安倍プーチン会談について

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20161225 安倍総理とプーチン
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
ただし画像をお借りしているだけで、内容は関係ありません。)


先般、安倍総理とプーチンさんとの会談については、さまざまな論評があります。
一点、総理の記者会見のなかにあった次の言葉には注目が必要だと思いました。
それは次の言葉です。

「戦後71年を経てもなお、
 日露間には平和条約がない。
 この異常な状態に、
 私たちの世代、私たちの手で
 終止符を打たなければならない」

戦後70年を経過してなお、実はロシアと日本はいまだ戦争中です。
昭和20年は、あくまで戦闘を止めた年です。
戦争の終結には、当事国同士の平和条約の締結が必要です。
それがなされない間は、両国は交戦中です。
日露平和条約がいまだ締結されていないという現実は、日露はいまだ第二次日露戦争の最中だということです。

米英その他の国とは、昭和27年のサンフランシスコ平和条約の発効によって戦争が終結しています。
ただ、これもまた実は「形式上」です。
実態上は、いまだ日本は占領統治下にあります。
なぜなら、日本に米軍基地があるからです。

それが不要と言っているのではありません。
現下の特亜三国の横暴を考えれば、むしろいま日本に米軍基地がなければ困ります。
ただし、日米安保があるといっても、米国は核を保有する国とは決して戦争はしません。
その核を、中共もロシアも北朝鮮も保有しています。
つまりもし日本に中共、ロシア、北朝鮮の三国が仮に攻めてきたとしたとき、米軍は情報提供以外は、「何もしない」ということです。
ですから国の護りは、自国でちゃんとできるようにしなければならないのです。

戦争を終わらせるためには、わかりやすくいえば、次の3つの条件が必要です。
1 交戦(ドンパチ)の停止
 (これは昭和20年に我が国が自主的に停止しています)
2 平和条約の締結
 (米軍その他連合国とは平和条約が昭和27年に発効しています。
  ロシアとはその平和条約さえ、まだありません)
3 軍隊の撤収
 (この3があってはじめて占領状態の解除ということになります)

つまり、北方領土云々をする以前の問題として、ロシアとは、いまだ1の状態にあって、2も3も未了です。
その意味で、大東亜戦争は、実はいまだに続いているし、昭和20年に始まった第二次日露戦争も、いまだ継続しているのです。
日本は戦争当事国なのです。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室
第38回 2017/3/18(土)18:30〜20:30第4/5研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室
第13回 2017/3/23(木)18:30〜20:30 第三研修室

ロシアに関しては、さらに大きな問題があります。

北方領土は、日露間において、両国の条約で、樺太の南半分と千島列島は、日本の領土と定められています。
これを当時のソ連は、一方的に破棄して、日本への侵略を行いました。
ですから北方領土問題というのは、国後、択捉などの四島だけの問題ではありません。
ソ連によって軍事占領された樺太の南半分、千島列島のすべて、もしかしたら満洲も、実はいまだに条約破棄、軍事占領という状況にあります。
これをどうするかということをきちんと定める平和条約を締結し、日本の領土と決まったエリアから、ロシア軍が撤収して、そこではじめて、形式的にも実質的にも戦争は終結します。

けれども、北方領土問題を具体的にどのように解決するかという前に、何よりもまず、両国が戦争状態を終わらせようという意思表示が必要なのです。
連合国との間では、
昭和20年8月15日に日本は自主的に交戦状態を終わらせ、
同年   9月 2日に、戦艦ミズーリの艦上で降伏文書に調印しました。
そして、
昭和27年4月に平和条約が発効しています。

ロシアとの間には、実はこの戦艦ミズーリ上での文書調印さえ、いまだにないのです。
日本が降伏しろと言っているのではありません。
戦争状態を終結させ、両国が平和的に今後お付き合いができるようにしていこうとする、そのための努力が必要なのです。

その意味では、今回の安倍総理とプーチン氏との対談は、戦争当事国の首脳同士が、一緒に温泉につかりながら、戦後はじめての対話を行ったという、これは歴史的な大事件なのです。
普通は、戦えば、勝敗があります。
負けた側は降伏文書に調印させられるか、国そのものを滅ぼされて併呑されます。

ところが日露は、占領されている国のトップが、占領している国のトップを招いて、一緒に仲良く温泉につかりながら、共同で記者会見を行ったのです。
このようなことは、歴史上類例がありません。
どこまでも平和を希求する日本であればこそのことなのです。

にもかかわらず、多くの論者が、安倍外交は失敗だったように言います。
そうでしょうか。
領土問題解決の前に、平和条約締結のための対話の道を開くことが失敗なのでしょうか。
短兵急に解決を急ぐなら、目下、まだ交戦中なのです。
再び、交戦しろとでも言うのでしょうか。

日本国憲法は、国際紛争解決の手段としての軍事力の行使と軍事力の保有を放棄しています。
有名な戦争放棄です。
けれど、北方領土(南樺太、千島諸島)が、現実に軍事占領されており、しかも日露が戦争係属中であれば、北方領土(南樺太、千島諸島)自国の領土内に、他国が不法に居座っているという状況なのですから、国際紛争ではなく、どこまでも国家存続権、自衛権の行使として、自衛隊、警察、消防を繰り出してドンパチを開始することは憲法解釈上、できないことではありません。
あるいは、現在執行を停止している大日本帝国憲法に基いて、軍事力の行使をしても構わない。
できないことはないのです。

けれどそうすることを、日本国民は望んでいるでしょうか。
ドンパチが始まることを望んでいるのでしょうか。

けれど、平和条約もないのに、領土問題を持ち出すということは、それは交戦を再開しろということに等しいのです。
まずは両国が、ドンパチはしない、という大前提を築かなければ、実はドンパチ抜きでの解決ができないのです。
なぜなら日露は第二次日露戦争が係属しているからです。

日米間に平和条約がありながら、米軍の我が国への駐屯は、現段階では、東亜地域の不安定な状況から、日本は認めざるをえない。
ですから日米間は、形式的にはサンフランシスコ平和条約で戦争を終わらせていながら、実質的にはまだ被占領状態を続けているという不安定な状態にありながら、それでも日米関係は、きわめて良好に保たれています。

ロシアについては、その平和条約すらないのです。
だから安倍総理は、
「この異常な状態に終止符を」
と言っているのです。

その意味において、今回の安倍プーチン会談は、歴史に残る快挙と言って良いものであろうと思います。

現在の世界では、国際間に紛争が起これば、まずは話し合いで解決をすることになっています。
けれどその話し合いが不調に終われば、戦争以外に解決の方法を持ちません。
日本は、自分からは戦争をしかけないし、武力も用いないと宣言している国です。
それが良いか悪いかの議論は別として、憲法にそのように書いて有ることは事実です。

そうであれば、日本は、どこまでも気長に、一歩ずつ、話し合いを深めていく以外、問題の解決の方法はないのです。
それが悔しいというのであれば、日本が、独自に武装し、国軍を持ち、不条理に対しては戦いも辞さずという姿勢になるしかありません。
国連においても「敵国」とされている日本にとっては、選択肢は、実は二者択一なのです。

私は、平和であることを第一に望みたいと思います。
そしてそのことは、服従を意味するものではありません。
服従せず、迎合せず、だけれどもしっかりとした地歩を固め、戦争ではない事態の解決を模索していくことが大切なことであると思っています。


ご参考
→北方領土と我が国主権のお話
 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2905.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2905.html

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20161205 未来予測フォーラム2017-2


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

みわ

ありがとうございます
私の頃もそうでしたが、今でも小学校で「8月15日に戦争が終わった」と教えている理由が分かってきました。

今日も分かりやすく道理を思い出させてくださってありがとうございます。

関西人

No title
尊敬する ねずさん、
プーチンは温泉には入ってません。
安倍総理の "おもてなし" を、悉く蹴って帰国したのです。

私も日本の反日メディアや、ロシア国民が喚くように、
プーチンの勝利等とは全く思いません。

戦争をせずに四島返還を望むなら、安倍総理の代では無理である事は
明らかです。
なら安倍総理以上の強い総理大臣が、この後、我らが祖国、日本に、
誕生するでしょうか? 

全ては交戦権を否定した現行憲法にあります。
竹島も、そして拉致被害者も、悪法「憲法九条」を一刻も早く変えない限り
戻ってはきません。
この憲法九条こそが戦争憲法です。

スーダンに派遣された自衛隊の皆さんも、今、現在、どれほど辛い立場で
闘っているのかと思うと胸が詰まります。
伝えられない緊急事態が発生しているのはどうやら事実だからです。

もう何度も叫ばれている、当たり前の解りきった結論しか示せないのが
本当に悔しいです。
抑止力があれば戦争など起さずに、権利を主張でき、不当に奪われた物を
取り返せるのです。
 
何より、改憲です。

-

No title
ふと疑問なのですが
1945年8月当時ソ連が北方領土に攻めてきた時
日本はアメリカに対して無条件降伏をしただけであって
ソ連になら不可侵条約違反で全戦力を注いででも
奪還すれば良かったのではないですか?
憲法9条などもなかったのですから
それにソ連の脅威は日月神示などでも言われていたわけですから
想定外などではなかった事態だろうと思うのです。
と、今更言ったところでどうにもならないのですが・・・。

ラベンダー

今日も、わかりやすい解説をありがとうございました。
とても良く理解できました。

さて、昨日
百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」を観て来ました。

ねず先生が6年前にブログで書かれた
出光佐三のお話でした。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-827.html

映画を観ながら、⬆︎にあるねずブロが鮮明に思い出されました。

まだできていない映画を要約している内容だから不思議です。

百田尚樹さんも、ねずブロの読者なのかもな、と思いました♪


その中で
何故、佐三は店主と呼ばれ続けたのか。

『士魂商才』をもって事業を営め」
とは何か。

大家族主義とは、どんな時代からあったのだろう。。

満鉄の石油供給していたメジャーというアメリカのやり方って、今はどうなのだろう。

イランの人が、石油買い付けに来た佐三の船にあんなに歓喜した訳とは?

なぜ、イギリスの戦艦は石油満載の佐三の船を警告通りに拿捕、もしくは攻撃できなかったのか?

佐三と最初の奥さんの別れは
民さんと政夫さん
豊玉姫と山彦の別れに似ていますが、その心とは?

宗像神社と
佐三と日田重太郎
の関係とは?

というところが、
ねずブロ読んでいる人にはわかっても、普通の人にはわからないところだと思いました。

また、もう一度リニューアルしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク