日本はアメリカの迅速な対応をすこしは見習え!



米政府は昨日、米自動車業界に対し金融安定化法の資金を活用して、計174億ドル(1兆5500億円)の資金繰り支援を行うと発表しました。

具体的には7000億ドルの公的資金枠から、GMとクライスラーに計134億ドルを融資、来年2月にも40億ドルを追加融資するのだそうです。

米政府は、米自動車大手3社が破綻すれば、金融市場を含めて米経済に大きな影響を及ぼすとして、つなぎ融資の実施を決めています。

■関連記事:ビッグ3救済、GMなどに174億ドルを資金繰り支援 読売新聞

ここで行っている米政府の公的資金注入は、あくまでも対処療法ですが、これをすばやく実現できるアメリカという国に、やはり底力を感じてしまいます。

迅速に対応しなければならない補正予算すら、ごたついて対処できないどこかの国と大違いだと思います。

衆参ねじれ現象が起こっていて、日本はいまこそ挙国一致して歳末・年度末の経済対策にあたらなければならないときです。
にもかかわらず「政権を奪取する」と言う野党が本会議をボイコットまでして選挙選挙と煽りたてているというのは、いったいいかがなものか。
この期に及んで、センセイ方の体質は、政府がなにもしなくても経済が高度成長した昭和30~60年の頃と何も変わっていないのではないかとすら思ってしまいます。

景気対策は、場当たり的な対処療法と、問題の根本を改善する根治療法があるのだろうと思います。
もうすこしいうなら、

(1) 眼先の半年~1年を想定した短期的緊急対策
(2) 向こう5~10年を見据えた中長期的な総合対策
(3) 国の向かうべき道筋を考える政治的方向性

の3つが必要になります。

ビック3が経営破たんしそうなので、緊急金融支援を行うというのが(1)で、(2)ではほんとうにビック3を援ける必要があるのかが議論されることになります。
そのためには、(3)の視点がどうしても外せない。

つまり、緊急対策と中長期的な対策では、その方向性がまるで異なるのはあたりまえのことなのです。

もっといえば、眼の前で経済不安という「火災」が起こっているとき、

(1) なによりもまず、火を消す(短期的対策)ことが最優先課題で、誰が火をつけたとか、どうしてこうなったんだとか、犯人は誰だとか、消防士が漢字の読み間違いをしたとかは、まるで関係ない。なによりも迅速な「火消し」が求められる。

火が鎮火したら、それから(2) 原因を精査し放火魔を逮捕したり各家庭に消火器の設置を義務付ける等の対策を行う(中・長期対策)。そして(3)火災の起こらない街づくりを行う。選挙なんてのは、鎮火後の話です。あたりまえのことです。

目の前でめらめらと炎があがっているのに、警察と消防が「どっちが火を消すか、さぁ選挙で決めよう!」なんてやってたら、住宅は全焼してしまいます。

目の前で燃え上がっている炎を前にして、マスコミが、
「燃えています!燃えています!、いま、消防隊が突入しました!」と報道するのは結構なことですが、そのマスコミが鎮火活動の邪魔をしているなら、マスコミの振る舞いは国民にとっての害毒です。迷惑きわまりない。

自民党内部でちょろちょろと評論家を気取っている一部の経済オンチ議員や、無責任で内容がなく、絶対に通りっこないイメージだけの「エセ法案」で政局を混乱させる野党。これを面白がるだけの無責任マスコミは、もはや日本における経済戦犯といえるのかもしれません。

都議会閉会 508億円緊急補正予算案が可決
東京都の対応は早いですね^^b都議会第4回定例会は17日、中小企業支援などの緊急対策を盛り込んだ508億円の補 正予算案など計67議案を可決し、閉会した。補正予算案は、アメリカ発の金融危機による景気悪化を受けての緊急対策で、中小企業や 生活者の支援が柱となっています。9月の都議会で成立した緊急対策の第二弾となる今回 の補正予算案には、経営が難しい事業者に対する融資制度の拡大や、雇用の創出などが盛 り込まれた。緊急対策は来年度末まで実施され、事業規模は2140億円に上る。採決では無所属議員1人を除く賛成多数で可決・成立しました。石原知事は次のように 述べました。「この時期に補正予算案を通さない馬鹿はいないんじゃないの。皆困ってる んだから。」


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

deliciousicecoffeeさんコメントありがとうございます。
オバマ氏自身がどう考えているかというより、オバマ氏の支持母体がやはりブラック団体にあるというところに、なにか問題がありそうな気がします。
ものすごくいい方悪いのだけど、それって、日本でいったら在日韓国人団体が支持母体の総理が誕生したのと同じことで、そうなると、アメリカの基本性格が、これまでとはまったく違った方向を持つことになる・・・と思えるようになってきました。

deliciousicecoffee

アメリカもその場しのぎ
アメリカも、今回の措置は、一時的なその場しのぎです。
ビッグ3の労働者の時給が7千円のままでは、収益力や競争力の改善は無理でしょう。
オバマは大統領選では倒産させないと公約して、ビッグ3労組の支持を得ました。
何もしないと年末に破綻するので、つなぎ援助をしたようです。

風嶋ゆかり

日本だからっていう言い訳
こういう話になると、
「日本はアメリカと違ってこう
うまくはいかない」って話に
発展してしまいますよね。
なんとかならないもんですかねえ。

-

三菱銀行の9000億は迅速でしたが、無駄になりましたね。

ねずきち

moharizaさん、コメントありがとうございます。
右よりとか左寄りとかの問題じゃなくて、まずは火を消す。そのうえで将来の対策を考える。そんなあたりまえのことがなぜ、お偉いセンセイ方にできないのかと、歯噛みする思いがあります。
マスコミの偏向ぶりも、いい加減にしてほしいと、ほんとうに思います。
もっとも、そうしたことは、自分のいまの生活に直結する事柄ではあっても、ボクなどには何の影響力もない事柄です。
ですから、せいぜいこのブログで、ヤイヤイ言うくらいのことしかできないのですけどね^^;

mohariza

緊急時こそ、党を超えた「政治的結束」が大事。
(1)が、緊急時、第一義のことなのに、(3)の視点を先に議論しても、緊急時の対策にならないと思います。
「火事場」の例えは、言いえていると思います。

日本の国会には、本当の意味での「政治(力)」(判断)が無いのかも知れません。

緊急時に、党利党略に時間を費やす暇は無い筈なのに、時間ばかりが過ぎて、緊急処置が何もならなくなると思います。
緊急時こそ、党を超えた「政治的結束」が大事だと思います。

それにしても、「面白がるだけ」の<鎮火活動の邪魔>の有害なマスコミは、どうにかして欲しいと望みます。
<迷惑きわまりない>、「邪魔」だけです。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク