を持ってきてしまう人物が名君といえようか。(岡本元朝日記 秋田県公文書館)

土手や塩田を作って名君ならば、日本国中の殿様は全員が名君になる。名君とは上杉鷹山のような方を指すのである。

名君説を称える方々は、自分の思いばかりでなく、論証を出すべきである。地元が名君といっているのは単なる伝承である。

吉良町の歴史家が、黄金堤等は吉良上野介の事跡ではないことを証明し、吉良上野介のやったといわれている治水工事は、単なる伝承であることを書いている。(歴史と旅 1999年2月号)
        ~~~~~~~~~~~~~~    

中央義士会さんは100年以上赤穂事件を研究されており、研究内容からいっても、義士側のみ研究するのでなく、両者の関わりを中央から冷静にフェアに研究されています。

一人一研究という姿勢は、これだけは誰にも負けないということにおいてとても大切な姿勢です。
ブログ主さまは以前にも、大石が陣太鼓を持ってと書かれていましたが、大石内蔵助は陣太鼓を持ってもいないし、もちろん鳴らしてもいません。
これは、素人でも知っている史実です。それを調べもせず書く姿勢に残念ながら落胆いたしました。プロの方、しかも100年研究されている方々の意見をまずは仰ぐのが当然だと思います。

>吉良上野介は、名君ではなかったとの説。そういうのもあろうかと思います。
しかし、彼が塩の生産を吉良で始めたことにより、吉良藩の財政が劇的に改善したとの話もあります。
ひとりの人間の一生の中では、良い面も悪い面も持っているのが普通です。
その悪い面ばかりを強調したり、良い面ばかりを強調したりすることよりも、その人の業績から、私たちが何を学ぶかが大切なことだと思います。


まずきっちりと歴史の知識を持たなければ、「正しく」学ぶことはできないのではないでしょうか?

他ならぬ吉良町の方が吉良の業績を否定されてますし、私は上記の
本は中古で買って読みましたが、はっきりと書かれています。
今やWikipediaにも書いてあるのですよ。

そんなに簡単に歴史の重要な一事件を取り上げてもらいたくありません。しかも日本国にとってとても重要な事件です。

乃木大将が尊敬されていた「中朝事実」の山鹿素行そのひとに、浅野、大石の両名は学んでいます。
後に吉田松陰、乃木希典が尊敬したこの人物の思想を十二分に受け継いだ大石たちの行動は山鹿素行を抜きにしては語れません。

このことを触れずに吉良は善人だっただの、大石はテロリストだの
と発言する日本人が昨今増えていること自体、日本精神の揺らぎが象徴されているように思えますし、本当に聞くに堪えられない。

失礼な物言いになり申し訳ないですが、一人一研究をしている方は
一つの研究対象において深学ですが、広く研究されている方は浅学になりがちです。だからこそ、意見を求める意味があるのです。

本ブログは閲覧者が大変多いことを危惧して書いた次第です。
いいことを書いたつもりでも、間違ったことを書けばその情報が大量の人へ届いてしまうのです。

長文失礼しました。

なでしこ

「はやぶさ」の上杉博士(吉良の男系子孫)は
2月4日に大石の供養をしています。

12月14日には赤穂城で在日韓国人が赤穂義士に扮して
日本人が演じる吉良役を討つパフォーマンスをやりました。

赤穂義士会TSUTAYA
忠臣蔵はまさに韓国「恨」の精神である
赤穂大使パク・ジュニョン

ねずきち

> Icthyo さんコメントありがとうございます。
吉良上野介は、名君ではなかったとの説。そういうのもあろうかと思います。
しかし、彼が塩の生産を吉良で始めたことにより、吉良藩の財政が劇的に改善したとの話もあります。
ひとりの人間の一生の中では、良い面も悪い面も持っているのが普通です。
その悪い面ばかりを強調したり、良い面ばかりを強調したりすることよりも、その人の業績から、私たちが何を学ぶかが大切なことだと思います。
また同時に、歴史学者の役割は、良い悪いを判定することにあるのではなく、どのような事実があったかを究明していくことにあるのではないかと思っています。

>moharizaさんコメントありがとうございます。
ボクも三国志の登場人物では、最大の悪人とされる曹操が、もっとも優秀な政治家であり武将であったと思っています。劉備玄徳は、人格者として記述されていますが、武将としては負け続けであり、そのつど味方の多くの将兵を死亡させている。また施政者としては、諸葛公明がいなかったら、ただの盗賊の親方でしかなかった・・・のかもしれません。
ただ、彼の、「人を大事にする」「信義を守りぬく」という生き方は、見習うべき点が多く、そういう人のもとに孔明のような優秀な人材が排出されたということは、すごいと思ったりしています。
結局、歴史というものは、正邪を判定するものではなく、事実から学ぶものと思います。

>S三号さんコメントありがとうございます。
「世界は危険で面白い」、是非、買って読んでみますね^^


>マルコさんコメントありがとうございます。
了解しました。
こんど記事にしますね^^


>星ひとつさんコメントありがとうございます。
日華事変から太平洋戦争にいたる一連の出来事の中には、それが多くの人が参加した一大舞台である出来事だけに、日本軍の行った素晴らしい出来事もあるでしょうし、よこしまとしか言いようのない出来事もあるだろうと思います。
そのことは、中国共産党や中国国民党も、米軍もオランダ軍も、みな同じ。いいこともあればわるいこともある。
そうした事実を丹念に積み重ね、調べていくという作業の大切さは論を待たないけれど、さまざまな人が参加した部隊を、正邪の名のもとに「悪」と一言のもとに切って捨てるのは、横暴だと思います。
いまを生きる私たちが、当時の立派な軍人さんから学ぶべきことは絶対にあると思うし、中国を統一した毛沢東にしても、彼はものすごく悪いことをいっぱいしているけれど、彼の人生からは学ぶべきことも多い。
たいせつなことは、そうした過去に学び、その過去からいまを生きる私たちが何を学ぶかってことじゃないかと思っています。

>鯱美さんコメントありがとうございます。
名古屋に出張で行ったときのこと。ある中小企業の社長さんが、何かの紛争に巻き込まれて裁判所に呼び出されることになりました。そのとき彼が言った言葉・・・
「薩長のヤカラの作った裁判所なぞ、誰がいくもんかっ!」
いや、笑い話でなく、本気で彼がそうおっしゃっているのを聞いて、おもわずびっくり。いまだにそういう精神構造があるってことに、正直驚きました。
なので、会津若松市と萩市がいまだ和解しないというのも、そうだろうな、と素直にうなづけます。
明治維新から140年。会津若松市と萩市が和解するには、あと160年はかかるのかもしれませんね^^

鯱美

お久しぶりです。
私事にかまけてご無沙汰しておりました。
未だ少々多忙の身ではありますが、赤穂浪士の話題に食いつきました(笑)。

>ただ、歴史というものは、観方ひとつで、義士が暴徒に、名君が狂人になる、ということを言いたいのです。

その通りだと思います。。。

私は吉良氏縁の三河産ですので、吉良さん寄りです。

>ほとんど江戸詰で領地に帰った記録というのは公式には一回しかないとの話。

Icthyo様のこの話も事実のようですが、そもそも高家旗本といっても、武家旗本とは石高が違います。
若造の浅野氏の石高の10分の1にも満たなかったくらいです。
そうそう里帰りは出来ません。

この吉良氏は、海に近い南三河地方の灌漑・治水事業に力を注いだため
毎年のように台風、洪水で苦しめられた漁師や農民からは敬われました。

一方、浅野内匠頭長矩は、癇癪(かんしゃく)持ちだったという記述があります。
いわゆる癲癇(てんかん)の症状です。

高家の重鎮たる吉良氏は、江戸城での作法を諸国の若い旗本達に教えていましたが、
その好意を血気に逸る若者が『古く悪しき習慣』として一蹴し、頑迷に教わろうとしなかったのが
浅野内匠頭長矩です。

結果的に礼儀作法で粗相をし、高家たる吉良氏が「それみたことか!」と嘲笑したことから
松の廊下での殺傷沙汰となったと。

わたくしなどは、完全に身内贔屓で吉良さん寄りなのですが(笑)、47人の屈強な漢が
隠居して死期を静かに待つばかりの一人の老いぼれを打つというのは、
なんだかねぇ、、、。

弱いもの苛めのようにも思えてしまうのですけども、、、。

因みに、およそ300年の時を経て。15年程前に赤穂市と吉良町は和解しました。
萩市と会津若松市は、未だに和解してません。

人の記憶とは侮れませんね(笑)。

星ひとつ。

このエントリーをUPしていただき、ありがとうございます。
拝見して「歴史は正邪を議論するものではなく、事実を精査し、未来のために学ぶものだ」ということはよくわかりました。 私もその通りだと思います。
しかし、それと上久保さんの文章に対する「歴史から学ぶという視点が欠けている」という意見の繋がりはわかりませんでした。

「歴史から学ぶという視点が欠けている」という言葉自体は適用範囲の広い、いわば総論ですが、さらに一歩踏み込んで、(上久保さんの文章の)どこが歴史から学ぶ視点を欠いているのかという具体的な指摘がなければ、問題点は明らかにならないと思います。

この件は、上久保さんの文章が紹介されているエントリーがスタートですので、もう一度あの記事をじっくり読んで、あちらのエントリーにコメントしたいと考えています。
前回は「機会と時間があれば…」と書きましたが、なるべく機会と時間を作るよう努力します。(笑)
では、失礼しました。

マルコ

こんにちは

「チャンネル桜」をご存知だと思います。

そのチャンネル桜が今、経営の危機に陥っていることはご存知でしょうか?
映像メディアとしては、「保守」「中道右派」の番組として貴重な存在だと思います。

現在「2000人委員会」として、一人1万円の支援を実施していて、
月2000万の予算で今後も放送を継続できるそうです。

毎月1万円が高いと感じる人には、1000円から支援も大丈夫とのこと。

「保守」とはいえ、細かい点では貴殿の思想と違うかも知れません。
が、映像メディアとして広く「保守」の考えを広める手段として
大きな役割をしていると思います。

このほどの「国籍改正法案」の問題性に着目し、YouTubeやニコニコ動画では
数十万回閲覧され、多くの方に認知されたようです。
(無論、多くのブログ主さまのエントリーも大きな役割をしていたのは承知しております)

これをお読みの方々に、賛同いただけると幸いです。
また、ブログ主さまに対しては、ぜひともブログ内で「チャンネル桜」の告知をして頂けると
嬉しく思います。

http://www.ch-sakura.jp/
ちなみに私は「チャンネル桜」とは何の関係もない、ただの有志です。

ブログ主さま、削除してもらっても構いません。
読んで頂いてありがとうございます

S三号

>その事実から何を学ぶかにかかっている
渡部陽一という人の「世界は危険で面白い」という本に、まさにこの言葉にしっくりくる項がありました。
旧満州において日本がどうだったかを、筆者が鞍山へ調べに行ったのです。
鞍山の製鉄は日本人が繁栄させたこと、日本から持ち込まれた満州建築が中国建築文化を近代化に導いたことなど、
旧日本は禍根だけでなく遺産もしっかり残していることが著述されています。

プロパガンダに任せて第二次大戦の日本を悪と切り捨てるのは簡単で、手っ取り早く正義を手中にでします。
ですが、あの大慶油田を古文書や伝承だけから雲を掴むような調査の果てに発見したのは旧日本軍である、という事実もあります。
ねずきちさんの仰る通り、歴史とはきちんと光も影も明らかにした上でそこから教訓を得るためにあるものです。
歴史をちゃんと研究することもなく、恩恵だけはそ知らぬ顔で受け続ける…
それではいずれ行き詰まると思うのですけどね、あの隣国たちは…。

※余談ですが、「世界は危険で面白い」は産経新聞出版だったりします。毎日なら有り得ませんね(笑)
他にも旧日本軍の良いエピソードや今の日本に関する話が入っていますので、一度立ち読みしてみてはいかがでしょう。

mohariza

<正邪>で色を付ける事は、史実を曇らせる
<歴史は、正邪を議論するものではなく、事実を精査し、未来のために学ぶもの。>
…おっしゃる通りだと思います。
時代時代によって、歴史の事実とされた事が、変わって行く気がします。
<正邪>は、後の時代に勝手に解釈したものと云えます。
今、<邪>とされている事が、後の世には、<正>とされるかも知れません。

歴史からは、その史実関係から、(自らを振り返るものとして、)現代に(未来に)生かせるものを学ぶべきと思います。
その為には、<正邪>で色を付ける事は、史実を曇らせるような気がします。

(…私は、中国の「三国志」時代では、(悪人の)魏の曹操が、一番優れていたと思っています。)

Icthyo

はじめまして。
枝葉末節ですが、吉良上野介の領地における名君という話も実際のところはかなり怪しい話らしいです。
彼は幕府において儀礼典礼を司る高家という役の旗本で、ほとんど江戸詰で領地に帰った記録というのは公式には一回しかないとの話。
あと、彼の妻は米沢上杉家の出身で、嗣子断絶の危機に見舞われた上杉家を、彼の息子が養子になることで(彼は実質長尾氏に取って代わられた上杉氏の末裔の一人です)救ったことをたてに、頻繁に金をせびってました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク