共産主義におけるユートピアという幻想

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

ロシア・血の日曜日事件(明治38(1905)年1月22日)
20161222 血の日曜日事件
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


昨日の記事で、特高必携を取り上げたのですが、この特高警察が取り調べにあたった対象の多くは、共産主義者でした。
共産主義思想は、ロシア正教にもともとあった「ユートピア」に由来しています。
根っこのところに、ロシアの宗教的伝統文化があるのです。
だからこそ、世界初の共産主義国はロシアで育まれました。

ユートピアというのは、ロシア正教が太古の昔に「あった」とする貧富の差のない理想郷です。
人類は社会の発展にともなって貧富の差や格差を産んだけれど、未来には人類発展の理想型として神によってユートピアが人々に与えられるというものです。

これは日本でいうなら、さしずめ極楽浄土です。
ただし極楽浄土が死後の世界であるのに対し、ユートピアは今生の未来社会であるという点が異なります。
もとが宗教的理想郷ですから、そのユートピアなる社会が、どのような刑事、民事、商事等に関する社会構造があるのかといった具体像はありません。
極楽浄土の社会構造や、立法、司法、行政の仕組みに具体的解説がないのと同じです。

あろうがなかろうが「ある」と信じるのが信仰です。
ですからこれだけなら、共産主義はただの宗教的空想論に終わったはずです。
ところが、現実の貧富の差のある中で、このユートピア思想に当時流行したダーウインの進化論が加わりました。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室
第38回 2017/3/18(土)18:30〜20:30第4/5研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室
第13回 2017/3/23(木)18:30〜20:30 第三研修室

ロシアという国の名前の由来は「船を漕ぐ人」です。
内陸部にあるロシアが、どうして「船を漕ぐ人」なのかというと、もともとロシアはスラブ系の人々の住むエリアだったのですが、そこにバイキングたちがやってきて、武力で王朝を築くわけです。
これがロシア王朝です。

同様にヨーロッパ各地の王朝も、このバイキングの海賊たちによって形成されました。
ある意味、ヨーロッパの田舎であるロシアでは、このためバイキングの王族や貴族たちは、地元のスラブ系の人々と血がまじることを嫌いました。
ですから王族や貴族たちは、同じバイキングの血筋を引く者としか結婚が許されませんでした。
そして長い年月、スラブ系の人々はロシア王朝によって搾取をされ続けました。

この搾取されている側の人々に、ユートピアを迎えることができるという共産主義思想が入り込みました。
そして社会は、進化するものだと説かれました。
進化論は、すべての生物は進化するものであり、進化に乗り遅れたものは淘汰されると説きます。
自然淘汰の原則です。

ですからユートピアに向かうことが人類の進化です。
そしてこれを阻害する者はすべて淘汰の対象となります。
たとえ相手が君主や貴族や雇い主、親兄弟であっても、あるいは同じ共産主義の仲間であっても、対立する者は敵です。
つまり淘汰の原則に従って、進化した人類は、古い未進化の人類から、殺したり奪ったりして構わないというのです。

これは強盗や殺人鬼、権力主義者などには、まことにもって都合の良い政治思想です。
なぜなら彼らの悪辣な趣味嗜好が「科学的に」正当化されるからです。
どれだけ凶悪な悪事を働いても、進化のためだという一言ですべて愛国無罪です。
おかげで共産主義によって殺害された人の数は、共産主義誕生以来おそらく10億人を下らないであろうと言われています。
とんでもない暴力主義です。
けれど、もともとユートピアを希求していたロシアのスラブ系の人々は、共産主義のユートピア思想にコロっと騙されてしまいました。

さて、それぞれの国には、その国に根ざした歴史、文化、伝統があります。
良いところは学び、そうでないところは切り捨てて、我が国なら我が国の国風にあった形に改善・改良しながら、学び、取り入れていくことが大事なのですが、文化の違いは、たまに観光に行くぶんには楽しくて良いものですが、一緒に住むとなると、これは難しい問題をはらむことになります。

日本人は、古代の中国で生まれた儒教も、インドで生まれた仏教も、日本国内で長い年月をかけて神道的思想と一体化し、国風化しました。
なぜ国風化したのかといえば、儒教や仏教でさえも、我が国の国風にあった形にならなければ、我が国内で一般化し、常識化することはなかったからです。
けれど、その融合のためには、たとえば仏教についていうならば、仏教伝来以降、約千年の歳月を要しています。
外来文化が土着の文化に同化するには、実はそれだけの歳月がかかるのです。

その意味からすれば、欧米生まれの自由主義、民主主義、資本主義といった思想さえも、やはり我が国の歴史、伝統、文化に即して、良い部分は取り入れ、良くないところは切り捨てる、そういう国風化していく努力が必要です。
ただ舶来モノだからと、ありがたがるのは、バカのすることです。

そういえば、たしか大学生くらいの頃だったと思います。
英語の成績が芳しくなかった負け惜しみで、
「なんで南蛮毛唐のヤカラの言葉を日本男児が学ばなければならないのだ」
と言ったら、母が、
「そしたら、あなたの好きな自動車が日本になくても良いの?」
ガツンとやられたひとことでした(笑)。

ちなみに英国生まれの高級スコッチ、ジョニ黒は、昭和40年代のサラリーマンの初任給が1〜2万円だった時代に、国内での販売価格が1万円でした。
いまで言ったら一本15万円くらいといった感覚ですから、まさに高級酒だったわけです。

ところが当時のジョニ黒は、英国から船で日本に運んできていました。
船は、アフリカ南端の喜望峰をまわり、はるばるインド洋を経由して日本にやってきます。
まだ船内に冷蔵設備がなかった時代です。
船は赤道を通過しますが、すると船内でウイスキーが沸騰しました。
このため日本に着く頃にはもともと英国で売られているときとは全然別な味に変わってしまっていました。

そのジョニ黒が、当時の日本では「庶民に手が届かない高級酒」として贈答用にたいへん喜ばれていたわけです。何をいいたいのかといいますと、「味より値段が高いことが重要だった」ということです。
いまでは冷蔵して輸入されますから、英国で売られているジョニ黒も、日本で売られているそれも、味は同じです。

かつては北朝鮮が人類の理想国家として、北朝鮮への移民が奨励された時代もありました。
日本は世界最悪のひどい国であり、北朝鮮には、人類が理想とすべき素晴らしい楽園が建設されているから、こんな日本は捨てて北朝鮮に移り住もうというわけです。
けれど、現実の北朝鮮がどういうものであったか、いまでは誰でも知っています。
ただ、このとき移民を斡旋した連中は、大儲けしています。

要するに、思想であれ品物であれ、なんでもかんでも舶来品をありがたがるのは、なんらかの下心や邪心のもたらす悪徳商法や、利権集団の悪事の宣伝によるダマシでしかないということです。
ほんとうに我が国民のためを思うのならば、北朝鮮を理想郷としてそこに逃げ出すのではなく、よくないと思うのであれば、そのよくない日本を、いかにして住み良い国に変えていくか、そのために世界中の様々な習俗や思想を学び、それをいかにして日本の国風に調和させていくか、そういうことをまじめに考え実行することが大事だと思います。

そのためには、舶来品や舶来思想をありがたがる前に、まず日本という国の持つ歴史、文化、伝統、国風をしっかりと学ぶ必要があると思います。
基礎という土台があって、はじめて建物は建つのです。
基礎がなければ、砂上の楼閣です。
基礎の上に外来モノは取捨選択して、より良い日本を築いていくしかないのです。

もちろんそこには膨大な時間もかかることでしょうし、損な役回りをする人も出ることでしょうし、途中で何度も大きな失敗があるかもしれません。
けれど、本当にそれがいいものだと思うならば、なんどでもあきらめずに、謙虚に学び行動していく、その覚悟と行動が大事なのだと思います。

戦後の日本は、否定してはいけないものを否定し、肯定しなければならないものを否定し、否定しなければならないものを肯定し、ただただ経済優先で、やってきて、その歪みが、いまやピークに達してきています。
そろそろ日本人は冷静さを取り戻し、戦前の日本を再評価して、より良い、ほんとうに日本人が日本人として、豊かに生きれる社会について、本気で考えるべき時代がきていると思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20161205 未来予測フォーラム2017-2


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

伸之助

日本の歴史は教訓の宝庫
いつもありがとうございます。

現在の日本では何か問題が起きると、直ぐに海外(特にアメリカ、ヨーロッパ)ではこうだから日本はそれに合わせなければならないと言った風潮があります。

まずは過去の日本の歴史で同じような問題にどう対処したのか、ご先祖様の知恵を学ぶ姿勢が弱い気がします。

その意味でねずさんのブログではいつも目から鱗が落ちる事が多く感謝しています
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク