昭和天皇の授業~ドラマみたい!と子どもは言った

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20161129 昭和天皇
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


誇りある日本人を育てよう!
真の国際人を育てよう!
その願いから、子供たちへの教育を見直す運動を展開されているのが、
「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」
です。

「授業づくりJAPAN」では、無料メルマガを配信しています。
http://melma.com/backnumber_00198666/</u>">http://melma.com/backnumber_00198666/

そのメルマガのNO.72(2016/11/29発行)から、ひとつのお話をご紹介してみたいと思います。

***

【安達弘の小学校歴史授業(2)】
「昭和天皇の授業~『ドラマみたい!』と子どもは言った」
http://melma.com/backnumber_00198666/</u>">http://melma.com/backnumber_00198666/

6年生の戦後学習2時間目に昭和天皇を取り上げました。
メインで扱ったのは有名な昭和天皇とマッカーサーの会見です。今回も授業の一部をご紹介します。

★昭和天皇と終戦

(1)昭和天皇のお人がら

天皇として即位したのちの、1931年11月のことです。天皇は、九州の鹿児島から軍艦に乗って東京に戻るとき、夜になって暗くなっている海に向かって一人、敬礼をしていました。
お付きの者が見つけ不思議に思って海の向こうを見ると遠く暗い薩摩半島の海岸に住民たちがつけた火の列が見えました。
それは天皇の軍艦を見送るためにつけたものでした。
天皇はそれに向けて敬礼していたのです。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室

(2)昭和天皇のその時代

昭和天皇が即位された時期、日本は大きな危機を迎えていました。
天皇は各国との友好と親善を心から願っていましたが、時代はそれとは違う方向へと向かっていました。
天皇はたとえそれが自分の考えと違っていても政府が決定したことは認める、という立憲君主制のきまりを固く守っていました。
しかし、昭和天皇がご自身の考えを強く表明したことが2回だけありました。

そのうちの1回が終戦を決めたときのことです。
会議の席で「天皇を守り、本土決戦で最後まで戦いたい」と主張した者に対して昭和天皇は静かに言われました。
「気持ちはよくわかる。
 しかし、わたし自身はいかになろうとも、
 わたくしは国民の生命を助けたいと思う」

戦争で負ければ、昭和天皇は責任を追及されて死刑になる可能性もあったのです。
しかし、昭和天皇のこの決断で日本は降伏を決めました。

(3)日本の降伏

1945年8月15日に日本は連合軍のポツダム宣言を受け入れて降伏しました。
終戦直後の日本は空襲で焼け野原になり、住む家もありませんし、食べるのもままなりません。
寄せ集めの材料で作ったバラック小屋で寝泊まりし、やっと雨つゆをしのいでいました。
天皇が住まわれている皇居も例外ではなく空襲で一部が破壊されていました。
皇居でさえこんな状態でしたから国民の生活の貧困ぶりはひどいものでした。

(4)マッカーサーの来日

こうした中、8月30日にアメリカのマッカーサーが日本にやってきました。
日本を占領する連合国の代表です。マッカーサーはさっそく日本の軍隊を武装解除し、日本の統治を宣言しました。
これから日本はもう自分のことは自分で決められません。
すべて占領軍の言われた通りにしなればならないのです。
日本が他の国に占領されたのはあとにも先にもこのときが初めてです。
こうした占領期間は7年間も続きました。

★マッカーサーと会見した昭和天皇はどんな話をしただろうか?
連合軍は日本人から戦争犯罪人を決めて裁判をしようと考えていました。
戦争の罪をすべて負けた日本に押しつけ、自分たちは正義のために戦ったのだと宣伝しようと考えたのです。
こうして戦争中の日本の首相や軍人を28人も逮捕して東京裁判を開くことを決めました。
さて、このころ連合国ではこんな話が持ち上がっていました。
「われわれと戦争を始めた国のうち、
 ドイツはヒトラーが、
 イタリアではムッソリーニが
 独裁者になって戦争を起こした。
 日本ではきっと
 国の代表である昭和天皇が
 独裁者のようにふるまって
 戦争を起こしたにちがいない。
 日本の昭和天皇を裁判にかけて
 絞首刑にする必要がある。」

この「天皇を死刑にしろ!」という声は日増しに高まっていきました。
こうした中、昭和天皇は自分から出かけてマッカーサーに会うことを決めました。

昭和天皇はマッカーサーに会ってどんな話をしたのでしょうか?
昭和天皇になって、あなたの予想を書いてみましょう。

子どもたちからは以下のような意見が出てきました。

「自分はどうなってもいいから28人を解放してくれ。その28人に罪はない」
「私はこの国の天皇です。すべての責任はわたしにあります。私はどうなっても構いませんが、国民には罪はありません。国民は助けて下さい」
「確かに、こうなる前に戦争をやめなかったのは私の責任だ。しかし私は独裁者ではない。罪は受けるが死刑になるつもりはない」
「死刑になる覚悟はできている。責任は取るが戦争に耐えてきた国民は自由にして欲しい」
「昭和天皇は国民を愛する人だから自分はどうなってもいいから国民だけは攻撃や苦労をさせないでほしい」
「自分を殺す代わりに、この国から出ていってくれ」

★昭和天皇とマッカーサー

昭和天皇はマッカーサーに会うと次のように話したと言われています。

「私はこの日本を代表する者としてあなたに会いに来た。
 今度の戦争についての責任はすべて私にある。
 私は死刑になってもかまわない。
 ほかの者たちに責任はないのでゆるしてほしい。
 そして、どうか国民が生活に困らぬように
 連合国から援助をお願いしたい。」

マッカーサーは昭和天皇のこの言葉を聞いて驚き、そして感動しました。
なぜなら、「死刑にすべし」の声まで出ている今、きっと「命を助けてほしい」と自分に頼みに来るにちがいない、と思っていたからです。
ふつうはどの国でも戦争に負ければその国の代表者は「命を助けてほしい」と命乞いをしたり、国民を放り出してあわてて他の国へ逃げ出したりすることが多いものなのです。
ですから、マッカーサーは昭和天皇もそうするにちがいないと思っていました。

ところが昭和天皇は「自分のことはどうなってもいい。国民を助けてほしい」と言うのです。
これを聞いて、マッカーサーは「なんとりっぱな人物なのだろう」とその天皇の勇気ある言葉に感動したと言っています。

さらに、昭和天皇は大きな風呂敷包を取りだして、こう言いました。
「わずかばかりだがここに皇室の財産の一部を持参した。国民の援助のために使ってほしい。」

マッカーサーはこれを見ると突然立ち上がり、昭和天皇の前に進み出て手を握り、
「私はあなたのような人を初めて見た。」
と述べたと言われています。

その後、マッカーサーは「このようなりっぱな人を死刑になどするわけにはいかない」と考えました。
また、死刑にすべしと言う人たちには「もし昭和天皇を殺したりすれば天皇を慕う日本人は黙ってはいない。
ゲリラ戦がはじまり、少なくともあと100万人のアメリカ兵が死ぬことになるかもしれない」と警告しました。
こうして昭和天皇を「裁判にかけろ」という声はなくなっていきました。

ここまで読むと子どもから「ドラマみたい!」というの声が上がりました。

5ヶ月後の昭和21年(1946年)2月。
昭和天皇は苦しんでいる国民を少しでも励ましたいと考えて全国をまわることを決めました。
このご巡幸は2月の川崎・横浜・三浦半島・東京都内、3月に群馬・埼玉、6月千葉、10月に愛知・岐阜、11月に茨城と続きました。
ご巡幸の旅は昭和26年の秋まで続けられ日本のほとんどをまわりました。

授業後の子どもたちの感想文の一部を紹介します。

*昭和天皇は自分ではなく国民を第一に考える天皇としての責任感の強い方だということがわかりました。
全国をまわり、国民を励まそうとした優しさのある方でもあることもわかりました。

*昭和天皇は優しすぎる。もう神みたいな存在。そんな人を「死刑にしろ」なんて言う人はこの事実を知ったらひざまづいて謝ると思う。

*昭和天皇がどれだけ国民を愛しているかわかりました。「自分の命はどうなってもいい、国民を助けてあげて」という言葉を聞いて、この人はすごいと思いました。

*私は最初は「さすがに最初から自分はどうなってもいい、なんて言うのは人がよすぎるだろう」と思っていたのですが、昭和天皇はすごいですね。
いい人です。
だから昭和は60何年も長く続いたんですね。そして、マッカーサーも感動して死刑をやめたっていうなら本当はいい人なんじゃないかと思います。

*昭和天皇ってすげー!

*私は今日の勉強をして昭和天皇はとても器が大きいと思いました。自分の命まで捨てて国民を助けてほしいと言いに行ったと知ってびっくりしました。そして、全国を回ることが今の日本にも受け継がれていると知ってうれしかったです。

*今日の学習では昭和天皇の人柄や国民をどれだけ愛しているかなど、いろいろなことがわかり楽しかったです。昭和天皇はとても勇気があり、とても国民のことが好きだったことがわかりました。漫画みたいな話が本当にあっ
た事だと思うととても誇りに思います。

ちなみにこの会見時のエピソードはマッカーサー自身が自分の著書『マッカーサー回想録』で語っています。

 ***

■発行者:授業づくりJAPAN(日本の誇りと歴史を伝える授業づくりの会)
■発行者のブログ:「授業づくりJAPANの日本人を育てる授業」
 http://jdjpan.blog.fc2.com/
■購読と購読解除はmelma!から!
 http://melma.com/backnumber_00198666/

 ***

いかがでしたか?
小学校6年生の授業です。
いまどきの小学校は、ある意味多国籍になっていて、肌の色の白い子や黒い子、あるいは、あきらかに東南アジア系、大陸系などとわかる子たちが集っています。

その子供たち全員が、こうした授業を受けることによって、自分の両親(もしくは片親)は、外国籍にあっても、自分自身が日本に生まれたこと、日本人であることに感激し、感動し、親元の祖国と同様に、心から日本を愛するように育ちます。
そのことは、子供たちが、素直な心で書いた感想文に、毎度、よく現れています。

子供たちに反日や侮日、あるいは過去の歴史への恨みつらみを教えたり、
外国を讃え、日本を貶める、という比較や差別心を植え込んだりする教育と、
愛すること、人として大切なこと、行われた真実を心を込めて教えることと、
結果として子供たちには、どのような未来が待っているといえるのでしょうか。

よろしかったら、このメルマガの購読をお勧めします。
無料です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

おてもやん

子供たちの担う未来
我が国で日本のこころを身に着けた外国の子供たちが祖国に帰り、それぞれの国で我が国の和のこころを広めてくれたら、きっと、相手の言い分も効かず、気持ちも忖度せず、力で押さえつける世界から相互に尊重し合う平和な世界へと変わっていくでしょう。
本来外国人の子供たちは、無償ではなく実費で教育費を支払うべきですが、この勤めを果たしてくれるのであれば、その為の投資として惜しくはありません。
子供たちの活躍が楽しみですね。

ポッポ

No title
皇室のあり方は、明治に入ってから整理されたと思います。
そして、その皇室と天皇の事を、具現化されたのが昭和天皇だったと思います。

昭和天皇は大東亜戦争の責任を、自ら取られました。その結果は、マッカーサーの判断をしました。
今上天皇は地震の被災地を訪問されるとき、その膝を床にまで落とされます。

日本以外の国で、国王や大統領がそのような姿勢をする国があるのだろうかと思います。

JUN

先帝陛下のこのエピソードを読むと、
いつも目頭が熱くなります。

本当に神に近い貴いお方なのだと思います。
日本人であることの幸せを心の底から感じますね。

fpon

No title
多くの人にとって昭和天皇は命の恩人なんですね。私の親もその一人なんだろうと思います。私はそれに気づかずに、与えられていたことに気づかずに生きていました。

-

いつもありがとうございます
ユダヤ系のマッカーサーは昭和天皇にお会いして、不思議なシンパシーを感じたそうです。後に、天皇家の祖先が古代イスラエル人と先祖が繋がっていると知った事も昭和天皇を死刑にすべしとの米国の世論から守った、大きな原因だと聞いた事があります。昭和天皇を庇うあまり、大統領に一番近い男と言われ、自身も大統領への野心があったのに、残念ながらマッカーサーは大統領になれませんでした。GHQ総司令官として日本の占領統治に辣腕を奮いましたが、もしマッカーサーがいなければ、昭和天皇のお命も危なかった事を鑑みますと、賛否両論はありますが、日本国にとって恩人の一人だと言えるかも知れません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク