鬼は外、福は内

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170131 節分
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


2月3日は節分の日です。
節分(せつぶん)というのは、「立春」の前の日のことを言います。
「立春」は春という字が含まれているために、なんとなく「春がやってくる日」というイメージを持たれる方が多いのですが、実際には「春が立つ」で、この日から気温の底がピークを過ぎて、徐々に春に向かっていく境目を示すことになります。

ちなみに、1〜3月生まれの人が、占いなどで自分は前年の干支なのか、今年の干支なのかと迷ったりすることが多かったりしますが、諸説ありますけれど一般には、節分の日までが前年の干支、立春の日以降が、今年の干支となるようです。

さて、その節分といえば、
「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきをすることが、ひとつの行事となっています。
このことについて、先般、1月27日の「ねずさんのメールマガジン」ですこし論考を書きましたので、今日は、それをご紹介してみたいと思います。

なお、「ねずさんのメールマガジン」は有料ですが、そこだけの話などを書かせていただいているものです。

 ****

20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室
第38回 2017/3/18(土)18:30〜20:30第4/5研修室
第39回 2017/4/9(日)13:30〜16:30第4/5研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室
第13回 2017/3/23(木)18:30〜20:30 第三研修室
第14回 2017/4/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
───────────────
節分のお話
───────────────


2月3日は節分の日です。
この日、豆まきが行われますが、そこでは、
「鬼は外、福は内」と言いながら、炒り豆が投げられます。
この炒り豆を投げるという行事は、
鬼神を追放する際に、鬼が、
「いつになったら帰してもらえますか?」
と問うたのに対して、
「この豆に芽が出る頃に帰っておいで」
と言いながら、炒り豆を渡したという故事からきているといわれています。

炒り豆は、芽は出ません。
ですからそれは、「二度と帰ってくるな」という意味であったのだということです。

ところが、実はここで追われた鬼神というのが問題なのです。

もともと節分は、宮中行事であって、季節の変わり目の邪気(鬼)を祓うという祭祀として、古くから行われた行事です。
具体的には、内裏の東西南北の各門に、「土牛童子」と呼ばれる彩色した土で作った牛と童子の人形を飾るという行事でした。
ちなみに、
 陽明門と待賢門には、青色の
 美福門と朱雀門には、赤色の
 郁芳門、皇嘉門、殷富門および達智門には、黄色の
 藻壁門と談天門には、白色の
 安嘉門と偉鑒門には、黒色の
「土牛童子」が立てられました。

ところがこの行事に、室町時代、臨済宗の僧侶が、仏は内、神は外という故事を結びつけて、いまの「鬼は外、福は内」にしてしまったのが、どうやら、豆まきの事始めのようです。
実は、これは巧妙なトラップで、ここで言われる「鬼」が、もともとの「邪気」から、「国つ神」に置き換えられてしまったのです。

我が国には、古来、
 高天原系の「天つ神」と、
 中つ国系の「国つ神」がいます。
天つ神は、慈愛の神々で、シラスを行います。
これに対し国つ神は、そのシラス国の中にあって、個々の秩序維持のためにウシハクを行います。

寛容と厳しさ
慈愛と厳正

この両者は、二つ揃ってはじめて、国の秩序を構築します。
そして、天つ神のもとに国つ神があるという、言い換えれば、シラス国の中にウシハクが内包されるという形が、実はもっとも大切なものとして扱われてきたのです。

この両者は、並立でも駄目ですし、片方だけでもだめですし、ウシハクのもとでシラスを実現することも不可能です。
シラスの中にウシハクを置く。
天つ神のもとに、国つ神がある。
このカタチが大事なのです。

ところが節分は、その室町時代、つまり御皇室の権威を否定して、将軍がChinaの冊封のもとに日本国王となるという、異常事態の中にあって、国つ神を追い、それによって天つ神も追うという目的のもとに、もともとあった節分の宮中行事と混同させて「鬼は外、福は内」と炒り豆を投げるようになりました。
さすがに「天つ神」である天皇を否定するわけにいかないから、「国つ神」を鬼として、炒り豆を投げて追い払おうというのです。

寛容だけ、慈愛だけでは、この世は治まりません。
厳しさや厳正が内容されなければならないのです。
つまり「天つ神」と「国つ神」は、本来表裏一体であり、「天つ神」の中に「国つ神」が内包されていなければならないのです。
そして、これが片方だけになり、人々が「国つ神」を追い払うようになれば、この世は混乱します。
案の定、戦国の世が到来しました。

日本的感覚からしたら、本当は、
「福はうち。鬼もうち。悪は外」
なのです。


お読み頂き、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

我家は「福は内、鬼も内」です。
『追儺の儀式』って大陸のものですよね。
そんなのを宮中に持ち込むなど…とんでもなく畏れ多いことだと思います。
宮内庁のHPを覗いてみましたが、そんな年中行事は見当たらなくてホッとしました。

「豆⇒魔滅⇒魔が滅す」と聞いたことはありますが「ねずブロ」の「炒り豆の芽が出るまで」説の方が面白くて好きです。

掛け声も色々あるようですね。
・鬼は内、福は外
⇒京都府福知山市大原神社
・福は内、鬼も内
⇒奈良県蔵王寺
・鬼は内
⇒岐阜県可児郡鬼岩福鬼祭
⇒鬼が姓の家庭

我家では落花生を使い、掛け声は「福は内、鬼も内」です。

-

No title
イラストがかわいいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク