国防産業によって景気回復と雇用確保を



中央日報に、日本共産党志位書記長のインタビュー記事が載りました。

記事→「不況で日本共産党入党者が日々増加」/日本(1)

この記事の中で、志位書記長は“社会二極化の解決策”として、次のように述べている。

「1999年から登場した非正規職を正規職化することが至急だ。
必要な財源は軍費を減らして企業が人材投資を増やせば調達することができる。
日本が年間5兆円を使っている軍事費のうち、攻撃用ヘリコプター、空中給油機など海外派兵目的の軍事費は今すぐ削減することができる」

派遣などの非正規職を、正規職化するには、雇用そのものの拡大が必要だが、そのために必要なことは産業の育成であり、雇用促進のために税金をただばらまくことではない。

いま国家としていま必要なことは、歳末緊急経済対策としての企業融資への保証枠の拡大だが、企業側からしてみれば、借りたものはいずれ返さなければならない。
非常用資金として、一時的に資金を調達しても、景気そのものが回復せず、国内産業そのものが活性化しなければ、いずれ企業自体が倒産に追いやられてしまう。

つまり、緊急措置としての保証枠の拡大に次いで、中長期的にはこの国の産業の活性化と労働力を吸収できる新たな雇用の創出が課題となっているといえる。

その意味で、志位氏のいう、国防費の削減は、中長期的な分野に属するものだから、そこでは、単に政府が融資保証枠を拡大するというだけでは、何の問題の解決にもならず、景気をいかに回復させ、どのようにして雇用を創出するかが、最大の課題となる。

たとえば、広島を例にとる。
広島はマツダの町であり、マツダが風邪をひくと市経済が肺炎になる。
いま、自動車不況のあおりで、町に失業者があふれ、他の雇用機会もなく、町の経済はひん死状況となっている。

そこに政府が、呉の造船所に、新型空母の建造を発注したとする。もちろん自衛艦である。巨艦の建造である。マツダを離れた労働力は、当然呉造船所に吸収され、新たな雇用が創出される。空母の建造には、新型コンピューターシステム、電力、機械、金属、食糧にいたるまで、ほぼ一国の創造に必要なだけの産業が関与するから、地域経済はうるおい、雇用も確保され、これにともない飲食店やタクシー、運輸、ホテル等、地域の様々な業種が一気に活性化する。もちろん、空母の建造により国防も充実強化される。

広島は一例にすぎない。
造船所は全国にあるし、空母の増艦となれば、当然、搭載する航空機も発注の対象となる。部品の供給に際しては、全国の自動車メーカーにも発注が行き、これによって大手自動車メーカーの下請を行う中小零細自動車関連会社も潤うことになる。経済効果は全国に波及する。

マスコミの報道をみると、麻生はダメダメ宰相であり、早晩選挙を行い、民主政権にすべしとの論調が多い。

しかし安倍、福田両氏が総理辞任を発表したとき、株価は急落したし、逆に麻生氏が解散の先送りを発表した10月27日には、株価は急反発している。市場は民主・小沢氏の台頭を歓迎していない。

ただでさえ、石油不況にあえぐいまの日本において、さらに国富をマイナスにもっていく政権交代は、不況にあえぐ日本の数多くの庶民にとって、決してプラスにならない。

他方、金融不況の発信源となった米国をみれば、オバマ氏が次期大統領である。

オバマ氏自身の思いがどこにあるかは別として、氏の最大の支持母体が米国の貧しい黒人社会にあることは、一考に値する。オバマ氏の公約はチェンジであり、金持ちの持つ富を貧しいものに分け与えるということに根本指向がある。

金持ちの持つ富を、貧しきものに分け与えよという志向は、東亜政策にも影響します。
日本はじゅうぶん富んだのだから、その富を中国15億の貧しい人に分け与えよ、という発想です。これがオバマ氏の中国寄り外交です。

このことは、日本にとっては、米国の軍事力の傘の中で、経済だけの発展を得ていることができた戦後体制の変革を迫られることを意味します。実際、日本の領土である竹島が事実上韓国によって占領され、尖閣諸島が中国海軍に実質支配されていても、米軍は、いっさいの報復・反撃をしていません。

もしいま、北朝鮮か中国のミサイルが東京に打ち込まれれば、日本の一極集中型首都機能と経済は一瞬にして破壊されますが、そうなったとしても、日本がこのミサイル攻撃を戦争と認めず、戦うことをしなければ、米軍は報復攻撃はしない。その日本は、自衛隊を持っていても、この出動のためには、200以上もある法律をひとつひとつクリアしたうえ、臨時国会を開いて開戦の意思決定をしなければ、応戦すらできないという非常識ぶりです。

その国会が、首都へのミサイル一発で開催すらできないとなれば、日本はこの時点で他国の侵略に対してまったく無防備になる。日本は戦後60年かけて、そういうわが身を守ることすらできない国になり下がっているのです。

そうしたなかで、日本が、いま、景気対策、雇用確保に必要なことの選択肢として、当然考えなけらばならないのが、専守防衛システムのための国防産業の強化育成です。
ですから、残念ながら共産党志位書記長の言い分は、まったく的を得ていないといえるのではないかと思えるのです。

国防力の強化というと、すぐに日本は再び侵略国家になるのか等、さまざまな反対意見が出てきそうです。しかし、地震や水害といった災害に備えるのは国家としての務めであるのと同様、他国からの侵略や戦争行為に備えるのは、国家としての義務です。
仮に日本が他国によって攻撃され、その支配下に置かれることとなったとき、私たち日本人の私有財産は没収され、政治犯として家族が逮捕勾留され、あらゆる学術文書が燃やされ、日本人がパレスチナ難民のように流民化する。地震や水害同様、そうした事態は、絶対にないとは言い切れない。

中国や韓国、北朝鮮との平和外交は必要なことです。しかし、強姦魔の前で、丸裸の女性が、ゆっくり話し合いましょうといっても通用しない。守っていてくれたはずの米軍が、その戦略を転換(チェンジ)し、守ってくれるはずの自衛隊が見えない縄で縛られて身動きつかないという状況の中で、黙って犯されるのを待つのか、なんとか縄をほどいて犯すなら戦うぞと、牽制するか、いま日本は選択を迫られているように思います。

2008【どうなる!?東アジア軍事情勢】 01/15


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

あきさんコメントありがとうございます。
国家的事業として、国民皆兵制度をひき、その一方でロボット兵器によって専守防衛力を徹底して追求する。それは国家として必要なことだと思います。
しかしそれを実行するには、憲法と法の大改正が必要になる。いまの骨抜き日本で、立法府である国会がそうした大改革を行えるかというと、まず不可能なのではないか。そんな気もしています。
日下公人さんは、いったん日本は解体しなければだめだとおっしゃっていますが、実際、その通りなのかもしれませんね。

あき

永世中立国スイスを見習うべきですね。
よいページがあります。
サヨクの方がいうスイス素晴らし国です!!
http://homepage2.nifty.com/aquarian/Swiss/Sws_Imp1.htm
ぜひ見習いましょう。

仕事も増えるし 国防意識も高まりますよ!!

あき

みなさま こんにちは
軍事ですが 無人の攻撃システムをどんどん開発するのもよいかもしれません。
ゲーム感覚で誘導する。

あと、スイスの民間防衛のようなシステムは必要ですね。

いま、不況で人が解雇されています。国が地域ガードシステムのようなものを作り警察の協力組織を立ち上げて人員を吸収するのはどうでしょうか。
数か月の寮での研修を行う。

田母神氏は著書の中で、入隊し教育を受けて帰ったら見違えるようになったと親から感謝されたとありまして 決して無駄ではないでしょう。 本来なら、義務教育でやるべきものでしょうが 日教組が牛耳っていると。。。無理かなと思います。

緊急対策で良いとは思っています。

ねずきち

おばかさんコメントありがとうございます。
ほんとうに世界が、国境なんてもののない平和な統一世界になれば、食の問題も解決するのに・・・と残念に思えてなりません。
いま日本は、海外からのコメの輸入に800%近いとほうもない関税をかけています。有機栽培されたカリフォルニア米は、非常においしいともいいます。日本がアメリカ合衆国Japan州にでもなればいいなんて乱暴な意見も聞きますが、実際、アメリカ占領下のフィリピンの貧困などをみると、そうした選択はやはり、危険なのではとあらためて思ってしまいます。800%近い関税をかけるくらいなら、学校教育から農業の大切さを教え、住宅地を高層化して農地を増やすくらいの方針(田中角栄の日本列島改造論がまさにそんな日本を描いていましたが)を出す政治家がいたって、ぜんぜんおかしくない。
にもかかわらず、本当に必要な建設的議論など皆目行われず、たばこは健康にいいのか悪いのかを考える議員連合なんてのが大真面目にできたりする。
この国はほんとうにどうかしていると思います。
思うに、太平洋戦争突入時に際しても、終戦工作に際しても、国難の重要なときに、日本の国会はなんら機能していなかった。いまでもそうです。いったい国会とか国会議員てのは何のために存在しているのか。日本と日本人のためにあるのか、それとも国会議員という名声とカネを求めているだけなのか。
この国の未来を、そんな立法府とは名ばかりのオロカモノたちにゆだねなければならないところに日本の不幸があるような気がしています。

おばか

了解しました。
感覚的には大きな違いは無いと考えています。
ただし、イギリスあたりでは農業と、環境をリンクした省庁が出来て、食の安全保障という観点から積極的に政府がかかわってきています。オーストラリアの大干ばつによって小麦は日本には入りにくくなりました。
政府は真剣に農業、食の安全を考えているとは到底思えないのです。買ってくればいいといいながら、土台自国の生産が間に合わなくなったときに(今回のオーストラリアのように)日本に輸出してくれるかどうか?じゃどうするのってことがないがしろにされているわけです。

ねずきち

治部少輔さんコメントありがとうございます。
おっしゃるとおりかもしれませんね。
しかし、軍は、プロの戦闘集団だけで構成されるわけではなく、ひとつの国と同じ行政機能をもつものなのではないでしょうか。銃を持って戦うものだけでなく、厨房を賄うもの、農業生産を行うもの、土木作業を行うもの。施設建設を担うもの。そうした中で、国防に強い関心を持ち、身体剛健な者を海兵や陸兵として選抜したらいいのでは?
つまり、そのあたりは、やり方方法論で、解決の糸口は見つかるものなのではないでしょうか?
徴兵しても兵員として使い物にならないから、徴兵制度自体が無用というのは、やや乱暴なご意見に伺えます。
問題は、徴兵制にしても、軍用装備の製造にしても、おそらくいまの国会では議論の対象になることもないし、マスコミでそうした方法論もあるのではないかという仮説すら、まったく取り沙汰される可能性がないこと、むしろそこにあるように思います。
ボク自身、なにも戦争礼賛とか徴兵して若者を死地に追い込ませろなんていう思いはまったくありません。
ただ、いまの日本では、どれほど素晴らしい技術を開発しても、それが高コストであれば採用されることがない、という事実が片方にあり、片方に石油文明の終焉というか、自動車・化学製品のような石油依存の生活物資を一般大衆向けに製造するというこの国の製造業のカタチが、ある意味、限界にきているという事実がある。
そうした中で、たとえ高コストであったとしても性能の良さを追求する分野として、軍用という選択肢があっても良いのではないか? 普通の国ならそうした議論もごくあたりまえになされるのではないか?と思い、このブログを書いています。
ついでに言うと、このブログが麻生氏万歳モードだというご批判が、どなたかからありましたが、別に僕は麻生氏が良いとはまったく思っていない。ただ、この国難の時期にあって、政局や政争をしているだけでは、イケナイのではないか?と思っているだけです。
景気回復のための方法として、いまさらダムをつくるのですか? ビルを建てるのですか? マンションを作るのですか? 石油資源問題から自動車の売れ行きが落ち、自動車関連雇用が厳しい状況になったとき、そこからあふれ出た労働力を、どうやって永続的に吸収するのでしょう? 単に失業給付金を積み増しするとか、一時的に仮設住宅に入居してもらうとかの場当たり的対処だけではなく、この国には新たな雇用を創設する産業の育成が不可欠だと思うのです。そのために環境関連産業の育成を説く人もいます。もっともなことだと思います。素晴らしい。しかし、そのことで、すぐに多くの雇用が吸収できるのですか? どの会社が人を雇うのですか?
造船なら、雇用は生まれます。戦車の製造も雇用を産みます。
いろいろな国が、保護主義に傾く中で、日本人が食べていくためには、そうした当面の雇用の確保を行いながら、同時に食料の確保をしていかなければならない。そのために必要なことは、高付加価値型の輸出物品なのではないでしょうか? 低単価型のものでは東南アジア諸国に価格面で太刀打ちできないじゃありませんか。
軍事産業は、世界の情勢が不安定になればなるほど活性化するという側面を持ちます。悪魔の産業とか言われますけど、それをしなければ、我が国は食えない。にもかかわらず、そうした「肝心のこと」が国政やマスコミでまるで議論の対象にならないことに、たいへん残念な思いをしています。

治部少輔

>超個人主義に陥った若者たちを、鍛え直すためにも、これは必要なことだと思っています。

 よくこういう意見を目にしますが、家庭や学校の責任を自衛隊に押し付ける話で、全く無責任です。自衛隊の各教育隊は中長期的に国防任務を担う人材を育てるところであって、茶髪のにーちゃんを矯正するところではありません。そういうことをさせれば本来任務に必ず支障が生じ、ひいては国防そのものを危うくします。
 徴兵制で誤解があるのは、義務教育的に軍隊のように規律の正しい組織に入れれば規律が身に付くという考えですよ。そもそも教育現場が荒廃するのは資質・素質にかかわらず全員が参加する義務教育だからであって、選抜された志願制ではないからでしょう。自衛隊が曲がりなりにも規律を保っているのは国防という高い志を持った珍しい人間や経済的やその他の理由であってもその組織の規律に従わざるを得ないなど志願した(自ら望んだ)人間が構成しているためであり、義務教育のように強制されたものではないからです。したがって徴兵制にしてしまうと軍隊が教育現場と同様に荒廃したものとなり、期待しているような教育効果なぞは臨むべくもないのでしょう。
 強制されてやる気のない人間が混じったら士気を下げるだけ。服務事故激増。質の悪い人間をわざわざ招き入れるなんて自衛隊にしてみたら真っ平御免被る話ですよ。
 徴兵制上等!な憂国の人から、9条死守平和主義の人まで、ことあるごとに徴兵制は是か非かという議論が起こるんですが、近代戦がプロの職能集団によって遂行され、挙句の果てにアウトソーシング(イラクとかであるでしょ)まで行われようとしていることを考えると、どこの世界の議論をしているのか判っているのかと問いただしたくなります。一般国民の大多数が軍事の現実を知らない日本の、これも一種の平和ボケかと。

ねずきち

>おばかさんコメントありがとうございます。
日本が戦後の経済的成長をしたというのは、裏返しに言うと、食糧の確保のために最善の選択をしていたのだということもできようかと思います。
狭い国土の中で生産できる食料は約2500万人分しかない。
戦後、増加する人口を支えるためには、どうしても食料を海外から輸入しなければならない。
輸入するためには、外貨を稼がなければならない。
外貨を稼ぐためには輸出をしなければならない。
だから産業を育成し、輸出を伸ばし、世界中から食料を買いあさっている。それがいまの日本の姿です。
あちこちに頭を下げるだけ下げて、日本は悪者だったと言われれば、はい、その通りですと答えて、そうやって日本は世界中から食料を買い集めてきている。
だから、おばかさんがおっしゃる、日本が態度を硬化させることは、日本に食料を輸出している先が、日本に警戒心を抱き、日本への輸出を取りやめる方向に向かったら、どうすんだい?というご指摘はもっともなことなのです。
ところがその一方で、世界的資源危機、金融危機、食糧危機が起こる中で、今後の世界が保護主義に向かうという方向性があきらかになりつつあります。
またソマリア派兵などで、日本が世界における責任を果たさず、ジャップなんぞを相手にするな!という思想が蔓延し、日本が亡国の道を辿ること、国体を失うことは、そのまま円が価値を失うことにつながります。
日本はこれまでアメリカの軍事力の傘の下で、食いものの調達をしていればよかった。それが、アメリカの軍事力の傘がはずれたとき、日本は丸裸の無防備国家となってしまう。いまにも倒産・債務不履行に陥りそうな相手先と取引する企業はありません。同様にそのような危険な国相手に取引する国がなくなるということは、そのまま日本が食料調達の危機を迎えることになる。
そのあたりを、日本は本当に真剣に考えなければならないときにきているのではないか。そう思うのですが・・

>治部少輔さんコメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。
海自も陸自も空自も、まるで人が足りません。
だからこそ、徴兵制をひくことを一緒に提案させていただいています。
日教組と文部省の長年の努力によって、国家観と競争概念を失い、さらに自虐史観で背骨を抜かれ、自分さえよければ他人はどうなったって構わないという超個人主義に陥った若者たちを、鍛え直すためにも、これは必要なことだと思っています。
中長期的展望にたって立案・実施されるもので、景気対策に左右されるものではない、というご意見ですが、眼先の景気対策という概念ではなく、前の記事に書いていますが、生産活動において、対消費者向け大衆消費財だけに頼る製造国家の脆弱性を懸念しています。大衆消費財は、性能の良さと価格の安さを求めます。これに対し、軍事物資は、性能の良さを優先し、価格の安さは二の次になります。
低価格化を優先する工業製品は、どうしても人件費の低廉さを求める。しかし人件費が高騰した日本には、そこに限界がある。ならば、価格に左右されない品質だけを求める産業の育成があっても良いのではないか。その中のひとつが軍事産業の育成だというのが、ねずきちの主張です。
ご理解いただけたらうれしいです。

治部少輔

 軍備拡張にはマンパワーの充実が欠かせません。特に、隊員の一人一人がエンジニアであることを求められる海自ではなおさらです。
 現在の海自の水上部隊は圧倒的な乗員不足にさらされており、定員を満たしている護衛艦はほとんどありません。インド洋給油へのローテーションの関係で、日本近海で行動可能な艦艇の数も低下しており、今回のソマリア沖派遣の話は、海自幹部の中から「艦は貸すからどこかが代わりにやってくれ」という悲鳴が上がっているほどだそうです。
 海自がこういう状況の中で、景気対策で空母を建造しても乗員を確保することができず、港につないだままになってしまいます。まさに無駄。
 防衛力整備計画は、中長期観点から人材養成(←これがすごい時間とエネルギーを要します)も含めて立案・実施されるもので、景気対策などに左右させるのはお門違いです。防衛力整備を軍拡という人もリアリティが無い平和ボケですが、単に防衛装備品の製造によって景気回復をしようという意見も同様だと思いますがいかがでしょうか。

おばか

わかってないねぇ玉本五十六じゅあなくって456さん
真に戦う意思があるのならば、まず諸外国に頼らぬ体制を作ることが始めの一歩でしょう?
イージス艦は日本とアメリカにしかない最強の武器。でもね、そのアメリカだって、小麦いつでも日本に輸出するわけでもないのですよ。中国と事を起こすときに、日本人の胃袋は中国からの輸出に頼っているなんてお笑いでしょう?456様は一年食べなくとも生き延びるかもしれないが、戦争とはそんなものじゃない。武力を整えるということは、それなりに海外を威圧するわけで、それなりの覚悟をするのであればもっと足元を固めなさいということ。太平洋戦争の愚は、軍艦だ!大砲だ!といいながら、資源確保だけのために追われ(石油ストップにあせった軍部)、闇雲に突き進み、国民を飢えさせ、国を崩壊させたこと。あなたが軍事オタクカドウカ知らないが私は戦争も辞さずの強硬的な意思は持っている。戦うには勝たねばならぬと思っている。戦わないために軍備増強というのは共産党の軍事力廃棄というのと実は変わらない。やるならば徹底的に、そして周到な準備がなければならない。諸外国に衣食住、経済、労働力、資源・・・頼らずに済むほどの準備を整えたうえで尚、軍事力を持つことが、抑止力となる。今の日本の軍事力は世界でも有数だろう。けれども日本など誰も脅威と思っていない。
「石油」を止めて「食料」を止めれば北並みの貧弱な国となってすぐに降参するのが解かっているからだ。

軍備結構。やりたきゃやれば良い。戦う覚悟もないくせに軍備さえ言えば国が守れると思っている。軍備を言えば国を憂う誠の人と思っている。
今のままでどうやって戦うのか?どこの国が日本を脅威と思うのか?毎日の食べるものさえまともにないお国が、戦争などやれるわけがないと馬鹿にされるのがオチナノダ。

国を憂い、諸外国にその発言力と存在を示すのは何も軍事力だけではない。
現に日本の持つ世界有数の軍事力を脅威と思う国はどこにもない。馬鹿にされているだけだ。

同じことを言うのならば、日本は核武装するべき!とでも言えば考えぬでもない。
そこの本質を避けて、軍艦作れとか、軍事産業による経済の活性化・・・など無駄な金を、無駄な借金をどこまで積み重ねるのかと、おばかは笑うのだ。

覚悟とは、その備えを持って始めて出来ることなのだ。国民に食わずに戦えというのは、もうこりごりだ。中国や、アメリカや、ブラジルから食料を止められて日本は何日暮せるのか?そんな簡単なことを解かっていて、農業に対してこれまでやってきた政策の責任者(政府)を馬鹿といってナニが不満なのか?足元を固めずにすぐに軍備という過去の愚かな反省も出来ないで、ナニが国防なのか?

いったい今の自衛隊員はどんな人たちで構成されているのか?田舎の貧しい農家の男たちがどれほどいると思っているのか?軍備軍備と人は言うが、都に住む人間が、じゃあなたは明日から自衛隊に入って戦う気があるかといえば、それに応える人間がどれほどいるというのか?
農業で食えないから、生きていけないから自衛隊員になった者がどれだけいるのか考えてみるがいい。日清、日露で戦ったものが、死んだもの達のほとんどが貧しい農民出身者であることをなぜ気付かないのか?

講釈ばかりがまかり通る。本気で備えるならば、まず国力なのだ。

ばかと言うなら言えばいい。456さんはさぞかし利口な方だろう。覚悟も、備えも十分なお金持ちだろう。自分はシェルターの中に十分な食料と燃料を持ち、10年戦っても生きていけるという人間達がいうことは私のようなばかとは格調も違い、恐れ多いということか。

ねずきち

>ジョニーさんコメントありがとうございます。
宣戦布告は、ボクも観ました。印象が強く、いまだにあの映画の影響を受けているかもしれません^^
でも、国防というものは、地震や火事、雷、水害などへの対策と同様、国家としていまだに必要なことであると思います。備えあればうれいなし。そういう問題じゃないかと思っています。
なんの備えもなく、ただ国民がバタバタと殺されるようになったら、たいへんです。

>心の選択さんコメントありがとうございます。
経済危機、金融危機、失業者増大、株価下落、石油危機、通貨危機、食糧危機、教育荒廃、老後の生活への不安等々、解決すべき問題は数限りなくある。しかも緊急を要する課題が目の前にありながら、何もしない、何もできない日本という国。たいへんな時代の到来を感じます>、;;

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
すでに日本の大手マスコミは、マスコミとしての責任と機能を失っているといえます。日本は国民に主権がある国です。マスコミ主権じゃない。判断をするのは国民であってマスコミではない。そう思うのですけどね~~;;;

>あきさんコメントありがとうございます。
当面の課題として、防衛産業の育成は、ありだと思っています。
ただ、そのことは米軍産複合体との相互協力の点に問題が残ることでもあります。しかし、雇用の吸収は可能です。

>おばかさんコメントありがとうございます。
おばかさんのご指摘はもっともなことです。
水と石油と食料
石油の代替エネルギーの分野で、日本は一歩リードしているとはいいますが、やはり原子力エネルギーの活用もありかな、と思うのです。
ですから、原子力空母、原子力潜水艦、原発等は、日本で作る。
ただ、空母に搭載する戦闘機などは米国から購入する。そのことで米軍産複合体との相互関係を維持するといった筋書きかなと思ったりしています。
おっしゃる通り、食糧の確保は大変な問題です。食料自給率が極端に低い。
ところが、日本が自給自足で養える人口は2500万人程度といわれています。これは江戸時代の日本の人口に等しい。戦前の日本の人口が6000万人。
すでにこの時点で、日本は食料を自給できない国になっていた。そして現代。日本の人口は1億2700万人です。どうがんばっても、食糧の自給は不可能といえます。
その食料の確保のために、日本が何をするかなのですが、やはり海外からそれを買わなくてはならない。売る側からすると、日本がちゃんと支払いをしてくれる国であることが、売るための条件です。日本がいつ滅ぶかわからない、国家がいつ壊滅してもおかしくないという事態になると、日本に食料を輸出してくれる国はなくなってしまいます。
そのための軍備なのだと思っています。
おばかさんの論点とは、なにやらにわとりが先かタマゴが先か、みたいな感じになっちゃいますけど、ただ、その点について、ただやみくもに軍備否定をするのではなく、冷静な議論をすることは必要なのじゃないかと思っています。

>456さんコメントありがとうございます。
軍拡とかいうと、多くの方から、議論の必要すら否定されてしまいがちです。まるで唾棄すべきものをみるかのごとく、はなから議論を外されてしまいます。しかし、日本が自立した国家として、国民の平和と安全を守ろうとするなら、それは避けて通れない問題だと思います。

456

世界が悪魔の極限状態からして
何のこっちゃて感じだけど
自称おばかだからいいのかな?

おばか

ふーん・・・
軍艦作ったって、工場作ったって、世界が悪魔の極限状態に陥ったときに
「水」「石油」「食料」
の三点セットがなければ国は滅びる。

「水」は日本は大丈夫。
「石油」はいずれ枯渇するのだから、代替エネルギーに国家的な大規模な予算を投じなければならない。新たな産業が芽生え雇用が生まれる。

そして何より
「食料」問題の解決が必要。自給率100%は最低限の目標だろう。「石油」の為に戦わざるを得なかった国の過ちを・・・今度は「食料」の為にと繰り返さないようにネ。

軍艦作って何するの?
雇用拡大といって「箱物作る」オオバカ政策で、その後、維持管理費さえ払えずに、その負担に耐えられなくなっている現実をどう説明するの?しかも巨額の借金で?

どんなに偉そうに振舞っても、人は食べなくては生きてゆけない。そこを遮断されて何が言えるの?
日本は「中国」からどれだけ食料を入れているのか?そこにどれだけ頼っているのか?

「大砲」の前に「一口のパン」であって、そこを他国に左右されない安定したものを確立した上での「軍艦」でしょう。

ジミンと経済界、そして官僚たちはこの国の農業を破壊しました。金儲けの為に「食の安全保障」をすて、中国や他の国に下駄を預けてしまいました。

あき

もっともです!!
はじめまして
共産党って あほですね。
人入れても 需要がないと・・・
売れ先がはっきりしていなとだめです。
それが会社経営!!

自衛隊に艦船を新規に入れると メンテナンスなど 定期的に費用が発生し人が必要になります。・・・ 就業!!
売り先(国)がはっきりしていますので いいですね!!

紺碧の艦隊を作りましょう!!

心の選択

防衛が、骨までぬき、切り分け、さあどうぞと敵に我が身を差し出すような、
平和への考え方は異常としか言いようがない。
死を選ぶことになろうとも、拒絶したい。

さらに日本のマスコミのミスリードも、国を滅びさせます。本当に次から次へと正しい人の足を引き、
悪を持ち上げ、こんなことで
日本を破壊することが望みなのか?

判っててやってんのか、分からなくなりました。
腫れ物に触るように、言いたいこともいえない政治家。 これじゃあ、いつまでたっても日本の政治は
変わらないんじゃんとも思ってしまう。

とにかくマスコミが騒いでる中、政治家の足を一緒に 引っ張ってはいけない時期だろう。

ジョニー

はじめまして。ねずきち様のブログは毎日楽しみに閲覧させて頂いております。
今回のテーマで、数年前に見た映画、「宣戦布告」がオーバーラップしました。
レンタル屋さんにも置いてあると思います。
私はねずきち様の意見も充分ありえる話だと思いますが、まわりは生活に手一杯で無関心な人が多いです。
友人の元自衛官でさえマスコミに洗脳されて田母神批判に民主党支持までする始末です。
あの理不尽過ぎるマスコミはなんとかならないものなのでしょうか…。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク