半島有事について

【お知らせ】
 4月20日(木)18:30 第14回百人一首塾(江東区文化センター)
 4月30日(日)13:00 玉響講演会「甦れ、日本魂」(御茶ノ水ソラシティ)
日本史検定講座・第八期生募集中
応募多数につき4月末で募集を締め切ります。お早めにお申込みください」
〜〜下の顔写真をクリックすると募集ページにジャンプします。〜〜
20170411 日本史検定講座



人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170414 半島有事
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


昨日に引き続き、半島有事の問題をとりあげます。
昨日書きましたように、米軍による直接攻撃が起こるのは、「リメンバー・◯◯」という有事が整ってからです。
ただしその有事の場所は、米国本土とは限りません。韓国や日本が最初の被害発生場所になる可能性は否定できません。

そして軍事的衝突が起こる。
このとき、日本にとって、中共の出方は大きな問題になります。
中共が、(1)日米韓の側に付くのか、(2)北に付くのか、(3)中立を宣言するのか。

日本にとって問題は、(2)、(3)です。
なぜならこの場合、南シナ海、東シナ海が中共によって封鎖される可能性が否定できないからです。
中共が北朝鮮側に付かなくても、「中立」を宣言しただけで、封鎖の可能性が生じるからです。
なぜなら中立は、どちらの味方もしないということだからです。

中共は、封鎖するだけです。
けれど日本にとっては、これは死活問題になります。
なぜならそこは、日本にとってのシーレーンであり、日本に石油が入って来なくなることを意味するからです。

石油が入ってこなくなると、日本国内では、すでに原発が非稼働になっていますから、電気が停まります。
すると、電車も走らなくなるし、エレベーターも動かなくなります。
電気はすべて停まります。
当然、パソコンも、スマホも停まります。
ネットも使えなくなります。
これは、太陽光パネルを取り付けてあっても、停まります。
なぜなら太陽光パネルには、蓄電能力がないからです。

日本に備蓄してある石油は、180日分しかありません。
日本は、余命180日を宣告されるのと同じ状態になるのです。


『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


原発が稼働していれば、停電の問題は防ぐことができます。
それを知っているから、中共や北朝鮮のスパイで、現職の国会議員をされている方は、猛烈な原発反対運動をしています。
そのためのデモに日当が出るのも、そうした背景があるからです。
石油が停まり、原発も停まれば、日本は電気が使えなくなり、日本の自衛隊の軍事活動も、一切が停止せざるを得なくなるのです。
日本は、戦わずして屈服するしかなくなるのです。

歴史を振り返って、抵抗力を奪われた国や民族が、その後どのような憂き目に遭ってきたかは、通州事件やチベットを持ち出すまでもなく明らかなことです。
仮に、軍事が日本に及ばなかった場合でも、昭和48年のオイルショック以上の惨状が日本を覆うことになります。

さて北朝鮮について、多くの日本人は世界的に孤立している国と思っています。
しかし北朝鮮と国交がない国は、日本、米国、フランス、サウジアラビア、アルゼンチン、ボツワナ、韓国、エクアドルくらいなものです。
それ以外の世界中の国々は北朝鮮との国交を持っています。
つまり北朝鮮を異常な国とはみなしていない国の方が、世界には圧倒的に多いのです。

では、なぜいま北朝鮮について、米国トランプ政権が強硬姿勢をとっているかというと、理由はきわめてシンプルで、北朝鮮が中共傀儡の噛ませ犬であることによります。
つまり米国にとって、中共こそ本丸です。

中共は、この25年間で、GDPをなんと38倍にまで増加させました。
いまのChineseの平均給与は、月額16万円くらいといわれていますが、物価が日本の半分です。
つまり購買力平価に換算すれば、Chineseの平均月収はひとり32万円に相当するわけです。
すでにChineseの経済力は、日本人のそれを上回っています。

これも当然のことです。
同じ25年間の間、日本の経済成長は0%です。
四半世紀の間、何の努力もしてこなかった国と、必死に成長を図ってきた国の違いが見事に現れているといえます。

では中共がどうしてこの25年間の間にそれだけの成長ができたのかというと、日本と米国クリントン政権の功罪といわれています。
まず2001年にクリントン大統領が中共をWTO(世界貿易機関)に加盟させました。
これにより2002年のChinaの輸出入実績は前年比22%増に跳ね上がっています。
その分、米国では7万もの工場が閉鎖に追い込まれ、米国の貿易赤字は年間3000億ドル以上に膨れ上がってします。

もうひとつは日本です。
現代中共は、すでに日本のGDPを大きく上回る経済大国となっていますが、その中共に対して日本はいまでも経済援助を行い続けています。
昭和54年(1979)から平成25年(2013)までの日本の経済協力金は、合計で3兆6553億円にも達しています。

この資金によって、中共は南シナ海への軍事支配を強め、先年にはこうした中共の姿勢に音を上げたフィリピンのドゥテルテ大統領は、その対策のための協力を日本に求めて来日したのが去年の10月のことです。
ところが日本は動かない。
その結果、いまではフィリピンは、中共との協力路線を選択するに至っています。

ベトナムも同じで、中共の拡大政策にずっと抵抗を続けてきましたけれど、フィリピン同様、正義を貫くためには、日本の協力が不可欠でしたけれど、日本は動かない。
結果、直近においてベトナムは、いまや完全に中共との協力体制を選択する動きにシフトしています。

要するに、中共の経済成長は、日本と米国の合作行為であったわけです。
すこし古い話をすると、沖縄返還のとき、米国は防共対策と、アジアの自由主義貿易の維持のために、日本に核武装を含めた自主防衛を図るようにと勧めました。
ところが当時の佐藤栄作政権のもと、日本はこれを拒否。
結果、ニクソンは日本頼みにならずと、日本の頭越しに中共と国交を結び、驚いた日本の田中首相が日中国交回復を実現すると、その田中首相をロッキード事件で血祭りにあげています。
日本の姿勢次第で、東亜の秩序も安定も大きく動くのです。

話を戻しますが、フィリピンとベトナムの方向転換によって、南シナ海は、いまや完全に中共の手に落ちています。
以前にも書いたことですが、領土主権をいうならば、その地域の主権者は日本国天皇にあります。
それはサンフランシスコ講和条約に書いて有ることです。
領土主権は保持したまま、権利権限及び請求権を連合国に委ねたのがサンフランシスコ講和条約です。
日本国内は別として、それが世界の理解です。

ところが日本国政府が曖昧な態度を取り続けたために、中共は南シナ海を軍事的に実効支配するに至りました。

さて、米国にとって、本丸は中共と述べました。
中共が、いわゆる民間主導の自由主義の国民国家であれば話は別ですが、中共はいわば暴力団の組長さんが国家政府を標榜しているような国です。
中共政府との取引で、安全なことなど何一つありませんし、いまのままでは米国経済も、日本同様破壊されることは明らかです。

基本的に米国トランプ政権にとっての最大の課題は、Chinaに対する貿易収支の黒字化と米国の国内産業の保護にあります。
米国の貿易収支の赤字と、米国の産業の壊滅が主としてChinaとの交易に基づく以上、これを如何にして改善するかは、喫緊の課題です。
米国経済が好転すれば、トランプ大統領の人気は不動のものとなります。
対Chinaへの経済制裁を現実のものとするためには、米国はChinaを政治的経済的に追い詰めていく必要があります。

ところが中共への直接攻撃は、中共の持つ核と中共の土地の広大さから、これはすぐにできることではありません。
ならば、中共の噛ませ犬となっている北朝鮮を叩いて、中共を追い詰めようとして、米国は北朝鮮を追い詰めています。

そして有事となれば、日本に向けてミサイルは発射されるでしょうし、南シナ海は閉鎖され、日本への石油航路は閉ざされます。
日本国内では、大規模な停電と、飢餓が起こる可能性があります。

これを防ぐためには、初戦において、日本が南シナ海、東シナ海の制海権を確保する必要があります。
つまり日本は、米国の開戦と同時に、積極的防衛に打って出るという国家的意思をしっかりと持つべきときに至っています。

暗い話になりました。
有事は、ないに越したことはありません。
もし起きれば、日本にも甚大な被害が生まれます。
平和がなにより大事です。

しかし、日本は、これから中共という化物を育ててしまったことへのツケを払わせられることになります。
ましていまの中共の発展からすれば、すでに日本は後進国の仲間入りをしているのです。
なにせ、日本人の世帯あたりの年収は、この25年で130万円も低下しています。

いずれこのままでは、日本は中共に飲み込まれ、かつてフィリピン女性が日本にジャパゆきさんとなって来日していたのと同様、今度は日本人女性が、ChinaにChinaゆきさんとなって売春にでかけなければならない事態を招くことになります。
なにせいま、Chinaにおいて日本が高く評価されているのは、日本のAVくらいなものなのです。

いかなる事態になったとしても、また、この25年の日本の低落から脱皮するためにも、直近の課題としては、有事への備えが第一となります。
この有事をなんとかやりすごすことができたとしても、このままでは日本は崩壊します。
中共政府の崩壊を言う識者の方がいますが、すくなくともこの25年、崩壊を続けているのは日本であって、中共ではありません。
勝ち組、負け組を言うなら、現状では中共が勝ち組、日本は負け組なのです。

「中共はいずれ崩壊する」とは、よく言われることです。
なるほど、超長期的にはその方向に向かうでしょう。
けれど、いま、この瞬間においては、崩壊に向かっているのは、むしろ日本であって、中共ではありません。

そして、ひとついえることは、このまま日本人が、日本を愛さない戦後レジウムの虜囚となっているならば、日本に未来はない、ということです。
逆にいえば、日本が輝く未来を築くためには、なによりも日本人が日本の歴史伝統文化の素晴らしさを自覚し、愛国心に目覚めることが大切です。

人にはできることとできないことがあります。
北朝鮮有事について、いま、私たちにできることはありません。
せいぜい非常食や水やトイレットペーパーを確保しておくくらいしかできません。
そしてほとんどの日本人は、有事など望んでいないし、昨日までの平和が明日も続くようにと願っているものと思います。

しかしそのためには、積極的に日本を護るという日本国民としての断固たる意思が必要です。
そのためには、日本人が日本の持つ本当の素晴らしさへの自覚を持つことであろうと思います。

物質的な富は、戦災が起これば、一瞬にして破壊されます。
けれど、私たちの脳の中にしまわれた愛国の情は、すべてのハードが失われても、必ず残るし、その残った心は、未来の日本を築く石杖となります。

有事はないにこしたことはない。
けれど、あってもなくても、いま私たちにとって必要なことは、いまこそ日本を見直すということであろうと思います。
百人一首や古事記をいま、あらためて学ぼうとしているのは、そのためです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。





【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第40回 2017/5/13(土)18:30〜20:30第1/2研修室
第41回 2017/6/24(土)18:30〜20:30第4/5研修室
第42回 2017/7/15(土)18:30〜20:30 第1/2研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第14回 2017/4/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
第15回 2017/5/18(木)18:30〜20:30第三研修室
第16回 2017/6/ 8(木)18:30〜20:30第三研修室
第17回 2017/7/27(木)18:30〜20:30第三研修室

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

連合国と朝鮮による「日本との平和(サンフランシスコ)条約2条bcefの利益を受ける権利」の排他的独占は、台湾・澎湖諸島、南樺太・千島、日本の南極権益、新南群島・西沙群島に対する質権設定で、日本が戦後賠償や賠償に代わる対外援助や国際貢献を充分に果たしたら破棄して貰うべき
本記事の承認待ちコメント04/16 04:18ニックネーム欄無記入の記者です。

承認待ちコメントや本コメントを御承認下さるようお願いする為の本コメントではありませんが、御承認を控えて下さるようお願いするものでもありません。

『日本との平和条約(桑港講和条約)2条の利益を受ける権利』は、同25条の規定により連合国と確定した諸国と朝鮮が排他的に独占する権利(同25条21条)です。

また、中ソ等の同25条の規定による非連合国に対しては、朝鮮を例外として(同21条)、同2条各項の日本国領域内の諸地点に対する日本の権利・権源・請求権は全て完全に有効なまま(戦前と変わらずに)残存(同25条)します。中ソ等の朝鮮以外の非連合国の、日本の残存権利・権源・請求権に拘束される国際法上の義務は戦前と変わらずにそのままです。中ソ等の朝鮮以外の非連合国は『日本との平和条約2条の利益を受ける権利』を有しません。

同2条各項の日本国領域内の諸地点に対する日本の残存権利・権源・請求権ですが、

朝鮮の政府が『2条a前段(日本による朝鮮独立の承認)の利益を受ける権利』を行使して行使した朝鮮の政府が独立主権国家の政府となることにより、日本の朝鮮に対する残存権利・権源・請求権は消滅し、全ての国が『同2条aの利益を受ける権利』を有して、日本の朝鮮に対する残存権利・権源・請求権に拘束されることなく独立主権国家朝鮮と関係を持てるようになり、『同2条aの利益を受ける権利』は連合国と朝鮮が排他的に独占する権利ではなくなります。


同2条dが対象とする南洋群島は、南洋群島が国連信託統治領となったことを日本が併せて受諾していることにより、南洋群島は同条約の発効と同時に国連信託統治領であることが確定するので、日本の残存権利・権源・請求権は残りません。全ての国が日本の残存権利・権源・請求権に拘束されることなく国連信託統治領と関係を持て、『同2条dの利益を受ける権利』は連合国と朝鮮が排他的に独占する権利とはなりません。

同2条adを除外し、45箇国の連合国と朝鮮は『同2条bcefの利益を受ける権利』排他的に独占し、2条bcef各項の諸地点(eの南極は南極が分割された場合の南極の日本の領域)は、
連合国と朝鮮は日本の権利・権源・請求権に一切拘束されず、連合国は平和条約発効後も占領を継続出来る。中ソ等の朝鮮以外の非連合国は拘束され日本国領域として扱う義務が有る。

くすのきのこ

No title
こんにちは。海にメタンハイドレートがあるんですけどね。
それに・・関東の下には天然ガスが眠っている。火山帯の真上にある国には
いろ~んな資源が埋まっているんです。良く言われるコスパが~・・と言う
のは、海外から輸入した方が安くて楽という意味で、海外から入らなければ、
直に日本国土を掘ればいい。海から採ればいい。原発は止まるべくして止め
られた。日本に起こる天災はカミのしごきですから。方向性が間違っていた
からでありましょう。原爆は禁忌です。それでは強い核兵器を持ったものの
勝ち~という、欧米体制に編入されるだけで超越はできません。キタと同レ
ベルです。この弱肉強食理論を超えなければ、日本存在の意味はありません
よ~。(・・ただし、佐藤氏は核技術を諦めなかった・・だからサンキスト
レモンの輸入と引き代えに核技術をアメリカからいれたと。・・よっていつ
でも爆弾もどきは可能かも~?日本独自の技術でね。アメからホイホイ買う
のではね・・。秘密の話はヒミツでなくては・・。超越しなくては意味ないし・・。)
はっきりアメ軍に頼る気持ちも禁忌です。外国の軍を呼び込んでまともに独
立してる国はありません。必ず腐敗してます・・現代のニホンですね。
核で脅し合うような世界のままでいいのですか?チャイナ地区は内政の延長
が外政なのですから、やりようがあるのでは?日本とは違う考え方と行動で
あるのを見据えなくては。カキョ~さん達や法輪功学習者達の動きも視野に
いれなくては判断できません。シーレーンの封鎖・・なかなか難しいでしょ
うね。日本からの資材輸入が無くては、チャイナ国内産業の中でも困るとこ
ろはいくつもあるでしょうし。いつでも自分に見えている範囲は狭いのだと
思って考えています。だから天災の意味を考える。歴史を振り返る。
現在は室町末期のようです。何でもカネでものを測っている。ここを乗り越
えて、ようやく次の時代へ繋げれるのかもw

共有希望

No title
https://m.youtube.com/watch?v=GWP4eoseFMU
日本人は知ってはならない

-

No title
国民が各々覚悟を決める時が来た
と言うことですね。

親や祖父母たち ご祖先様が 命懸けで
私たちを守ってくれました。

私たちも頑張りましょう
子孫の未来の為に

空満

もんじゅにも、石油は要りませんか?
ねずさんこんにちは、いつも有難く拝読させて戴いてます。

石油が入って来なくなるって本当ですか? それでは、こちらから攻撃も出来ないという事ですか?

もんじゅを動かすのは、冷やす為に、毎日、石油が必要と耳にした事がありますが、
今となっては、それが本当かどうか、確かめようがありません。
どなたか、お詳しい方はいらっしゃらないでしょうか?

こういう事態にならないように、軍事力が必要なのだと、ねずさんのブログで知る事が出来ました。
ねずさんが、以前、大東亜戦争も、軍事バランスの崩れが原因で起こったと教えて下さった事があったからです。
軍事バランスが引き金になるという事をそれまで知りませんでした。

また帝国憲法についてもお書き戴けましたら幸いです。天皇陛下の領海であるという点など。

インターネットで知っただけですが、昔は、八十島祭というのがあり、それは、天皇の玉体と国土の一体化を図る行事だったとか、情報が少なくて、本当かどうか分かりません。
ねずさん良かったら教えて下さい。
これからもますますのご活躍をお祈りさせて戴きます。

junn

No title
朝鮮の為政者は、いつも負うべきものを放(ほう)り出す
http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-d0e9.html

うろ

No title
おはようございます、
原発事故以来ずっとネット上でシーレーンの事が話題に上がっていましたが、
石油産油国は世界各国にあります、 出光さんが先鞭を付けたとはいえ
それだけに頼るのは大変危険な事だと言ってきました、
色んな道を付けることが寛容かと思っています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク