日本は国防費を引き上げ、徴兵制の復活を即時実施せよ!



14日にいちど記事として書いたことなのですが、今回は、標題を変えて、再掲します。

日本は国防費を引き上げ、徴兵制の復活を即時実施せよ!ということです。

いまの日本は、数多くの不安を抱えています。
中韓からの政治的攻撃への不安、国内経済の冷え込みへの不安、雇用への不安、老後の生活へ不安、食糧確保への不安、資源高への不安、等々・・・・

どれもこれも、いますぐ「なんとかしなかればならない事柄」です。

これら不安の解消のためには、政府がしっかりとした対策を打ち出すことです。
総理大臣が漢字をなんと読もうが、そんなものは何の問題も解決しない。

問題解決には、「対処療法」と「根治療法」があります。

いま政府がやろうとしている融資枠増大の一次補正予算や、国民生活安定のための二次補正予算などは、「対処療法」であり、問題の本質に対する「根治療法」ではありません。

根治療法をするためには、いま起こっている社会現象の問題の本質を見極めなけばなりません。

では、いったい問題の本質どこにあるのか。

それは、大衆消費を前提とした規格大量生産社会というものが、終焉を迎えつつある、ということです。

戦後の日本の高度成長を支えたのは、戦後の焼け野原の復興期では建設・繊維だった。住むところがない。着るものがない社会の中では、まさに内需としての建設や繊維が社会の復興を促した。
その後、昭和40年代以降、急激に成長したのが、自動車・家電などの大衆消費財です。高品質で安価な日本製品は、世界中で売れに売れた。
いま、危機が伝えられる米国ビック3も、この事業分野です。

建設・繊維が、規格生産品の分野。自動車・家電・衣料品等が、規格大量生産の分野になります。

これらがピークに達したのが1998年頃。その後は低落の一方です。
なぜか。規格大量生産一辺倒の時代が終焉を迎えようとしているのです。

この状況を打破するためには、社会構造そのものを、規格大量生産による低価格な物財生産一辺倒の構造から、高品質高付加価値型の製品による内需の拡大を国家的事業として付加していくことしかありません。

とにかく「高品質で安いモノが大量に求めれられる」のは、消費財です。

反対に、「高品質で高くても良いものが求められる」のは、兵器です。

そう書くと、戦争賛美なのかとかなにかと議論が起こりそうですが、武器・装備は、とにもかくにも「戦いに勝つ」ことが求められます。安ければいいというものではない。

もっと簡単にいいます。
とにかく安くたくさん作らなければならない規格大量生産物に対し、軍事装備というものは、値段が高くても高性能が求められる。

いま、自動車産業が円高、ガソリン高で、大打撃を被り、派遣を含む生産従事者の大幅な切り捨てを余儀なくされています。

たとえば、広島だと、マツダが景気低迷で生産を縮小。大幅な人員カットを始めている。このため地域の関連企業も業務縮小、雇用契約解除が頻発。人材派遣会社まで倒産の憂き目にあっている。

そんなところに、政府が、呉の造船会社等に最新鋭海上護衛艦10艘の発注をします。一瞬にして地域の雇用問題は改善され、町は活気づく。自動車関連で打撃を受けていた中小企業も造船雇用・造船特需で、いっきに活気づく。

愛知県も同じです。トヨタの生産縮小に対し、四日市の日本鋼管がイージス艦10艘の造船受注をしたら、トヨタ関連で生産縮小したすべての町工場が、今度は船舶関連製造を受託する。さらに搭載するコンピューターシステム、迎撃ミサイル、増艦に伴う兵員の増加、そのための糧食の需要等々、その経済効果は計り知れないものがあります。

仮に日本が、国防費を4倍に増やしても、中国やアメリカよりはるかに費消する予算は少ない。何の問題もない。
原潜の導入、イージス艦の増産、迎撃用ミサイルの増設、迎撃用戦闘機、空中・海上給油艦の増設、空中哨戒機の増設、ステルス型戦闘機の設置等々
これらはすべて内需であり、この費用を防衛国債の発行によって賄う。

日本が目指す防衛力の増強というのは、海外出兵のためのものではなく、憲法に定めるあくまで防衛のためのものです。
核を含むあらゆる攻撃を無力化する超最先端型ハイテク防衛システムの構築を図る。

とにかく、安くて良い製品を作るという大衆消費財の供給一辺倒な社会構造に、日本経済の持つ脆弱さがあるとするならば、高くても高品質な需要を創設することが、経済の立て直しには不可欠の要因です。

軍事システムとういうと、すぐに知識人と呼ばれる方々が、日本がまた侵略戦争を始めるのではないかとか、戦争反対とか言い出しますが、そうした方々がそういう発言を自由にできるのも、ここが日本であり、言論の自由が保障されている平和で安定した社会だからです。

もし、日本が他国に侵略されたら、もうそこには言論の自由などない。
それにこのまま日本が、大衆消費財だけを産出しようとしても、内需が細り、円高が進行したら、国内の産業は壊滅的打撃を受け、日本の経済そのものが崩壊する。

そんなときに政府が採れる政策は、まさに、これまでとは違った高付加価値型の内需を創設することです。

いまさらダムやマンションを作ったところで、どうにもならない。国内に不要資産が増加し、さらに不良債権が増加するだけのことです。

米国との関係でいえば、米の目的がつまるところ、ドルの世界基軸通貨性の防衛にあるとするならば、太平洋専守防衛システムの日米共同開発は、米軍産複合体にも莫大な富をもたらします。

ついでにいうと、18歳から30歳まで、中学・高校・大学卒業後、2年間、日本人男性全員が兵役の義務を負う。これによって、若年労働力の一部が国家に吸収され、若年労働力の雇用不安も解消。

防衛国債の発行によって、国内に流通する円の増加は、インフレを招き円の為替レートと円安に誘導する。これによって日本の輸出産業の円高ダメージも軽減できる。

高品質な防衛システム構築のための産業育成は、高レベルの労働者の確保を前提とするから、外国人労働者の無制限な国内流入を防ぐこともできる。(日本人の雇用を大幅に増大させる)。

防衛費の増加というと、すぐに日本帝国主義の再来とか、戦争反対とか言い出す人たちがいますが、あらゆる攻撃から身を守るための超最先端型専守防衛システムというのは、敵の攻撃のすべてを、事前に無力化してしまうものであり、これは侵略のためのものではありません。

徹底したディフェンス力を強化するということであって、我が国の平和と安全を守るためのものです。

戦争反対はよくわかりますが、だからといって、防衛力をほったらかしてていいということにはならない。もし、どこかの国が、東京・大阪といった大都市に、ミサイルを一発撃ちこんだら、日本経済はそれだけで崩壊です。

低賃金労働力確保のために、日本に外国人労働者が大量に流れ込んで、サバイバルナイフを携帯した彼らが徒党を組んで街を歩き出したら、おとなしい日本人は、日常の買物にも安心して行けなくなる。

国籍法の改正とか、外国人労働者の受け入れ、外国人参政権、眼先の歳費のバラマキなどより、国が、国の安全を図るために、大量の資金の動く内需産業を創設することのほうが、はるかに現実的です。

しかも、国力を増強し、他国からの侵略を防ぎ、日本の影響力を増大させ、景気を回復し、雇用を安定させ、経済を復興することで、年金等の老後社会の安定化も実現できる。

いまの日本が抱えるすべての問題を、抜本的に改善できる妙手でもある。

さらにいえば、日教組や文部省によって、ぐちゃぐちゃにされた日本の若者の精神を、おおいに更生することもできる。

ちなみに、いまの日本の国防歳費は、GDP比で世界36位。支出額はアメリカの10分の1しかありません。

日本は、この国のカタチを見直すべきときです。いつまでも中韓のいいなりになっているわけにはいきません。

中国の国防費、20年連続で2ケタの伸び


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
尖閣は日本人が命に賭けて守りぬくその決意が全てだ。

杜若

No title
国防というのは、感情論ではありません。具体的に数字で評価される部分があり、それはいかなる国家であろうとも納得できるものです。
中国の軍事力が5とすれば、日本も5にする。それは当たり前でそうしないことがかえって誤解を生み、そして悲劇へとつながる可能性がある。

今の日本人はそんな当たり前のことに躊躇するきらいがある。日本が軍事力に於いて不安定になれば、アジアでの政情も不安定となる。

特に、日本と言う国は他国から見たときに非常に魅力ある存在として写っているはずです。まるで裸にちかい女性が無防備で寝そべっているようです。

そうであってはいけないと思います。ちゃんと身づくろいし隙を見せてはいけないのです。

国防の第一義は、他国の侵略する意図をなくすことです。それを忘れてはならないと思います。隙をみせないことはなによりも優先されます。

しかし、今の日本には隙がありすぎます。それはある種の罪といえるのではないでしょうか。


ところで、ねずきち様、
今年も残りわずかです。来年もぜひぜひ今の調子で日本人に、かくたるべしとの指針をしめして頂きたく思います。よき新年になりますように。

ま、あ

軍事問題
軍事問題ってのは、敵対国思想は、その想い持つことがまず、いけないでしょう。侵略意思を軍事力ってのは、もってしまう。たとえば、Aさんを殺そうと思ってる人がいてさ、Aさんにその意思が伝わってしまったら、Aさんはどう思うかってこと・・・・Aさんが殺してくるから・・云々というものも、過度の精神異常なんじゃないの?じゃあ、とる道って、Aさんと親友になるほかないとおもうんだよね・・・経済効果、防衛力も、親友作りの中に、最高の防衛力と言えないかという洞察はどうですか?銃をちらつかせて、友達になろうよ!!といって、脅す?本当の親友になれるか?それで?
侵略とは、心を攻略する心略を果たすべきでしょう。
ま、これは、対人間相手、心あるものに対するものへの脅威の払しょくといえますが、隕石衝突とか、その回避に、地球防衛科学技術を最高に高めるというのであれば、賛同しますがね。今の時代、大義名分が違うんじゃないですか?

ねずきち

>舞桜さんコメントありがとうございます。
国際社会なんてのは、信号のない交差点みたいなもので、大型のダンプカーが歩行者や軽自動車を跳ね飛ばしても、それを取り締まる法律も警察もいない。
そんななかで、アメリカの軍事力という大型ダンプに相乗りさせてもらうことで、戦後60年の安全を保ってきたのが日本という国。
それが、日本は、自分でもある程度国防を考えなさいと、最近はダンプカーから半ば卸されだした。
米国のダンプから降りて、中国バスに乗り込めば、それは安全なのかもわからないけど、その中国バスは、運転手が乱暴で、乗組員は日本を心底嫌ってる。今乗っている中国バスの乗員の安全すら保たれていないところへ、日本人が乗り込んで、いったいどうなるのか。。。
舞桜さんがおっしゃるとおり、
「毎日、当たり前にやってくると思う生活も、じつは当たり前ではない」
眠れる獅子といわれた大国「清」は、国を列強にさんざん食い物にされ、最後は国が完全に滅んでしまった。
日本ははやく目を覚まさないといけませんね。そう思います。

舞桜

アメリカは核弾頭を削減しているが、中国は増強しアメリカを超える。
(特に中国と北朝鮮は日本に向けた核ミサイル増産中)
アメリカはすでに日本を守れなくなってきている。
前へ出て戦ってくださいといっても中国に腰が引けている状態。
一方で中国は、日米同盟にも戦略として対立するように
仕向けてきている点がある。
同盟は強化しながらも、国が無くなるのは日本なのだ。
防衛体制も「強化して」守れるようにして置かねばならないと思う。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/081112/chn0811120307002-n1.htm
平松茂雄氏の見解。(参考)まで

日本が他国からの攻撃を打ち込まれた時、憲法上、報復攻撃が、
出来るかどうかについて。
政府の見解は「可能」だが、「自衛隊に報復を行う能力は無く」、
日米安保条約に基づいて
アメリカにその役割を期待する、というあいまいなもの。

外国では安全保障や国際経済など対外的な重要な案件を
政争の具にはしないというが,ねじれ国会で、
政治の混乱も「憲法のせい」もあるかもしれない。
いいかげん日本の政治が混乱するなら、もう、「参院はいらないのでは」、
という声も多い。

小泉元首相は「政治の要諦は、備えあれば憂いなし。国民の生命、
財産を守るために、いかに緊急事態に備えるかの責任は政党にあり、
政府にある」とことあるごとに発言しています
「一院制に戻すべきだ」の発言があった事も、思い出した。

核の保有どころか、とにかくいそいで憲、法も改正して
議論していかなければならない時期に、来ているが、
あまり物事を深く考える事をしない人が、多いような気がする。

日本は、そのように教育されてしまっているかのようだ。
たとえば、誰かが奮起して、行動しても冷めた目で見ていたり・・・
本人に、または環境に、差し迫った問題でも起きてこないと、
意識が変われないのか・・、
それとも、恐怖で今度は、動けなくなるのか・・なども考える。

毎日、当たり前にやってくると思う生活も、じつは当たり前ではない。
もっと危機が差し迫ったら、気が付くだろう。
自分には、関係ないと思うことでも、災害にしても、
国の存亡を脅かされたりいつ我が身に降りかかるか、
わからない時代。

身近に迫る危機を本能で感じ、恐怖を感じない
あきらめ本能でも付いたのだろうか・・・
世界を見て目を覚まし、一生懸命生きるってことは、
大切だ。

いまの日本に生まれて、「悔いの無い人生であった」と
最後は思いたい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク