日教組に敢然と立ち向かうとパンフに書いていた1年前の自民党はいったいどこへ行ったのか?



2007年にわいせつ行為で処分を受けた公立小中学校の教員は、164人。
うつ病などの精神疾患で病気休職した教員は、過去最多の4995人なのだそうです。

全国の公立小中学校の教員数は、約65万人ですから、
わいせつ教師の割合は、0.02%
うつ病教師のの割合は、0.77%
これだけみたら微々とした数に見えます。
しかし、ハインリッヒの法則にしたがえば、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するといいます。

そうすると、164人のわいせつ教師の他には、約5000人の表沙汰にならなかったわいせつ事件があり、約5万人(約7.7%)の教師に異常行動があったことになります。

さらに教師の精神疾患等については、4995人の発症のそばに、教員の2割が軽微なうつに悩まされている様子が見て取れることになります。

ここでハインリッヒの法則を持ち出すことの是非はともかくとして、教職の場が「病んでいる」ことは、明らかではないかと思うのです。

日教組に所属している組合系の教師は、少々はみだしがあっても、組合に身分を守ってもらえる。出世も早い。ところが日教組の政治活動に疑問を持ち、ほんとうに生徒のためにと必死で戦う先生は、組合の保護がないから様々な仕事がそうした非組合系の教師に集中する。土日もなく残業・休日出勤の毎日になる。それでいて出世からは見放される。生徒と学校側の板挟みになり、精神的に追い詰められていく。

日教組側教師は、少々問題を起こしても、組合がもみ消しをしてくれる。わいせつ行為があっても、なかなか表沙汰にならない。非組合系教師は、女子生徒の髪の毛に触っただけでも、セクハラ教師だの体罰教師だのといって吊るしあげの刑にあう。

こうした異常な教職者社会の中に、日本の大人たちは、だいじな子供の教育を任せている。

なにやら、この国の異常性を垣間見る気がします。

昨年、安倍総理のとき、内閣と自民党は、「あきれた教育現場の実態ーこれでもあなたは日教組に子供をまかせられますか?」というパンフレットを作ったりして、教育の改革ののろしがあがっていました。

しかしその安倍内閣も短命に終わり、その後の福田内閣も短命。そして麻生内閣では、発足時に日教組批判をした中山国交大臣がクビになり、議員辞職に追い込まれています。

「あきれた教育現場の実態ーこれでもあなたは日教組に子供をまかせられますか?」のパンフレットは、その項目だけみても、

● 「教職員に命令できるのは、日教組だけだ!」
● いじめを実践している日教組教職員に、いじめは解決できない
● どうして学力調査まで拒否するのか、理解不能
● 「アンケート拒否は氷山の一角」、という悲鳴
● 自宅で寝ころがってテレビを見ていても「校外研修」
● 仕事をサボれる密約書、なんと1000件が不適切!

等々、事態を問題視する非常に内容の高いものでした。
当時のパンフの中で、「自民党は、日教組問題に敢然と立ち向かいます!」との宣言も見受けられるのですが、あれから1年・・・ 自分たちで選んだ総理を、就任早々内部批判し、政界再々編だと造反者まで出し、アノ約束の教育改革は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか??

それと、日教組がねじまげたいまの教育に納得している親って、いったいどれだけいるのでしょうか?

<記事引用>---------------------------------
わいせつ教員164人=44%が教え子被害-07年度の処分状況・文科省 時事通信社

わいせつ行為で2007年度に処分を受けた公立小中高校などの教員は、前年度比26人減の延べ164人だったことが、文部科学省の集計で25日分かった。過去最悪だった03年度を32人下回ったが、なお高い水準で推移。被害者が自校の児童生徒、卒業生だった割合は44.5%に上った。

 文科省は都道府県、政令市教育委員会による懲戒、訓告、諭旨免職や分限処分の対象者数を集計。うつ病などの精神疾患で病気休職した教員は320人増の4995人で過去最多だった。
---------------------------------------------

日教組 徹底研究 5/5


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

舞桜さん、ありがとうございます。
動画、感動しました。
本文でぜひ、紹介させてください><;;

舞桜

おはようございます・・・
今偶然これを観て、とても深く深く、感動致しました。
(お気に入りにして忘れてれていたものなので、もし観た事があったらすみません)
心にうけた傷が多い部分に、光はその奥まで差し込んでくると思います。
日本のために死んでしまうかもしれない。でも「たとえ命を落としたとしても」、今の自分に
日本が守れるなら、悔いはない。そんな誇り高い青年たちが日本を守ったのだと思う。

純粋?なねずきちさんも、観てなかったらハンカチの御用意^^
http://jp.youtube.com/watch?v=ulnb7Uzrs2A

http://jp.youtube.com/watch?v=ptj6BmB3N1A&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=2c03WXTRWPo&feature=related


ソマリアの海賊、日本の貨物船を身代金2億円で解放。
ソマリアの海賊、日本の貨物船を襲撃など
ソマリアへの国連の介入も不調に終わった..等など
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1218&f=national_1218_003.shtml

公海上であれば、日本の自衛艦が、日本籍の
船舶を守る為に、警備出動するのは、
一切問題ないし国益を守る為に、自衛隊が頑張るべき。
「では・・・他国の危機には助けないというのもおかしいものだ。憲法を変えてでも・・・」
と言った、麻生さんが、すごく頼もしく見えた。
この機会に、ぜひ憲法改正にも踏み込でいただきたいと期待します。
勇気を持って、強く進むぞ、恐れずに、という気持ちが、「不況」だの、「恐怖」だの、「迷い」を振り切る!そして前に進める・・・
今、とてもそんな気がしています。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク